FC2ブログ
2015-07-29

いい加減着用拒否であろう…と思ってたのに『あり?』な秋草と百合の綿着物で百合コーデ。

さて、今年に入り、いきなり『ぐああああ、あの浴衣も、この着物ももうダメダメ。…心優しい世間の皆さまが『そんなことないですよ、まだまだ全然お似合いですよー』と言葉の花束を下すっても、世間が許そうがあっしが許さん。』と思うような着物類、特に浴衣関係がゾロゾロ出てきまして。

…結局浴衣は、厳選してもう着ないと思われたものはボランティア活動をされている方へ寄付し、家庭的に恵まれず、浴衣を手に入れて着る機会すらろくに与えられてこなかったお若い方たちがこの夏着てくだすっているそうなので、あっしの家で不良在庫の如く眠り続けた今や着用拒否な浴衣も新たな使命を得てよかった、と思っておりまするが。

浴衣に着手した後は着物だ。

もう何年も収納の奥底に眠っているので記憶を辿るしかないのだが、その記憶を検証するに『……もう、あの着物は今年で着収めにしておかんと。いや、今年だって既に着用不可になってるかも知れん』ってなものがありましてね。

今年着れるかどうかもわからぬがとりあえず収納の奥底から引っ張り出してみたのよさ。←なぜかピノコ風味。

―――――そして『あれー???』と思ったのだった。

記憶の中では派手で、そして可愛すぎる色のアンティーク着物だったのだ。んが、久々に引っ張り出して現物見たらば『なんだ、こんなもんだったのかい…』と拍子抜け。

まあ、帯とか小物類を可愛いピンク系でまとめるとさすがに『ちょっとねえ…』な感じにはなるものの、そこら辺を大人風味な味付けにすればまだ2年くらいは着れるんじゃないのか、と甘い夢を見た(笑)

ひめ吉さんちで手に入れた百合柄半衿も使いたかったので、その着物で百合コーデ。それがこちら。









川越の今は亡き『栄屋』(現・日なた)さんで確か6年半くらい前に1000円で購入した綿だと思われる着物。

そして6年前に1回着てそのまま仕舞われっぱなしであった…

記憶の中では柄の中の可愛すぎるピンク色だけが鮮明に残っていたのだが、今見ると赤の方が効いております。そして派手では決してない。柄がそれほど大きくなく小さな柄が密集しているせいか。

…なんつーか、これが現代もの浴衣として売ってたら『ちょっと大人しい浴衣だね』と思うかも知れん。

今の浴衣の方が柄も大きく、プリントの染料も色が鮮やか過ぎてすっごく派手ですわよ

アンティークは『経年劣化』と云う名の色褪せ、そして生地そのものの黄ばみとかがあり、派手と思っていても新品のプリントものと並べると全然派手ではない場合が往々にしてございます。

そしてその経年劣化の諸々が、同じく経年劣化の身の上には不思議と馴染むのでございます…

帯も栄屋さんで1000円の染めに刺繍の絽帯。目立つシミ部分がポツポツあり、その上から金糸で水玉の刺繍を施して締められるようにしました。

この帯、オレンジと云うより錆び朱に近いので、実物は割と大人っぽいのでございます。



帯留めは川越の骨董市で買った百合柄のとんぼ玉を帯留めに加工したもの。



半衿はひめ吉さんちの百合柄~


ここ最近、比較的大人しくシックな装いが続いたので派手に感じるかも知れんが、実際はあっしのアンティークコーデとしては地味な方かも。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >






スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ