FC2ブログ
2012-10-11

落ちぬなら、切った貼ったで裏返し。

―――6月の骨董アンティークフェアにて、菱田春草の『黒き猫』柄の帯を買いましたが。
 
たれに致命的に目立つシミがございましてね。そのままでは締められないので、小細工で締められるようにしようと思っていたところ、『3000円で丸洗い&シミ抜き追加料金なし』http://item.rakuten.co.jp/kimono5298/10010161/のとこがあるとの情報を頂き、『まあ、3000円で落ちれば小細工しなくて済むわ~
』と、シミ抜き丸洗いを頼んだのさ。
 
……結果。『本当に仕事、したのかよ
』な仕上がり……
 
確かに丸洗いはしてあったが、シミに関しては薄くなるどころか、びた一文変わってなかったぞえ。

 
一切薄くなってもいないのに『シミ、多少残りました』のとこに印…多少どころじゃなくて全部残ってるっつーの
 
レビューだと綺麗に落ちたとのコメントも多いので、それなりに仕事してる時はしてるのかも知れんが、あっしが頼んだ時期のレビューはどれもこれも『落ちてない
』ばかりでした。
 
…注文殺到でやっつけ仕事した~
 
――――まあね、冷静に考えたらシミ抜き無制限で追加料金なし、それで納期が1ヶ月。…大きな工場フル稼働でもさせなきゃ注文こなせないよねえ。でもここ、家内制工業みたいな感じでさ(笑)
 
シミなんて、いっぱい種類があるからそれに応じて細かい作業の繰り返しになるし、だからこそ普通は納期もかかって値段もかかるんだが、それを3000円で引き受けるなんて、眉つばと考えるべきであったのだ。
 
単なる丸洗い3000円として考えるなら、近場に手頃な着物クリーニング頼めるとこがない方にはいいかも知れんが。…でも連絡メール等がちゃんとしてないのですっごく不安ですよ、届くまで。
 
でだ。丸洗いだけならまだいい。問題はプレスまでされて帰って来たっつーことで。
 
――――シミの上に熱を加えると絶対落ちない。熱で定着しちゃうから…
 
つまりだ、落ちなかっただけでなく、落ちない加工までしてくれちゃったのよ、ここのショップ
 
本当のシミ抜きのプロがいるんなら、そこら辺はちゃんと考えると思うんだけどなあ。…シミ抜きのプロがいないってこと~
 
と、やれ『楽天ランキング1位』とか『有名雑誌で紹介された』とか、浮かれたこのショップの丸洗いページを見ると非常に業腹なんでございますが、まあ、いいお勉強にはなりました。
 
…いつもいつも激安もので勝利している影で、このような敗北も味わっているんですのよ。人生は光と影のつづら折り。
 
 
前置きが長くなりましたが、結局は小細工で帯を締められるようにしなければならなくなったわけでございます。
 
――――ここからが、あっしの本領発揮の蛮行リメイクなり(笑)
 

 
う~ん、画像だとわかりにくいんだが、結構大きなシミがあるんですわ。
 

 
しかし裏返してみると、シミもなく綺麗なまんま。
 

 
で、たれの線の上、8センチくらいのとこで切り離す
 

 
綺麗なままの裏側を表にし、ひたすらジグザグミシンで縫い繋ぐのみ。
 

 
ただ縫い繋いだだけでは不安定なので、上から補強のリボンを縫い付け。
 

 
見事にたれのシミは消えてなくなりました(笑)
 
…縫い繋いだ部分は、て先で隠れるので締めたら全くわかりません
 
全ての帯でこの技が使えるわけではないが、お太鼓だけに柄があるタイプのものなら、たれにシミがあってもこの方法で何とかなるかも知れませぬ。
 
たれそのものがボロボロになってて締められないものでも、この応用編で、他の生地を縫い繋いでお太鼓の柄だけは生かす
ってことも可能。
 
 
そのままじゃ締められないので死蔵になるくらいなら、いっそ蛮行リメイクで新たに命を吹き込みましょう
…ただし自己責任にて(笑)
 
 

いつも応援の1クリック、ありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ