FC2ブログ
2015-09-14

伸びきったシャーリング伊達締めのとても雑なお直し(笑)

―――――華やかさの欠片もない記事で申し訳ございませんわ。時節柄若干自粛。

今、YahooのTポイントが東日本豪雨の救援募金としてそのまま使えるんでございますが、あっしが頂くポイントってのはこのブログの訪問者数に応じたYahooからのご褒美ポイントがメイン。1日10円くらいだけど(笑)

それをそのまま今、募金しておりますので訪問者の皆さまが間接的に募金してくだすっているようなものでございます。ご訪問、ありがとうございます。


さて本文に戻ります。

あっしの伊達締め遍歴は、ピンクのゴム製マジックテープ付き→おかんの40年以上前の博多織正絹伊達締め→クリップ付きシャーリング伊達締めとなっておるのですが。

…ピンクのゴム製は20年以上前に浴衣を着る時に『安いから』ってだけで選んだもの。まあ、年1回浴衣着るだけならあれで充分なんですが、あれで着物の着付けまでし続けるのはかなり無理がございます。やっぱり前を押さえてから紐がぐるっと回って戻って来るものでないと崩れやすいんですね。

そしておかんの着物箪笥を漁り、適当にみつくろったのが博多織の正絹伊達締め。これは正絹だけあってきっちり締まり、しばらく愛用しておりましたが赤系の染料が汗で滲んで着物に付くのですわ~

そしたらozawamiさんが『これ、いいよ』と勧めてくだすったのがシャーリング伊達締め。クリップが付いててコーリンベルト代わりになるものとクリップなしがありますが、あっしはコーリンベルトと相性が悪いので、クリップ付きを買ったものの結局邪魔で切り離したのだった…

そして長年ずーっとシャーリング伊達締めを愛用してきたんですが、経年変化で、まあご覧あれ。



完全にシャーリング部分のゴムが伸びきっております。でもシャーリング伸びきった伊達締めとして使い続けていた(笑)

シャーリング部分は約9センチ幅の幅広いゴムになっており、そのゴムに生地が縫いつけられておりますが、真面目に綺麗に直そうと思うとそのゴム部分から解体せねばならず甚だ面倒。そもそもそんなに幅広いゴムが市販されてるのかもわからぬ。

――――ってことで、『どうせ誰にも見せやしねえ』と見た目がアレなお直しを敢行することに。

シャーリングが伸びきってるだけで他には問題はないので新たに買う、なんてことはしませんよ、あたしゃ。



100均で適当に幅のあるゴムを買ってきて適当な長さにカット、箸はジグザグミシンを掛けてほつれ防止。



このゴムをシャーリング部分の長さにまで引っ張りながらミシン掛け。



こんな感じで4本縫いつけ。



表にするとこんな感じに。伸びきっていたシャーリングが復活しました(笑)

で、こっちは若干ゴムが長過ぎてあまりシャーリング感が戻らなかったので、もう1本の方はゴムは短くする。



幅広ゴムは使いきってしまったので普通の太さのゴム。シャーリング部分の長さの半分くらいの長さのゴムにしてミシンで縫いつけ。



これくらいシャーリングの伸びしろがあった方が、本来のシャーリング伊達締めの機能を発揮するであろう。


――――さて、今度はゴムが伸びきった『ゴム付き帯板』でも直すとするか…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ