FC2ブログ
2013-07-11

犬走りで日陰の身、アザミ嬢のララバイ…

―――――春は菜の花 秋には桔梗 そしてあたしはいつも夜に咲くアザミ…
 
てな中島みゆきの唄がこだましますが。皆様、暑さの中生存してらっしゃいますか。
 
あまりの暑さで着物、今月入ってから着れておりませんが
 
幸いにして、単衣のアザミコーデは、ここまで暑くなる前の6月末に着終えておりますのさ。
 
――――撮影場所は我が家の犬走り(家と家との隙間のぐるっとある狭い土地ね)に、今年出現したアザミ嬢前ね(笑)
 

 
…アザミと云うとどうしても中島みゆきの『アザミ嬢のララバイ』のイメージがよぎり、薄幸な儚げな感じがするもんだが、なかなかどうして、ご立派で悪そうな佇まいの我が家のアザミ嬢
 
今年、いきなり出現したように見えるが、実は彼女には哀しい過去が。
 
彼女、あっしがこの家に越して来た時から既にこの地に根付いていたのさ。
 
しかし毎年雑草が伸び始める時期に、『…なんだろう、このでっかいタンポポみたいなトゲだらけの悪そうなヤツ
』と茎の部分だけ刈り取られていたのさ。ホントは根こそぎ引っこ抜きたいとこだったが、タンポポ同様根が深くて太刀打ちできず。
 
以来毎年成長する前に刈り取られ、刈り取られ…そして5年。
 
今年は雑草の成長が遅く、雑草刈りの時期が1ヶ月くらい遅れたんだが、その間、5年の月日を耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだアザミ嬢。
 
犬走りを覗いた時にはいきなり人の背丈を越す大きさに成長し、蕾まで付けていたのだった。
 
――――そして蕾を見て『あああ
アザミ
』と気が付くワタクシ。
 

 
咲いたら紛うことなきアザミでござんした
――――…アザミコーデを着るたびに、『うーん、アザミが咲いてる撮影向きの場所はどっかにないかのう
』と苦悩したものだが、なんのことはない、最初っから我が家にお住まいであったのだった。
 
ああ、まるで童話『青い鳥』のようですわねえ。
 
で、早速我が家のアザミ嬢前での撮影に及んだわけだが。
 

 
…アザミが咲いてても、決して撮影向きの場所ではない(笑)…お分かり頂けるかしら、この閉塞感
 
トリミングしないと、家と壁が両側から迫ってきて、すっごい圧迫感のある画像でしたわよ
 
我が家の犬走りはデブ子の散歩道『デブ歩き』ですので、ウロウロしていたデブ子に『なんじゃい、こんなところで
』と云う顔をされる始末。
 
――――んだ。こんなところでなにしてんだろうね…
 

 
口直しに近くのお堂で撮ってみた。…ああ、なんて開放的で涼しげなのかしら~
 
余談だが、このお堂もこの地に越して来た時からずっとあるのに今まで登場せず。
 
なぜなら、年末にお堂脇に道路が開通するまでは鬱蒼と木々が茂り、昼なお暗い恐ろしげな場所であり、極めつけに1回ロケハンに来てみたらカラスが4羽ギャアギャアとお堂前で何か喰っててさあ
 
…それはそれはもう、ホラーの舞台の如き有様でしたのよ
以来近寄らず
 
しかし道路が開通して一変。…直射日光ギラギラの撮影向きスポットとなったのだった。
 

 
足元はozawamiさんからの頂きもののこぎん刺し鼻緒の下駄。
 
髪飾りはたまさんからの頂きものの造花髪飾り。着物の色と同じでしたのよ~
 
巾着はたまさんの義妹さんからで、たまさん曰く『どうせいっちゅーのか不明』とのことですが、このように小道具として使うのですよ、小道具
 
…このコーデにはまさにドンピシャな色合いでございましたよ~ん
 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ