FC2ブログ
2014-03-27

3月の浦和骨董市の戦利品♪

さてさて、先日の浦和の骨董市における戦利品のご紹介でござりまする~
 

 
『同じもの、色違いなもの、既に持っているのに…』シリーズ(笑)
 
黒地に赤白水玉の銘仙は1000円。――――ええ、これと同じもんの単衣、持ってるんです。川越で買ったのを。着てないけどさ
 
川越で買った時『これが袷ならいいんだけど…』と思いつつ1000円で購入。
 
しかし春単衣でも秋単衣でも、着るには少々重苦しく暑苦しい色味ゆえ、結局袖通しておりませぬ
 
そして今回袷バージョンを発見し『袷なら活用範囲が広かろう…』と購入。
 
――――こうなったからには着なければなるまいよ
 
それからオペラピンク地に唐草の絞りの長羽織は1000円。―――ええ、これも同じ柄で色違いの紫の着物、持ってるんです。川越で買ったのを。こっちは何回か着てるけど。
 
…変なアンサンブルコーデにして着ようかしら(笑)まあ、羽織でこーゆー目立つ柄は活躍するものなので、買っても持て余したりはしないと思われまする。
 



 
一つ紋のシックな紫地に藤、の付け下げ。1000円。これは現代ものなので綺麗です
 
対応年齢が広そうな付け下げ、っつーかむしろ総白髪で貫録たっぷりのばあさん世代が着ると、結構似合うんじゃないのか、って感じですが。
 
なんでそんな着るんだかわからぬ着物を買ったのだ
と思われるでありましょうが、だって、藤の柄が美しかったんですもの。
 
リアルな藤の柄ってアンティークだと大人気で高値だから、どうしても化繊とかで探すしかないのだが、現代もので美しいリアルな藤柄ってのは、かなり訪問着、付け下げの中に潜んでいるんですな。振袖にも潜んでいるでよ。
 
…着るかどうかわからずとも、1000円ならばとりあえず手に入れておくあっしだ。
 
―――大体、礼装としてふさわしい場で着なくとも、毎年出てくる藤コーデで着る可能性が高いし(笑)
 

 
薄い卵色に霞雲柄の絞り帯揚げは、上の着物3枚買ったお店で買おうとしたら、おまけにしてくれたもの。
 
入園式コーデに使ってみようかと。
 
それから黄土色に竹柄の刺繍の帯締めと現代ものリサイクル、ないかにも昭和な細い帯締めは2本で100円
これが今回の目玉ですわな(笑)
 
竹柄帯締めは竹コーデに使えるし、薄いピンクに黒いラインの帯締めは、帯留め用の三部紐として使うとモダン
 
…2本100円帯締めコーナーには、それなりのものが多かったので、よくぞこの2本を発掘した、と自分を褒めたたえるワタクシ。
 
 
合計3100円のお買いものでございました。あ、小僧のミニカー代含めると4100円だが
 
プロレタリアートにふさわしい買いものと申せましょう。
 
 
アンティークで気張ってお洒落すればするほど『…あたしってば、何やってんのかしら。こんなとこでこんなカッコで
』と云う気分に苛まれる浦和の地ゆえ、何年も何年も紹介し続けている割には一向に着物姿のお客の増えない(むしろ数年前より減ってる
)浦和の骨董市ですが、だからこそライバルが少なく安価でお買いものが出来ますので、皆様におかれましては気が向いたら是非いらして下さりませ。
 
――――ただし周辺には、特に見どころは何もない
 
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ