FC2ブログ
2013-03-25

『くすみをもって、くすみを制す』、くすみまくりな材料用着物をこう料理する。

―――桜コーデも順調に着用に及んでおるのですが、記事のアップしておくべき順序もございますので、とりあえずこのコーデをアップしてしまわねば。…見た目が暑苦しくなる前に
 
先頃、ネットショップ『シンエイ』にて『3勝2敗のお買いものhttp://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/63449780.html』をしておるのですが、そのうちの2敗の1つ。
 
もう1つの敗北羽織は、既にボロボロ橘コーデとして見事
にコーデしてやりましたが、勝利した方ではなく、敗北した方をなんとか着れるようにアレンジしたがるあっしの悲しい性。
 
とにかく色褪せとくすみっぷりが凄まじ着物なので、同じくくすみっぷりが凄い銘仙羽織と合わせてみたのさ~
 

 

 

 

 
…このようにコーデすると、ボロボロ橘コーデ同様、一見材料用に見えぬのが恐ろしい…
 
柄行きは派手なのにとにかく色褪せが凄く、ちょっとでも彩度の高いくっきりはっきり鮮やかなものと合わせると、たちまち色褪せ感が倍増する厄介な着物
 
んが、同じく彩度の低い、くすんだどんより感のある物共と合わせると、見事な調和っぷりでございます(笑)
 
銘仙の羽織は、比較的アンティークを着始めの頃にヤフオクで1900円で落札。
 
当時はよく着ていたんだが、年々派手ガラガラどんと化す上に手持ちの羽織もどんどん増え、それに従いこの銘仙のくすみっぷりが気になり始め、近年では全く袖を通さず。…勤勉に自力で裄出ししてるのにさ~(笑)
 
で、『この色褪せ着物に合う羽織、あったっけ…』と、この羽織を思い出した自分、よくやった。
 
―――着物のくすんだ赤と灰色部分と羽織のそれとが見事にマッチング。まいっちんぐマチコでございます。
 
こうなると帯選びも難しくなりそうなものなのだが、幸いなことに花紋の入った渋めの色の帯を500円で入手してあったのだった。
 
色んな花が入っておったが、羽織の牡丹柄に合わせて前帯は牡丹を出してみた。
 
半衿がここでまぶしい白さだと、たちまち着物も羽織もくすみ感倍増であるが、これまた先日『キステ』さんで入手の、グレーベージュの『見た目汚ねえな』の色の刺繍半衿が効果を発揮
 
見事にくすんだ着物と融合したのでございます(笑)
 

 
あ、羽織なしだとこんな感じでございます~…う~ん、やっぱり着付け画像だと色褪せっぷりが気にならなくなるわ
 
…で、このコーデで『なんちゃって日本髪2回目』を結っておったのだった。
 
着姿もさっさとアップしなくては~
 
 

いつも応援の1クリック、ありがとうございます
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ