FC2ブログ
2013-11-29

行き当たりばったりつまみ細工、『調子に乗って作り過ぎ?な梅。及びひっそりと松に竹』

――――なんだか週1ペースでつまみ細工がアップされておりますが
 
菊も紅葉もシーズンが終わるので作り終え、クリスマスものもさっさと作り終えてしまったので、既に新春気味でございます
 
…って、実は差し上げる予定のべにお先生のリクエストなんでございますがね(笑)
 
『紅梅、白梅』がご希望でしたが、『ええええ
それではすっごくおめでたい雰囲気になっちまいますよ
それでもよろしいんですかい
…よござんす、あっしが適当に奇抜なもん作るざんす』と甚だ不安な安請け合いをし、紅白梅だけでなく、色々な色で梅、作ってみましただよ~
 

 
1本だけでは寂しいので、各色2本でUピン仕様。まとめて組んでしまうと豪華ではありますが、こーゆー風に1本1本バラで作るとその時々のコーデに合わせて付けられるので便利であります。
 
…そして紅白梅作ったので、ついでに松と竹も作って『正しいおめでたい松竹梅』もできるようにしてみた(笑)
 

 
ピックアップしてみると、んまあ、おめでたいったら(笑)
 
これらをべにお先生がどう料理するのか、とっても楽しみでございまする。
 
 
―――――しかし『五弁の梅』はつまみ細工の基本中の基本なので、どの本でもまず最初に作ってみましょう、ってのがこれなんだが…
 
……む、難しい……綺麗にバランスよく作るのって難し~よ~
 
ワタクシ、手持ちの既製品つまみ細工に異様に梅が多いので、わざわざ自分で作ったことなかったんだがこんなに大変なものだったのねえええ
 
やっぱりあっしにゃパーツの多さで誤魔化しが菊、いや効く『剣菊』が性に合っておりますわ(笑)
 
べにお先生、こんな感じになりましたがいかがでございましょう
 
 
さて、引き続き『水仙』を作らねば~
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
スポンサーサイト



2013-11-27

3年目のコスモス畑、いつになく悲惨な有様でしたのよ…(涙)でもコスモスコーデで撮る。

――――この出来事は11月頭でございます。…旬なネタからどんどん品出しされるので着た順ではアップされず。
 
手頃な撮影スポットのコスモス畑を発見したので、コスモスコーデを撮るようになって今年で3年目。
 
コスモスなんて早けりゃ6月くらいから咲いてるものもあるので、11月になったら枯れてるのが通常であるが、この畑は11月頭のコスモスまつり用に植える時期で調整しているのであろう。
 
ちなみに初めて行った2011年の様子はこちら。 http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/62421159.html
 
――――はい、美しいコスモス畑をよく覚えていてくださいましね~
 

 
今年…
確かに咲いてはいるが、例年の隙間なくびっしりって感じの咲き方ではなくかなりあちこち隙間だらけ~
 
『もう、枯れちゃったのか
』と思って観察して見れば、どうやらかなり花も終わってはいるんだが、苗そのものの生育状況がよろしくない。
 
それで思い出したのが今年の菖蒲。
 
菖蒲コーデ撮りに行ったとこも、苗がほとんど育っておらずスッカスカであったなあ…
 
今年の上半期の天気、すっかり忘れてしまったが確か異常気象だったよねえ。それがコスモスにも悪影響をもたらしたか
 
で、『……こんなコスモスで、撮るの
』と思いつつもわざわざ来た以上撮るのである、コスモスコーデを。
 

 
ああ、例年なら背後にはコスモスびっしりなのにいいい~
が、花が少ないせいでコーデがより際立ちますわね(笑)……いいんだか、悪いんだか……
 
まあいい。来年に期待しよう…
 
 
あ、この着物、『似合いそうな人に着て貰いたい
』と鼻息荒く、目を付けた着物ブロガーさんに押し付けようと画策していたのだが、無事にその着物ブロガーさんとの接触に成功。
 
晴れて貰って頂けることになりました~
 
……コーデの記事をご覧になっていて下さったので『…まさか自分とは
』と思われたそうで。そりゃそうだ
 
顔出しOKで、精力的に関東近県の着物イベントに出掛けられているので、あちこちのブログの記事でお顔を拝見しますが(笑)『花金魚』のひなこさんでございます~
 
甘甘らぶりーコーデが似合う方なので、らぶりーな着物を他にも押し付けちゃろ、と只今段ボールにぎうぎうに詰めております(笑)
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-11-25

11月の浦和骨董市&戦利品♪…いっぱい買っとる…

先日の土曜は第4土曜なので浦和の骨董市でございました。
 
比較的気温もこの時期にしては高く、そしていいお天気でお出かけ日和。
 
故に着物で骨董市に行く気満々のあっしではあるのだが、気がかりは歩かぬ小僧。
 
9月に行った際は会場内だけならずっと歩いてくれたので、今回もなんとかなろう、と『車、買いに行こっか』と誘いますと、ウキウキと『うし、きる』とすっかりつんつるてん状態の牛柄つなぎを所望。
 
…しかし、モコモコ牛柄つなぎは少々暑かろう、とアンティークのお子様半纏を着せたら…着るじゃないか
 
―――気に入らない服は泣いて嫌がるくせに…機嫌悪かったらもちろんこの半纏だって投げ捨てるくせに…そんなにも、ミニカー欲しいのか(笑)
 
そして。
 
なんと、駐車場で車降りた瞬間から自分で歩き始め、帰るまでの2時間近くをずーっと自分で歩き、1回も『抱っこー』と言わなかったのだ
……あたしゃこんな小僧、初めて見たよ
 
…そんなにも、ああ、そんなにもミニカーが欲しいのね。
 

 
今回の骨董市の様子。12時過ぎに行ったので、まだちゃんとお店は営業中。
 
でも祝日でこのいい天気の割にはお客は少ない方だったかな。
 
着物姿の人は、毎回見かける渋い着物のおばさまのみ。
 

 
毎回のお約束、人喰いカバ(笑)との2ショット。…何故か人喰いカバの労をねぎらうかのような小僧のポーズ
 
この半纏、普通は綿入りばかりなのにこれは裏がネルで半端な時期に重宝。だから何だかんだでよくこればかり着てるな
 
…もちろんこんな恰好で骨董市ウロウロしてれば、それはそれはジジババ様方には受けがよろしく、大絶賛されていた小僧であった。
 
――――で、今回の小僧のミニカーは、小僧の持つミニカーの中でも最高金額となった
 

 
戦利品を横に、例の如く飲み食いする小僧。…このミニカー、1900円もしてたんですのよ~
 
もちろん子供向けアイテムではない。立派な大人のコレクションアイテムで、集めてる大人が見たら『これはガキのおもちゃじゃねえええ
』とお怒りになるであろう。
 
お店のおっさんもそれはそれは説得してくれたんだが、小僧、トミカサイズのミニカーには目もくれず、このベンツを離さず、それでも説得するとみるみるうちに機嫌が悪くなり涙声に
 
―――――で、この時点で、あっしの買い物が総額2000円だったので(笑)、出来ることなら買いたくはなかったのだが、まあ、毎月来る訳ではないし、そもそも夫が一緒にいる時は調子に乗って何個もミニカー買いまくり(夫が)、これくらいの金額は平気で使っているので、しょうがねえな、買ってやるか
となりましたのよ~
 
ま、お店のおっさんが500円引いてくれて1400円にはなりましたが、それでも小僧のコレクションの中では最も高い
 
そして腑に落ちない買い物したせいかタガが外れ、あっしもバカ買いに走ることとなる…(笑)
 

 
いかにも私好み、な牡丹柄の羽織2点と、紅葉柄の銘仙の羽織、各2000円。
 

 
今回のヒット
は水仙柄、3000円。…ええ、銘仙ならあるけど、こーゆー染めのアンティークの水仙柄ずーっと探しててですね。でも人気柄なんでまずこんな値段じゃどこ探しても出てこないっす
 
お隣の竹の柄と薔薇の柄の着物はそれぞれ500円。…竹の方、家でよく確認してみたら上前の裾にバッチリ目立つシミがあったー
他にもあちこちシミが…
ので蛮行リメイク決定っす(笑)
 

 
桜柄に蝶の可愛い帯、1000円に、未使用で糸で綴じられたままの絽の芙蓉柄帯、500円。
 
…実に久々の1万超えでまあびっくり
小僧のミニカーと合わせたら12900円の出費でしたさ(笑)
 

 
そして徹底的に臙脂系にこだわった、あっしの着姿(笑)
 
 
―――家で遊び始めたら、値段だけのことはあって精巧な作りのベンツミニカー、珍しくエンジンルーム、トランク、ドアまで開く作りだったものだから、小僧、えらいこっちゃ気に入りましてね。
 
それ以降、夫との散歩にも、買い物にも持ち歩き(普段、ミニカー持ち歩くことはしない)、なんと寝床にまで持ち込み、ベンツ握ったまま寝たのであった
 
……そこまで気に入ってくれりゃ高い買い物した甲斐もあるってものさ……
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-11-24

団栗コーデ、2013。

…団栗ももうシーズン的には終わりでございまするが、まだ『シーズン的に終わり』、なコーデは他にも控えておりますので一切気にしてはいけません(笑)
 
2011年に着た時のコーデはこんな感じ
http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/62440203.html
 
そして今年がこちら~
 

 

 

 

 
川越の骨董市で3500円で買った、団栗柄の銘仙の羽織。
 
それにプラスするのは、モノグラム柄っぽいリスと団栗の生地で作った帯&半衿でございます。
 
……ひめ吉さんとこで立派な『リスと団栗』、『団栗いっぱい』半衿が出ておりますが、買わないの~
 
この帯しかないので、立派な刺繍半衿合わせたらこの帯のシミったれ感が倍増するから
 
この帯にはお揃いの生地の半衿が良くお似合いさ…
 
――――半衿の購入は、立派な団栗の帯を入手したら考えます(笑)
 
着物は『骨董アンティークフェア』で1000円だった、臙脂色地に水玉柄の銘仙。
 
羽織と同じ地色なんで、合わせたらアンサンブル風になるかと思ったらちゃんと別物に見えますね。
 
…前回着た時も水玉柄の着物だし、水玉柄の呪いがかかっているらしい、この羽織には。
 
帯留めは100均の箸置き改造もの。合わせた茶系の矢羽根柄帯締めは、中心部分には矢羽根柄は入ってないので、結び目が背中側でなく体の横に来ております(笑)
 
羽織で何もかも隠れる季節ならではの所業でございます。あ、もちろんお太鼓背負ってないですわ。
 
羽織紐、柄の青い色に合わせてみましたが、柄の方がくすみ系の色なんで、ちょーっと羽織紐だけが浮き上がって見えますね。
 
まあ、ポイントになっていいんですが。
 
 
さて、このコーデで11月の浦和の骨董市、行ったんざますよ。
 
――――久々にバカ買い発動でございますが、詳細は次回~
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-11-22

行き当たりばったりつまみ細工、『クリスマスものならこんな感じ?』

―――今や100均もクリスマス
全開でございますが、昨日ダイソーで買って来た『LEDで光る陶器製の立派なクリスマス置き物』、1個が不良品で光りませんでしたのよ
 
…早速返品交換に行かねば…ええ、泣き寝入りなんて選択肢はない。100均を愛するゆえに100均には厳しいあっしでございます。
 
 
さて、秋もんばっかり作りまくったつまみ細工ですが。
 
そろそろクリスマスバージョンも作ってみようと思い立ち、『クリスマスだから赤と白が基調でお花かねえ…』と漠然と考えていたのだが、冷静に考えたら赤と白のお花のつまみ細工、それはお正月とかおめでたい時に使う、実に寿な感じのつまみ細工になるではないか(笑)
 
―――そう、紅白で、和に寄せるともれなくおめでたくなっちまうのだ。
 
だからここはもう、技法はつまみ細工でも、一見するとつまみ細工には見えないような生地選びをして洋風にすべきであろう。
 
そもそもクリスマスコーデはいつだってポップでファンキーなので、そもそも和風に仕上げる必要がなかったのだった。
 
そう考えると気楽になり、『まあ、こんな感じでクリスマスにはなるだろう』と仕上げたのがこちらでございます~
 

 
ははははは。我ながらツリー
が可愛いわ、と自画自賛(笑)
 
クリスマス感のある洋生地使った菱つまみの花、に見えるものは一応ポインセチアのつもりなんざますよ~
…実物に近く見せるなら、パーツの大きさも不揃いで配置も不揃いにした方がポインセチアっぽさが出るんだが、そこまでやるのは面倒で(笑)
 
クリスマスなので、基本的にはパールとか使わない人間が今回はふんだんに使用しております。たまにはいいかもしれない…
 
で、今回のも家にある材料だけで作りましたのさ。
 
そのまま仕舞っておいたら何の役にも立たぬ余り布やらパーツやらを救済するのが、あっしの行き当たりばったりつまみ細工の理念でございますのでねえ(笑)
 
 
――――クリスマスものが意外にも11月中にさっさと作り終ったので、もう正月ものを考えなければ~
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-11-21

今秋は『デイジー』が流行りと聞き、何故か昭和がテーマのまん丸菊コーデに走る…

―――何気なくテレビ見てたら、『デイジー柄』がこの秋の流行りとな。…ええ、もちろん洋服ですが。
 
デイジー…菊の柄だけどデイジー、もしくはカネコ系なひな菊の柄にしか見えない着物を持ってるんで、今年の菊のコーデはそれ使ってやってみるべし
 
そしてその着物は昭和の香りが漂うので、同じく昭和テイストな羽衣牡丹さんからの頂きものの帯を合わせ、小物も昭和なものを利用し、昭和にこだわってみたのでございます。
 
それがこちら~
 

 
……写り込もうと涙ぐましい努力をしている者がいるので、トリミングせずに載せてみた(笑)
 

 

 
ヤフオクで1600円だった、菊なんだけど70年代風プリントの花みたいなラブリーな着物。
 
帯はいかにも昭和
って感じの大きな菊の柄。……頂いた時は『うーん、これ使うかなあ…』と思ったんだが、やっぱり時代のテイスト合わせると、否応なしに合ってしまうのが着物のいいところ(笑)
 
それに締めてみたら案外可愛かったっす
 
半衿は、うちのおかんが高度経済成長期に着ていた襦袢に付けっ放しになっていた、ふくれ織りの菊の柄。
 
朝ドラ『ごちそうさん』のめ以子ちゃんが既婚後にふくれ織りの半衿使うようになりましたねえ。
 
ふくれ織り半衿って刺繍半衿ほどには出回っていないようで、探すとあまり見つからないようですな。
 
…んが、おかんってばふくれ織りが好きだったのか、それともそーゆー時代だったのか、何故かふくれ織り半衿、何故か菊柄ばかりを所持していたのでございます。
 
しかし化繊なので、ふくれ織り部分がそれはそれはナイロンザイルのような肌触りでしてね。
 
肌が弱い人は多分こすれて肌が真っ赤になるんではないかいって代物ですのよ
 
…そこら辺の手落ち感がまさしく昭和でございましょう。
 
で、この着物はか~い~ので、そのまま着たいとこなんだが。
 

 
このようにかーなーりー脇ジミが凄くってですね、さすがに目立つ場所と色だけに、羽織もの無しでは着れないのですよ…
 
仕方ないので、まん丸菊な羽織はないか~と探したところ、出て来たのがこちら。
 

 
確か前に着たのは6年前
だったか、その時の記憶では丈も短く袖も短い昭和丈だと思ってたんだが、しばらくぶりに見たら、まさしくアンティークな着丈と袖丈であった
 

 
で、普通は羽織ものの威力絶大で、羽織ものがアンティークなら、全部アンティークに見えてしまうものなんだが、意外や意外。
 
この羽織プラスしたら『昭和のお母さん』って感じに昭和が加速してしまったのだった(笑)
 
 
以上、デイジーから始まって昭和に終わったコーデでございます。
 
――――ちなみに●まむら店頭で見かけたデイジー柄は、着物着る者には『五弁の梅…』にしか見えなかったのでありました…
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
2013-11-19

コスモスコーデ、2013。

――――去年のコスモスコーデもアップが遅かったが、更に今年は10日程遅れております。
 
確たる理由があるわけではなく、純粋に遅れた。それに尽きるのですが(笑)
 
さて、今年のコスモスコーデでございまする~
 

 

 

 

 
帯、半衿、足袋は毎年同じの自作品。なので特筆すべき点はナシ。
 
しかし、去年から『コスモスコーデはピンク系着物』という掟を制定致しまして、今年はその掟にのっとりピンク系から選んでみたのがこの着物。
 
実家近くの激安着物店で2000円だった覚えがある、見ての通りの楽しい(笑)色使いの銘仙。ええ、お気に入りな色合いで、何回も着ておりますよ~ん
 
…しかし本来、こーゆー色柄は子供用のものであろう
子供が着てたら文句なしに可愛かろう。
 
子供でなくても、せめて20代くらいだろうな、着て似合うのは。
 
元気で可愛いポップな銘仙なのではあるが、さすがにもうすぐ40の大台に乗るあっしとしましては、この着物、そろそろ着収めかしら~と…
 
柄の色が白だけならまだ着れるんだけど、黄色とターコイズの組み合わせが若々し過ぎて…
 
この着物ほど、小物合わせに迷わない着物はないんだがな(笑)…黄色かターコイズさえ持ってくればそれでOKだから
 
 
ヤフオクに出しちゃうのも手だけど、お気に入りは『この人に着て貰いたい
』と云う自分が認めた後継者(爆)に譲り渡したいところですわ。
 
……いや、既に目を付けている着物ブロガーさんがいるんだが、交流があるわけでもないのにいきなり『この着物、貰って頂きたい
』と鼻息荒くにじり寄られたら、そら怖い、怖すぎるううう
 
――――そもそも妙な後継者にされても大迷惑極まりないが(笑)
 
てなわけで、この着物の今後はまだ未定…
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013-11-17

行き当たりばったりつまみ細工、『大きなまん丸菊』2種。

――――相変わらず、気が向いたら何かしら作っておりますが。
 
まん丸菊のコーデがしたかったので、大きめのまん丸菊のつまみ細工を作ってみましたさ。
 

 
…ああ、単色生地で作るとちゃんと菊に見えますのね~
 
ハロウィンつまみ細工と同じ形だが、生地が違うだけで全く別物になり、あれはつまみ細工からミニハットへ…
 
今回のは余ってる綿生地の端切れで制作。正絹よりも綿生地の方がボンドがしっかり付いて、折りやすいので作りやすいと思います。
 
白…にしか見えないけど薄い桃色の麻の葉柄で作った方は、今まで作った中では一番の『まさに菊』な仕上がりに。
 
それで調子に乗り、敷き布に使った『板谷なおみデザイン生地』を使ったつまみ細工を作ってみたらば、こんな有様さ
 
――――き、汚ない…汚ないよおおお
 
生地そのものは鮮やかな色柄で綺麗なのにさ~
つまんでつまんで結集させると、色が濁って見苦しいったらありゃしない
 
この生地が好きで、ガマ口バッグ、足袋、ハンカチを改造した半衿まで持っているので、『お揃いの髪飾り作っちゃお~
』と思ったあっしがバカでした。
 

 
バッグにくっ付けてみた図。―――――無い方が断然よい。
 
 
……やっぱり柄ものの古布とかは、つまみ細工よりもコサージュとかのパーツが大きめで柄がちゃんとわかるものの方が向いてると思います、はい…
 
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
2013-11-15

和風館の派手派手マゼンダボーダー雪輪コーデで、祭りの前の川越へ。

――――10月末から11月にかけて、あちこちの着物ブロガーさんが川越へ行かれたネタをご披露して下さっておりまするが…着物ブロガー間で川越がブーム
 
それとも単に秋=芋=川越ってことなのかしら
真相は謎…
 
で、ブーム(笑)だろうが何だろうが、あっしは『……ヒマだねえ、じゃ、川越でも行ってやるか』と云う実に尊大な態度を川越に向けるのでございます。
 
――――だって、幼少のみぎりから川越に入り浸っているんですもの
高校なんて菓子屋横丁の目と鼻の先でしたわよ

今でこそピカピカな観光地になったが、昔はそれはそれは汚い上に狭いところでしたわよ


 
なもんで、うっかりすると『川越の街の語り部』と化してしまうんだが、最近の川越の観光目抜き通りの移り変わりはよく把握しておらんので語れんな
…ちなみにあそこら辺の観光客相手のお店は、ほとんどがよそからの参入組ですよ~ん。更に『川越産サツマイモ』なんて30年以上前から既に絶滅危惧種で、土産ものに使われてるサツマイモはほぼ、別の産地のものですわよ~ん、と爆弾発言。
 
が、別に観光客にしてみたらそんなことはどうでもいいのだ。コンパクトで半日あれば周り切れる利便性の高い手頃な観光地であるので、川越は。
 
…ああ、いけない、うっかり語り部が発動。
 
 
さて、このように川越と共に育った感のあるあっしではありますが、実は川越のメインイベント『川越祭り』には行ったことなし(爆)――――だって混むじゃん、観光客でさあ
 
で、今回も祭りの存在そのものをすっかり忘れていざ、川越。
 

 
秋の日に暮れなずむ時の鐘。……ええ、毎度のことながら午後4時過ぎにやって来ているんですのよ。だからこんなに街が暮れなずんでいる
 
が、いつも行くルートは同じで、栄屋さん
猫だらけ無料休憩所
菓子屋横丁なもんだから、こんな時間にやって来ても充分間に合う。と云うかこの時間だからパーキングも停め放題でございますのよ。
 

 
川越のイメージ画像(笑)も毎回抜かりなく撮りますが、この紅白幕を見て『……ああ、そうか。川越祭り、あるんだっけね』とやっとこさ気が付いた次第。
 

 
で、『栄屋』さんでの戦利品(笑)もちろん1000円コーナーから引っ張り出しておりますよ。
 
大きな麻の葉柄のこれまた派手な長羽織と、薄黄緑地に竹と牡丹の染め帯。…帯はかなりダメージが強くて、このままでは締められないので久々に加工が必要~
 
―――それにしても、ホントにホントに、1000円コーナーからアンティーク帯、消え失せてしまったなあ
 
 
お次は猫だらけ無料休憩所。
 

 
今回はこの白猫、黒猫含め4匹がお出迎え~
…でも触らせてくれる黒猫にはいまいち喰いつかず、お食事に余念のない白もふもふちゃんに釘付けの小僧。ほら、黒猫は家にいるからさ~2匹も
 
ここ数年、いつも遅い時間に行くもんだから家は閉まってて庭にしか入れなかったんだが、今回は観光シーズンもあってか、行った時にはまだ家に入れました。
 
家が開いてると縁側で無料で茶が頂けるんでございます。
 
開いてるかはその時の運にもよるんだが、観光シーズンの週末の午後4時くらいまでなら多分、開いてるんじゃないかと思いまする。
 

 
そして、毎度のことながら菓子屋横丁の隣の寺で着姿を撮り
 

 
菓子屋横丁に巣くう、謎の発泡スチロールアートの新作『チェスの駒』を鑑賞(笑)
 
…だからなぜ、チェスの駒なのか…前回川越行った際の記事に、この発泡スチロールアート作家さんご本人がコメント下さり、ぎょえ~
だったのですが、ええ、今回もこの記事をご覧になって下さっているのなら、是非に是非に作品解説、お願い致しまする~
 
―――地味にこの作品群のファン、いるんでございますよ。新作を待ちわびている方々が(笑)
 

 
全ての行程を1時間ほどで終え、パーキングに向かう途中に見かけた猫たち~
…この新築の家は、きちんと養生しないとコンクリに猫の足跡が付くんだな(笑)
 

 
―――そしてこんな観光マップまで出回っていた川越であった…でもコスプレは見かけなかったっす。
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-11-13

和風館の派手派手マゼンダボーダーに雪輪柄浴衣による、雪輪コーデ♪

―――着たのは1ヶ月くらい前でございますが、アップが遅れに遅れてこのザマさ
 
でも浴衣でも、セオαでも、単衣のコーデでも、決して寒々しく見えないのがこの浴衣の素晴らしいところで(笑)
 
ちなみに真夏に着た時のコーデは更に暑苦しさ満載であった
http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/63840456.html
 

 

 

 

 
ヤフオクで15000円で落札の、和風館の派手派手ボーダーに雪輪柄浴衣。
 
秋単衣の時期ならいいか、と雪輪コーデにしてみたんざますよ。
 
帯もヤフオクで3000円の雪輪柄刺繍帯。…白、ではなくてシルバーグレーって感じの生地なんだが、手持ちのグレー地の雪輪柄刺繍半衿と色が合いまして。
 

 
画像をこのようにアップにしないと雪輪柄がひっそりし過ぎててわからんのですが、それでも雪輪柄であることには違いない半衿(笑)
 
…あ、『キステ』さんで3点1000円ものでございますよ~
 

 
足袋は自作の雪輪柄。…ウレタン草履は…雪輪柄がないので日和りまして(笑)
 
かたばみ柄の色と浴衣の色をつなげる、と云う強引な手段に。
 
帯揚げと帯締めは、浴衣の柄に合わせてくっきり紫と、マゼンダ&グレーのライン入りにしてみたですよ。
 
―――ああ、本当にこーゆー色柄はコーデが早いわ、楽しいわあ
 
 
 
このコーデは一応単衣でも何とかお出かけOKの時期に着終わっておりまして、一応ちゃんとお出かけしてきたのでございます。……『ヒマな時は川越』へ(笑)
 
その模様は次回~
 
いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ