FC2ブログ
2010-01-20

シミ、汚れが目立ってきた下駄をリメイク!!

蛮行としか言いようのない、自力リメイクを長年続けている私だが、ある程度リメイク記事もたまって来てあちこちの書庫に分散してるので、新たに『蛮行!!自力リメイクの数々…』と云う書庫にまとめます。

ああ、あちこちの書庫からリメイク記事を捜索しなくては~…

さて、今回の蛮行自力リメイクは、シミ、汚れが目立ってきた下駄。

塗りではない白木の台だと、段々薄汚れが目立ってくるのさ。



白木の台に畳表の下駄。かかと部分に水がしみ込んで出来た輪ジミと、つま先部分にどっかでぶつけた際に出来た汚れがございます。

夏に浅草の長谷川商店に行った際、同行のばどさんの下駄が同じような輪ジミになっており、それを職人さんに相談したところ『あ~そうなるともう駄目』と無下に修復不可能である旨を告げられていた…

しかしその際『…だったら上から色のある塗料縫って誤魔化しちまえばいいのよ!!』と小声でばどさんに囁いていた私だ。…だってもったいないじゃないのさ。白木の台ではなくなっても、塗料塗ってしまえばいくらでも誤魔化せると云うのに。

んで、ふと我が家の下駄を見まわしてみると、同じような輪ジミが出来てた下駄がございまして。

だったら言いだしっぺの私が、まずは塗料塗って誤魔化し作戦を決行するべきであろう。



まあ、単に100均のダイソーで売ってた『メッセペイント』とか云う塗料を塗りたくるだけではあるが(笑)

最初、色付きニスも売ってたのでそっちにしようかな~と思ったんだが、この塗料も乾くと耐水性になるようだし、ニス塗りは時間との勝負なので、のんびり作業出来そうなこちらの塗料にしました。



塗り塗り作業中…ちなみに薄汚れも甚だしいパレットは、あっしが小学1年の頃から使ってるパレットです。約30年前の代物だぜ(笑)



塗り塗り終了。かかとの輪ジミもつま先の汚れもわからなくなりました~!!



塗り塗りリメイク完成品。白木の台だった頃に比べて、より渋さが増し、アンティーク着物に似合う下駄に変身。

この塗料、乾いたらうっすらとした艶も出て、ニスほど光らないのでなかなかいいぞう。

他にも茶色系に着色されてる下駄で、あちこちハゲて中の白木部分が見えてしまってる下駄も何足か発見したので、早速この塗料を塗り塗りして修復してやったさ。


この程度のリメイクなら、技術は必要ないので、汚れが目立って恥ずかしい、と思うような白木の下駄をお持ちの方は是非チャレンジしてみてくだされ。
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ