FC2ブログ
2013-05-14

藤コーデ、2013。その3

――――ようやく今年の藤コーデ、最後のその3のアップでございますわ~
…牡丹コーデもその3、残ってますがね
 

 

 

 

 
数年前にヤフオクで『新品だけど汚れありの難あり品』ってことで1600円で落札した、ポリの藤柄着物。……難があったのは汚れよりも、むしろ上前の柄。目立つ場所が『逆さ藤』
 
なんでまた、よりによってこんな柄行きで仕立てちまったものやら
 
帯は自作の作り帯。松に藤の渋い手芸生地なので、こーゆーはんなり藤柄よりも、粋な意匠化された藤柄の方が合いそうな気がするわ~って、今頃遅いわ
 
ああ、白地の藤柄の帯が欲しい…安めの白地の藤柄浴衣でも買って、解いて帯にするべか
 

 
帯留めも藤。ヤフオクで幾らだったか忘れたが、そんなに安くもなかった覚えがあるので、毎年1回は使って地道に元を取るワタクシ。
 
半衿は、その1コーデからの使い回しで桜と藤柄。
 
 
と、まあこのように、その3コーデまであっても藤柄はなかなかに遊びの要素が少ないのでございます。…藤の優美さが邪魔をする…
 
そして藤コーデで溜まったストレス(笑)を牡丹コーデで発散することとなる。
 
 
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
2013-05-13

薔薇


 



ご訪問ありがとうございます
よろしければコメント等を残していってくださいませ


2013-05-12

牡丹コーデ、その2は毎年恒例の牡丹の寺『総持院』にて。

―――――とっくに牡丹は散り果ててるので、さっさとアップするだすよ~…その3コーデまであるしさ
 

 
牡丹コーデの撮影で、毎年登場する牡丹いっぱいの寺、『総持院』なり。例年の見頃はG.Wですが、今年は2週間早い開花でございました。
 

 
牡丹は1日違うだけでもまるで花の美しさが変わるので、毎年の開花期には、『そろそろか
』とあたりをつけてロケハンに行ってからの撮影なのだが、同じような者共が多いのか、ロケハンした前日は人っ子ひとりいなかったのに、いざ撮影の当日、ほぼ同じ時間に行ってみたらば結構人がおりましたわ
 
で、この寺の牡丹の撮影ポイント、一番いいのは駐車場(笑)
 

 
今年も毎年恒例のこの撮影ポイントでの着姿撮影なり~
 
あ、この着物、渋くて地味かと思ったら着てみたらこの通り。…少なくとも地味ではない。
 
変わり矢羽根の色が、黒だけとか臙脂だけとかならば、きっと地味な印象だったと思うが2色使いになったことで地味から脱却。
 
本当に着物は着てみないとわからんものでございます~
 

 
足元はここふじさんから頂いた、矢羽根に牡丹の刺繍入り足袋靴下&ヘビロテウレタン草履。
 
 
…さて、本日の乱入小僧(笑)
 

 
――――手元が狂った母により、前髪一部分だけ超短くカットされ、『…ええい、面倒だ、全部揃えちまえ』と雑に『火垂るの墓』の節子カットを施されてうらめしや…な小僧。
 
…隣は墓地なんだから、そのポーズはやめなされ
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-05-11

牡丹コーデ、2013。その2

…ま~だまだ続く~よ、牡丹コーデ~藤コーデも~
ってなわけで。
 
牡丹コーデもやっとこさ、その2でございます。
 

 

 

 

 
ま、今回は骨休め的なコーデで、帯と半衿が牡丹柄のすっきりコーデ。
 
…いや~、川越の『栄屋』さんで1000円の変わり矢羽根の銘仙に、ぴったりの色の牡丹柄半衿と帯があったものだからさ。
 
ちなみに臙脂と黒の矢羽根着物だが、臙脂だけでなく黒の牡丹柄半衿と帯もあるので、『黒地牡丹バージョン』も出来るっす(笑)……ま、今年はこれっつーことで。
 
半衿は3点1000円ものでお馴染みの『キステ』さんとこで、珍しく880円のもの。ただし正絹ですが。
 
帯はヤフオクで500円の花丸紋の名古屋帯。
 
比較的地味なものなのに、短期間で2回目の登場と云う案外使える帯でした。
 
 
――――牡丹コーデも藤コーデも、その3まで続きます…
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
2013-05-09

なんちゃって日本髪&藤コーデ、その2で越谷市の『久伊豆神社』へ。

…連休中はお天気よかったので、ひたすら、ええ、ただひたすら、牡丹と藤コーデの着姿を撮るためだけに活動しておりましてよ(笑)
 
藤コーデ、その2は越谷市にある『久伊豆(ひさいず)神社』で撮影さ。
 


 
このような、藤の古木が鎮座する神社なり。…で、木の立派さに比べると花つきは毎年それほど良くはない…ほら、あっしは藤に関してはあちこち見て歩いてるから
 
しかしこのように提灯の下がるお祭り仕様になってて、連休中であろうとも、さほど人がいないという、実に穴場でございます(笑)
 
この日は珍しく駐車場に車が多かったので、『おお
人がいるのか、珍しく』と思ったのに画像に写る人はこの程度…
 
団体さんは、地元民と思われる酒飲みオヤジたちであった(笑)
 
――――そんな酒飲みオヤジたちにガン見されつつ撮った画像がこちら。
 

 

 
…そりゃ、オヤジたちもガン見するだろうよ(笑)こんな派手な着物姿で現れるだけでも驚かれるのに、なんちゃって日本髪だ。
 
ガン見するオヤジたちに相対して、他の花見客はまるで見てはいけないものでも見るように、見て見ぬふりを…(笑)
 
かっぱさんの記事で、藤見物に行った際、そこで舞妓扮装の撮影に出くわし、皆さんが一斉に写真撮っていたとのくだりがございましたが……あっしは『見てはならぬもの』に分類されたようだ
 
そんなアンタッチャブルな『盛り髪ベース使ったなんちゃって日本髪』
 

 
結うのは5回目。さすがに手慣れて来まして、今回は15分で結えましたよ~ん
 

 
使用髪飾り一覧。…日焼けが著しく、800円の安値になってた藤の花かんざし(笑)
 
日焼け部分は暈しと思えば何ともないので、入手後何かと使ってきましたが、やっと本来の下がり飾り付き花かんざしにふさわしい飾り方をしてもらえて、800円で叩き売られていたこのかんざしも、もう思い残すことはないだろうよ(笑)
 
今回は紫色の鹿の子と、色のつながり具合が見事ですわね、藤だけに。
 
あ、今回小僧は車中で寝ちまったので、登場せず。
 
撮影終わった頃に、ボーっとしながら夫に担がれてやって来たが、それを見ていた酒飲みオヤジたちによる、『おいおい、夫と子連れかよ
』との無言のツッコミの気配が。
 
――――ああ、夫と子連れですともさ。そしてこの恰好で運転してるのはあっしさ。
 
で、帰りしな、酒飲みオヤジ連合の横を通ったのだが、その一人にいきなり『写真、お撮りしましょうか?』と云われる。
 
…通りすがりのものにシャッター押して貰っていい画像が撮れたためしはないので、ありがたい申し出でも一切お受けしない私だ。
 
今回もにこやかにお断りし、酒飲みオヤジたちに謎だけを残して立ち去った藤コーデの女であった。
 
       いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
 
2013-05-07

藤コーデ、2013。その2

さてさて、まだまだ続きましてよ。藤と牡丹の饗宴は(笑)
 
今回は藤コーデ、その2でございまする~
 

 

 

 

 
…ははははは。アンティークの藤柄の小振袖でございます。3年前にヤフオクで4600円で落札。
 
全然藤らしくない色合いと、この地色がツボな着物なり。
 
当時は『…んまあ、既婚者なのに今更小振袖落札しちゃって、どうするつもりだか
』と真摯に己に問いかけたものだが、その後、平気で振袖を落札するようになるのだった…
 
帯は毎年藤コーデに登場する、藤と菖蒲の刺繍がびっしり
のお気に入り~
―――あ、お太鼓画像が別撮りなのは、トルソー着付け時にうっかり撮り忘れたからさ
 
藤柄の帯締めは骨董市で300円だった覚えがあるが、この配色とデザインが毛虫ちっくで気持ち悪い逸品(笑)
 
藤コーデに合わせたかったので、色が合うかどうかは度外視。…そしたらこのコーデには案外すんなり馴染んだのであった。
 
帯揚げは藤色の絞りでいかにも振袖っぽく。
 
このコーデで唯一、真っ当な正統派の色の藤は、半衿の刺繍の藤のみでございます(笑)
 
ちなみに『アッシュ・エル』のもの。…アンティークにハマりたての頃に1900円で購入したが、当時は『うーん半衿にこの値段…』と、かなり悩んでの購入であった。
 
でも凄く優秀で、大変に重宝。散々使って刺繍がくたびれ気味になって来ているので、また同じもんが欲しいくらいだ(笑)
 
 
―――これでもか
っつーくらいにゴージャスな藤コーデでございますが、もうお分かりですね。
 
このコーデでなんちゃって日本髪を結うのです~藤の花かんざし付けて~
 
その模様はまた後日
 
         いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-05-06

端午の節句の飾り付け。

―――藤と牡丹コーデの狭間ですが、この機を逃すとえらい時期外れ感が強まるので、隙間記事としてアップしておくなり(笑)
 

 
桜が終わってから、この飾り付けにチェンジしております、我が家の玄関。
 
ヤフオクで1500円(笑)の兜飾りに、『濱文様』の花菖蒲柄手ぬぐいをタペストリーに。
 
100均の卓上鯉のぼり
、と徹底的に端午の節句。
 

 
兜飾りがあるので『やーねーカルテット』の方々はこの箱に収納しちまいましたが、『黒猫寒気団』の方々は、このように箱の下でひっそり、かつじっとりと存在感を放っております(笑)
 

 
100均の陶器のミニ兜飾りも、時期外れなシクラメンと共に(笑)
 

 
出窓サイドはこんな感じ。相変わらず100均ものが揃い踏み。…でこの鯉のぼりを設置したところ、小僧がほとんど出窓に近寄らなくなりましたわ…
鯉が怖いんだろうか…
 
珍百景に出てくる気持ち悪い巨大金魚は大好きなくせによ~
 
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
2013-05-05

牡丹コーデ、その1は蕨市の三学院にて。

…皆様、連休如何お過ごしで
あっしは順調に着物着ておりますよ。天気いいし。
 
さて、牡丹コーデ、その1でございますが。
 
今や牡丹はすっかり無残な姿となっておりまするが、2週間早めの開花ってのを肝に銘じ、牡丹コーデもさっさと着ております。
 

 
撮影場所は蕨市の『三学院』。本堂が異様にデケえお寺でございます(笑)
 
ここは藤が有名ですが、藤は隣接する幼稚園内にございまして、境内は牡丹が美しいのでありました。
 
あ、でも一応藤の状況も。

 
この日はまだまだ4分咲き程度でしたが、去年がびっくりするくらい花が付いてなかったので、このようにいっぱい花が付いてて一安心。
 

 
この日は冷たい風が強くて寒かったので、羽織アリコーデしか着れませんでしたわ
 
絵になる撮影ポイントであるのだが、牡丹よりも目立つのが芝桜~
 

 
そして背後画像撮ってたら、これまた乱入する方が。…着物姿よりも、こっちのケツの柄の方に目を奪われる(笑)
 

 
足元は、牡丹唐草刺繍鼻緒のウレタン草履。…ウレタン草履を履き始めると、その楽さにすっかり下駄を履かなくなってしまった
 
まあ、ウレタン草履は耐用年数が短いので、履いて履いて履き倒すものなのさ。
 
足袋がつまらない白足袋ですが、このようなポップ感のある銘仙コーデには白足袋だとちとバランス悪いかも。
 
 
―――牡丹コーデも藤コーデもまだまだ続きますよ~ん
…その3まで…
 
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
2013-05-03

亀戸の藤、看板猫『トンペイ』求めて江東区。

―――お江戸の藤の名所は『亀戸天神』でございますが。
 
…しかし毎年見頃のG.Wにはものすごい花見客が押し寄せ、身動きもままならないくらいとの恐ろしき情報が
 
故に行ってみたいなーと思いつつも、埼玉県内も藤の名所が多いので、そちらへ行ってしまっていたのだが。
 
が、今年は開花が2週間早まり、見頃も繰り上がり、連休を外れたのだった。
 
『これなら、まだ比較的すいているであろう』と4月の21日に行ってみたのさ、亀戸へ。…今調べたらまさに満開の頃が4月20日であった。
 
この日、どんより曇ってしかも寒い日であったので、羽織アリの藤コーデその1、着用。
 
…亀戸は、どんより曇って寒い日の夕方であっても、周囲のパーキングはほぼ満車。
 
あっしらは辛うじて停められたものの、ちょっと早かったら駐車場難民であった
 




 
広いように見えていたが実際は、そんなに広くない亀戸天神。…ここが人でギュウギュウってのを想像したら…、ああ、恐ろしい
 
房の長い一尺藤はまだ咲き切っていなかったものの、普通の房のものは既に花の盛りを過ぎ、色が変わり始めていたですよ~
 
で、花の感想としましては、あっし、藤に関しては結構見事なものを見慣れておりますので『…まあ、都内で藤をまとめて見るにはいいのかも』と云う感想(笑)
 
園内で、やたらと人が溜まって、しきりに一緒の方向を撮ってるなあ、と思っていたら。
 

 
…なるほど。『今様江戸百景』でございますな。
 
ちなみにここまで近い場所でスカイツリー見たのは初めてだったが、あまりに大き過ぎて迫力で怖かった
東京タワーはそう思わないのになぜだろう…
 

 
園内の太鼓橋の上からだとこんな画像も撮れますだ(笑)―――最近映像が乱れるのはこ奴の仕業。
 
そうそう、比較的人が少ない日であったので、着姿撮影も気を使わず済んだ。
 

 
んが、三脚使って撮れるほど道幅は広くないので夫撮影でございますよ。
 

 
…さり気なくもわざと、乱入している者もいる(笑)あ、おはしょりが芸術的な形だ(爆)
 

 
かんざしも藤。…しかしヅラを結い直す時間がなく、適当にまとめたら本当に適当で実に汚い仕上がりだわ~
撮ってびっくり
 
あ、そうだ。すれ違う人達に『あら、羽織が藤で素敵ねえ』と好評であったのだが、皆さん『羽織が藤』ってことにしか気が付いておられないのだった。…全身藤でんがな
 
つーことで、やっぱり『人は羽織しか見ていない』説は正しいな、と。
 
 
さて、藤を堪能後は少ない情報での大捜索。
 
いや、『ポチたま、まさはる君が行く』っつーテレ東の番組がありまして。
 
基本、犬のまさはる君と犬使い(飼い主でもなかろうと思うので犬使い、ホントは芸人らしいが
)の松本君が街歩きする番組でございます。
 
んで、東京深川、森下エリアを歩いた際の回に、看板猫が多数、出て来ましてね。
 
中でも焼き鳥屋の看板猫『トンペイ』を小僧が気に入り、何度も何度も再生を繰り返しておりましたのさ、日々。
 

 
録画画像を撮影してみたが、こんな感じの焼鳥屋の店先に、堂々たるトラ猫が。
 
しかしこの場所、『江東区三好』としか紹介されず。
 
調べてみれば江東区三好は、亀戸からは遠くない地。……じゃあ、探してみるか、そんなざっくりとした住所しか情報はないが(笑)
 
――――そしてこーゆー時、神がかり的なアンテナが働くワタクシ。見事に探し当てたのだった。
 
…いや、下町なんで地域は狭く、三好は3丁目まであろうとも、商店街がありそうな通りを探して車で流せば、そのうち見つかると思われます。
 
お店に辿り着いたものの、何せ寒い日の夜。…看板猫は引っ込んでおりますわ。
 
しかしおいそれと引き下がらないワタクシは『この子、トンちゃんが大好きで毎日毎日何回も録画見てるんですよ~』と女将さんに訴え、喜んだ女将さんは奥で寝ていたトンペイを叩き起こして連れて来てくれたのだった。
 


 
小僧、憧れのトンペイさんと戯れてご満悦。…ちなみにトンペイ、7キロの巨体であるが、別に焼き鳥喰ってるわけではなく、むしろ焼き鳥は一切喰わぬのだそうだ。
 
焼き鳥のお味は、正直あっしには善し悪しの判別がつかぬのだが、高級車で乗り付けてわざわざ買いに来る人がいるところを見ると美味しいのであろう。
 
いきなり思い立っての江東区行きであったが、有意義な日であった。
 

 
―――デブ子はこんな扱いをしますよ、小僧は(笑)
 
 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
 
2013-05-01

牡丹コーデ、2013。その1

藤コーデに引き続き、牡丹コーデにも羽織アリバージョン、初登場
 
…まあ、牡丹柄は私の場合、通年使っておりますので(だってもれなく入ってるじゃないのさ、色んな花柄の入ってる着物や帯には
)、羽織単品でコーデしようと思えばできるんですが。
 
しかし牡丹のトータルコーデを、牡丹の季節以外に着るのはさすがにこだわりが許さんので、『牡丹の時期に羽織アリのトータルコーデ』が着れた、今年の変な天気、万々歳

 

 

 

 

 
実家近くの激安着物店で1000円だったか500円だったか…すっかり忘れている牡丹柄の銘仙羽織。
 
そして羽織の色とドンピシャな、ポップな太い縞柄の銘仙は同じく激安着物店で500円。
 
数年前にも小物違いでこのコーデを着ておりますが、その時に着物と羽織の袖丈と裄がぴったりで、色まで同じだったものだから、もうこのコーデでしか着られなくなってしまったのだった…
 
だったら冬に着ればいいのだが、白地の着物は冬場にはなんだか寒々しそうでねえ。…たとえ羽織でほとんど隠れていようとも(笑)
 
で、さりげなく帯も同じ色ですが、これはヤフオク。…確か3000円台で落札した覚えが。
 
紫にマゼンダ色の牡丹と、白い線刺繍のアシンメトリー半衿は、『キステ』さんで3点1000円もの(笑)
 
牡丹だけの刺繍半衿が手持ちにはなく、毎年コーデの際に牡丹柄が入ってる手芸用生地でお茶を濁しておったんだが、今年の牡丹コーデ前までにキステさんとこで計4枚の牡丹柄刺繍半襟を入手。
 
ああ、これからは半衿で悩まなくて済むわ~
 
 
と、前日の藤コーデその1とは、全然味付けが違います(笑)―――どうしても藤は優美な柄が多いのでなかなか遊べない…のに対し、牡丹はファンキーな色柄多し。
 
つーわけで、藤と牡丹交互にアップしていこうかと。
 
         いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ