FC2ブログ
2010-02-28

ウール着物と黒猫ひしめくコーデで、友人たちと食事会に行ってきました♪

昨年8月以来、髪を染めてなかったんで、試しに泡タイプのを使ってみたら、自分で染めてもムラにならなくて綺麗で楽だったぞ。ちなみに安い『プリティア』。

…んが、最近急激に白髪が増え始めてきたので、カラーリングでいいのか、白髪用ヘアカラーがいいのか、大いに悩むところだ。

さて、雨の予報であった昨日は、専門学校時代の友人のちょっと遅れた出産祝いの食事会だったのさ。

で、その友人ってば、まだ9カ月の赤子を連れてくるってんで『雨なのに、夜なのに、本当に連れてくるのかよ~!?』と思ってたが、ちょうど出かける時間帯には雨が止み、着物着用の私にも、赤子連れにもありがたい天候。

しかも、雨が上がったら急激に気温が下がり始め、黒猫ストールも無事出動できるという、本当にありがたい天候(笑)



黒猫ひしめくコーデの全身画像。

…折角おはしょりの取れる丈の着物なのに、いつもの対丈着るときの癖でついつい腰紐の位置が上がってしまい、何だか無理やりおはしょりをひねり出したかのような姿になっちまっております。

ああ、すっかり対丈に馴染んだ身には、真っ当な着方は難しいぜ。



ストール装着画像。…ああ、何だかすごく視線を感じる…

猫ストールの目付きの怪しさは毎度のことだが、今回は大顔面猫バッグがこれまた眼力がすごくって…(笑)

遠くからでもすんごく目立つので、ええ、もちろん常にこの目が見える向きで持ち歩いてましたよ、あたしゃ。

恥ずかしいから隠す、と云う神経の持ち主は、そもそもこんなバッグを買ってもらったりしませんとも。

んが、電車で乗り合わせた赤子はベビーカー内からの低い視線なので、足袋靴下の黒猫刺繍に目を奪われていたようだ。

さて、食事会の幹事が選んだ場所は、池袋にある『オペラハウスの魔法使い』と云う店。

…名前からして、赤子向けの店かと思ったんだが、ネットで調べたらどっからどう見ても赤子連れには向かないコンセプト飯屋。 http://r.gnavi.co.jp/g600109/

ちなみに私の結婚祝いをしてもらった遊郭風飯屋の姉妹店なり。



薄暗い上にあちこちに段差があり、客層も若いお嬢さんとか合コン風な男女の群れとかばかりで、テーブルに普通に灰皿が頼みもせんのに置いてある、今時珍しい喫煙し放題の店で、ますます赤子連れ向きではない。

…まあ、幹事も選択ミスであったが、店サイドも予約の時点で子供連れってのはわかってるんだから子供の来るところじゃないと断りたまえよ。

大人6名の落とす金欲しさに、他の客に迷惑かけてもいいと云うスタンスは感心致しません。

……案の定、赤子が泣くと、実に微妙な表情をする周囲の客…

特に勤め人の合コンみたいなグループの表情がまた、男女問わず『ああ、うるせえな、こんなところに連れてくんなよ、赤子をよ。でも不快感を露わにしたら心の狭い奴と思われて自分の株が下がる…』と云う心の逡巡を表情に浮かべており、非常に笑えました(爆)

と、まあ、同席していて周囲の視線が痛いぜとは思うものの、当事者ではない私は周囲を見渡す余裕があるのだが、当事者の新米ママの友人は、初めての子連れ外食と云う点もあり、ただでさえ生来テンパり気味になる性質も相まって、更にテンパり、誰かが付きっきりで介添えし続けないと食事もできぬ有様に…

で、そのお役目は、隣に座っていた私に回ってきたのであった。

主役は彼女なので彼女用に食事を取り分け、膝に乗せてないと赤子が泣くので常に乗せており身動きのとれぬ彼女のために御用を聞き、赤子が掴んでは放り出す箸袋とかを拾い、赤子が掴んでは振り上げて叩く灰皿を消音の為に手に受け、赤子がぐずり気味の時はずーっと構ってやっていたというのに露骨に赤子にそっぽを向かれ、ついでに自分の食事もするのである。ああ、もう大変。

てな訳で、店内の画像も食事も、このデザート画像くらいしかございません…



『オペラハウスの魔法使い』だから魔方陣なのね、ああ、そうかい。

ちなみにアイスが溶けて崩れ気味なのは、これまた店の使えぬスタッフがデザートフォークを持って来なかったため、待ってる間にこうなったわけです。

更に頼んだカルボナーラの中には、どう見ても男性スタッフの髪の毛が混入していたが、ただでさえ食事の出てくるスピードが遅いってのに作り直させたらどれだけ無駄に時間がかかるやもしれないので、自分の皿にひっそりと髪の毛を移し、誰にもその旨は告げなかったさ。ああ、もう本当に大変。

で、食事会もお開きになり、ああ、やっと役目が終わりだ~と思ったのもつかの間、『同じ沿線だよね、同じ沿線でよかった~♪』と問答無用で最後の最後まで介添えを新米ママに申し渡される…ああ、もう本当に本当に大変。

ちなみに同じ沿線の友人はもう一人いるのだが、彼女は『まだお話して帰るから』と言って残り、難を逃れやがった(笑)

そして子供嫌いで、特に赤子はどうしていいかわからないので嫌いなんだがなぜか懐かれることが多く、更に困惑すると云う友人がいたのだが、最後の最後にちょっと赤子を見に来たところ、赤子は彼女を見てにんまり笑い、手を掴んでいた。

………ずーっと君ら親子の世話を焼き続けた私には冷たい態度だったくせに。おのれ赤子め(笑)

ちなみに唯一赤子に好評だったのは、私の黒猫ストールのしっぽ…あはは、そうかい、持ち物かい。…おのれ赤子め。


幸いなのは、友人親子が家に帰り着いたと思われる頃まで雨が降らなかったことと、土曜ならば大混雑するはずの電車が空いてたことと、寝グズ、起グズ、ママのスリング装着の為の数分のみしか泣かない赤子だったことだ。

友人は産んでから初めてのリフレッシュで羽を伸ばせてよかったと思うが、しかし介添えに徹する羽目になったあっしはクタクタさ。


…もちろん食事も喰った気がせず、帰り着いた最寄駅のミスドで100円ドーナツを買って帰り、貪り喰ったが、深夜にまた腹が減り、うっかりペヤングを喰いそうになった私だ。
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ