FC2ブログ
2015-09-30

身幅が狭すぎる(ただし帯から下)着物をサバイバルなお直しで着る。

――――――結局蛮行お直し書庫にぶち込みますわ、この記事。ええ、蛮行以外のなにものでもなかろうて。

さて、異様に身幅が狭く、しかも軽い夏物だから歩くたびに前がガバッと開いてさながらお引きの着物のようだった先日の朝顔の絽の着物ですが。

そこそこに折り込まれ分があったので、単衣仕立てなんだから解いて縫い直せばそれでOKなのではありますが、それが甚だ面倒で面倒で。

全身の身幅が足りないのならそうしますが、足りないのは帯から下の下半身。…上半身は貧弱なので直すことなく着れますの、あはははは…
←あ、でもそれなりに体型が崩れてきたので和装ブラくらいした方がいいわな。

「身幅が足りないのなら布を付け足せばいいんじゃない?」とマリーアントワネット発想ではなく至極合理的な発想が浮かんだのでございます。



隠れる下前部分に手ぬぐいをこのように縫いつけ、強引にサイズアップ(笑)

で、実はこの状態で着付けて撮影に及んだのでありますが、微妙に長さが足りず、腰紐で押さえてる部分から足し布がずり落ちてしまったりした
…つくづく人が少ない場所での撮影でよかったぜ。

んが、発想そのものは的外れではなく、しっかり足し布部分も腰紐で押さえられればこのような『急遽その場にあったものでピンチを救うサバイバル』的お直しでも充分に何とかなるようですぞ。



足りなかった部分に更に手ぬぐいを付け足す。…これ、着丈も短い着物なので対丈で着る他なく、腰紐位置も高めでないと着れないのだがそのせいで足し布部分も範囲も広がっております。

おはしょりが取れる着物ならば逆に足し布部分が高い位置まで来るとおはしょり内でもさもさすると思うのでそこらへんは微調整が必要かと。



自宅の鏡で修正後の着物を羽織った図。上前めくるとこんな感じです(笑)

下前をきっちり体に巻きこんでおけば、そうそう前が全開のおっぴろげにはならないかと。

袷の着物では試してないので何とも言えませんが、まあこんなサバイバルお直しでもそこそこに急場しのぎにはなるんではないでしょうか。



―――――――おだん(…とうとうここまで省略されるようになった名前)は否定的のようですが(笑)


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

      >
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ