FC2ブログ
2014-02-26

変カワイイ猫に出会った、『猫の日』の浦和骨董市&戦利品♪

……もう4日も経っちまいましたが、22日の浦和の骨董市に行ったんざます。前回の猫の日コーデで。

 
快晴ではありますが、風が冷たく、お客さんもそこそこの入りと云った感じでしたでしょうかねえ。
 
で、会場の公園にまだ着かぬころから、車窓から見える景色で骨董市に行くと云うのを認識した小僧は『くるま、あるかな~』と言い出しやがり。
 
会場に着くなりミニカー探しに没頭。――――あっしは何も見てもいないので撤収作業が始まらぬかとヒヤヒヤ
 
結局小僧はおもちゃリサイクル店なら100円で買えそうなヤツを選び、それは700円もしやがったのだった…あああ、納得いきませんわ
 
 
小僧のミニカー選びの間に、遠くに見ゆる目ぼしい着物に狙いを定めておったのだが、それを無事にゲット
 
いつも行くたびに声を掛けてくださるおばちゃんのお店も覗こうと思ったら、日陰の場所に配置されてるので寒かったらしく早々に撤収作業が終了していた
 
で、『猫の日だからこのコーデ』っつー立ち話をしていたら「あ、変わった面白い猫がいるよ~」と案内されたのは向かいのお店。
 

 
このように人が引きもきらずに猫を撫でまわしに来るのだが、一向に起きぬ猫。防寒ばっちし(笑)…あまりに人気なので順番待ち(笑)していたら覚醒されまして。
 

 
のそのそと動き回られ始める猫。
 

 
餌と水が置いてある場所に飛び乗り、お食事。
 

 
お食事後は陶酔の表情で看板猫の仕事を始める。――彼の名は『熱海』…なんで熱海なのかは取材し損なったが(笑)
 
フード付きジャケットにマフラーまで巻いて、よくぞ嫌がらぬものだと感心していたら、どうやら熱海氏、『これを着せられたらお出かけ…』と知っているために嫌がらずに着るのだそうだ。
 
もっともお出かけ着を着ないで外を闊歩されているのは一目瞭然な薄汚れ感(笑)でございまして、この日もよく見りゃあちこち生傷。――――なかなかのファイターのようだ、熱海氏。
 

 
熱海氏、看板猫なのはいいのだが、皆熱海氏に注目して群がるために、肝心のお店の方(根付けとか売ってる)を見ないまま去ってしまい、看板猫として優秀なんだか無能なんだか(泣き笑い)

 
その後人通りが少なくなり、注目を集めることに快感を覚えていた熱海氏は、さっさと看板猫の看板を下ろし、小僧にさわさわされまくっていた。
 

 
しかしそれが気に入らなかったのか、散歩に出掛けられてしまった熱海氏。
 

 
――――そして人喰いカバに救いを求める小僧であった。
 
 
 
さて、お待ちかねの戦利品でございますよ
 

 
マゼンダ×黒の矢羽根のモスリンのアンサンブル。3000円。…そりゃあ、遠くからでもあっしは見逃しませんわな(笑)
 
んが、似たような、と云うより同じだろう
な銘仙も既に持っているのである。だから悩んだのだが。
 
アンサンブルなのに袖が長く(基本的にアンサンブルって戦後のウール、袖の短いのしか見かけない…)そして羽織が長羽織で、単品として使っても何の問題もない品
 
…ウールのアンサンブルをお持ちの方にはよくおわかり頂けるであろうが、羽織単品で他の着物に合わせても『……微妙過ぎる』で結局アンサンブルとして着るのみなのですわ
 
だからアンサンブルとしても、それぞれ単品としても使えて、しかもこの色柄で仕付け付きならば3000円でも文句はない。
 
一緒に買うつもりだった300円の帯締めはおまけとして頂けたし
 

 
一応、手持ちの『酷似品』を並べてみたら、ああよかった、似てはいるけど別物だわ(笑)
 
柄の大きさも素材感も色も全然違う。ああよかった、買っといて。
 
 
ついでに熱海氏と2ショット撮って貰えばよかった…
 
我が家の黒猫ズには冷たくされ、猫コーデで猫と一緒に撮れず仕舞いに終わった、猫の日の浦和骨董市でございました。
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
                https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ