FC2ブログ
2013-12-04

『骨董アンティークフェア』初日、行ってきましたよ~ん♪

―――――結局、今回で通算5回何だかんだで行っております『骨董アンティークフェア』
 
初日の午後2時台に行って参りましたよ~
…この時間帯だと活気がある。
 

 
ほどほどに混んでいたかな。大混雑だと小僧連れには辛いので、このくらいがちょうどいいですわ。
 
で、今回も小僧は『車、買いにいこっか』との言葉に浮かれ、最初からちゃんと歩いたのだが。
 
…浦和の骨董市にはよく売ってる『段ボールに雑然とぶち込まれたボロいミニカーの山』が、この骨董アンティークフェアにはないのさ~
基本、綺麗に陳列してるいいものばかりで。
 
ワタクシ、それ知ってるので前回の浦和骨董市のような轍を踏むまい、と2日前から小僧が欲しがっていたトミカの新商品『N one』を298円で入手。
 
―――案の定、ウキウキ付いて来たはいいものの、欲しいものが全く見当たらず、おかんの買い物に付き合わされた小僧、『かえりやー』コールが始まる。
 
んが、すかさずそこでトミカ投入。
 

 
画像だと微妙に不機嫌が残る顔だが、それで機嫌が持ち直し最後の最後まで歩き切った小僧であった。
 
余談だが、背後に『手毬柄』の銘仙が写っておりますぜ、たまさん。
 
 
さて、いつも会場内で着物姿を見かけても、渋い系コーデのおばさまくらいなのだが、今回はなんと見かけた4名、全員が『おおおおお
』なコーデで素敵でしたのよ。
 

 
紫地の方の着物、唐獅子柄なんですよ~
…こんならぶりーな唐獅子柄があるなんて。
 
てっきりおひとりかと思っていたらお連れさんがいたのでした。お隣のモザイク柄のお方。
 
…こんな派手なモザイク柄の着物でも、アンティーク着物売ってるようなとこにいると同化してしまい見事に迷彩と化しており、本当にいることに気が付きませんでした
すみません…
 
てなわけで、『こんな派手な幾何学模様着物、どうしよう…』とか思い悩んでいる方。
 
アンティークがわんさか売ってるようなとこに行くのです。そしたら同化して目立たないから(笑)
 
他にも柿?な柄の大きな目立つ柄の銘仙をお召しのおばさま(40から50代)や、ショートカットに中折れ帽をかぶり、着物マントを羽織ったハードボイルドでカッコいいお姉さんもいましたよ~
 
こんなにいっぱいアンティーク着てる人をこの会場で見たのは初めてだ
 
―――ちなみにあっしも『全身柿コーデ』で行ったのだが、あっという間に日が暮れてろくな画像が撮れてないので後日改めて撮り直しますわ、はい
 
 
お待たせしました、戦利品ですよ~ん(笑)
 

 
…4枚中、3枚が矢羽根柄(笑)
 
黒地に赤と緑の矢羽根で『まあ、クリスマスカラーね
』と思って買ったが、『なんだろう…誰かを思い出すこの色…』そして思い出したのがデビルマンであった(爆)
 
そんなデビルマン矢羽根は500円。
 
お隣の青緑地に橘と矢羽根が飛んでる染めの着物は3000円。いつも状態がいい染めアンティークを多く持ってきているお店で。
 
これまた全然薄幸そうでない、アザミ柄の夏着物、くっきりはっきりカラーのお隣の矢羽根柄は共に500円でございました。
 
骨董アンティークフェアでは基本的に500円のものはろくなもんがないのだが、今回買ったのは初参加らしいお店で、このように結構状態がいい着物を500円で出しておりました。…綺麗にハンガーにかけてないので、着物の山の中から文字通り掘り出さねばならないのだが。
 
ちょうどお店のお姉さんが親切にも下からどんどん掘り出してくれて、掘り出すそばからキープするワタクシであった(笑)
 
―――――――ああ、先週浦和の骨董市でいっぱい買ったってのにさー
 
 
本日夕方5時まで開催中ですので、興味ある方はお急ぎくだされ~

 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ