FC2ブログ
2015-05-12

藤コーデ、2015。その1

―――――牡丹コーデと伴走しますよ、藤コーデも。…てな訳で、藤コーデのその1。









今年は牡丹も藤も、その1コーデは『ポリの着物にアンティーク帯』って組み合わせですな。…偶然にですが。

ヤフオクで難あり1500円だった新品の藤柄ポリ着物。…この上前の藤が全部逆さ藤ってところが難ではございませんよ(笑)どっかに洗えば落ちるような汚れがあったのだった。

『何で一番目立つところを逆さ藤にしちゃったのかね…
』と入手当時は虚脱したのだが、まあ、それも面白いネタとして容認するのがあっしの懐の深さ、と自分で言い切りますわ、きっぱり。

なんだかんだと気に入って、藤コーデでよく登場する着物でございます。

帯は原宿の路上骨董市で998円(この半端な値段は一体…)だったアンティークの染め帯。元は3900円の値段が付いてましたが売れずにこの値段になっていた模様。

売れなかった理由はひとえに『普通のお太鼓にすると逆さ藤になる』ってことでしょうか。…たれとお太鼓部分が若干色褪せしていたので、先人も本当に逆さ藤状態で結んでいたのであろう。

『ははは、逆さ藤着物と逆さ藤帯。いい組み合わせだわ~
』とか悦に入っていたところ、ふと『……しかし、もしかしてこれ、引き抜き帯かい?』と引き抜き帯の結び方にしてみると…

上の画像のように藤が垂れ下がっていたのであった…

……いや、ちゃんとした藤の姿になったことは喜ばしいんだが、なんだか納得がいかないワタクシ(笑)

まあ、逆さ藤着物以外にも合わせられる帯になったと思うことに致しましょう。



帯留めも藤。アンティーク帯締めは通らない金具なので、とんぼ玉用の帯留め紐?を通して使っております。ただの輪ゴムでも可(笑)

半衿は『アッシュ・エル』の豪華刺繍。色んな花が入ってるのに、結局藤が一番目立つので藤コーデくらいでしか使わなくなってしまった

帯揚げは『浅葱色』ってことで購入したらなんだか実物はイメージが違ったもの。ターコイズをイメージしていたんだが。

んがターコイズでなかろうとも、このようにアンティークと合いやすい色ではありました。…単品だけ眺めてるとそうは見えないのに。

なのでネットで買った帯揚げの色が『ガーン
こんな色なの

』と思われた場合でも、とりあえず手持ちの着物や帯に合わせてみるのがよろしいかと。……案外活路を見出すものでございます(笑)



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



    >

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ