FC2ブログ
2010-04-07

孤独に(笑)川越に買いもの&着物姿コンテスト観覧に行って参りましたぞ。

今年で3回目を数える『小江戸川越着物姿コンテスト』、毎年参加者を募って観覧ツアーを組んでいるが、今年はとうとう誰一人として参加希望者がおりませんで(笑)
 
てな訳でツアコンのお役目しなくて済んだので、いつも川越にふらーっと出かける時の要領で、川越まで車を走らせたのさ。…ああ、好きな時間に行って、好きな時間に帰るってすごく楽
(笑)
 
さて、当日4月3日はお天気も良く、ちょうど桜も満開でして川越は花見客で大賑わい。
 

 

 
花見船もこのようにいっぱい人が並んでましたさ。…1回乗ったので別にもう乗る気はないが。
 
それにしても新河岸川は毎年どんどん土手が綺麗になってるような気がする。
 
関東三つ巴小江戸連合の栃木、佐原のどちらも舟運で栄え、川沿い風景が有名なので、川越も川沿い風景で対抗しようとしているのか。…しかし川沿いに蔵の街があるわけではないので、桜の時期以外は何の面白味もないぞ、川越の川沿いは。
 
花見船運航している川の隣には、最近、縁結びお守りで全国的に有名になっちまった氷川神社がございまして、この日はちょうど結婚式がございましたぞ。
 

 
…折角の白無垢なんだから、個人的には是非とも高島田のかつらにして欲しいなあ、綿帽子でさ。だってこんな時でもなきゃ、一生高島田のかつらなんてかぶらないんだぜよ、一般人は(笑)
 
そして旦那がどうにもこうにもヤンキーの成人式を彷彿とさせるのがまた…
 
どうして和装の結婚式だと『これは素晴らしい、完璧だわ!!』と思う様なスタイルが少ないのか…謎だ。
 
さて、着物姿コンテストでございます。
 
…私、結果発表までに間に合えばいいや、と云うタイムスケジュールでやって来たのだが、今年は何だか仕切りがスムーズだったのか、会場に到着した時には既に結果発表も終盤になっていたのであった。
 
コンテストに参加はしたものの、結果発表を待たずにさっさと帰っている方々もかなり多いようで、最終的にはかなり着物姿が会場から立ち去っていた。
 
市長賞を獲った人は市長に名前呼ばれた時、既に帰ってしまってたそうだ(笑)
 
…色んな個性的コーデを見るつもりなら、開会前に見に来るのがベストなり。
 

 
最終的に会場に残っていた入賞者の集合写真。…普段着物に重きを置いている審査陣なので、やっぱり全体的に大人しいコーデの普段着物の入賞が多いですな。
 
んが、個性的な方々もちらほら。
 

 
面白い生地の配置の男性着物の方とか、私好みの派手アンティークにターコイズ帯の可愛い人とか、おばちゃんでも案外着ると似合う派手目の赤立涌着物とか。
 
はいからさん3人組、なぜかゴスロリ金髪かつら使用だったり(笑)…あ、こーゆー格好は絶対にオタクっぽいな、と思ってたら案の定このメンバーの方々の話し方がオタクそのものであった。
 
入賞してはいないけど(見物客かも)、すんごく可愛いパッチワークのストールの人とか
 
…んが、これだけは頂けないです、黒いガーターに子供着物?なサイズの着物っぽいものを巻き付けた格好のお人は…
 
去年だったか、ミスユニバースの日本代表が似たような『変形振袖&ガーター』と云う格好をさせられそうになり、全国的に非常に非難轟々だったというのに…
 
ま、夜にクラブで踊るならそれもアリでしょうが、少なくとも春の昼間のコンテストに出てくる格好ではないと思います。注目されるためならどこまでも露出するコスプレイヤーじゃないんだからさ~
…入賞させた審査員も見識を疑います。
 
ああ、コンテストも3回目となるとこの手の『注目されてナンボ』的な人が乱入し始めるなあ…そろそろある程度の事前審査なり、目のやり場に困る格好の規制は必要かも。
 

 
毎年個性的コーデで参加のこのお方。このくらいの露出が限界だと思いますわ、着物とのコラボならさ。あ、ちなみにこのお方は真ん中画像のお子様たちのおチビちゃんの方のママなんですよ~
 
ああ、お子様の着物姿は文句なしに可愛いのう。お子様振袖も可愛いけど、やっぱりこのようなウールだと活発な表情になってて更に可愛い
 
そして毎年この着物でスタッフをされている方。…私好みのこの着物で毎年スタッフをされているので、「ああ、この着物いいなあ…
」と毎年羨ましがるワタクシ(笑)
 
んで、当日のワタクシの格好。桜コーデ、その2でございます。
 

                                                       
あまりにも私らしからぬはんなりした色合いのせいか、顔見知りのコンテストスタッフさんには『誰だか分らなかった…』とのことだ
 
ほーら、八掛の色が帯と羽織の地色と同じなんですのよ。
 

 
お太鼓画像なり
…トリミングしたが、このアングルで撮ってたら、なぜか風景写真を撮ってると思ったのか、しきりと画像に映り込もうとする小娘あり(笑)
 

 
足元は桜柄の足袋&ピンクのギンガムの『一見草履な、実は下駄』なり
 
で、コンテスト終了後は、さっさと車で時の鐘通りにある栄屋さんへ。
 

 
案の定、栄屋さんはコンテスト会場でも見かけた人々で溢れていた。
 
…しかし皆さん、のんびりじっくり広げてはお友達同士でお喋りするものの、ろくにお買い上げしないんですわ。沢山客が入っててもほとんどが冷やかし。
 
着物イベントでお客の入りが良くても、売り上げに結び付かないのではお店としてはたまらないと思う。
 
昨年参加した着物フリマでもそんな感じだったし、やっぱり私の知る着物ブロガーの買いっぷりの方が異常なのかも(笑)
 
もちろん異常な買いっぷり着物ブロガーに属するワタクシ、さっさと栄屋さんで例のごとく買い物をし、さっさと車に乗って今度ははいからやさんへ。
 
…はいからやさんにも栄屋さんで冷やかしていた方々はやって来たさ、徒歩なので数十分遅れで。
 
はいからやさんは川越の着物サロンみたいな存在なので、とにかく人は来るけど栄屋さん以上に客の入りが売り上げには結び付かなかったんじゃないかなあ…
 
はいからやさんでも買い物をしたので、川越の戦利品は後日アップするだす!
 
 
で、翌日、何を思ったか同じく小江戸を標榜する、千葉の最果ての地、佐原へと行ったのだが…これもまた、後日…
 
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ