FC2ブログ
2013-05-16

牡丹コーデ、2013。その3

…や、やっと怒涛の藤と牡丹コーデのオンパレード、コーデのアップはこれで終わりだ~
 
これらの袷コーデにとっつかまってる間に、世間様は皆、単衣街道をまっしぐらじゃござんせんか。
 
…まあ、藤と牡丹コーデのアップが終わろうとも、まだ袷の薔薇、そして鉄線コーデのアップが残っておるんだが
 
して、牡丹コーデ、その3でございまする。
 

 

 

 

 
すっごく色がくすんでる(笑)牡丹柄の銘仙。川越の栄屋さんで1000円なり。
 
…これ、花芯の感じが椿なもんだから、てっきり椿柄だと思いこんでいたら、葉っぱは明らかに牡丹であった
椿の葉っぱが付いたような枝も柄に入ってて紛らわしいのよ~
 
キステさんとこで3点1000円の牡丹柄刺繍半衿を使いたかったので、帯も似たような青の薬玉柄刺繍帯に。
 
そしたらなんか色が沈んで地味~な雰囲気になってしまったのだった。かと言って、明るい綺麗な色の帯を持ってくると、着物のくすみ感が倍増だしのう。難しいところだわな。
 
あ、帯はヤフオクで4000円前後だったかな。ご覧のように織り柄が入ってるのに刺繍帯、って云う謎の帯でございます。
 
この織り柄が刺繍の柄と一切関係なく、なのに無駄に存在感を放つので使いにくいったらありゃしない
 
―――半衿と着物の牡丹柄の色に合わせて、小物類もオペラピンクで。
 
 
狙ったわけじゃないが、今年の牡丹コーデはオール銘仙でございました。…藤コーデはオール染め。
 
…やっぱりここら辺にも藤柄と牡丹柄の違いが出てますな。牡丹、『百花の王』であっても優美さはなく、あっけらかーん
とした柄にされること多し(笑)
 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ