FC2ブログ
2010-01-19

愛用してます、『踊り用東スカート』。


…別に踊りを習ってるわけではないが、愛用中の『踊り用東スカート』

ほぼ長襦袢を着用せず、筒袖半襦袢&裾よけ(中にはステテコ)が着物の下地となっている私には、この東スカートの裾よけが欠かせないのだ。

かつて着物にハマりたての頃は、中に着る見えないものよりも、着物とか帯に金使いたい!!という発想だったので、安いポリの2部式襦袢を買って済ませようとしたり、裾よけだのを自分で作ってみたものだった。

…しかしポリの安い2部式襦袢の、特に裾よけ部分は激しい静電気に見舞われたり、自作の綿で作った裾よけは、何だかどうにも裾さばきが悪い、と云うことに気が付くのに時間はかからなかった…

『静電気が起きず、裾さばきが良く、気軽に洗濯できる裾よけ』はないものか、と探し出したのがこれ。

…まあ、呉服屋の和装用品コーナーでも割と普通に売ってるものです。

東スカートってのは、画像のように箱ヒダスカート状になっててうっかり足が覗くことがない、と云う構造のものですが、値段にも幅があり、安いポリ製のものも売ってはいますがポリはポリなんで注意が必要。

私が愛用してるのはベンベルグ(キュプラ)製の、ちと裾よけにしてはお高いもの。

でもこのベンベルグ、肌触りも見た目も正絹と遜色なく、吸水性に優れ、静電気も起きない素材なので、裾よけとしては最高なんですわ。

赤を袷の時期に、白は透ける夏物の時期にと使い分けております。

赤は特に、ちらっと覗いた時に、まるで緋の襦袢を着ているかのような感じになるので、アンティークを多く着用する人にはお勧めです♪

確かに裾よけにしては高いんだが、一度使うと手放せない快適さで、着物の時はずっとこれなので、充分元は取れると思いますです。

あちこちで売られている品ですが、一応ニッセン着物カタログでも紹介されてるので詳しくはこちらをご覧あれ~ http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/0824/0824_87502.asp?book=0831&cat=keysch&bu=5810&thum=keysch

2010-01-18

雪輪コーデ、2010、その2。





雪輪コーデその2は、『柄の中に雪輪が…』なものも混じったコーデでございます~

まあ、着物なんかはどっからどう見ても雪輪の大群だし、羽織もきっちり雪輪柄が目に入ってくるデザイン。

しかし半衿と帯と足袋には『紛れ込み生息雪輪』柄を使ってみました。

半衿と足袋は、まあよく見れば雪輪柄が紛れているのがわかるんだが、帯はちと気を付けて見ないと雪輪とはわからない。

…牡丹の刺繍の下の白い絞り部分が、雪輪柄になってるのだ~

柄が大き過ぎてかえって見逃しちまうぜ。

本来なら、牡丹刺繍が中央に来るように締めるんだが、このコーデだと雪輪部分が羽織に隠れてしまうので、あえてずらして雪輪部分が見えるようにしました。

…が、言わないと、いや言ってもなかなかわからないんだろうなー、雪輪柄とは。

あ、羽織は浦和の骨董市で1000円、着物は実家の付近の激安着物店で1000円、帯はヤフオクで1100円でしたさ。

前回は帯揚げに悩んだが、今回は帯締め。

羽織のうねうね模様と似たような、浦和の骨董市で100円だったうねうね柄の帯締めがあったのでそれを締めてみました。

…しかしすんごく汚れてるので水洗いしちまわなくては…

2010-01-17

雪輪コーデ、2010、その1。





特に集めてるわけでもないのに、集めている柄と共にひっそりと共生し、『メインではないけどいつの間にか多く集まってるような気が…』とふと気が付かされる柄、それは雪輪。…扇柄も、七宝柄も、亀甲柄もそうだが(笑)

で、そんな脇役に回りやすい雪輪柄、案外夏物の意匠として使われることも多いのだが、やっぱり雪輪は雪の季節にこそ!であろう。

てな訳で、袷とか羽織で雪輪柄の派手系なもんを発見しては、ちょくちょく買ってたのだが、いつの間にか何パターンかのコーデができるくらいに集まっておりました…

今回はその1。

数年前に2500円くらいで落札した銘仙の雪輪柄の羽織。

そして浦和の骨董市で1000円だった銘仙の雪輪柄の着物。

半衿、帯、足袋、バッグは雪輪柄の生地で自作したお揃いセット。

…で、このコーデでの帯揚げの色がなかなか思い浮かばなかったのだ。

『困った時のからし色』も、いきなりからし色が強くなって浮いてしまうし、着物や羽織の柄から取るにしても、メインとなるような色が見当たらないし…

と、ふと目に付いたのは、他の雪輪柄半衿。

このコーデに合わせても違和感はない色だし、雪輪柄だし、羽織を着る場合は作り帯のお太鼓を外す私だし(笑)、『お飾り帯揚げ』にするなら半衿サイズでも問題ないし…

てな訳で、帯揚げは雪輪柄の半衿をお飾り帯揚げとして装着しておりますです。


…作り帯の半幅部分を締めてるだけなので、半幅帯を使ってることにしてそのまま帯揚げ、帯締めも省略はできるんだが、この2点は省略しない頑固者の私だ。

……いや、だって帯揚げ、帯締めはコーデをまとめるいいアクセントになるではないか。

支離滅裂なコーデを、この2点の組み合わせで無理矢理まとめることもあるワタクシさ(笑)

2010-01-14

ozawamiさんから遅めのバースデープレゼントを頂きました♪


遅め…と云っても、あっしなんかは平気で半年遅れのバースデープレゼントを送りつけたりしますがな(笑)

んが、ozawamiさんは毎年日付指定で送ってくれるので、遅れるのは珍しきことなり。

さて、頂いたもの♪

リスの柄?と思ってたが、よく観察するとどうやら狐の柄のがま口ペンケース♪

前々から欲しかった菊の髪飾り兼コサージュ♪

…これ、ozawamiさんの自作か!?な丸ぐけ並みにぶっとい(笑)丸組みの帯締めに、水玉柄の半衿~♪

あ、モザイクデブ子のハガキも…好きですな、ozawamiさんも(笑)

私への送りつけ品にしては珍しく黒猫ものが入っておりませんが、思いもよらぬ狐柄(笑)

それぞれ大切に使わせて頂きますぞよ。ありがとうございます~ozawamiさん♪

2010-01-13

これが欲しいぞ!『回転らくらくシートクッション』♪


いつぞやのテレビ番組で、『カー用品の売れ筋ベスト10』みたいなのをやっており、その時の売れ筋1位はこの『回転クッション』だったのだ。

…これ、車の乗り降りの際にスカートの女性が足をおっ広げなくても済むために女性陣に人気の商品だとか。

……まさに着物向きの商品とも云える。おっ広げてみっともないのは着物に勝るものはないからのう。

まあ、『着物での美しい車の乗り降り』ってのは色んな本で図付きで解説されておりますが、尻から一気にドスンと乗るときはいいけど、降りる際はなかなか大変なのだな。

両足揃えて、体の向きをドア側に変え、そして降りる。

至って簡単そうだが、座っている間にこもった湿気で着物の滑りも悪い上に、ただでさえ弱くなってるアンティークの場合は、この『体の向きをドア側に変え』ってポイントで着物が大破しかねないのだ。

だからわかっちゃいても、常に車の乗り降りの際は大股開きだった私さ。

なので常に『ああ、回転座椅子みたいなのないかのう…』と思っておったのだが、何と既に商品として存在しているではないか!!

で、テレビ放映後に早速あちこちのカー用品店やらホームセンターのカー用品コーナーを捜索したのだが、したのだが…どこにも無え。

テレビで放送されるのだから、商品は存在しているはずなのに売ってないのさ、どこにも。

かれこれ半年余りも捜索し続け、つい先日も夫の車のタイヤ選びであちこちのカー用品店を回ったのだが、それでも全く見当たらず。

『これだけ探して見つからないってことは、もう売ってないのかもな…』と諦めた矢先、昨日届いたニッセンカタログの群れの中の『バラエティ楽市』って小冊子の表紙に、そいつは存在していたのであった。http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/0803/0803_56104.asp?book=0834

………散々探した私の苦労はなんだったんだ………嬉しさよりも徒労感に襲われる私であった。

でもまあ、早速注文させて頂こう。

体型や体重によって使えない場合もあるようなので、私が買って使えるようだったら皆さまにも是非お勧めしよう。

2010-01-12

強いて云うなら『ほんのり椿に青コーデ』?





同じ柄で全身トータルコーデばかりを推進するうちに、小物が数点同じ柄で揃ったくらいでは、『●●コーデ』と銘打てない体質になりつつあります。皆さんこんばんは。

浦和の骨董市で1500円だったこの羽織。

青の雲型に四季の花の柄なんだが、四季の花の柄の落とし穴で、どの着物に合わせたものか悩むところなのだな。

…そーゆー時は色で合わせるしかなかろう、と云うわけで色につながりのある着物と帯を持ってきました。

で、選んだ帯が椿柄だったんで、小物も椿を地味に揃えてみました。一応半衿と帯と帯留めが椿柄なのさ。

この椿帯を選んだ理由は、葉っぱが青ってところと、地色の半分が薄い黄色で羽織の中の色と合ってるからなんだが、冷静に考えたら羽織に隠れて見えなくなるのであった…

あ、帯は川越の栄屋さんで1000円♪

着物は小石川の着物フリマで1000円だった、アンティークな雰囲気たっぷりの縞の着物。

全体から見ると決して青の分量は多くないんだが、衿元に掛け衿のように青い部分がきているので、羽織を着るとその部分が強調されております。

…色が入ってれば入ってるほど、合わせる帯のバリエーションも多く、割と重宝する縞の着物なんだが、よく考えたらこのようなシンプルな縞の着物ってほとんど持ってないな、私。


『●●コーデ』!と銘打ってないので、時期や背景を選ばずに着られそうなコーデだが、それもまた四季の花の柄と同じで、いつ着るか悩んで結局未着用…ってパターンになりそうだ。

去年は年間着物着用数が57回と、好成績だったので、今年もがんばって着るぞよ。

2010-01-11

雪輪


ご訪問ありがとうございます!よろしければコメント等残していってくださいませ♪

2010-01-10

『和』のレッグウォーマー(をアームウォーマーとして使う…)♪


これ、100均で売ってたわけではないんだが、値段が100円だったもんで。

割とあちこちに店舗がある『ロヂャース』にて発見。あ、でも埼玉県内がほとんどだが。http://www.rogers.co.jp/shop/index.html

100均でも、アームウォーマーや、アームウォーマーとして使ってもいい感じのレッグウォーマーが売ってるが、これ、テーマが『和』なので。

着物の袖から覗くには最適な柄であろう。

ちなみにこの『和』シリーズ、他にも柄があったんだが、明らかに『麻の葉』とわかる大きな柄はこれしかなく、他には『……これは青海波??』とか『……これは松皮菱??』とか『……これはどこが和柄??』なただの杢調カラーの物があったり。

麻の葉柄はこの紫の他にも、黒と赤があったので、これを使ってみて使い心地が悪くないようだったら、全色揃えようかのう♪

やっぱりアームウォーマーと云うアイテムは洋のものなので、和柄そのものがまず売ってないからのう…

2010-01-08

前帯に柄を出すと、手先が足りないアンティーク帯を綺麗に結ぶ方法♪

かつては『お太鼓結びにするのが面倒だ』と、全ての帯を作り帯に加工していた私。

しかし最近では『作り帯に加工するのが面倒だ』と、更に怠惰になり、お太鼓を前で結んで後ろに回す、と云う結び方をマスターしたせいもあり、今はよっぽど崩壊気味の帯でもない限りは作り帯には加工してないのであった。…妙な本末転倒…

で、アンティーク帯を作り帯にしないとなると、出てくる問題は『長さが足りぬ』と云うこと。

んまあ、ものの見事に長さが足りないものばかりでのう。

手先を確保すると、前帯に柄がちゃんと出ない…

逆に前帯に柄を無理矢理出すと、今度は手先が全くなくなり、お太鼓崩れの原因となる。



この帯、前帯に柄を出したら手先が全くなくなります。

で、手先のないまま帯締めでお太鼓結びをしてるんだが、手先の押さえがない部分からどんどんお太鼓が崩れてくるんですな。

ツルツルした繻子で、柔らかい帯なので崩れ方も激しい。



んが!!、こーゆー場合は、お太鼓の下線部分を通すように、細めの紐を結ぶのです。

画像ではわかりやすいよう赤い紐にしてますが、帯と同系色の紐だと、ほぼわからなくなります。

このように小細工すると、手先が全くなくても、細い紐の方がお太鼓の形を支えてくれるので、長時間のお出かけでもお太鼓は崩れません。←実証済み

細い紐は帯の中に隠して仕舞いましょう。





小細工前と後では明らかにお太鼓の形のビシッと感が違います。

これ、手先が全く足りない帯以外でも、お太鼓の崩れが不安な場合に補強用として細い紐を結んでおくといいです。お太鼓が崩れてきません。


短い帯を結ぶための『改良枕』なるものが市販されてますが、私には使い方がわからなかったので、このような手軽な方法で短い帯を締めております。

…んが、これってもしかして前結びで結ばないとダメなのか!?前結びなら手先が短くても一応はお太鼓の形には作れるんだが。

後ろで結ぶ人は、手先分を確保してから胴に巻き始めるし…うぬぬ、そこらへんは後ろで結んだことがないのでわからんぞ…

後結びの方、前帯に柄を出して、手先が短いままでお太鼓が作れるものか、ちょっと試してくださいまし。

ダメなら…前結びをマスターして下され(笑)
2010-01-07

一応まだ正月気分、な頃に初めて行ったさ、初詣。

着物を着るようになって初詣に行くようになった私なんだが、今調べてみたら、何と、いずれも正月も過ぎも過ぎた14日頃に行ってるんですわ。

…今年は4日に行ってるので、実に正しい初詣と云えよう。

さて、元旦の義父母宅への新年挨拶には着ていけなかったこのコーデ。何としても正月中には着てやったともさ。



…道行きから思いっきり着物の袖が飛び出ているが、まあ、着物と同系色なんで目立たなくていいであろう、とそのまま(笑)





外出歩いてるうちは、人目に触れない中身も一応ちゃんと撮影しておきますともさ。

…ほーら、普通の清楚な感じの若奥様風になってるではないか。…なんでそんなに着物で義父母宅への新年挨拶を嫌がるのだ、夫め。


初詣は、昨年も行った『調神社』。…って云うか毎月私は行ってるんだがのう、骨董市で(笑)

ただ骨董市は隣の公園でやってるので、神社内で参拝するのは1年ぶり。…賽銭すら惜しむぜよ、骨董市においては(笑)

『三賀日も過ぎたし、仕事始めになってるところも多いから初詣客も減ったであろう』と4日の午後4時頃に行ったわけだが、行ったわけだが…

ところがどっこい、無茶苦茶混んでいた…



いや、元旦からの3日間の方が混んでるんだろうが、私、こんなに人がいるこの神社、初めて見たもんで。

しかも明らかに仕事始めで会社一丸となって参拝に来た、と思われる団体がおり、ハイヤーで乗り付ける重役みたいな人とかが続々と…

さいたま市の中心部にある神社なので、浦和に本社があるような会社は、どうやら仕事始めの日に会社一丸となって参拝に訪れている模様。

参拝するのに並んだが、まあ、いつも14日頃に初詣する人間には、初めて初詣らしい雰囲気を味わえて楽しかったです。


調神社での参拝も終わり、夕飯にも早い時間なので去年と同じコースで、大宮の氷川神社の本社に行くことに。

…ところが!!こっちもまた激しく混んでおり、神社駐車場への道につながる大通りからして渋滞。

とてもじゃないが車を停められる状態ではなさそうなのと、どうせもう本殿は閉門してて参拝はできない時間だったので、早々に諦める。

あ、こっちも明らかに会社帰りと思しき群れがいっぱいおり、『仕事始めの初詣も激混み』と云う方程式が成立。

神社駐車場への道と反対の道へ抜け、帰路に着いたのだが、その普段なら全く使わない道で車中から『キャットテイル』という猫グッズを扱う店を発見。

…ええ、車中からでも猫小物ばかりを置いてる店を発見する、素晴らしき動体視力の持ち主ですともさ。

で、『停めろお~停めろお~』と喚き、近くのファミレスに車を停めさせ、早速その小さな猫グッズ専門店に行ってみたのさ。

…場所が場所だし、一般的にコンスタントに売れそうもない猫小物だけのお店。

猫小物好きには結構嬉しい品ぞろえだったが、いつ閉店するかわかったもんじゃなさそうだ。…開店してまだ2ヶ月ってことだったが…

そこでのお買い物。



ちょっとラブリー気味なのだが、まあ、こんな大顔面猫バッグは売ってないので。

ちなみにA4サイズも入る、本当に大顔面なバッグです(笑)



そして黒猫が鈴なりのグラス。

これ、1匹のネズミを、総勢31匹の黒猫が追いかけてると云う非常にシュールな図柄で可愛いのだ~

あ、この2点は夫が買ってくれました。…遅れたクリスマスプレゼントですと。

あの黒猫ショールだけでよかったのに、別に。

しかし見事に黒猫ものだけをプレゼントに買ってもらってる私だ(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ