FC2ブログ
2014-02-11

テーマに悩む1,2月の飾り付け、今年はこんな感じ。

正月が終わり、桜のシーズンに突入する3月まで、我が家の飾り付けは毎年悩みの種であるのだが。
 
『冬らしい猫もの』でどうやら落ち着いてきた模様。
 

 

 
『昭和な暮らしと猫』、な絵柄の手ぬぐいをタペストリーに。…こたつにムリムリ入っていく猫ケツがたまりません
 
…黒電話、レースなフリフリで飾られてた方が、より昭和らしさが出てたかも知れん(笑)
 

 
日当たりのいいところでは梅もちらほら咲き始めてるので、やーねーカルテットの敷き布は100均の梅柄手ぬぐい&梅柄型抜きフェルトランチョンマット。
 
ここだけが一足早く春の風情。
 

 
一方の出窓側はこのように、100均の雪の結晶もの&雪だるまで寒々しく(笑)
 
――まあ、こんなに雪もので揃えても、関東ではリアリティがないねえ、と思っていたのだが。
 

 
驚くべき大雪が降ったので説得力が出ました
 
…引きで撮ると、先日の大雪がガッツリ残り、これまた実に寒々しい風景なり。
 
 
この飾り付けは3月まで続く…
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2014-02-09

大雪と黒猫。

――――予報通りに雪がきっちり降り、目が覚めると外はこんな雪景色。
 

 
膨らみ始めた梅の蕾に積もる雪。…んまあ、友禅の絵柄になりそうな風情でありますが、現実には『ギャー
どうすんの、こんな大雪
』状態。
 

 
そして雪に衝撃を受けるお嬢さん。
 

 
更にデブ子も登場して、ダブルで衝撃を受けている…
 

 
…何故か黒猫ズ、雪が怖いらしく、お嬢に至っては椅子の下に避難してしまわれたのだった…
 
 
―――そんな大雪の日の一場面でございました。
 
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
2014-02-08

行き当たりばったりつまみ細工、『大雑把な椿。』

―――大雪どころか東京でも吹雪、なんつーとんでもない予報の為、停電に備えよってな夜のニュースを見て、大急ぎで灯油を買いに走ってみれば、夜の10時近いのに同じニュースを見た者共が、大挙して灯油を買いに来ていてあらやだよ
 
まあ、今現在雪降ってないんだが。―――起きたら一面真っ白なのかしら~
 
さて、小僧の入園準備用品作りにすっかり飽き、別のもの作りに励んでいるあっしですが、まだ脱線したままでございますのさ。
 

 
実に大雑把な、それゆえ超短時間で(…30分くらい…)作ってしまった椿。
 
これ、一応ちゃんとつまみ細工なんだが、パーツのサイズが大きいためになんだか『布を縫い絞って作るコサージュ』みたいな感じ。
 
でも椿、基本的にパーツが大きいのでねえ…逆に小さいと椿に見えませぬ
 
そもそも椿を作る気はさらさらなかったどころか、その開花期間の長さに毎年油断して椿コーデをすっ飛ばす、と云う行為を繰り返している私だ。
 
んが、数年前に100均の椿の造花で髪飾りを作った際、余った部分はトイレの適当な飾りとして飾っていたのだが、先日、小僧がそれをトイレから持ってきたので『あ、そう云えば椿があったね…』と思い出した次第。
 
そして小僧が持ってきたトイレ椿を見て『あ、この100均造花椿の花芯、つまみ細工にそのまま使えるんじゃ…』とひらめいた次第。
 
ええ、家にあるものを徹底的に使うでごじゃるよ(笑)
 
―――でも椿の造花の花芯だけに、大雑把なつまみ細工でもちゃんと椿に見えるありがたさ。
 
何よりつまみ細工の花芯付け作業は割と面倒なんだが、それがパーツ1個そのままゴロっと移植で済むと云うありがたさ。
 
高級感皆無だが、別にあっしが使うだけだからいいのさ(笑)
 
 
……しかし、こーゆー大雑把極まれりな作品の方が、誰が見てもわかりやすくて案外評判が良かったりするんでございます
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2014-02-07

12月~2月の、頂きもの大全!!

―――うっかりのんびりしてる間に、またしても頂きものがどんどんたまっております…
 
で、ここでまたしても一挙公開~…一挙に公開すると、案外いっぱいあるように見えないのが不思議だ
 
で、まずは前回、『8月~11月の頂きもの大全』の中で紹介し忘れてた、10月にタンタンさんから頂いたもの。
 

 
小僧用の『プラレール』の車掌風カットソースーツ。…小僧、鉄ではないので特に興味を示さなかったが、これを機に鉄にも目覚められたら困るので今のところ隠匿。
 
黒猫柄足袋靴下に、小さな黒猫帯留め。…帯留め、裏の帯締め通し部分が肉球柄のビーズ編みで可愛いの~
むしろこちら側を見せて付けたいくらいだ(笑)
 

 
こちらは沖縄の赤唐辛子さんから。―――ええ、沖縄らしさを主張している空き箱がありますが、この中身は別便で先に届いたので喰っちまったのでした(笑)
 
他にも見事に黒猫&矢羽根に特化されたラインナップなり~
 
お次は、12月にタンタンさんから頂いたもの。
 

 
鼈甲の前櫛、笄、芳丁かんざし、それから猫柄(よく見ると猫がいます)バチ型かんざし。
 

 
敷き布にした黒猫びっしりなスカーフに、ミニハット2個、錨マーク入りのボタンに、スカーフと同化してるコサージュ。
 
それから『菓子も送らねば…』との強迫観念に駆られて、わざわざチョコまで入れて下さった(笑)
 

 
小僧用品も抜かりなく。猫耳付きのモコモコスーツに下着関係諸々に何故かいちご帽子(笑)
 
…小僧、毎日いちご狂ったように喰らってるのに、この帽子は嫌がってかぶらなんだ
つーか、こーゆーのが似合うのはもっと小さい女の子であろう。誰かに差し上げねば…
 
お次は、ふでぺんさんから先日頂いたばかりのもの。
 

 
小僧用のウールのアンサンブル。柄は梅鉢に絣チックなプリント。かなり大きいので、これ着るのはまだまだ数年先ですが、あっしが小僧用の着物を選ぶとついついアンティークの似たり寄ったりな色柄ばかりになるので、実はこのような『正しい昭和レトロなウール子供着物』はあっしには貴重(笑)
 
この荷物を受け取った時、小僧がすかさずにじり寄り『これなんだ』と菓子類を期待して段ボールを奪って行ったのだが、中身が着物とわかるや否や速攻で捨てたのだった。…んが。
 

 
着物の他にもこのようにご立派なチョコが入ってたのさ~
…ひひひ、小僧にバレなかったぜ
 
和風なバレンタインチョコ、数年前から出回るようになったが自分用に買うのももったいない話なんで、見かけたら眺めるくらいであったが、まさか思いもかけず頂けるとは
 
なんだか帯留めにしたい可愛さなんだが(笑)、隠れてこっそりしみじみ喰らうつもり。
 
 
タンタンさん、赤唐辛子さん、ふでぺんさん、ありがとうございました~

 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2014-02-05

モダンな赤黒千鳥柄ウール×螺髪気味に陰謀渦巻く感じの劇画薔薇羽織で『真冬の赤い薔薇』コーデ。

珍しくも割と雪が降った関東でございますが、『これ以上雪がひどくならないうちに…』と買い物に出かけたら、その時点が一番の雪のピークであった…
 
 
さて、先日のくまモンコーデで黒白赤の着物を引っ張り出した際、『…そう云えば赤黒着物もいっぱいあるねえ…』と、すっかり存在を忘れ去っていた着物の事を思い出しましてね。
 
赤黒着物の中でもお気に入りのを使って、いっちょコーデでもしてやるか、と相成ったわけですよ。
 
それがこちら~
 

 

 

 

 
ヤフオクで、そのモダンな柄故に高騰した千鳥柄のウールは3500円、確か
 
そして実家近くの激安着物店で500円で手に入れたものの、派手に見えるようで地味、そして陰謀渦巻く螺髪風味のぐるぐるが実に気持ち悪い、という理由で、パッとするコーデも思い浮かばぬままいたずらに時を重ねただけのこの羽織。ようやくデビュー(笑)
 
この昭和レトロ感漂う羽織と着物には、やはり昭和の香り漂う帯がふさわしい、とおかんの手持ちからくすねてきた、黒地に赤薔薇作り帯をば。
 
半衿は、やっと使えた
ひめ吉さんとこの『蔦と薔薇』黒バージョンでございます。
 
帯揚げはストライプ地の綿生地に、帯締めは千鳥柄。羽織紐も自作です。
 

 
トルソーちゃん傾いてるけど、羽織なしだとこんな感じ。……やっぱり羽織に、昭和レトロな香りが一番漂っている(笑)
 
あ、写し忘れたけど、足袋も『黒地に赤薔薇』の予定~
 
 
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
2014-02-03

行き当たりばったりつまみ細工、『やっとこさ、自分用の水仙かんざし』完成。

―――さて、今年も日当たりが悪い場所に生えてる我が家の水仙には蕾が付いておらず、去年鉢植えで買った水仙もまだほとんど葉が出てないないので、咲くかどうかは未知数。
 
…でも日当たりがいいところでは既に日本水仙満開なとこ、あるんですわ
 
てなわけで、『ああ、いつの間にか水仙シーズンにっ
』と焦りましてね。大急ぎで水仙つまみ細工作りを始めたのですわ。―――ええ、もちろん入園準備用品作りに飽きていたからではありませんよ(笑)
 

 
で、これが完成品。試作品として作ったべにおさんに押し付けたものより、花数、葉の色、数が違っております。
 
水仙は、あまり花数多くってもせっかくの形が生きないような気がするんで、このくらいがほどほどのバランスかと。
 
…しかしこの薄い黄色×オレンジの組み合わせの水仙もあるから、これでいいやと思っていたが、水仙コーデに使う予定のこの帯も、そして着物も水仙の花びらは白であった…
 
白×黄色の花びらバージョンで作ればよかったかも知れん
 
 
水仙はパーツの大きさも大きく、数も少ないので作りやすいから、白×黄色バージョンも作ってもいいんだが、問題は次に作ろうと思っている『菜の花』だ…
 
基本的な丸つまみで作るんだが、小さめ、そしていっぱいパーツが必要だ~
 
…入園準備用品作りに飽きたらつまみ細工に勤しみ、そしてつまみ細工作りにも飽きて再び入園準備に戻る、という悪循環に陥りそうな気がしてならない…
 
 
 
         いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ