FC2ブログ
2012-11-19

結局は、スタンダードな白系鼻緒に赤いツボ。

―――森光子氏が亡くなって、連日『放浪記』の舞台映像が流れるテレビ。
 

 
…見せ場のでんぐり返しの場にいるこの女性の着物がもう、気になって気になって(笑)
 
だって、臙脂とからし色の矢羽根に白い牡丹がドーンなアンティーク~
…欲しいぜ。
 
 
さて、本題。今回は愛用の履きものの話題をば。
 
履きもの、『白の鼻緒に赤いツボ』のものが万能でどんなものにも合わせられます、と最初に買った着物の本に書いてあったのだな。
 
なので、なるべくものを増やしたくない初心者当時はそーゆー履き物を探したさ、安価で。
 
…しかしなぜか、そのスタンダードと思われる組み合わせのものが安価では売っておらなんだ、当時は
 
それで結局は色んな鼻緒の安価な下駄を買い集めて、それらを履いておったんだが。
 
『そんなに白って万能なのか…』と思いつつも店頭では見つからない日々の中、始めたばっかりのヤフオクで全部白の合皮草履を発見。
 

 
…確か1800円だったと思う。しかし1回しか履いておりません
万能なはずの白なのに。
 
そう、白は白でも黄色がかった白から青みがかった白まで様々。
 
これ、青みがかった白で、なんつーか、新品の白足袋に新品の白半衿しか受け付けない、清潔感が強過ぎる白なんですのよ
 
そしてこの細いエナメル鼻緒がアンティーク着物にはどうにも合わなかったのだ…
 
白足袋、白半衿を合わせることが多い現代もの着物には使える代物だと思うが。
 
その後も店頭でアンティークに合いそうな、太い白鼻緒に赤いツボの履きものは現れず。
 

 
ついに業を煮やし、浅草の『長谷川商店』にて作るに至った、白鼻緒に赤いツボの下駄。
 
あ、でも本当に真っ白の鼻緒はやっぱりしっくり来なかったので、生成っぽいベージュ鼻緒に。
 
…それ以来、『困った時、考えるのが面倒な時の下駄』としてヘビロテされておりまして(笑)
 
柄足袋、色足袋どんと来い
な頼もしいヤツですが、欠点は白木の台。
 
白木の台は水分吸うので、雨だとか足元が悪いとこだと汚れを吸って落ちなくなるんですわ
 
てな訳で、『ああああ、白木の台でも水吸わない、ニス塗りの台で白い鼻緒に赤いツボの下駄が欲しいよう
』と思ってたところ、これまたヤフオクで発見したのが上の下駄。
 
…赤いツボではなく暗めのピンクでラインストーンが余計だが、ニス塗りの白木の台でかかとも高めなのが大変にありがたし。下駄としては2500円と高かったが、それでもありがたし(笑)
 

 
…2足ともこき使い過ぎてかかとがすり減り、こんな風に100均修理キットで補強されとります(笑)
 
―――『この着物には下駄より草履がいいんでは…』って場合もこの2足のどちらかを履きまくっておったんだが、さすがに『草履でも、白鼻緒に赤いツボ、必要かも』と思い始めた矢先。
 

 
3点1000円ものでお馴染みの(笑)『キステhttp://www.rakuten.co.jp/kisste/』さんにてこれらのウレタン草履を発見
1足1300円なり~
 
白い台の方は、台との対比で思ったよりも鼻緒のベージュの色が濃く見えて、まだ使ってないんだが、黒いエナメル台の方は、鼻緒も生成でツボも落ち着いた赤。
 
そしてウレタン草履なおかげで雨でもバッチリと、早速こき使われておりますのさ(笑)
 
このウレタン草履、まだ売ってますよ~
お勧めです
http://item.rakuten.co.jp/kisste/7-1-01038/
 
 
――――こうして万能下駄も草履も手に入れ、全身ガラガラでも鼻緒だけは手を抜くワタクシでございました(笑)
 
 

いつも応援の1クリック、ありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ