FC2ブログ
2015-02-20

なぜか宮城県人会開催、な@東京キモノはいからっと。

――――――ええ、またしても画像が少なく、そしてリンクだらけでございます。…いい加減慣れてくれっ←逆ギレ。

さて、ようやく入り口に辿り着いたところから今回は始まる…

結局どれくらい並んだのであろうか~…一人だったらすっごく待った気分になると思うんだが、みえさん&冬桃さんとご一緒に並ばせてもらい、なぜかヅラの話などで盛り上がったりしつつ待っていたのでさほど待たずに入れたような感じ。でもその後も列は続き、完全にフリーで入れるようになったのは開場から2時間後だったようでございます…

しかしどんどん内部に人は吸い込まれていくのに、一向に人が出てこないのが並んでる間も気がかりだったのだが。

…整然たる着物渋滞が会場内では『着物おしくらまんじゅう』と化しているのを目撃することになる。



画像だと割と広めで空間もあいているように見えるんだが、実際はかなりぎうぎうでございましたよ

…しかしこのようにぎうぎう状態で、しかもほとんどが着物姿にバッグをお持ちで、『決して着物を吟味するには向いていない状況』であったために、早々に買うのを諦めなんとなくぐるっと見て歩く人も多かったです。

開場直後は『何としても欲しいものがある
』な方々が大挙して押し寄せ、それはそれは大変だったようでございますが。

そして例に洩れずこのような状況下では急激に買い物意欲が減退するワタクシ。…早々に退散したいところであったが、まだサクラさんが会場にいらしてないんですのよ(笑)

てな訳で仙台から出店の『よしぎん』さんのところになんとなく漂っておりましたところ、そこは宮城県人会と化していた。

サクラさんのブログで拝見する、あの方、この方が入れ替わり立ち替わり現れ、どうやら宮城県勢が仙台から出店の仲間を応援に来ていたご様子。

…仙台というと遠いような感じだが、新幹線だと2時間くらいで東京に辿り着くのです。…埼玉から東京のはずれまで行く方がもっと時間かかるわ

で、なぜかあっし、仙台人と波長が合うのか初めましてな方ばかりなのに、なんだか普通に顔見知りのようにお話しをしていた(笑)

…天童よしみ似(最近藤山直美も配合されつつある)実姉が仙台人の嫁なのだが、キャラの馬鹿馬鹿しさはあっしも姉も大差ないので、その姉が仙台人を夫に選んだところを見ると、やっぱり血筋的に仙台人と気が合うのであろう。



―――――なぜか変な顔で突っ立ってる仙台『よしぎん』店長(笑)…その横で必死に働くそらこさん。

『サクラさんは洋服だと本当にわからないから~』と心配してくださったのか、『あ、今外にサクラさん並んでますって』とか『サクラさん、来ました、来ました!!』とサクラさんとの引き合わせに尽力してくださる宮城県人会。

―――――――そして遂に、サクラさん登場

……サクラさんを知ったのは、かれこれ何年前だったかしら…かなり昔でございますよ。

mixiのアンティーク着物好きのコミュによく画像を投稿されていたのですが、それこそアンティーク着物好きが妍を競うような画像の中で断トツに目立っていたのがサクラさんでして。

当時はまだ手持ちの着物や帯も少なく、画像撮るにしても実家のベランダの室外機の前(笑)っつーろくでもないロケーションでしか撮ってなかったワタクシ、素晴らしきコレクションを身に付け、いつも素敵な場所でのお出かけ画像を投稿されていたサクラさんを見るにつけ、『キーっ悔しい
仙台住まいらしいサクラめっ』と妬んでおりましたのです。

妬んでいた(笑)ので、投稿画像を見るたびに『キーっ悔しい
』を繰り返していたのであったが、そのうちにあっしも忙しくなってmixiの方まで手が回らず放置。サクラさんを忘れかけていた。――――――そして震災。

……急にサクラさんを思い出し、mixiを覗くも新規投稿がない。mixiだけでは埒が明かん、とmixiからサクラさんのブログを探し出し、そちらの新規投稿を覗くも『無事です』だけの文章のみ。

んもー、その後通常モードの着物ネタが復活するまでどれだけ心配したやら
……このような変化球な愛もあるのです(笑)

で、通常モードの着物ネタが復活するまでにサクラさんの過去記事とかを初めて読み漁ったのですが、そこからは『どんな汚れたぼろい着物であろうとも、工夫と努力で着る』と云う飽くなき探求の人の姿が垣間見え、あっしが無礼にも想像していた『高い金出せばいいもん買えるじゃーん
』な人物像は存在しなかった。

で、それ以降妬むのをやめ、悔い改めたワタクシは埼玉の地から仙台のサクラさんのご活躍を蔭ながら見守っていたのだが、浦和の微妙なデパートの催事の骨董市に出店していた仙台『よしぎん』の店長さんとの『仙台でお店しているのなら、サクラさん、ご存知ですか~?』な会話が巡り巡ってサクラさんの耳に届き、急速に距離が縮まって現在に至る。

――――――こんなストーリーがあっしにはあったのですよ、サクラさん(笑)

さて、初めてお会いした生サクラさんは、お見事
ブログの内容通り、さばさばと男らしく(爆)とっても話してて気持ちのいいお方でござんした。

…そして…話し方があっしとよく似ている…この話し方って、女性漫画家とかにとても多い、一言で言ってしまうと『オタクしゃべり』なんだがのう

サクラさんはオタクではないはずなんだが…オタク気質と云うことか(笑)

このようなキャラで近場に住んでいたならば、さぞかしつるんでいられたのになあ…と残念なことしきり

『うーん、買えるものはない。はいっ終わりっ!出よう出よう!!』とは、会場内に入った時点で際に既に疲労して帰りたがっていたお嬢さんにせっつかれて、発したサクラさんの台詞。――――男らしいねえ…

その後、会場の外で宮城県勢が待ってらしたので、宮城は仙台チームを撮影させて頂く。



…サクラさんのブログで登場する方々が、原宿に結集しているってのも不思議な図。

でこさん、千代さん、月子さん、着物庵さんでございます~


さて、会場を後にし、私は今まで気になっていたものの原宿と云う地に用がないため行ったことがなかった『シカゴ』へ、サクラさん親子は東京駅に戻るために原宿駅へ、ってことで行く方面が同じなのでご一緒する。

着物庵さんは会場内に戻られ、月子さん、千代さん、でこさんとはここでお別れ…のはずだったんだが、思わぬ場所ですぐ再会した(笑)

『こんな機会でもないと来ないしな~』と竹下通りにあるカルビーのお店に行くことにしたサクラさん親子と竹下通り前で涙ながら(大袈裟)にお別れし、今回の最大のミッションは無事任務完了したのだった。


……で、車は会場の近くに停めっぱなしなのさ。原宿の表参道付近に停める場所なんざありゃしないから

だから当然歩いているのだ、10年ぶりに履いたヒール靴で。

会場内ではほとんど歩いてないようなものだったが、会場から原宿駅前を通って表参道にあるシカゴまで歩くのでございます。…地理を知る者ならお分かりであろうが、そこそこの距離がある。

―――――――いよいよ10年ぶりのヒール靴が猛威を奮い始めることになる…。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ