FC2ブログ
2015-07-03

…そしてとうとうしまむらのドライ浴衣を買った、2015の夏。

―――――業務連絡。…たまさん、タイトルで爆笑してください。業務連絡にして業務命令。

……ワタクシが『しまむら』のドライ素材『ファイバードライ』の浴衣の存在を認識したのは2013年だったでしょうか。

その年、あっしは狂ったように安価なものから高価なものまで浴衣を買い集めてしまい、6枚もの浴衣を計上したのでございます。その中には撫松庵の『芙蓉と猫』もございます。

そして撫松庵の浴衣はセオα。そもそもドライ素材の浴衣というものに手を出したのは初めてだったもので『うーん、こんなもんなのか…?』とその涼しいという効果のほどに疑問を持ちましてね。

『ではセオα以外でドライ素材を謳っている安価な浴衣ではどないだ?』とネット徘徊で探し、体感的にはそっちの安価浴衣の方が生地が薄い分だけ涼しかったというオチになったのだが。

……ネットで探すのがメインの生活になっていたために実店舗徘徊はおろそかになっていたのですな。

しまむらでドライ素材の浴衣が出ていたことに気が付いたのが既に浴衣シーズンも終わりの頃で。

シーズンが終わるのでセールにはなっていたが、そこは売れ残りものの悲しさ。…いい柄はもはや存在せず。

『…今年は既に浴衣をごっそり買ったし、来年に期待しよう…』と2013年の浴衣シーズンは終了。

そして翌年の2014年。

比較的早い段階でしまむらに覗きに行き、1枚だけ夏着物として使えそうな柄を発見したものの、『作り帯、下駄が要らない。この2つは要らないから3980円くらいに値段を下げてくれまいか…』と躊躇。…3点セットで5800円のものしかないんですもん、ドライ素材浴衣は。

なのでもうちょっと待てばセール価格で安くなるかも~と思ったのが甘かった。

……セール時期になったらば、その目を付けた浴衣は既になかった……

そして2014年はあっしの浴衣の趣味が『大人で渋い感じのもの』に走ってしまったため、それ以上深追いせず、2014年の浴衣シーズンも終了。

―――――で、今年。2015年となりにけり。

しまむらのチラシのトップに浴衣が掲載されるのを待ち(それ以前から入荷してるとは思うんだが、チラシ掲載後の方が一斉に柄が見られるかと判断)、それが今週の水曜だったわけさ。



ネットから画像を拝借。こちらがしまむら一押しの今年のドライ浴衣の柄で、チラシでモデルが着用し、どの店頭にも数枚並んでおりまする。

もちろんこれ以外にもいっぱい柄はありますよ。ドライ素材も、普通の綿素材のも。

……しかしだ。この浴衣もそうなのだが、ラメ
ラメが金彩加工代わりにかなりがっつり使われてて、結構いい柄でも『ぐあああああ、ラメ…このラメさえなければっ
』とそのせいで諦めざるを得ないものが多し。

あっしがまだ30代ならば気にせぬかも知れんが、もう気になるお年頃(笑)

…ちなみに全然ラメが使われてなくって、『この柄、いいなあ…ドライ素材じゃないんだけど
』というものもドライ素材ではない分だけお安く並んでおり無駄に惑わされる。



…ドライ素材の浴衣を物色しているのに、あっしが心を奪われた、普通の綿素材の浴衣のセット、3種(笑)…結構高級感のある変わり織りってところも惑わされるポイント。

特にターコイズと可愛すぎる鮮やかピンクの団扇柄なんて『ぐぬぬぬ、あっし持ってるのよ、この浴衣に合いそうなアンティークの絽帯ーっ
』と絶叫したくなるほどであるのだが、この新品浴衣独特の濁りなきくっきり発色プリントが、購入したが最後先日の某ブランド紫陽花柄浴衣と同じ境遇を辿りそうで…

と云うかそもそもしまむらのドライ素材の浴衣を検証したくって数年暗躍しているのである。うっかり普通の綿素材の浴衣を買うわけにはいかぬ。

それでですね、近くの3店舗、しまむらをはしごしまして『うーん…この柄ならばラメの存在感がなくって、色柄もあっしの微妙なお年頃でも数年使えそうな気がするんだが…』と云うものを見つけたのですがね。

――――――紫陽花柄なんだけどさ(笑)

…ええ、普通の浴衣の柄として昔から紫陽花柄は出回っておりますが、そしてあっしも夏着物としての紫陽花柄浴衣を既に3枚も持っておりますが。それは全て紫陽花シーズンに夏着物として着るのを前提で購入したもの。

今、もう紫陽花も色褪せてるのに、今更紫陽花柄を買う!?と云うかしまむらのドライ浴衣がどれだけ涼しいのか検証するために買うんだから真夏に浴衣そのものとして着なくてはならんのに、紫陽花柄!?

と激しく苦悩懊悩致しまして。

『……いいよ、いいよ、もう俺は帰るよ。誰かお若い着物ブロガーのお嬢さん、ここはひとつしまむらのドライ浴衣を1枚買って、その涼しさを検証して記事にアップ、そしてそれをあっしに教えてくれよ』と、苦悩と懊悩が臨界に達し、いきなり捨て鉢なやる気のない丸投げ女と化したのだった…

そのような捨て鉢気分ですっかりしまむら浴衣を買う気が失せていたところだったので、たまさんの記事のコメントに『誰かしまむら浴衣を買って使い勝手を報告してくれまいか』と入れたところ。

先週(埼玉の)しまむらに行きましたが…浴衣もあったけれども…ドライ浴衣は気がつかなかった!黒っぽい地にピンクの花柄とかしか見掛けませんでしたよ。これは誰かが(って師匠、アナタですよ)買ってブログ上でレポしないと認識されないのかも(^^;)着物っぽい柄なら私が試してもいいんですが、浴衣着ないからな~。』

とのたまさんからの変、いや、辺コメが。

――――――そうなのだ…。各家庭にしまむらのチラシは配布されてるはずなのに、着物ブログではしまむら浴衣を話題にされる方はほとんどおらず。(数年前になぜか絵羽浴衣が出てた時は仲間内では話題になったが)

ましてドライ素材のしまむら浴衣の記事なぞ、あっしの徘徊する範囲内では見かけたことございませんよ。

………数年付け狙っていたあっしがやっぱり記事にすべきものなのかもしれないですわねえ……

てな訳でとうとう、ええ、とうとう購入しましたのよ、しまむらのドライ浴衣(爆)



ああ、もう本当にこれ要らないわ~
、な作り帯&下駄がセットになって5800円(税込)…せめて普通の半幅ならば使いようもあるのに~



で、あっしのような不満分子が『欲しい浴衣に付いてるこの帯と下駄が気に入らないから、他のセットのものと勝手に交換しちまえ』ってのを防ぐためか、帯と下駄の収納してある部分は開閉不可能となっとります…





紫陽花柄としては本物の紫陽花の色にかなり忠実で綺麗な色です。…大きな花柄だけど小花が密集してるようなもんなんで、夏着物としてはあっしでも数年、使えそうな気がするんだが。

ラメもシルバーラメが花芯部分だけに使われ、画像だと全然わからないレベル。

ちなみにしまむらのドライ浴衣ってば素材が2種類もありまして、こちらはポリ100%の従来のドライ素材風。若干透け感あり。

そして綿100%なのにドライ素材で、しかも接触冷感加工までされてるものがあり、そちらの方は『いかにも浴衣、浴衣としてしか着れないような浴衣の柄』が多かった。

…接触冷感加工があるものの方が涼しいに決まってるので『セオα、他の安価なドライ素材などのポリ浴衣との比較検証』のためにしまむらドライ浴衣を買いたかったワタクシ、ポリ100%の方に買ってもいいと思える柄があってほっとした次第。

―――――――ただし紫陽花柄なんだけどよ

と云うか、綿100%でドライ素材でしかも接触冷感加工までできる技術を持っているのなら、その生地で『昔ながらの藍の型染め風大人浴衣のセット』作ってはくれまいか、しまむらさんよ。

『…昔ながらの藍地の型染め浴衣が好きだけど、昔ながらの綿コーマ地が暑いのよ、暑いんだったら
』と怒り心頭な方々は山ほどいらしゃる。

そりゃプリント品では本物の藍地の型染めのような風合いは望めないにしても、ドライな接触冷感浴衣で昔ながらの藍染め風があればそこそこに売れそうな気もするんだが。

そーゆーのが来年あれば、あっしは買いますよ(笑)

……その前に今年のこの浴衣の検証ですが。紫陽花柄だけど……


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ