FC2ブログ
2010-05-12

藤棚のたずねびと。~久伊豆神社・越谷市~

さて、今年の藤コーデ着用3パターン目
 
我が家から割と近いところで、藤の名所はないか~とネットで探して発見した『久伊豆神社』
 
G・W初日にとりあえずどんな具合かロケハンに行ったところ、まだまだ3分咲きくらいでしばらく様子見
 
…その翌日くらいに、読売の埼玉版に写真付きで掲載されたので、これは混むなあ、とG・W終わるまでまた様子見
 
しかしG・W終わったら何だか気温が高くなり、袷の着物ではちょっと大変かも~と思い、ひたすら気温が下がる日を待ったのだ。
 
そして遂にやって来た、若干気温が低めのいつ雨が降るかわからん天気の日が

 
『こんな天気の平日の夕方には人はいないだろう…』と撮影を敢行。いざ越谷へ。
 
…しかし神社に近づくにつれ、ポツポツ降り出す雨



 
神社に到着したら結構本降りになっておりました…


(涙)
 
ええ、そんな天気ですからね。人っ子一人いやしません(笑)
 

 
いや、ちらほらと人はいるにはいるんだが、藤棚のところではなく、駐車場で仮眠してるタクシー数台とか、藤に興味のない中学生が隅っこの方でたむろしてたりとかで、これが本降りの雨でなければ実に素晴らしい状態なんだが…
 

 
藤もちょうど満開くらいで、房が長め
 
玉敷神社の藤に比べると迫力には欠けますが、これはこれで優しげな姿でよろしい。…何より玉敷よりもはるかに近いし(笑)
 
んで、なぜ、人っ子一人いないような天気の日をわざわざ選んだか、と云うとだ。
 

 
…このコーデだからさ(爆)
 
今年の藤コーデ、その4でございます~
 
しかし雨の日に着物ってだけでも人目を引くのに、振袖、しかもこんな色でございます。
 
一応雨コート着用で現地までは赴いたが、撮影時はもちろんコートは脱がなければならない。
 
藤棚の隙間からは容赦なく雨が落ちてくるので、藤棚の下では撮影不可能…
 
雨の中、あちこちこの格好でウロウロし、雨に濡れず、藤棚も画像に入るアングルを発見。
 
それは手水舎。
 
屋根が付いてて、参拝客が少ないおかげで全く周囲に水も飛び散っておらず、実に荷物を広げるのにも向いている。
 
歩行には不向きだが、振袖姿のいい小道具になるので、わざわざ持参してきたぽっくりにここで履き換え、いざ撮影!
 

 
苦労の甲斐あってか、こんな素敵なロケーションなのに人っ子一人入っておらず、いい画像が撮れたので苦労のし甲斐もあったと云うものだ。
 
…しかしそれにしても、この着物の柄、本物の藤と一緒に撮るととても同じ藤には見えねえな
 
 
撮影終了後、帰途につくと途端に小雨になり、遂には雨がやむ…
 
境内を使わせて頂いているのに、参拝はおろか手水すら使ってないワタクシ。…だってそれどころじゃないだよ、振袖だし雨だし。
 
……どうやら久伊豆神社の神による、強制禊ぎだったようだ、この雨……

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ