FC2ブログ
2015-07-21

濱文様の絵手ぬぐいでほおずき柄の作り帯♪

―――――ほおずき市に行きたかったんです、奥さん。

…なぜほおずき市に行きたくなる羽目になったのかはほおずきコーデの全貌の際に語ることに致しましょう…って無意味にホラー風味な語り口調ですが(笑)

で、ほおずき柄の帯が欲しかったのですが、そこそこに可愛くて見映えがしてお手頃価格なもの…となるともう、市販の良さげな手ぬぐいを利用して自作するより他なく。

幸いにしてほおずき柄の手ぬぐいと云うものは大変に数多い。…夏の風物ですからね。

その中であっしが選んだのが『濱文様』のネットと直営店舗のみの限定品『夢ほおずき』と云う柄。

…ここでその手ぬぐいの絵柄を紹介すべきなのだが、何と今、画像をお借りしようと濱文様のショップを覗いたらば商品そのものが削除されてて姿を消している
『売り切れ』表示とかじゃなく、ええ、商品そのものが消えてるんですよー

―――何があったのかしら…
私が最後の2枚買ったわけじゃないよねえ。

とにかく、濱文様のネットショップで注文し、品物はほおずき市の3日前に届いたのであった。…なかなかのぎりぎりっぷりでございましょう?(笑)

しかもその時あっしはつまみ細工作りにも追われており、つまみ細工を優先させたために結局帯作りに着手したのはほおずき市の前日の夜、正確には当日の深夜だった

―――――そしてここでも追い詰められた人間の奇跡的、ってほどでもないがそこそこの時短法がひらめいているわけです。



以前、銀杏柄の小風呂敷を喪帯に縫い付けて時短な作り帯を制作したことがありますが、それと同じ。

作り帯のベース用に喪帯のストックが数本ございますが、今回のこの手ぬぐいの生地は若干下が透け、黒地だとそれがとても目立つので白地のものを利用。

…今回使ったこの水玉柄の作り帯は、数年前に作っておきながら1回も使用しなかったもの
作ってからコテコテアンティークに走ってしまったのでねえ。

今ならば、逆に使ってみてもいいかなと云う気もするんだが、とにかく今回は時間がなく、白ベースで下の絵柄が透けても気にならない程度のものが必要だった。

シルバーラメの大きな水玉柄の方は、透けてもキラキラ
がうっすら見えて可愛いのでございます。

なので帯として見える部分だけに手ぬぐいを縫い付け、そして完成。



手先部分にはあえて縫い付けず。…裏面のランダムな小さい水玉柄とこのほおずき柄が合うように思えたので。

実際締めたときには『あ、手先は縫い付けなくてよかったわ』と思いましたさ。


――――――ちなみに、この帯は先日のほおずきつまみ細工と同時進行で制作(笑)

…つまみ細工を乾かす間にちくちく縫う、を繰り返したのだった。

追い詰められて大急ぎで作ったものは大概大失敗に終わるものなのだが、今回の帯とか先日のほおずきとかは数少ない成功例でございます。…こーゆーことはまず滅多にない…



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

      >
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ