FC2ブログ
2010-06-29

あっけらかんなヨット帯でトリコロールなマリンコーデ♪

あうううう、せっかくどんより曇ったり雨だったりしても湿気がすごくてぐったりです~
 
の、割には今月は7回も着物着てるんですが(笑)…自分で自分を褒めてやろう
 
さて、本格的に絽帯の季節の到来でして、以前浦和の骨董市で200円で買った、あっけらかんとしたヨット柄の絽帯もようやく登場~
 

 

 

 

 
…まあ、お太鼓見ないと、半幅部分からは何の柄なんだか謎…
 
ヨット柄ってことで、やっぱりマリンカラーのコーデに



 
川越の栄屋さんで買った、1000円のお花の綿レース着物。
 
多少シミがあったんで、上に描き足したり、それとも色を染め直そうかとも思ったんだが、中に白の襦袢等が入ると柄がくっきり白く浮き出て、そのおかげでシミが目立たなくなったのでこのままでいくことに。
 
透け感の美しい、とっても涼しげなレース着物であるが、とっても暑いですとも、ええ(笑)
 
半衿はマリン柄の生地を使い、小物類は明るさ&ポップさを出すために、赤水玉にしてみました

…青、白、赤でトリコロール
なカラーですともさ
 
帯留めは川越の骨董市で買った、何の鳥だかわからないけど、一応海鳥っぽいヤツ


 
立体的な鳥を強引に帯留めに加工しているのが、バレバレですな
 
 
うーん、このコーデはヨットハーバーみたいなところで撮りたいものだが、絶対に確実に暑いぜ
スポンサーサイト



2010-06-27

3ヶ月ぶりに浦和の骨董市に行ってきました~、つばめ右往左往コーデで♪

…さすがに収納が限界に達し、ここ2回ばかり参上を自粛していた浦和の骨董市。
 
まあ、2回行かなくても収納限界状態は続いているんだが、今月中に着てしまいたいつばめコーデもまだ着てないし、今月逃したら、「夏場は暑くて行きたくない
」モードになるかも知れんし、『あまり買わない…つもり』とぶつぶつ呪文を唱えながら、行ってきましたさ、骨董市
 
着て行ったつばめコーデ、柳を背景に撮りたかったんで、骨董市行く前に自宅近辺の公園にて撮影。
 

 

 
…カラーリングの色選択を間違ったのか、やけに明るい色になっちまったなーと思ってたんだが、撮影した画像はさらに異様に明るく映っててびっくりさ
…ここまで明るい色って久々かも…
 
……それにしても、やっぱりこの帯留め、パンチが効いてますな(笑)
 

 
フレンチコームにへばり付けたつばめのアップ~
 
…本来なら、この角度だとつばめの姿はちゃんと確認出来ないんだが、接着が甘くて取れかかっているためにバッチリ見えております、上のつばめ…
 
 
さて、骨董市でありますが、久々のせいもあってかすっかり忘れ、骨董市の様子を全く撮影しておりませぬ
 
…曇天で、風通しの良い洋服ならば過ごしやすい天気の上、他の場所でも骨董市が開催中とのことで業者さんも若干少なめ。
 
全体的にまったり感漂う、買い物しやすい日和でした
 
 
で、お買いものですが、案の定買っております…
 
あ、でも、今回はお安くて掘り出し物が多かったです~
 

 
行くと毎回立ち寄る、200円コーナーのあるお店では、200円で私好みの赤紫地に黒の矢羽根銘仙をゲット
…汚れとか、縫い目の解けとかあるけど、200円だからいいのだ(笑)
 
お隣の赤地の薔薇柄は500円。例の渋いものばかり薦めてくるオヤジの店にて。…今月はまったりし過ぎていて薦めてはこなかったが(笑)
 

 
こちらの2点も500円コーナーから発掘~
 
な、なんとこんな可愛い千鳥ちゃんが500円ですのよ
…確かにシミが点在してて上前の目立つ部分にも結構大きなシミがあったせいで500円なのだと思うが、この渋めの格子柄ベースのおかげであまり目立たない
 
ヤフオクだったらたとえシミがあろうとも、この値段では買えない
と、何だかつばめ着物のシリーズのような佇まいだが買って来ましただよ(笑)
 
お隣は臙脂×生成の大きな市松の銘仙。
 
市松柄は何枚か持ってますが、ここまでくっきりはっきりな市松は持ってなかったんで。こちらは500円でも綺麗でした~
 

 
こちらはちょっとお高いけど、1個2000円だったのを1500円にしてもらった猫の根付け
 
…だって帯留め加工に出来る形だった上に、この変さ。多少高くても見逃せなくってよ(笑)
 
ああ、猫の根付けがこれで5個に~
…ちなみに、5個とも違う場所で買って来てるのに、猫の顔は全部同じだ(笑)どこで一括生産してるのやら。
 
 
さて、こっからがちょっとホラー風味…

 
夕飯後、レンタルDVD返却に行こうと運転用メガネをかける。
 
…骨董市行く前にうっかり軽く踏んでしまい、歪んでたので直そうとしたら、真ん中の付け根からボッキリと~
 
接着剤とか、ガムテでは直せないくらい(笑)の壊れっぷりだったので、その足でまだ開いてるイオン内のお安いメガネ店『JINS』へ。
 
…イオン内を歩いているときにそれは起こった。履いてたサンダルが今度は壊れやがったんでさあ

 
でも片足だし、クロス状になってる甲部分のベルトが1本抜けただけなので、かろうじて歩行には影響なし。
 
しかし「1時間以内でメガネとサンダルが~怖いじゃねえか」とブツブツ夫と云い合いながら、なおも歩いていると、今度はもう片方のサンダルまでもが壊れやがったんでさああああ


 
…あり得ない…あり得ないよ、ものの数十分の間にサンダルが両方壊れるなんてさ…しかもメガネも壊れてるし…
 
『JINS』のメガネは、極悪視力の私用の超薄型レンズでも追加料金なしの5990円で素晴らしかったが、『これは…何か持ち帰ったかも、いわくつきのもん…』と思わずにいられない有様。
 
で、我が家の
バロメーターはですね、『テレビの内蔵HDD』なのだ。
 
…目に見えぬ何者かが侵入すると、絶対に内蔵HDDの調子がおかしくなり、録画出来てなかったり、再生できなくなったりするのだ。
 
……案の定、今朝撮ったはずの番組は全く録画されておらず



 
ちなみにしっかりと録画ランプは付いてたのだが、終了時間になってもランプが消えず強制終了させられた挙句、しかも番組は撮れてなかった…
 
で、今現在パソコンに向かってるのだが、やけに誤変換されるのはよくあるのでいいとしても、出てくる文字がえらく不吉で…もう何も言うまい
 
速攻で家の中の盛り塩を新しくしてやったが、骨董市でふらふらしてるのを拾ったにせよ、いわくつきのもんを買ったにせよ、ものが壊れるのは不便極まりないので、早々にご退散願いたい、見えぬ者よ…
2010-06-26

やっぱり紫陽花は雨に濡れてこそ美しい、ので雨の降りそうな気配濃厚なさなかに撮りに行って参りました~

ええ、あちこちで紫陽花の便り満載ですが、紫陽花には強烈な日差しは似合わないので、わざわざ雨の降りそうな空
と風
の吹く中、行って参りましたよ、お馴染みの園芸植物園に(笑)
 

 
お馴染み園芸植物園ですが、ここ紫陽花ロードもあり、しかも平日ならこのように満開で美しくても人っ子一人いないのでした…どこぞの鎌倉の紫陽花で有名な寺とは大違いさ(笑)
 

 
あ、でもあの寺は『明月院ブルー』と呼ばれる深い青の発色の紫陽花で有名ですが、こちらはピンク味の強い色がほとんどだったな。…ここ、アルカリ土壌なのかえ?
 

 
で、園芸植物園の紫陽花ロードだけあって、ぐるっと歩き回って観察しただけでも、これだけの品種の紫陽花が植わっておりましたさ。
 
中には『これって本当に紫陽花の仲間なのかえ…?』と思う様なヤツデの葉っぱに藤みたいに円錐状に咲いてる謎の花もあり、紫陽花と一口に云ってもなかなか奥深い。
 
んが、1つの株がケミカルな発色で青~ピンク~紫の花でミックスされてる紫陽花って、なぜか道すがらの車道沿いには咲いてるのに、この園芸植物園内にはない…
 
撮りたかったんだけどな、紫陽花の常識を覆すすんごくケミカルな色だったんでさ~
 

 
紫陽花だけでなく百合も見頃になっておりましたさ
 
…しかし時計草のせいで日当たりが悪くなり、何だか楚々とした可憐な雰囲気で咲いてる我が家の百合に対し、こちらは日当たりも栄養も絶好調らしく、人の背丈を超える高さにまで成長し、人を襲いそうな迫力で咲いてて怖かったっす…
 
で、紫陽花前にて、紫陽花コーデでございます~
 

 

 
…色々紫陽花を撮ってるうちに、どんどん曇り空が不穏なカラーになり、とうとう着姿撮る段階になって雨が降り始め…
 
でも背後の木が雨よけの役割をしてくれたので、ずぶ濡れにならなくて済みましたさ。
 
毎年登場の浴衣&帯なので、もう変化をつけるには小物類の色を替えるしかございません…
 
しかし、紫陽花と撮ることを前提とするならば、必然的に雨に濡れることが多々あるので、新しく真っ当な正絹ものとかを買うつもりはございません(笑)
 
…安かった割にはちゃんと見える部分がくけ縫いされてる、地味に丁寧な作りの浴衣、本当にこの時期のみの出番なので、これからも毎年このコーデで登場させてやろうと思うなり、小物だけ替えて(笑)
2010-06-25

帰りかけのホビー神をふん捕まえて、なんとか作り上げましたよ、リバーシブルのマト柄バッグも(笑)

…ご近所、窓全開でサッカー見ていたらしく、時々『ギャー!』『うわー!!』と明け方の闇の中から絶叫が聞こえて大層怖かったのだが、拍手と共に静かになりました。…勝ったのですな(笑)
 
テレビ見なくても結果がわかったのは宜しい(笑)
 
で、ワタクシはサッカー観戦ではなく、これを作って徹夜しております
 


 
先日完成したマト柄手ぬぐい帯、あちらとの色違い手ぬぐい(…の割には生成とベージュの違い)を羽衣牡丹さんから頂いており、大マト柄、小マト柄の1枚づつでは帯には出来なかったのでバッグに加工~
 
…もちろん手ぬぐいとして使う、と云う心構えはありませんとも(笑)
 
このグラニーバッグも通算4個目なので、そろそろ型紙ナシでも作れるようになってきましたさ。
 
そして最短の1時間弱で完成させましたです
 
…足袋だのビーズ帯締めだのをいっぱい作ってきたが、このバッグ作りが一番楽でございます。足袋なんて何足作っても難しかったし
 
柄を目いっぱい使ってバッグにしたら、三脚もすっぽり入るくらいの大きさになりました
 
なので、真ん中に留め具のボタンがあった方が中身が飛び出さないと思うが、実際そのようなボタンが付いてるバッグでも、ボタンを留めて使ったためしのない私なので、今更付けたりしませんよ、あたしゃ
 
 
さて、帯芯も底尽いたし、懸案だったバッグも、早く我が家から立ち去りたいホビー神のラストスパートにより猛スピードで完成。
 
……作らなきゃいかんものはとりあえず一通り作り終えたので、牡丹さんの家に行ってもいいですよ、ホビー神(笑)
2010-06-24

我が家の桔梗がもう咲いちまったので(涙)、去年着そびれた地味な白桔梗コーデを着ましただよ…

…鉄線が、ツルだけ伸びまくって一向に蕾を付けないというのに、桔梗、さっさと秋草の時期を待たずに開花…
 
おかげで鉄線コーデを着れぬままであるが、去年秋単衣も終わりの日にアップしたせいで、着そびれた地味な白桔梗コーデ http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/59780361.html、こいつを着用する機会に恵まれましたさ(笑)
 
思い出したように、着そびれコーデを引っ張り出しては着用に及ぶワタクシ
 

 

 
…んが、やっぱりこの白桔梗柄、桔梗っぽく見えねえな
 
柄としては、意匠化された紛うかたなき桔梗柄なんだが、本物と並ぶと何の柄なんだかわからないってのが、いと哀れなり
 
むしろ背後の百合の花っぽく見えてしまっているのが、これまた涙そうそうな着物であることよ
 
せめて髪飾りの桔梗の造花だけでも、白桔梗にしてやろうかと100均に行ってみたんだが、まだ桔梗シーズンに早かったのか、それとも白桔梗は桔梗っぽくないので作ってなかったのか、とんと見つからず…
 
アンティークの桔梗柄、『何かの間違いではないのか?』と云う色が多いのだが、その奇抜な色のせいで本物の桔梗と似て非なる花になってても、何だか強引に桔梗柄と納得させられるパワーがあるのに対し、この着物もこの帯もいかんせん地味過ぎて、中途半端な桔梗柄に落ちぶれている…
 
…このコーデってば、本物の桔梗と並んで撮らない方がいいコーデだったのかも知れん…

2010-06-23

遂に完成!!(株)フジサキのマト柄手ぬぐいリバーシブル作り帯~

ここ1週間ほど、『ホビー神』が勝手にダウンロードされたらしく、面倒極まりない細工ものも次々と完成

 
…ただし、年数回勝手にダウンロードされるホビー神、ホビー材料が底を尽くと、静かに立ち去ってしまわれるのであった
 
帯芯が残り1本分となった我が家でも、そろそろホビー神が帰り支度を始めている気配。
 
…ここは残り1本分の帯芯を使って、面倒な作業山盛りの『(株)フジサキのマト柄手ぬぐい』を完成させようじゃないか。…ホビー神も『これが終われば帰れる…』と思って、頑張ってくれるだろう(笑)
 
そしてホビー神とワタクシの努力により、遂に完成したのがこちらの帯~
 

 
…別に何の苦労も伺えぬ帯になってますがな
 
しかしこれ、2種類のマト柄、しかも横向きの柄と云うお太鼓の帯作りに向かない柄だったんで、どうやってお太鼓の作り帯にしたもんか、そりゃー悩んだのさ。柄の配置でさ。
 
あ、半幅帯にするなら、これほど帯にしやすい柄はないと思いましたです、はい
 
大きなマトを取り囲むミニマト『マト曼荼羅』柄と、ミニマトがいっぱい正面向いて整列してる『整列マト』柄の2種、最大限に生地を使って、生地の無駄が出ぬようにしたらこのような柄の配置になりましたとさ。
 
…ええ、私は柄の配置よりも、生地の無駄を出さぬことに重きを置く女
 
『マト曼荼羅』柄の良さはなくなったが、その分お太鼓にマトがワラワラ増えて賑やかになったので良しとする(笑)
 
一方、リバーシブルの裏面はこちら。
 

 
ピンク地ギンガムにセリアで売ってたバテンレースのパーツを縫いつけたもの
 
…これ、ギンガム地はマス目に沿って縫えばいいだけの話なんだが、このバテンレースを縫いつけるのが超面倒でのう…
 
最初、ミシンで縫いつけたんだが、このリアス式海岸並みの入り組んだ形をミシンで追うのは大変時間も労力も喰うのだ
 
で、結局途中から手縫いに切り替えましたさ。…そっちの方が断然早いでごんす。
 
この手のパーツを縫いつけようと思う方、手縫いをお勧めしますです、はい
 
 
と、まあ帰りかけのホビー神を捕まえて、両面共に面倒な作業を無事終えたんだが、実はまだ、羽衣牡丹さんから頂いた色違いのマト柄手ぬぐいの方、バッグにしてないのだ…
 
こちらは面倒な作業はないので、もうちょっと、もうちょっと滞在を延ばしておくれよ、ホビー神~



2010-06-22

百合と桔梗が咲いたので、『木を隠すなら森へ』コーデを着用してやりましたさ。

去年、秋単衣の時期にアップして、そのまま着そびれていた『木を隠すなら森へ』コーデ。 http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/59687570.html
 
帯の半幅部分に桔梗と百合が鎮座していて、まさに今現在の我が家の箱庭状態…
 
つーことで、せっかくなので着てやりましたさ。一応今も単衣の時期だし。
 

 
…久々に庭で撮ったら、背後の新築物件が写り込み
…ああ、前は駐車場だったんで、上空は空ですっきりしてたんだけどなあ
 
全身画像じゃちとわかりにくいかと、上半身アップの画像~
 

 
ほら、半幅の柄が百合と桔梗なんですわ
 
…そして背後にも百合と桔梗なり~(笑)
 

 
お太鼓画像
…萩と撫子も鎮座しているから、ついでに我が家の撫子と萩の鉢も小道具として置いてやればよかったかも。
 

 
足元は、頂き物の百合柄足袋靴下
 
 
で、案の定、庭で撮影し終わったら、さっさと家に入って脱ぐワタクシ(笑)
 
…だってポリの単衣、暑いんだもん
 
しかも単衣ってことで軽くなり、ついでにポリと云う素材のせいでえらく滑って着付けしにくいったら…
 
…ポリの袷も確かに滑って着付けはしにくいが、一応袷ってことで重さが多少はあり、なんとかサマにはなるのに対し、単衣は軽いので、もー決まらない、決まらない
 
雨の時期用に単衣とか夏物のポリ着物は重宝するかと思いきや、着付けで苦労すると云う落とし穴
 
…ご購入を考えられている方、熟考されたし。
2010-06-21

トロピカルなんだか夏なんだか秋なんだか、の花入り乱れ咲きの箱庭…

…ええ、去年『裏切りの時計草』と名付け、ちっとも咲かぬ時計草に恨み節をうなっていたワタクシ…
 

 
今年は性根を入れ替えた時計草が更生し、無事に次々と咲いております
…と云うか咲き過ぎだぜ
 

 
おかげで日々、落ちた花ガラを回収するのに追われ、やっぱり花がいっぱい咲いても折り合いの悪い時計草とワタクシ…
 
今年は寒かったせいか、花の遅れたランタナがやっと満開に
 

 
同じく今年は開花が遅れている百合の『ルレーブ』もやっと開花
 

 
とまあ、ここまでは夏の花の正しい姿と云えよう。
 
しかしもうこんな方々までもが咲いておるのです…
 

 
桔梗…もう咲いちまったよ
 
このペースで咲き続けたら、きっと秋の七草の時期には既に花はないだろう…早過ぎるじゃねえか
 

 
ちなみに四季咲きタイプの撫子に至っては、春先からずーーーーっと断続的に咲き続けております。
 
おかげで今の庭では百合コーデと秋の七草コーデが着られるんだが、そう云えば百合と七草柄って結構一緒に柄を構成しているなあ…
 
去年着そびれたままの、『百合と桔梗が半幅部分に一緒』の帯、今の庭にまさにピッタリさ(笑)
 
 
急激に蒸し暑くなったので、着物出歩く気力はないんだが、庭でだけなら着てやるか…
2010-06-20

今度はバッグを作りましたよ、(株)フジサキのまわし者は(笑)

先日、やっとこさ完成させた、(株)フジサキ商品によるリバーシブル作り帯。
 
…トータルコーデの鬼としては、草履も帯もお揃いとなると、バッグも揃えてしまう習性あり
 

 
…帯のパッチワークの量に比べたら可愛いもんよ
、なバッグ。
 
ええ、帯で免疫が出来てたせいで今回のパッチワークは苦にはなりませんでしたさ。
 
これで手持ちのピンク地黒猫生地は全部使い切ったぞ~
 
で、もちろんこのバッグもリバーシブルなのさ。
 

 
…相変わらず、ちまちまちまちまと、金目に塗り替える作業をしまくったワタクシ
 
ああ、でもこれでこの手ぬぐいでの小物制作は終わったので、やっと金目塗り替え作業からは解放される~
 
 
あ、それにしてもこのらぶりー黒猫柄って、小物にすると可愛いな
 
…なのにどうして(株)フジサキは、多様な小物展開にしないのだ、可愛い柄に限って…
2010-06-19

同じ種族と思えぬ顔…怖し。

一般募集で集まった、猫の写真で構成されてる日めくりカレンダー『猫めくり』
 
長年猫めくりを愛用しているワタクシだが、お気に入りの猫写真はきちんと切り抜いて取ってあるのである。
 

 
今年のカレンダーの金賞にも輝いたこの写真。
 
う~ん、可愛いねえ
 
赤い車に白ベースの猫、と云う絶妙なカラー配分と、撮りにくいあくびの瞬間を捉えたベストショット。金賞なのも納得
 
…それならば、と我が家の黒猫のあくびの瞬間をつけ狙っていたのだが、撮れた画像は思いもよらぬものだった。
 

 
……可愛くない……と云うか怖い…
 
やっぱり牙が出ているのが敗因か?それとも黒猫なのが敗因か??
 
 
…いや、被写体がデブ子ってこと自体が敗因だな、きっと
 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ