FC2ブログ
2015-09-28

撫子と朝顔とぐるぐるの銘仙単衣&絞りの水玉帯♪

―――――十五夜お月さん、今年はちゃんと見れましたねえ。…例年天気が悪いもんだから見れなくて当然、という気がしていたが、夕方以降に雲が晴れた。

そして暦の上では単衣の時期が終わりに近いのでございますが、あっしの9月は着そびれた夏物を消化するためにあり、単衣は10月に着るもの、と決まっております(笑)

んが、撫子と朝顔の柄を10月に着るのもな…と9月に朝顔柄の絽を着ていた人間とも思えぬ変節漢ぶりを発揮し、このコーデだけは9月中に着たのでございます。









この着物は羽衣牡丹さんからの頂きもので、本当は袷だったもの。…この柄で袷では着る機会がないではないか
と強引に裏を引っぺがし単衣に。

確か2年前に着た際にも『どこに朝顔が!?』と物議を呼んだのだが、この丸3つが朝顔の寄り集まり~そしてさりげなく、撫子の花の中心のピンク部分も朝顔柄なのです。可愛く凝ってるでございましょ?

丸3つの朝顔に合わせて、絞りの水玉柄帯にしてみました。浦和の骨董市で500円。

この絞りの水玉柄帯ってば量産品なのか、割とちょくちょく見かけますな。でも可愛いくてコーデしやすいのでポップコーデ好きにはお勧めな帯ですぞよ。

帯の色に合わせて帯揚げはダイソーのスカーフ。…で、気になったのがいきなりの真オレンジの乱入。

帯揚げだけいきなりオレンジが入ってるのもなあ、と思い、帯締めもくっきりなオレンジに。



帯留めはozawamiさんからの頂きもののビーズの帯留め。

半衿は数年前に自分で描いた
撫子柄。衿元に飾ってるのは『撫子のつもりで作ったら桜にしか見えず、もっぱら桜のつまみ細工として暗躍』のつまみ細工(笑)

――――さてこの着物、2年前に急ピッチで袷を単衣に作り替えたもんで、あちこち未完成だったのですわ。



袖の振り部分が縫われずにそのまんま
…2年前に着た際は、ただ着て庭で撮るのみだったのでバレやしねえ、とそのままの状態で放置したのだが、結局そのまま2年放置し続け…

そして今回は『当日いきなり思い立ってコーデしてお出かけ』だったので、この振り、なんとそのまんまで出かけちまったのですよ

―――――ああ、せめて両面テープ、いやセロハンテープでもいいから貼っておけばよかったぜ
と思うシルバーウィークの江の島であった……


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

    >



スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ