FC2ブログ
2012-02-16

『そめの近江』に出した、着物丸洗いの結果報告♪

ワタクシ、着物の丸洗い頼むの、初めて
でして。
 
―――――あっしの丸洗いってのは、『ミスターランドリー』のコインのドライ機に、ネットにも入れずに大量の着物やら帯やら小物やらをぶち込むことを云うのさ(笑)
 
んが、コインドライを馬鹿にしてはいけない。
 
薄汚い感じや、手垢じみた感じ、カビ、埃臭、グッチャグチャな畳みジワがすっきり取れ、溶剤による紅絹の色移りも今までなかったので特に不都合はなかったのだ。
 
…しかし汗ジミはドライだけでは抜けない…
 
年賀状用コーデで着た派手な矢羽根のアンティーク、小僧があわや落下、ってハプニングがあったせいでものすごい冷ワキ汗を冬だってのにかいてしまってのう
 
脱いだら両脇びっしょり&裏の紅絹が表に色移り~
 
これはプロに任せるべきだな、やっぱり…と取りだしたのは、我が家に入ってたチラシ。
 
『そめの近江浦和店』のチラシがうちには入るんだが、そのチラシには『12月お誕生日の方、丸洗い1枚1000円にて承ります』の文字が。
 
そう、12月のチラシにはそんな文言が入っており、12月バースデーのワタクシは、それ、見逃さず
 
で、2枚まで1000円で受けてくれるとのことだったんで、クリスマスコーデで着て、脱いだらこれも脇ぐっしょり&、数年前の汗ジミがかすかに黄変して浮いて来ていた水玉柄お召しを店に持ち込み~
 
『そめの近江』http://some-oumi.com/、浦和店は『ええ
ここ、商店街なの
道、超狭い上に店もろくに開いてないじゃん
』な場所にあり、そんな立地なのに妙に立派な呉服店。そしてそんな立地なのに店員さんが異様にいっぱいいた…(笑)
 
たまたま年末もギリギリな30日だったせいか、お店も忙しかったらしく、他に1組の客しかいなかったのにすっごくバタバタしていた(笑)
 
さて、持ち込んだ着物であるが、アンティーク矢羽根の方、これはシミ、汚れも多いんだが、それらもアンティークなので(笑)『まあ、落ちないだろうな、これは…』との予想通りに、年季の入った汚れとかは落ちない、とのこと。
 
で、紅絹の色移りのある汗ジミ、これも無理との判定が
 
汗を抜くときは水通すので、汗でこれだけ色移りするとなると、まず洗った時に色が出ると思われるので、汗抜きは受けられないそうだ。…裏が紅絹でなければ話は違ったかもしれんが。
 
で、こちらはただの丸洗いだけお願いし、結果はこうなった。
 

 
こちらが、洗いに出す前の状態。
 

 
丸洗い後。…残念ながら、洗いに出す前と同じ状態ですな
 
んまあ、アンティークは仕方ないんですわ、どうしても。ちなみに洗い張りしても同じようなもん、とのこと。
 
一応『ちゃんとした丸洗いでアンティークを出すとどうなるか
』の検証も兼ねて今回出したようなもんなので、『コインドライも呉服屋丸洗いも落ちないものは同じ』と明言させて頂こう。
 
―――なのでこれからも、アンティークはコインドライで雑に洗うことにする(笑)
 
一方のアンティークではないリサイクルの水玉お召し。
 

 
丸洗い前。袖にポツポツと黄変のシミがあるが、これは落ちないとの判定。洗い張りでも落ちないので、色をかけるしかないそう。…でもこの生成り色が気に入ってるので、色かけしないな~
 
脇の方は数年前の黄変は落ちないものの、新しいのは落ちるとのこと。
 
で、結果はこちら。
 

 
袖のポツポツ黄変は落ちておりませんが、脇は汗のガビガビとシワシワ、それと色も若干抜けたようで綺麗になりました
 
ワキ汗はほっとくと、どんどん黄変が進んで取り返しがつかなくなるので、お手入れは早めに、ってのは本当ですわな(笑)
 
と、バリバリのアンティークと、それほど古くもないリサイクルの2枚を持ち込んで検証致しましたが、裏が紅絹でない、地色が薄くてほっとくと黄変が進みそうな着物を、汗抜き込みで丸洗いするのは有効
と思いました。
 
あ、私の場合ね。…人それぞれで着てる着物は違うので、それによってお手入れの結果の度合いも違ってくると思われます。
 
 
着物の丸洗いの結果はこのようになりましたが、素晴らしかったのはお支払い時の対応
 
…実はワタクシ『12月がバースデーの者なら、12月中いつ行っても丸洗いが1000円』になると思ってたんだが、実際は『そのチラシの有効期限内に12月バースデーの人が行けば1000円』、だったらしいのだ
 
完全にこちらの勘違いなので、たった一言『チラシの有効期限内までなんです、すいません』で終わらせればいいものを、わざわざ裏の事務所の方で相談し、『あ、構いません、1000円で』としてくれたのだ

 
2枚出したので2000円引き、着物1枚丸洗いの金額分引いてくれましたぞよ~
 
あ、汗抜きは1枚1000円なので、計3000円のお支払いでした
 
…ちなみにその後覗いたリサイクル着物店では、『汗ジミ作っちゃったんだけどお手入れどれくらいかかるの?』との電話に、『やってみないとわからないけど丸洗いだけなら6000円だねえ』と話しており、『高っ

ああ、そめの近江を紹介してやりたい…』と思う立ち聞き女であった(笑)
 
 
呉服業界の衰退は、『作れば売れた、昭和40年代』の体質を引きずったままの融通の効かない、サービスの悪い殿様商売が一因だが、このように、ちょっと損しても新しい顧客を掴もう、と云う商売のなんたるかを心得た意欲的なお店もございます(笑)
 
…まあ、アンティークを主食としているワタクシなので、なかなかこちらを利用するような機会はないのだが、それでもこちらで仕立て替えして貰いたい着物があるので、そのうち『仕立て替え、結果報告』な記事もアップできる日が来るかと。
 

 
 

連日、大勢の方にクリックして頂きありがとうございます
 …1週間の統計なので、日が変わると1週間前の獲得クリック数は
 夜空の彼方へ消え去るのが口惜しゅうございます(笑)
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ