FC2ブログ
2014-10-13

獄門島あんぽん姉妹矢羽根コーデで、9月の浦和骨董市♪

先週の台風で庭の金木犀の花が全部落ち、『あ、今年はこれで花が終わりなのね』と思っていたら、昨日から何やらまた花の香りが漂うではありませんか。

どこの家の金木犀が今頃…と思ってよく見りゃうちの金木犀

年1回1週間程度咲いて散るもんだと信じていたよ、二毛作な金木犀なんて初めてだ


―――――さて、例によって記事のアップが遅れておりますよ。今回の記事は2週間前の出来事さ(笑)

9月の第4土曜の浦和の骨董市に、先日の『獄門島あんぽん姉妹』の矢羽根コーデで行って参りましたの。



天気も曇りで暑くもなく、骨董市としてはいい日和だったと思うのだが翌日が久々の日曜開催の川越の骨董市と云うこともあってか、『明日、川越で売ればいいや』な感じでお店側もそれほど頑張って商売する気もなかった様子(笑)

まあ、いつものそこそこの客の入りのまったりした骨董市だったわけですよ。



そしてこの人はミニカー選びに余念がない。



しかし今回は欲しいものがなく、人喰いカバに自ら喰われ、捨身飼虎な小僧。

以前はあまり欲しくなくても、何かしらミニカーを買って帰らなくては気が済まなかったが、最近はミニカーよりもこの公園の遊具で遊ぶのを楽しみにしている。

で、今回お子様遊具コーナーでおかっぱの少女が何やら古い風呂敷みたいなもんをマントにして遊んでおり、『おやま、今時珍しい昭和な出で立ちで…』と思って見てたら、風呂敷と思っていたものが古い年代物の日の丸旗

……おかっぱの少女が恐らく戦中のものであろう日の丸旗を背負って……
やーめーてー
縁起でもない。

ちなみにその少女に『なんでお祭りのときに着るのを着てるの?』としつこく聞かれ続けたワタクシ。

最近のお子様は着物が生活圏内にないせいか、『着物』と云う単語を知らないらしく、『浴衣を何で着てるの?』とよく聞かれるのだが、幼稚園年長くらいのお年頃の少女なのに『浴衣』と云う単語すら知らないとは…

『なぜ浴衣?』と云う問いには『これは浴衣じゃなくて着物って云うんだよ~浴衣は夏にお祭りの時とかに着るけど着物はいつ着てもいいんだよ~昔はみんな着ていたんだよ~』と説明するんだが、浴衣と云う単語も知らないお子様にわかりやすく説明するのはかなり難易度が高く、苦悩

―――――結局的確な返答が思い浮かばなかったので、少女の問いは無視した(笑)

少女よ、大人は都合が悪い質問に関しては聞かなかったことにする、と云う技を使うのだ。君も成長した暁にはその技をフル活用することであろう。と、ろくでもないはなむけの言葉を贈ることにする。

そんな卑怯な獄門島あんぽん姉妹のコーデの大人がこちら。



……どうです、信用ならない感じの大人でございましょう(爆)


この着物、丈が短いのがネックだったので、それを逆手にとりわざわざ目立つ色柄足袋をチョイス。

ポージングも工夫すると、『わざとオシャレで短め着付け』に見えるから不思議。


あ、そうそう。今回も少ないながらも戦利品がございます~



アンティークな配色の兵児帯500円に可愛いピンク地の菊柄の帯、1000円。

いつも帯は500円のお店なのに、この帯だけは1000円だった…ちぇっ(笑)



          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ