FC2ブログ
2010-03-18

一気に散るので、さっさと木蓮コーデも着て撮りましたよ…ああ、忙しいったら。

一気に花が開花期を迎えており、大変に忙しい状況と化しております。…順番に咲いてくれよ。
 
木蓮が満開になってるので、大急ぎで『木蘭に涙』コーデでいざ撮影をば。
 
前から目を付けていた白木蓮の大木、本日はカメラおやじもいなさそうな、曇りの午後3時半を選んで来たので、案の定カメラおやじはおりませなんだ(笑)…我が読みの勝利なり。
 


 
それにしても、なぜ木蓮ってば大木で目に付くのは白木蓮ばかりなのか。…紫木蓮って大木、まず見かけないのはなぜだ。
 
…そしてこのように木蓮画像をずらっと並べると、結構気持ち悪いというのが判明(笑)
 
さて、やけに渋くなってしまった『木蘭に涙』コーデ。
 
ふじこのさんのリクエストで『やさぐれモード』にしてみました。…是非とも昨日アップの椿コーデとの対比を楽しんで頂きたい。
 
…やさぐれモードなので笑顔はないざんす。
 

 
昨日の色彩豊か(物は言い様…)な画像とうって変わって実に暗いぜ(笑)
 
案の定、帯の木蓮柄が飛んでおります…やっぱり白地に白い柄はいかんのう…
 
アップで撮れば若干は見えやすいか。
 

 
…それにしても昨日の椿コーデと一変、『夢も希望もあった娘時分とは違うのさ、へっ』的な感じになってて実に良い(笑)
 
木蓮以外が枯れ枝ってところがまた、やさぐれ感アップに貢献しておりますねえ。
 
お太鼓画像は、この木蓮コーデを撮った寺の隣にある『花と緑の振興センター』内で。…利用しまくっております、花と緑の振興センターを。
 

 
うーむ、やっぱり色が飛ぶのう…白地に白い柄はフラッシュたかないと撮影難しいわ。
 
あ、背景は何だか趣の違う木蓮ですが、一応はモクレン科の花でございます。
 
だって、お太鼓の位置にちょうど花が咲いてたんですもの。
 
……木蓮コーデも着終わり、さてお次は桜コーデだわ~


 
あ、菜の花柄の帯も作らなくちゃ。ああ、忙しいったらないぜ
2010-03-17

桜(早咲きの)も木蓮も満開だが、やっとこさ椿コーデの出番なり。

 
椿…秋頃から咲いているので開花時期が長いんだが、梅も終わり桜も咲こうかと云う時期になっても蕾のまま、と云う椿も多くてのう…
 
目を付けていた椿の植えられている場所、やっと撮影に向くまでに開花したと思ったら、既に周りは早咲きの『安行桜』がほぼ満開になり、木蓮もまさに見頃を迎えていた…
 

 
ソメイヨシノよりちょっと濃いピンク色の早咲きの桜、『安行桜』と白木蓮のコラボ。美しいのう…
 
で、今回着用しているのは全身椿コーデなんだが、桜、菜の花、そしてちょこっとだけ椿、と云う背景の場所があったんで、まずこちらで撮影。
 

 
…桜と菜の花に目を奪われてしまうが、密かにピンクの椿もいるんでございます。肩のあたりに(笑)
 
今、こんな景色が広がっているので、普段、あまり人を見かけることのない川口は安行の地では、花見客で人が多くてびっくりさ。
 
そしてもちろん、お約束の『花撮影のカメラおやじ』もいっぱいさ。
 

 
 
…木蓮コーデを撮影しちゃろうと目論んでる場所にこのようなおやじ共が…
 
おやじ共はどうやら昼過ぎには帰る、と云う習性があるようなので、昼以降に撮影に行ってやろう、木蓮コーデの場合は。
 

 

 
で、私が目を付けていた『花と緑の振興センター』の椿の前にて、やっと椿&全身椿コーデな画像が完成。
 

 
 
足袋靴下ももちろん椿柄さ。…散った椿がまた哀しいのう…
 
あ、全身椿コーデなのに、鼻緒の刺繍が桜だわ(笑)
 
桜と云えば、このように既に花盛りの安行桜。
 

 
ああ、桜コーデも早々に考えねばなるまいし、菜の花も咲いている以上、菜の花柄の100均手ぬぐいを帯にして、さっさとコーデし着終わらなくてはならない!!
 
……ああああ、花の開花に追われて着姿撮影、の時期が到来してしまったあああ~


 
2010-03-15

『木蘭に涙』コーデは渋くなりにけり。





ここんとこ暖かい日が続き、木蓮もあちこちで開花中。

満開になったと思ったら一気に散るので、さっさと木蓮コーデもアップしなければ。

非常にお上品で私としては如何なものか…な木蓮帯、それに合わせて自作した手描き半衿。http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/60392020.html

…激しく主張するアンティーク着物ばかりを持っている私には、このお上品極まりない帯を上手くコーデ出来るかが課題であったのだが、まあ、こんな風に相成りました。

帯の色に合う矢羽根のポリ羽織があったので、まずはそれを合わせ、その羽織に合う着物を激しいアンティークの群れの中から捜索していったわけです。

アンティークの矢羽根で柄が大きくても、渋めの縞の入った私としては珍しく主張の少ない銘仙(笑)

主張がないせいで今まで着用機会に恵まれませんでしたが、まさかこんな事態が来ようとは。…たとえ着る機会が見つからない着物でも、いつ役立つかわからぬものだのう。

小物類は半衿の紫木蓮に合わせて藤色に。

あ、この帯、全体が淡い色彩で間延びするので、くるみボタンで作った木蓮柄帯留めを使って引き締めを。


…コーデそのものとしては、決して悪くはないと思うがのう。私らしさが微塵もないだけで(笑)

2010-03-14

猫かまくらへの乱入は許さぬお嬢…怖し。

電気座布団を仕込んでぬくぬく仕様にした猫かまくらを、お嬢が大変に気に入り居城となし、デブ子からの侵入を阻んでいるのだが、それでも留守にすると、ちょっくら寸借する黒い影…



お嬢がテーブルでカニカマを喰ってる時、デブ子がスススーっと猫かまくらに入り込みまして。

もちろん、その犯行の一部始終を目撃していたお嬢であった。



大急ぎでデブ子を追い払い、猫かまくらを再び奪取したお嬢であるが、憤懣やるかたなきご様子。



猫かまくらから流れ出し、また貞子の如き目つきでかまくら守りと化すお嬢。…怖し。



それを怯えた目で見るデブ子。

以来、お嬢の怒りが怖いのか、たまにこんな寸借をしている…



確かに控えめではあるが、この状態でお嬢が帰って来たら、ほぼ間違いなく尻を噛まれまくるであろう…
2010-03-13

久々に日暮里繊維街に行きました♪

ご近所の感じの悪い三毛猫『ちびた』&お嬢似の『クロ』が引っ越してしまい、大変寂しい思いをしていたのだが、別れもあれば出会いもある春。

我が家と同じ並びにある家、まったく猫の気配のない家だったのに本日、超デブな白ベースのサバ猫が日向ぼっこしててのう(笑)

…恐らくご近所棲息猫でトップを誇るデブ猫ではないかと思われる。デブ子、敗北。

……それにしても、一体どれだけ猫好きが住んでるんだよ、我が家の並びは。

明らかに雑種な飼い猫がうろうろしている割には、全然野良猫がいないのは、恐らく野良になる以前に、この猫好きの並び住まいの人間がさっさと捕獲して飼い、そして太らせているに違いない(笑)


さて、昨日。オウム館長との逢瀬を楽しんだ後に久々に日暮里の繊維街に赴きましてございます。

…作り帯の帯芯にしている帆布がとうとう底を尽いたのでねえ。

日暮里の『トマト』ならば1m250円とお安いのさ。

ま、それもあるが、キンカ堂が倒産した今、少しでもお安く、いっぱい生地を買おうと思うなら日暮里繊維街に行く他なし…

浦和駅前にユザワヤあるけど、あそこ、レジが超並ぶ上に、高いし、何よりパーキング代金がかかるのが許せん。

結婚後にさいたま市に越してきて、日暮里は最寄り駅から電車で30分、と近くなったんだが、最寄駅で車をパーキングに停めて電車、ってルートよりも、自宅から直接車で日暮里へってルートの方が時間と料金がかからないんじゃないのかえ?と思い、今回は車でいざ日暮里!



…相変わらず『トマト』は混んでいたさ…特に今は、幼稚園入園前に色々作らされるママが多かったかな。

約1年ぶりのトマトには、黒猫生地が溢れていた…

んが、黒猫生地でいっぱい既に帯を作っている以上、よっぽど気に入った生地でない限りは買いませんことよ。…問屋と云えど決して安くはないのだし。

本来の目的は帯芯用帆布の購入なので、トマト以外にも数軒の店を回って買ってきた生地がこれ。

主に半衿とか、帯揚げに加工予定。あ、金魚柄は暑苦しい帯にでもするかな(笑)

…それからアメリカンコットン専門店にてこんな端切れも買ったのだ…



オウム館長も非常にご立腹なさりそうな、リアルな鳥類プリント(笑)

この布で是非とも帯を作り、オウム館長と闘いたかったんだが、既にこの端切れサイズしか残っておらず、半衿に加工するしかなさそうだ。

先日の『オウム館長喧嘩上等』コーデの半衿は、この端切れと差し替えてやるかのう…
2010-03-12

オウム館長は、やっぱり色が重要らしい(笑)

椿と水仙の開花状況を確認しに、園芸植物園へと行きましたです。

…今回は『同化はどうか…』コーデなので、特に背景の花にこだわらなくて良し。

温室内の蘭が綺麗なので、蘭コーナーで撮るつもりで行ったらば、ちょうどケーブルと思しき謎の園芸番組の撮影に使われており、蘭の前では撮れませんでした…



悔しいので、謎の海産物と蘭のコラボ作品をアップで撮っちゃるもんね(笑)

…海産物だけでなく、何の意味があるのか知らぬが、素焼きの人形2体もいるんだわさ…

このデコレーションの解説版らしきものは見当たらず。…ああ、ますます制作者の意図が謎。

ふふふ、温室と云えば、オウム館長ですだよ(笑)

…しかし本日、館長は大変にご機嫌が麗しかったのだ!!



私が温室入るなり、『バイバーイ♪』とお喋りを。…いや、声に出して退去勧告か!?(笑)

でも、こんな妙な格好でケージにしがみついたり、何やらぶつぶつと独り言を言う館長。

ご機嫌麗しきご様子なので、今回もまた、お隣で撮影。





こんな近くでも文句を言わない館長。…やっぱり着物の色が重要なんだな、館長は。

どうやら『バイバイ』と云う単語に反応するようで、私がバイバイと云うと「グヌヌヌ」と返事をする館長。

…ふふふ、機嫌がいい時は愛い奴め。そのうち、また機嫌が悪くなりそうなコーデで来てやるぞ(笑)

あ、園内の椿はだいぶ咲いてきましたです。…見栄えのする大輪水仙はまだまだだが…



いい撮影ポイントの椿が汚くならないうちに、さっさと椿コーデで撮影に行かなければ。



『同化はどうか…』コーデ、足元も水浅葱色ですのさ(笑)

確かダイソーだったと思うが、水浅葱色に桜柄の足袋靴下♪
2010-03-11

オウム館長に喧嘩を売ろうじゃないか、なコーデ(笑)





先日、水仙や椿の開花状況を調査しに行った、地元の園芸植物園内の温室にて出くわしたオウム館長。 http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/60450669.html

同じような色彩のコーデで行ったせいなのか、それとも私そのものが気に入らぬのか、激しくご機嫌が斜めどころか真横だった…

しかしワタクシ、大人げないのでこれからも折りを見てはちょくちょく奴に喧嘩を売りに行ってやろうかと思っているざんす。

で、『オウム館長喧嘩上等』なコーデ第1弾がこれ(笑)

本当ならオウム柄の帯があればいいんだが、私が持ってるのはこの『キバタン』柄。見えにくいけど、ちゃんととさかがございます。

妙に豪華な百花繚乱の中に、なぜか素っ頓狂な顔のキバタン…と云う変なデザインなんで割と珍品の部類に入るかと思うんだが、この顔のキバタンはどう見てもカジュアル寄りなのに対し、背景の花々がかしこまり気味、とどっちつかずの帯なので出番がない…

しかし、オウム館長に対しプレッシャーをかけるには最適であろう。色も赤だしさ。

今回は川越のはいからやさんで1000円で買った『変形斜め格子のはずなのに妙に不穏な』お召しを合わせてみました。

小物類は、オウム館長の羽の色と対抗してからし色(笑)

帯に合わせて赤で揃えておりますが、オウム館長は、赤、黄色、青なので、青っぽい羽織でもプラスするかな…

と思ってたら、そう云えば、と思い出したる約4年前に考案したこのコーデ。 http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/20743328.html

…まあ、今となってはアレな着付けと組み合わせだと思うが、色の組合せがまさにオウム館長。帯もこれだし。

結局お蔵入りになったまま着てないコーデなので、こっちの方を着た方がいいのかも知れん…

2010-03-10

ひどすぎるデブ子の日常…

…ああ、『スライディング猫』のまるちゃんは可愛いなあ…

と、まる猫さんのブログ http://sisinmaru.blog17.fc2.com/
であの動きをニヤニヤと楽しんでいたのだが、ふと見ると、我が背後はこんな風になっていた。



…目いっぱいストーブの暖を吸収し、飼い主のマフラーを敷き布に、飼い主のポンチョを枕に、カニカマも適当に喰い散らかしたまま放置して寝腐るデブな黒猫1匹…

ええ、どんな飼い主だってあまりの惨状に立ち尽くすと思いますわよ(涙)



ついでに目も腫れぼったくなってるし、完全に酔っ払い風味。

…おっさん猫のハミおっぱいなんて嬉しくも何ともなし。

……ああ、まるちゃんはアクティブで可愛くて本当に面白いなあ(涙)

デブ子の動画で唯一世間で笑いが取れるのは、小走り状態でダルダルと揺れる腹だけだ…
2010-03-08

同化し過ぎもどうか…なコーデ。





アンティークに多いのが、この『明るい黄緑がかった水色』

多分、水浅葱色だと思うんだが、着物の地色としてよりも、圧倒的に柄の色だとか、八掛の色だとかに多用されており、アンティークを集めてると自然に集まってきちゃうんですな。この色が入ってるものが。

私もこの色好きですので、ついつい集めてしまってたのが遂に全身コーデ出来るくらいになりましてございます。

…しかしなぜか全部絞り系…

なので絞り&水浅葱色、ところによりドピンク色(笑)コーデにしてみました。

絞り×絞りのコーデはダメ、と云われてますが、まあ、それは細かい疋田絞りに当てはまることであろう。

これだけ柄が大きかったら絞りだらけでも違和感がないと思うが如何に?

ヤフオクで数年前に、確か2000円前後で落札した牡丹柄羽織に、小石川の着物フリマで購入した絞り風の染め矢羽根着物&鼓の側面?の柄の絞り帯。

この3点はセットでコーデするつもりで温存してきたんだが、小物類を全くコーデしておりませんで。

いざ着付けをする段になって面倒になり、「…とりあえず無難に同系色で合わせとくか…」と思って同系色を合わせたら、同系どころか同じ色ですっかり同化…

特に帯周りが馴染み過ぎ、遠目には異様に帯幅の広い着付けのように見えます(笑)

うむ、同系色で揃える池田重子さんですらしないコーデだ。

…しかし水浅葱にこだわり過ぎてるために、いきなり帯周りに他の色が入ってきたらそこだけ浮くしなあ、と思い、あえてこのまんま。

『困った時のからし色』もここでは裏目に出そうな気がしてのう(笑)

ええ、もう羽織紐も帯締めも、きちんと水浅葱色が入ってるんですのよ。

我ながら偏執的だと思うなり(笑)

2010-03-06

園芸植物園へ、雪輪コーデでロケハンに行きました♪

私の着物姿撮影御用達の場所、『浦和暮らしの民家園』の近くに『大崎公園』と云うのがありまして、そこには小動物園とか園芸植物園がございます。

椿コーデ、水仙コーデがまだ未着用なので、園芸植物園ならばその両方がきちんと植わってるだろう、ととりあえずはロケハンに、これまた未着用だった雪輪コーデ、その2を着用して行ってみました。…雪輪コーデならば撮影場所にこだわらなくてもいいしさ。

園内には確かに水仙も椿も植わっておりましたが、両方ともまだ蕾が多くて、撮影にはもうちょっと先だな…

てな訳で、一応は植えてある場所を確認し終わり、園内をぶらぶらと。

園内には大型温室がございまして、結構本格的なジャングル仕様に。



温室なので、真冬の寒さなら快適な場所だが、昨日は4月下旬の気温にまで上がったので、羽織着用ではちと暑かったぜ。

で、ここ、館長がオウム。



このオウム館長と、ワタクシのコーデの色彩が異様なまでに酷似していたので、オウム館長と一緒に全身撮影(笑)

…亜熱帯な色彩、でも雪輪柄…



試しに他のジャングル場所で撮ってみたが、これまたしっくりくるんですわ、このコーデの色彩。…でも雪輪柄…



オウム館長、ご機嫌麗しい時にはお喋りしてくれるそうだが、同じ色彩の得体の知れぬ女の登場に激しく敵愾心を煽られ、非常に不機嫌。

餌入れをガチャガチャガチャガチャと揺らして、私に退去勧告を…

すごすごと私が立ち去った後には、館長の勝利の雄叫びが温室内に響き渡っていたさ…(涙)

ま、オウム館長の支配する大型温室以外にも、中、小温室があるのでそっちを楽しむことにするさ。



中温室のカカオ。…こんな低い位置で『どうぞ持ってって~』な実の成らせ方でいいのか、カカオよ。

そして蘭がメインの小温室。



何の企画だか知らんが、妙な展示が…

背後に溶け込んでわかりにくいが中央に五輪マーク。それは良い。

…堂々と紛れ込んでる鯛とかマグロとか、ぶら下がってるカジキとかは一体何の意味があるのだ…制作者の意図を測りかねる。



あ、他は綺麗な蘭でしたよ、蘭好きにはたまらないような。

園芸植物園内で、ここだけが花満開で艶やかなので、水仙コーデ、ここで撮っちゃおうかなとか思ったくらいだ。

…花の形、似てるしさ(笑)

椿と水仙のロケハンが終わったら、さっさと雪輪コーデその2の着姿撮って帰ろうと思ってたんだが、予想外に温室内が面白く居座ってしまったさ。

タダなので、またオウム館長に喧嘩売りに来てやろう…ふふふ。



あ、足元はこれ。

雪輪柄の入ってる足袋に、雪輪柄ではないが一応コーデと色の系統を合わせた下駄。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ