FC2ブログ
2012-11-23

ウールみたいな矢羽根&変人唐草帯コーデの着姿と、ozawami式2部式作り帯の詳細♪

さて、先日のウールと勘違い矢羽根&変人唐草帯のコーデの着姿でございまする。
 

 
…枯れ放題の庭を何とかしろ、ってな感じでございますが~
 
コーデそのものはあっしに馴染みの深い色ばかりなんで、なんだか至って普通の着姿になりました(笑)
 
てな訳で、今回の本題はこの帯、ozawami式2部式帯の詳細でございます~
 

 
この帯、このように短めの半幅帯として使える半幅部分と、お太鼓部分に分かれております。
 
半幅部分+て先で短め半幅帯が構成されております。
 

                                     
 2 ↑のようにozawamiさん式着付けでもOKですが    1 て先部分がおへそ位置から3㎝
    このような『帯揚げ留め』があれば、帯枕の支えと    ほど出るように胴まわりを2巻きし
    クリップの役目を同時にしてくれるので便利です。    クリップで留める。
   

 
4 お太鼓部分を背負って、クリップで仮留め    3 あらかじめお太鼓の形を作って帯枕を
  していたて先を外す。                   セットしておく。
 

 
6 帯揚げ、帯締めを整えて、完成。           5 て先を折り返してお太鼓に入れる。
 
 
このような構造&着付けとなっております、ozawami式2部式作り帯。
 
普通は半幅部分は紐で固定するものがほとんどですが、どうしても紐だけで帯を締めてしまうので、変な歪みと締めの甘さが響いて緩んでくるのが作り帯の難点。
 
でもこれは半幅の要領でしっかりと帯を締めるので、クリップで固定しておけば崩れてくる心配なし
 
…短いアンティーク帯とかは半幅部分も短いので、この加工でも柄が出ないかも知れませんが、洋生地とかで1から帯作るなら、作り帯の緩みが気になる方はこのスタイルの作り帯がお勧めかと。半幅帯としても使えるし
 
あ、ozawamiさんはネットショップをお持ちですので、この帯の色違いとかも入手可能ですよ~
覗いてみてくだされ
 『goma workshop』 http://kimononokomono.com/
 
 
――――無断で作り帯の詳細を載せちまったが、『七緒』に掲載されて広く世間に知れ渡ったはずなので、別にいいよね、ozawamiさん(笑)
 
 

いつも応援の1クリック、ありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ