FC2ブログ
2014-03-14

…さて、入園式には何を着てやろうかのう…(笑)

―――いよいよ小僧の入園式まで1ヶ月を切りましたが、そろそろ着る着物のコーデでも考えておこうかね、と『こんな行事でもないと着ないカテゴリーの着物』を引っ張り出したのでございます。
 
今回は使いたい帯が先に決まっておりまして。
 

 
出産直前に蘇芳さんから段ボール1箱分頂いた、着物類の中に入ってた袋帯。
 
もちろんアンティークではござらん(笑) んが、正統派な帯でございましょう。
 
この帯に合いそうな着物は手持ちではこの2枚であった。
 

 
小僧のお宮参りの時にも着た、アンティークの訪問着だか付け下げ。激安着物店で500円。
 
…ちょっとこの鴇色のサーモンピンクがもう若々し過ぎるかしら(どの口がそんなことを云う
)と思ったものの、春らしくて可愛いわあ~
 
それに何より、この機を逃したら、もう着れないような気がする
…卒園、入学となるとあっしもそれに伴ってどんどん老いるからのう…
 
もう1枚の方はこんな感じ。
 

 
激安着物店で1000円だった、現代ものリサイクル付け下げ。…んまあ、大人でございますこと。
 
これ、一応持ってはいるものの一度も袖を通したことがなく、試しに着てみたい気もするんだが、この着物はこの先、まだまだまだまだ着る機会がありそうだなあ…
 
てなわけで、前者の鴇色アンティークを着る方向でございます。
 
                   
 ちなみにこれは悪ふざけ(笑)
 

 
…付け下げだの引っ張り出してたら、このお気に入りのアンティーク付け下げも久々に広げてみたくなった次第。
 
―――いくらなんでもあっしとて、入園式にこんなコーデで行く痴れ者ではございませんことよ(笑)
 
あ~でも久々に着てみたくなっただよ。
 
入園式用ではなく『家庭内で入園お祝いなコーデ』として着ちゃおうかしらねえ。
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2014-03-12

『忘却の椿』コーデの着姿と、その後の激安着物店。

――――毎年その開花期の長さから油断され、うっかりコーデを忘れ去られている椿。略して『忘却の椿』と名付けようかね。
 
今年は忘れずにコーデを考えたので、ちゃんと着てやりましたとも。
 
椿が植えられてて人がいなくて撮りやすい場所、川口の『植物振興センター』へ行ってみたのさ。
 
そろそろ早咲きの桜『安行桜』も咲く頃だし。
 

 
一週間前はまだこんな咲き始め。…今はだいぶ咲いてるんじゃないのかな~
 
でも寒くって、桜コーデを考える気分が盛り上らない
 
―――で、椿なのだが。
 
この植物振興センターには色んな種類の椿が植えられているのだが、典型的な赤い椿の咲いてるとこは今工事中で立ち入り禁止になってたり、山茶花にしか見えないけど咲き揃ってて綺麗な椿前で撮ったら、何回撮っても人物が白飛びしてしまったり、と、どうにもいい感じの画像が撮れませんで
 

 
なんとかやっと椿も人物もちゃんと撮れる場所を見つけたら、そこはフェンスの向こうが墓場でござった…
 
…なんだか椿コーデの際には毎回赤い椿前で撮ろうと目論むのに、必ず赤い椿前では撮れず、ピンクの椿前ってのが多いような気がするなあ
 
そして梅コーデの時と打って変わって、この日の小僧は眠くてテンションが激しく降下中。
 
故にどんよりと写り込んでおります(笑)
 
 
―――ちゅーわけで、『着姿撮りました』以外に特筆すべきこともナシなこの記事
 
それもつまらんので、ほとんど関係のないネタもぶち込みましてよ。
 
 
この椿コーデで使用の羽織は『実家近くの激安着物店で500円』のものなのだが。
 
…結婚前は足しげく通い、安いのをいいことに山ほど買いまくっていたのだが、結婚後はすっかり遠くなってしまった上に近場で骨董市があるからわざわざ行く理由がなくなり、実家に行くことがあっても店に行くことなく、早6年近く。
 
しかし割とその当時買いこんだアイテムはコーデに登場し、その都度『激安着物店』という単語が出てくるものだから、たまーに興味を持たれて『そのお店を教えて欲しいです』という方がいらっしゃるんですな。
 
――――…別に教えてもいいけど、場末な上にそもそも今営業してるのかもわからない
 
という返答でお茶を濁すしかなく、すごく気になっていたのだ。
 
なので今年の正月、実家帰った際に店の前まで行き、一応店の存続と営業時間を確認。
 
機会があったら久々に店を覗いてみようと思って、遂に昨日、それが実現。
 

 
…6年前はなかった立派な扁額がございます(笑)というか、いつから『古着商』っつー店の名になったのだ。『着物と古着の店』ではなかったのか。
 

 
営業時間。冬場と夏場で変わりますよ、このお店は(笑)…今現在はこの営業時間。
 
でだ。いざ、久々に激安着物店に足を踏み入れてみたらば。
 
――――そこは既に『激安着物店』ではなかった…
 
6年前は店の半分くらいは着物で占められていたのに、今や着物関係はレジ回りのほんの一角。
 
そして500円、1000円の着物や帯で溢れていた店は、2000円、とか3000円の値札が付いてるものがポツポツあるだけの魅力なき店になり果てていた
 
別に経営者が変わったわけではなく、『カエル似の店主』は健在であった。
 
この6年間に何があったかわからぬが、6年前に確か店主は坐骨神経痛を患って重いものが運べないだの何だの話していたから、重い着物や帯の仕入れが身に堪え、着物よりかは軽い洋服に重きを置くようになったのであろうか。
 
真相はわからぬが、品揃えの悪さと値段から見ても、もうこの店に来ることはないだろう。だって地元の骨董市で、安くて掘り出し物がいっぱい見つかるもの
 
……かくして、わざわざ遠き道のりをやって来たものの、手ぶらで帰る羽目になるのも癪だったので、見つけ出したのはこれ。
 

 
絽と綸子でリバーシブルになってる喪の作り帯。500円。…画像的に面白くも何ともないですな(笑)もちろん加工用。
 
でもこれは一応前から探してて、でも何故か浦和の骨董市では喪帯って1000円からしか見つからなかったので納得いかず、『喪帯なんて500円で充分だ、ああ、激安着物店にはいっぱいあったのになあ』と思っていたので、本来の目的だけは達成したと云えよう(笑)
 
そんなかつての激安着物店の地図情報はこちら。
 
場末も場末ですし、今の品揃えの悪さから『近場に住んでて、失望覚悟で行く勇気のある方』にしかお勧めできませんが…
 
なのにまたしても不思議な縁のミラクルが。
 
――――あっしが行った昨日、その時間に何故か浦和の骨董市で毎回お話しするお店のおばちゃんが仕入れに来ていたのだ
 
浦和の骨董市では毎回会うものの、まさかかような場末の店でばったり会うとは
 
おばちゃんは、たまたま近くに来る用事があったので久々に来たそうだが、あっしに至っては6年ぶりだ
…それが同じ日の同じ時刻に…妙な縁よのう。
 
しかしあたしゃ骨董市では着物着て化粧もしてるのに、昨日は実家行く途中だったから化粧もせずメガネで、汚洋服(おようふく)でしたわよ
 
 
―――おばちゃんに普段は別人ってことがバレちゃったじゃないのさ~
ちぇっ(笑)
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2014-03-11

梅コーデ、その1で毎年恒例の大宮第二公園の梅林へ。

――――あらま、気が付けば2月は2回しか着姿をアップしておりませんでしたのね、こりゃ失礼致しました。
 
…まあ、大雪に阻まれ2月は計3回しか着物着れなかったんだが、それでもさっさとアップしておけばよかったですわ、『梅コーデ、その1』の着姿
 
2週間経ってのアップでございまする~
 
 
さて、毎年梅コーデを撮りに行くのは『大宮第二公園』の梅林。
 


 
2月末のこの時は、まだ5分咲き程度の木も多かった。で、平日の夕方なのに案外人が多くてびっくり。―――例年なら、平日は満開でも人はそんなに居ない…
 
そして小僧がなぜか、この場所が好きでしてね。
 

 
このように邪悪な笑みを浮かべ、一人でえらいこっちゃ飛び跳ねて浮かれておりましたのよ
 
そのせいか、今回は写り込みオンパレードでございます(笑)
 

 

 

 
とりあえず変過ぎる写り込みの画像だけを抜き出してアップしてみたが、この日の小僧の浮かれっぷりは異様で、あっしが一人で写ってる画像なんて2枚くらいしかない
 

 
髪型も撮っておかなければ~と撮ってみれば、このようにニヤニヤ顔が写り込んでるし。
 

 
大人しく地面を踏んでるなあ、と思ったら『鬼ふすべ』っつー巨大キノコの干からびたのを踏みまくって胞子を巻き散らかしているし。
 
そのように浮かれはしゃぐ幼児&、なんだか凄い格好(笑)の母と云う組み合わせは、花が咲いてるところには必ずいるアマチュアカメラおやじの目にも否が応でも入り込んで来ますわな。
 
カメラおやじの一人が声を掛けてきたので快くOKしましたら、『以前、この隣の菖蒲田でも撮らせて貰ったことが…』と言うではありませんか。
 
……ありましたねえ。約5年ほど前になりますが。http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/59095189.html
 
んが、同じ時期の同じ時間帯の同じ曜日ならともかく、季節も違えば時間帯も曜日も違い、同じなのは大宮第二公園という場所だけなのに、よくまあ珍しい再会を果たしたものですわ
 
今回だって30分違ってたら出会ってなかったであろうし、つくづくこのおやじとは妙な縁があるのであろう(笑)―――そのうちまた会いそうな気がする、大宮第二公園で(爆)
 

 
足元は梅柄足袋靴下&梅に鶴の柄なんだけど、履くと梅柄は見えないウレタン草履。
 

 
梅のつまみ細工の髪飾りは、ヤフオクで落札したかんざし類3点セットの中に入ってたもの。
 

 
猫の日コーデで一緒に撮れなかったし、せっかく着物着てるから元気なうちに一緒に撮っておいたデブ子。
 
これが最後の2ショット画像になってしまった
 
―――しかし11年8ヶ月の間に、デブ子との2ショット画像が覚えてるだけでこれ含めて3枚しかないって…
 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
2014-03-09

行き当たりばったりつまみ細工、『予想外に楽だった菜の花』

―――そのパーツの多さから、『ああ、1ヶ月くらいかけてちまちま作らなくちゃ間に合わないかしら
』と不安にさせられていた菜の花。
 
しかしながらデブ子の闘病でちまちま作業をする気にもなれず、いよいよもって菜の花シーズン直前となった今、デブ子逝去。
 
……じゃ、早速作り始めましょうかねえ。時間かかるかも知れんけど。
 
と作り始めたら、2日、作業時間は実質5時間で完成しちまったのだった(笑)
 
それがこちらでございまするよ。
 

 
小さな花が密集、と云うデザインが、作る前には大きな壁のように見えたものだが、実際は小さいせいで多少形がいびつで失敗してても、それは全体の中の1つにすぎず、目立たないのでございます。
 
しかも1輪1輪の大きさを揃える必要もなく、ランダムに大小入り混じってOKなのでこれまたすっごく楽(笑)
 
そしてパーツが多いため、何となくまとめただけで菜の花に見えるのでございます。
 
――――なんだ、心配して損した。取り越し苦労とはまさにこのこと。
 
小花密集ものでは他に紫陽花を作りたいと思っておりましたが、紫陽花も基本的にこの菜の花と同じ作りなので、その気になったらあっという間に作れそうな気が致します。
 
 
で、今回の作品。
 
実は以前、羽衣牡丹さんから頂いた道行きを解いて使っておりますのよ~
 
敷き布として使っている綺麗な紫の綸子の道行きなのですが、道行きは私にはまったくと言っていいほどに出番がなく、しかしこの道行き、表地も裏地も綺麗な色でしてね。
 
道行きとしては出番が一切ないのに、解いて小物類にすればそれはそれは活躍しそうな感じの色で…
 
そして今回、羽裏の黄色が菜の花にピッタリだわ~いいわ~
との誘惑に勝てず、とうとう解いてしまったのだった…
 
ああ、『綺麗な着れる着物を解いて加工してしまうおばちゃん』を敵とみなしていたくせに、まさか自分がそのような真似をしようとは。
 
お許しくだされ、羽衣牡丹さん
 
―――でも袖が長いので、袖は帯揚げとして使えるし、もちろん本体も色んな細工物に使えるんでございます。
 
道行きの形のまま延々と仕舞われっぱなしの生活を送るよりは幸せかと~
 
 
…とりあえず、この道行きを使って菖蒲を作ることは決定しております(笑)
 
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
2014-03-08

梅コーデ、2014。その2

さてさて、これから春の花のコーデに追われる季節になって参りますが、とりあえずは今年の梅コーデのその2。
 
…椿コーデは毎年忘れても、椿ほどではなくともこれまた開花期の長い梅のコーデは忘れることがない、不思議と。
 

 

 

 

 
ほぼ毎年登場する、浦和の骨董市で500円だった梅柄着物に、この着物と色柄がバッチリな刺繍帯は今は亡き川越の『はいからや』さんで1000円。
 
ついついこの着物&帯、という組み合わせばかりを考えてしまうんであるが、今年はその着物&帯にピッタリな羽織をヤフオクで発見しましてね。
 
…大人しい色柄だから、お値段は安く終わるであろうと踏んでたらところがどっこい、1円スタートで2710円まで値上がった
 
そうだった。普通の方にはこれくらいの大人しめで春な色の方が使いやすいんであった(笑)
 
半衿は『ひめ吉』さんの『梅にメジロ』柄。
 

 
羽織紐もその1コーデと同じで、梅柄とんぼ玉で自作したもの。帯留めも梅柄の端切れを使って自作。
 
 
このように、その1の地獄梅着物コーデとは正反対な梅コーデでございまする(笑)…『私でも着れそう』と云う声が多そうな(爆)
 
―――ああ、梅もほぼ咲き揃って来たし、着なくては~
 
 
 
         いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
2014-03-06

デブリン、11歳8ヶ月でこの世から卒業していきました。


 
デブリン、通称『デブ子(オスなのに
)』、3月4日午後6時50分頃、短い闘病生活を終え旅立って行きました。11歳8ヶ月でした。
 
 
今年に入ってから恐るべきスピードで痩せ始め、それでもよく食べていたものの、2月になり急にあまり食べなくなり『これは絶対おかしい』と獣医に診せたところ、消化管型悪性リンパ腫。
 
基本的に完治しない病気で、どれだけ延命できるかと云うレベル。
 
無治療なら余命1ヶ月、ステロイド投与で余命2~3ヶ月程度、抗がん治療なら余命半年から1年くらいと云う診断。
 
年齢的なことを考えると、抗がん治療でほんの少し死期を伸ばすよりかはステロイド内服で頑張れるところまで頑張る方針でいましたが、ステロイドが劇的に効いていた期間は実質10日間、すぐに抗がん治療1回目を始めたものの、貧血が恐ろしく早く進み、抗がん治療の効果が出ることなく力尽きました。
 
24日間の闘病生活でした。
 
無治療で余命1ヶ月と診断されてから、出来る限りのことをしてもきっかり1ヶ月で旅立ちました。
 
―――――つまり、これがデブ子さんの『定められた寿命』だったということでしょう。
 
デブ子さん、ちゃんと自分の死期をわかってて、健康な時は毎回病院連れてく時に籠に入れるのも大変だったのが、弱り始めてからは籠を開けると自分から入っていくようになり、それを見て『ああ、もう長くはないんだな』と私も覚悟しておりました。
 
亡くなる2日前からほとんど食べなくなり輸液に通っておりましたが、ずっと大人しく治療されていたのに、亡くなる当日だけは病院に行くのを嫌がり、病院での輸液中もどこにそんな体力があるのかずっと声が裏返るほどの大鳴き。
 
体温も低くなっており『これはもう、何もしてくれるなってことなんだな』と判断。
 
体温が低くなってくるといよいよ残り数日なので、帰宅した夫に『残りはもう2,3日』と告げ、私は買い物に出たところ、帰ってきたら亡くなっていました。
 
好きな刺身なら少しでも食べるかも、と思って買って来たのに間に合いませんでした。
 
私は不可抗力ですが、気の毒なのは夫で『残りわずか』と聞かされてから1時間もしないうちに、しかも同じ家に居ながら臨終には立ち会えず。
 
デブ子は寝床のある別室から大声で最後に鳴いたそうですが、リビングで小僧の相手をしていた夫は手が離せず、それでもすぐに部屋に行ったところ、もう息は止まっていたそうです。
 
特に苦しんだ様子もなく、出かける前と同じ形で亡くなっていました。
 
私が出かける前、ずっと寝ていたデブ子が突然首だけムクッと起こしてしっかりとした目と声で私を呼んだので、撫でてやったらまたすぐに穏やかに眠りだしたので安心して出かけたら、それが最後になりました。
 
――――その日ずっと一緒にいたのに、よりによって私がちょっと買い物に出た隙に逝ってしまうなんて、お前ってヤツは、デブ子
あと10分、待っててくれてもいいじゃんかよ~
 
と思ったが、ああそうか、私とのお別れは済んだから夫の帰りを待ってたんだな…と。
 
――――なのに臨終の際には誰も立ち会えず、お嬢も別室でグーグー寝ていた(笑)
 
……不謹慎かもしれないが、悲しいとかよりもこみ上げてくるものは『デブ子、あんたって子は
』と云う虚脱感。これに尽きるのでございます。
 
しかしながら、余命宣告が出てからの1ヶ月間、デブ子は我が家で一番大切に扱われ、デブ子もデブ子で亡くなる前日まで、フラフラの足取りでリビングにやって来ては『さあ撫でれ』を繰り返し、甘えるだけ甘えていたので、ちゃんと愛情を持って旅立ったはずなので臨終の際に誰も立ち会えなくても悔いは残りません。
 
あっという間に旅立ってしまいましたが、本当にまともに歩けずしんどそうだったのは最後の日だけだったので、長患いでじわじわ弱っていくよりも断然よかったと思ってます。
 

 
小僧が生まれてからの3年間はデブ子には面白くない日々が多かったと思いますが、それでも最後の1ヶ月間、出来るだけデブ子を画像に納めていたところ、これだけ小僧の傍にいる姿が。
 
…実はまだ元気だったころに小僧がデブ子にいたずらをし、しっかり教育的指導をされたので、それ以来デブ子に恐れをなして小僧はデブ子にあまり近寄らない状態ではあったのだが、デブ子の方がわざわざいつもそばに寄って来てました。
 
――――なんといいますか、小僧の入園を区切りに、デブ子も役割を終えこの世を卒業していったような気がしてなりません。
 


 
あまり食べられなくなった頃に、小僧に見ての通りのヘビーな食事を薦められ、憤るデブ子。
 

 
多分、マックスで太って6.6キロだった頃の画像。―――――ここまでデブだったのか
 
 
この特異な見た目とキャラ故に、皆様に『デブ子』と敬称略で呼ばれることが多く(…普通は仲良しの人のペットでもちゃん、君付けするものだが(笑))、それゆえに親しみを持ってデブ子を愛し続けて下さった方々、ありがとうございました。
 
どうか湿っぽくならずに『ははは、デブ子らしいや』と笑って見送って頂ければ幸いです。
 
 
2月から今まではデブ子の闘病で、全体的に低空飛行気味な大して面白くもない記事ばかりでしたが、もう火葬も済み、全てが終わった今はすっきり晴れやかですので、次回の記事から通常モードに戻ります。
 
――――が、一つ大問題。
 
デブ子がとうとうトイレに辿り着けず粗相をしたために、買って来た200枚入りペットシーツ。
 
買ってから2時間後に亡くなったので未開封のまま持て余している…どうしろと
 
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
                https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
2014-03-04

特に何もしないひな祭りであったが、何となくひな祭り仕様にはなっている3月の飾りつけ。

――――3月になりましたので、雪の結晶やら雪だるまやらで揃えられていた寒々しい飾り付けは速攻撤去。
 
一気に春らしい、ピンクピンクな飾り付けになっておりまする。
 

 
ああ、薄暗かったんで露出あげたら白飛びしてしまったわ
 
相変わらず100均もの大活躍(笑)
 

 
『桜並木と階段でダラダラする猫』の手ぬぐいをタペストリーに。
 
100均の桜の造花はしだれ桜風に梱包テープで貼り付けてみた。
 

 
やーねーカルテットの敷き布は100均の小桜柄手ぬぐい&ハンカチ。
 

 
出窓側ももちろん100均オンパレード。…小僧がようやく出窓にへばり付かなくなったので、心置きなくベタベタ貼れるようになりましたわ~
 
 
と、桜モード全開な飾り付けでありますが。
 


 
庭の梅はようやく咲き始めた感じ。…鉢植えの水仙もこれからようやく咲く感じですわ。
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
                https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
2014-03-02

開花期の長さに油断して、いつも忘れ去られる椿コーデ、2014。

―――――ええ、3月になった途端に世間は桜な気分で、椿な気分ではないのだが(笑)
 
椿は開花期間が長いために『まだまだ着れる…』と油断して、あっという間になんだか春を通り越して夏の陽気になったりして、結局気が付きゃ毎年椿コーデをすっ飛ばしていたりするのですが
 
しかし今年は椿柄の着物も新たに入手していることだし、椿のつまみ細工も雑に作ったことだし、と椿コーデに踏み切りましてございます。
 

 

 

 

 
浦和の骨董市で1000円だった椿柄の着物に、実家近くの激安着物店で500円だったマゼンダピンク地に紅白椿柄の羽織。
 
たまさんからぶん捕った(笑)、アンティークの椿柄の刺繍帯。
 
羽織にくっ付けてるのが、自作の雑な椿のつまみ細工。
 
帯揚げと帯締めに悩み、着物の椿柄の緑とオレンジに合わせてみた。が、緑が微妙に違うのです~
 
丸ぐけの帯締めはたまさんからの頂きもの。帯周りは『たまさんすぺしゃる』(笑)
 

 
遠目には赤い椿のワンポイントに見えるが、近くで見るとこのように椿がいっぱいなのはひめ吉さんの椿柄半衿。現在は廃番の柄。
 
―――――で。
 
何気なくヤフオクで『椿』で検索してたら、それは出てきたのさ。
 

 
……皆さん、これ、どう思われます?デザイン、パクってますよねえ
ひめ吉さんのを。
 
椿のシルエットを丸くして、刺繍を多くして色半衿にしてるけどさあ
 
現在は廃番の柄とは云え、それゆえにひめ吉アウトレッターには所持するものが多い、この半衿。
 
『ああ、またパクられちゃったのかい…
』と暗澹たる気分になったものだが、しかし純正品の白半衿だと大人なデザイン、と思っていたものが、このような色半衿になってると『あらま、らぶりーな柄なのねん
』と再発見。
 
――――いいんだか悪いんだか(笑)
 

 
羽織なしだとこんな感じ。…袖丈、30㎝台ですわ(笑)
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ