FC2ブログ
2015-01-04

元旦は、毎年恒例の中華寺院『聖天宮』にて紫の留めの人。

なんだか毎年毎年毎年毎年、年明け1回目のお出かけ記事は、この黄色い建物が出てきますが(笑)



……画像、小さくしておりませんので、クリックすれば大きな画像で細部まで見られます。――――嫌になるほどぎっちり作り込んでおりますよ~(笑)

埼玉の片田舎の畑の中に突如現れる、謎の本格的中華寺院『聖天宮』。…うちの実家への通り道近辺にあるのさ
だからつい、正月に実家に行く際に立ち寄る(笑)

そして年々、正月にやって来る人が増えているような気がする。



今年はこんなのぼりまで設置されており、コスプレ撮影受け入れでの収入が増えたのでは…と思わせる。あ、背後に注目。―――――本当に周り、畑です。

で、毎年中には入らず外から眺めて立ち去るのですが、今年は珍しくも入ってみたのだった。…あっしと小僧は10月にも来て入っているが、夫は結婚前に改修工事中に入ったきりで綺麗な状態になったところ、まだ見たことがなかったもんで。

そして10月に来た際に提示し忘れた『パパママ応援カード(埼玉県内の中学生以下の子供がいる家庭に配布、加盟店で様々なサービスあり)』を提示してみたらば。



―――――こんなん、くれましたがな。…あたしゃ、拝観料が割引になるのかと思っていたよ

まあ、小僧が気に入って、時々持ち歩いているからいいんだけど(笑)


そして着姿撮影。――――――どこで撮っても強風、強風で寒いったらありゃしない







この羽織の色も、なかなかに中華寺院に勝負を挑んでいると思われますが、やっぱり赤系の『場末の安女郎の襦袢』みたいな着物には負ける(笑) http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/64676274.html

ああ、たまさんとべにおせんせーがどんな闘いを挑んだのかとても楽しみだわっ
←あっしが行った翌日にこの地に降り立っている。そのうち記事がアップされるであろう。



…そう云えば毎年小僧を抱えてこの正門前で撮っていたが、遂にそれすらしなくなりました。だって小僧重過ぎる。そしてこのように走り回っている…


その後実家に行き、帰宅後、聖天宮でもらったリーフレットを読んでみたらば気になる文章が。

『建物の前の道路も、最寄りの若葉駅もない、ただの雑木林を1から整地し15年の歳月を掛け建造』とな

…駅はともかく、道路、この建物に面した道路くらいは最初からあるものだと思っていたよ…
本当に原野みたいなとこに1から作り始めたのね
埼玉の僻地の。

神さまのお告げって時々いかがなものか、なもんがあるよな。



そんな無茶な神さまのお告げを守り、こんな立派すぎる中華寺院を本気で作り上げた、台湾の富豪がこちら。

――――――本当に富豪の実力って計り知れない…


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ