FC2ブログ
2013-12-07

『紅葉探して柿拾い』な、遂に柿尽くしなコーデ!!(笑)

柿の柄は秋の意匠としては大変人気でございますので、ワンポイントとして帯留めなどをお持ちの方は多かろうと思われまするが。
 
…ええ、ワンポイントなら可愛いっすよねえ。
 
ところがここに、ひょんな偶然から柿でトータルコーデを成し遂げられるまでにアイテムを集め切ってしまった者あり。
 
――――まあ、とりあえずその恐るべき柿だらけコーデをご覧いただこう…
 

 

 

 
こうやって見ると意外とあっさりな柄ばかりなので『うぎゃー
』って感じはないのですが、どれもこれも柿でございましてよ
 
そもそもの発端はこの羽織。
 
川越の栄屋さんで1000円で入手の、『余りに柄が大きくてパッと見は大きな水玉にしか見えない柿』の銘仙の羽織。
 
よく見りゃかなり小穴があるので、当初『解いて帯にでもしようかしら~』と言ってたのだが、結局珍品なのでそのまま羽織として活用し続け中。
 
その後、ヤフオクで柿柄のシックな刺繍帯を5000円で落札。…最初からこの値段だったせいで誰とも競らずに済んだが、物としてはかなりお得な価格だと思われます、はい。
 
で、羽織、帯と集めたので、ついでに半衿として使えるように手ぬぐい、柿の箸置きを改造して帯留め、など徐々に柿アイテムを増やしていったのだが、着物だけはワタクシ、豆千代さんの本で見たくらいなので『珍品中の珍品で、まず出回ってないだろうな~
』と、はなっから諦め、探すことすらしなかったのだが。
 
ところが秋本番になり、毎年紅葉柄の着物を探しているあっし、ヤフオクで『紅葉』で検索かけてみたのさ。
 
――――そしたらなぜか様々な紅葉柄着物と共にヒットしたのがこの柿の着物。
 
商品タイトルが『柿の小紋 紅葉狩りにも』の文言だったためにヒットしたと思われる。
 
で、紅葉そっちのけで『かーきいいいいい
』と喰い付き、これまた開始価格500円に喰い付き、更に『この画像は全体に黄色がかってるからきっと実物は私の好きな色
』ってとこに喰い付き、『よし、この着物には5000円出しましょう
』と5000円入れて、あとは放っておいたのでございます。
 
――――結果、510円で落札


 
きっと我が家に巣食う柿アイテムが呼び寄せたのでありましょう…
 
そして届いた実物は、予想通りに『ちょっと暗めのオペラピンク系赤紫』な地色でこれまた万々歳~
 
更に恐るべきことに、柿柄羽織と袖丈がほぼ一緒であった。羽織の方、割と短めなのにさ
 
ちなみに出品者の方は、うちのブログをご覧になっていると云う方でした(笑)…こんなコーデになりましたが、如何でしょうか
 

 
せっかくなので羽織なしバージョンも。―――羽織がない方が柿らしいと云う有様(笑)
 
常々『この帯は物はいいけど柄が渋すぎる~』と言っておったのだが、この着物と合わせるとこの柄の大人しさの方がバランス的にぴったりですわね。
 
 
さて、ここまでトータルコーデしたので、どうせなら徹底してやれ、と『柿風にでっち上げたつまみ細工』髪飾りまで用意。
 
このコーデで先日お出かけしたのだが、バタバタしててろくな画像が撮れず着用画像は再チャレンジの予定であったのだ。
 
――――そしたらその翌日、こんな足袋を発見することとなる。
 

 
……幾何学模様ですね。でもオレンジの丸に十字が入ってるのが柿、柿に見えやしないか
 
少なくともあっしは『柿、柿だよ
』と爆笑しましたさ。
 
画像がろくなもん撮れなかったお出かけの際は、熟した柿のような錆び朱の色足袋を履いてお茶を濁しておりましたが、再撮影の際は、是非ともこの足袋で『とことん柿。』で臨もうかと。
 
 
―――が、ここで情けない真実をおひとつ。ここまで柿にこだわるくせに、実物の柿は別に好きでも嫌いでもないのであった(笑)
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ