FC2ブログ
2009-08-31

桔梗コーデ、2連発。

8月は結局1回も骨董市に行きませんでした。…冷夏のくせに、なぜか骨董市の日だけは暑苦しい日で…

8月も本日で終わりですが、寒いです。この部屋には靴下が転がってないので、転がっていた足袋を履いて暖をとっております。おはようございます。

一応暦の上では本日で薄物は終了ですが、まあ9月半ばまではギリギリいけるであろう。

でもあからさまに透けるような紗、とか絽はなんだか気分的に恥ずかしいかも。

なんとなく透け感のある夏お召しは着れそうだが。

つーわけで、着ておきたい薄物は着ておくことにする。



桔梗コーデでございます。日を改めて、帯替えバージョンを撮るのは面倒なので、一気に帯2種コーデをやっつけてしまうともさ。

幸い、帯以外は同じコーデだ。…ああ、こーゆー時って作り帯は本当にお手軽ねえ。



まずは大人っぽい桔梗刺繍帯バージョン。

小道具の桔梗の鉢の持ち方が変ですな。グワシっって感じで(笑)

和風のかごにぶち込んで持つつもりであったのだが、かごを探してる間に8月が終わりそうだったもんで、買った時のままの鉢…

それにしても髪飾りの造花桔梗と鉢植えの生桔梗が正しい桔梗の姿だと云うのに、このコーデでは、これが同じ花同士にはびた一文も感じませんな(笑)

刺繍帯バージョンの撮影が終わったら、髪型と帯を替え、ちょっくらお出かけ。





まあ、お出かけ先は毎度お馴染み『浦和くらしの博物館民家園』なんだが。

今回は商家前で撮影。…しつこく桔梗の鉢植えを持参しておりますともさ。

毎回人気のないこの場所ではそれもまたOKなんだが、今回は夏休み最後の日曜なせいなのか、子供10数人のグループの社会科見学みたいなのとか、清掃のおばちゃんがうろついており、奇異の目で見られたさ。

ちっ、無料で好き勝手に着物撮影できるいい場所なのに~

やっぱり平日に来なくては!!

…まだ着てない薄物コーデを撮るために、連日ここに通う羽目になりそうな気配…
スポンサーサイト



2009-08-29

はじめてのきものあそび/レッスンシリーズ・パッチワーク通信社



『きものあそび』という名を冠するものはショップであれ本であれ多いなあ…

これ、昨年末位に出た本で、結構気に入ったコーデが載ってる本なので欲しいなあとは思っていたものの、薄くて1000円。

しかも半分は新作振袖紹介とお決まりの着付け指南のページで占められてるので買わなかったものなのだ。

しかしこの度ある事情にて購入♪その事情は後に回すとして、内容はこんな感じ。



この本の中で1番のお気に入りコーデ。…ワタクシ、ガラガラどんですが、基本、モノトーンに赤がバシッと効いてるコーデ、大好きです。

このような現代ものプレタをカッコ良くコーデしてたり



渋くまとめてみたり、アンティークも使ってみたり。

一見アンティークな柄でも現代ものプレタ着物の紹介だったりする本も多いですが、こちらはアンティークも現代ものプレタも上手くバランス良く使っております。



発行時期が冬なため、羽織の特集も。

薄い本で、半分は新作振袖紹介と着付け指南のページに割きながらも、割と企画の種類は多いかも。





一枚の着物を全く味付けを変えてコーデしてみたりとか、他にもまあ、定番なところで着物ヘア特集とかも。

本のサイズは大きいのでコーデの細部が見やすいです。

でも本の半分は私にとっては不要な内容。で、1000円は高いと思っていたのだ。



ところがご覧くださいな、このシール。

税込1000円だった本が、なんと新品でありながら390円で販売されてるではありませんか!!

古本屋ならありがちな値段ですが、普通の本屋ですだよ。

…化粧品と書籍はどんな了見だか知らんが、再販防止法と云うもので『定価販売が義務』だったものだが、化粧品は数年前から再販できるようになったものの書籍はまだのはずなんだがのう。

この本買ったとこでは『発行から一定期間過ぎたものは30~70%引きの自由価格で販売』しているとのこと。あ、大手ではなく、近所のスーパーの中の本屋です(笑)

まあ、法的にいいのかどうかは別として、これは買う方にしてみりゃいい制度ですわねえ。

服飾雑貨は年々値下がりする一方なのに、生鮮食料品と書籍は年々値上がりし、おかげで本を買わなくなったって人も多いので。

…まあ、ざっと見渡した限りでは値引き対象本はムックとかの『著者が限定されない、定期刊行のものではない本』のようではあったが…

すべての本が対象になってるんだったら、値引きになるのを狙うのに。『七緒』とか(笑)

ブックオフとかでも着物の本はせいぜい半額程度と、あまり安くはならないので、これからはこの本屋もマメに覗いてみようと思うなり。

…あ、でも定価が1300円くらいだったはずのCLAMPのもこなさんの着物本、ブックオフで105円コーナーに放り込まれてたが…(涙)

漫画家による着物本だが、漫画家の名前で売ってるのでカテゴリーが漫画の扱いになったらしい。しかし漫画として見た場合、最悪なのでこの価格…
2009-08-27

なんちゃって秋草。IN箱庭…

すっかり日も短くなり、朝夕は寒いくらいになって参りました。でもまだ8月です。

先日、シャム崩れニャンコを抱っこして夕涼みの散歩をするオヤジを発見。

…ええ、我が家の並びの家の人らしいです。しかもその猫は初めて見る顔だ…

我が家の並びの通りには、どんだけ猫好きが多いんだよ(笑)

ああ、回覧板回して、各家庭で飼ってる猫の名前を全部記入してほしいぞ。…きっと外出禁止猫も含め、恐るべき数が生息しているに違いない…

ごみの日には猫砂やら猫缶やらのごみが大量に出てるしさ(笑)

さて、相変わらず時計草との果てなきバトルが繰り広げられている我が箱庭。

時計草がびよびよ伸びるだけで一向に花が咲かないので、華やかさのない状態。

それに嫌気がさし、桔梗と撫子を買い求め、なんちゃって秋草を形成して心を慰めております…



行きつけホームセンター『島忠』には生意気にも秋の七草コーナーがあり、桔梗、撫子、女郎花、藤袴、薄、萩まではあるものの葛はない(笑)

…しかしだ。ススキとかオミナエシなんざ野っ原に勝手に生えてるもんじゃなくて?

そんなもんにわざわざ金払う気にはならんぜよ。どっからどう見ても雑草だしさ~

つーわけで、雑草ではない桔梗と撫子を買い求めたのさ。

萩は去年買ったもんが非常識なまでにデカくなってるし、風知草は秋に向けて穂を出してるので、これを小型のススキと見立てる(笑)

…これで時計草との闘いに疲れ果てた私の心も癒されると云うものだ。

で、その時計草。

もう処置なし…



切っても切ってもびよびよ魔の手を伸ばして増えるのは相変わらずだが、最近は地下茎まで勢力を増し、思いもかけぬところからひょっこり姿を現してはびよびよお伸び遊ばしている。

で、その勢いを更に増す時計草に養分を取られ、同じ地域に植えてあるシソの生育は著しく不良…

花が咲くからこその時計草だってのに、花は咲かないわ、他の植物の養分は奪うわ、と最早ヤブカラシ並みの雑草の扱いと化している時計草なり…誰か助けて~(涙)
2009-08-26

黒猫もの多き、ポップ草履なり。

最近巷では、しまむら筆頭に黒猫ものが溢れていてよりどりみどり状態であるが、着物業界は割と黒猫ブーム以前から黒猫小物、多し。

しかしここのところ、やたらと目につくのが『黒猫ものポップ草履』

豆千代さんが好んで作りそうな感じのポップな草履です。…で、ちとお高い…



これらは『きものあそび』http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakamoto-honten/index.html
というネットショップで扱ってる品。1足13800円…高し。

もうちょっと大人なデザインで、値段も半額くらいなら購入を検討してもいいんだがのう…

と思っていたら、昨日届いたニッセンの着物カタログにはこんなのが載ってました。



黒猫ものとしてはかなり好みです~♪適度に大人で。

画像が小さいのしか取り込めなかったのですが、下のURLをクリックすればニッセンのページに飛んで、大きい画像も見られます。


きものあそびの方で扱ってる草履と同じメーカーで作ってる品だとは思うが、こっちはちょっとだけ安くて12600円…まあ、まだ高いがな。

しかしだ、せっかくの黒猫柄、せめて履いている状態でしっかり黒猫が見えればいいんだが、台の周りにも鼻緒にも黒猫の気配がなく、履いてしまうと台の上の猫はしっかり隠れる、という有様。

これでは可愛い黒猫柄の意味がない~(涙)高いのによ~←ポイントはそこ。

…今、大安売りしてるであろう浴衣用下駄のシンプルなもん買って、鼻緒に黒猫でも描いて、黒猫下駄でも作っちまおうかしら…それだったらものすごく安いし(笑)
2009-08-25

紅絹vol,2/f-d books



先日ご紹介した、『紅絹』のシリーズ第2弾です。

このシリーズをご覧になってる方では、案外こちらのvol,2が好き、という方がいらっしゃるようで。

こちらの本ではモデルさん使ったページよりも、より実践的な企画のページが多かったです。

なので『モデルさんがいっぱいアンティーク着てる♪』のが好きな私にはちょっともの足りず。



そのモデルさん使用のページでも、いちいちコーデの着るシチュエーションを設定しており、何だろう、豆千代さんの1冊目の本に妙に似通っている…

ヘアメイクとかも。

それになぜかこの本のスタイリングされてる方は、異常なまでに伊達衿を駆使されており、確かに色をつなぐ役目として伊達衿は使いやすいですが、超普段着っぽい紬にも伊達衿を合わせてるのはいかがなものかと…

伊達衿って『かつての重ね着の礼装の簡略化』の意味合いが大きいので、基本礼装向きですわな。

うーん、モデルの顔もvol,1の方が私の好みです(笑)

とまあ、『人物が着たときどうなるか』を見たい私にはちょっともの足りんかったのですが、着物初心者で、着物の着まわし、帯の着まわしを教えてもらいたい、とか着付けのコツを知りたい、という人には結構重宝する内容かもしれません。



同じ帯で着物を変えてコーデしてみたり。



帯を変えてコーデしてみたり。あ、この見開きに使われてる着物、私そっくりなもん両方持ってます…

100円だったギンガムに200円だった角通し(笑)



この本のスタイリングの方、帯よりも着物の柄に重きを置いてるようで、帯は比較的大人しめのもの、多し。

初心者はついつい着物の柄ばかりに目が行きがちなので、その点からも初心者の教科書的な内容かも。



ところで、1の方には出てきてなかった、このにゃんこ、君は一体誰なのだ(笑)

あちこち出てきて着物コーデのアドバイスをしている着付け講師らしい(笑)

最終頁のクレジットに猫の名前が載ってないかとくまなく探したが、載ってなかった…

関係者の飼い猫なのか!?それとも君がこの本の責任猫なのか!?(笑)
2009-08-22

桔梗コーデ、帯替えパターン2種。

本日、浦和の骨董市だったんだが、毎月第4土曜開催なもので、5週ある月は開催が早まるんですね。

…で、月末に慣れてる身にはいまいち骨董市気分が盛り上がらない…

つーわけでギリギリまで行こうか悩んだんだが、結局行かず。

まあ、モチベーションが上がらぬまま行ったところで、大して収穫も期待できぬであろう。と、自分に言い聞かせておりますです。こんばんは。

でも一応、骨董市用のコーデを考えてはいたのさ。

夏物もいよいよ着用時期が残り少なくなってまいりましたが、桔梗柄コーデでございます。





先月の浦和骨董市で500円だった桔梗柄の絽に、激安着物店で500円だったオペラピンク色の桔梗柄帯。

バッグは100均の桔梗柄風呂敷をドロップバッグに結んでみました。



半衿も帯揚げも桔梗柄なり。帯揚げはなっちさんからの頂き物ですのさ♪



アンティークの帯って夏物だろうがなんだろうが、芯が厚くてゴワゴワだったりするが、これは柔らかくて優しいシルエットになるのが素晴らしい。

お気にいり帯なんだが、コーデに登場はするもののまだ1回も締めてないような気がする…今年こそ締めねば!!

んで、我が家には、桔梗柄の着物は1枚しかないものの(…多分桔梗柄??な着物を入れれば2枚)帯はなぜか数本ございましてですね、この着物とテイストの合う桔梗柄の帯をさらにコーデしてみましただ。





シックな地色で、刺繍が着物の柄とほぼ同じなので溶け込み、ちょっと大人の雰囲気になりますね。

上のオペラピンク帯は7月のコーデ、こちらは秋の気配漂う今の時期に合うコーデでしょうかね。


…ああ、さっさと着なくては~!!
2009-08-20

手描き半衿第2弾。『撫子柄って簡単なようで難しいぞえ…』


第1弾の撫子柄半衿が、ちと暑苦しい色合いと柄の混み具合だったもので、再度藤色ベースで描いてみたです。…引き続き元胴裏を使用して(笑)

合わせるつもりの着物が藤色ぼかしなので、色的にはぴったりになったのであるが、柄が大きくなったせいで、余計に粗の目立つ仕上がりなり。

…撫子、気を抜くと桜と同じ柄になっちまうんですよー!!

桜より、撫子の方が花弁の幅が大きいってだけの違いなので、滲み防止のためになるべく花弁を小さめに描いてみたら、どう見ても桜にしか見えぬ半衿に…

なので後から、ちまちまと描き足して花弁を太らせていっているのがお分かりいただけるであろうか(笑)

筆の迷いを如実に再現する、素人手描き半衿なり。

…これ、下描きも何もなくいきなり描いてるので、今度からは消えるチャコペンで下描きした方がよさそうだ。

それにしても意匠化された和柄、一見その簡略化されたデザインから『こんなん自分でも描けるぜ』と思いがちなのであるが、ところがどっこいその計算され尽くしたデザインバランスたるや、いざ描こうとするとなかなかどうして再現が難しいのだ。

…アンパンマンとかちびまる子ちゃん、描くと難しいのと同じさ。

まあ、しかし習うより慣れろの典型ではあろうと思うので、とりあえず着物を解いたら胴裏は大切に取っておくことにするよ、失敗してももったいなくないしさ(笑)

2009-08-19

不評だったらしい、不吉猫コーデ…



先日のコミケに着て行った『不吉猫コーデ』。

もう全身くまなく猫だらけなんだが、なぜかこれ撮るときにまで生猫が乱入し(しかも珍しく2匹)さらに猫数を上げております…



デブ子浴衣を筆頭に、黒猫が蠢くこのコーデ。



まず、半衿。ozawamiさんから頂いた『デブ子クロスステッチ半衿』。

この半衿、中心に四つ葉のクローバーがステッチされてるのでそれを中心に半衿付けをしたら、肝心のデブ子の顔ステッチが、こんな後ろに…

しかも半分しか覗いておらず、恨めしさが倍増…

デブ子の顔を思いっきり出そうとするなら、中心の四つ葉のクローバーは無視しなくちゃならんなあ…(涙)



で、恐らく不評の原因と思われる帯周り。…特に不吉猫の溜まり場でございます。

ここふじさんから頂いたデブ子帯留め、未彩色だったので自分で塗ったら特に目が金色にギラギラと光り、うっかり魂吹き込んでしまった模様。

根付けも骨董市で買った『不気味猫玉』だし。

…コミケにおける売り子さんの目線は帯周りに来るので、この者どもが大層見る人々を怯えさせていたらしい…



ちなみに差していた日傘も自作の猫傘だし、扇子も100均の猫扇子。

持ち歩いていたエコバッグも、くろちくの黒猫柄ですともさ。

で、履いていたのも美月さんから頂いた黒猫足袋靴下。


…ここまで徹底すりゃ、我ながら賞賛ものだと思うんだが賞賛どころか不評…

きっとこのコーデに使用したものは、ポイントで使えば『かわいい♪』とお褒め頂いたに違いないが、一気に結集してしまった途端に負のパワーが発生し、かわいいの対極へ…

…ヘンすぎる格好、ヘンすぎる人々には慣れているコミケ参加者をして怯えさせるとは、相当このコーデってば怖いんだなあ…(笑)
2009-08-18

エコがテーマの夏休みの宿題の如き、撫子柄半衿…


撫子柄の着物も帯もいつの間にか集まったので『さて、撫子柄トータルコーデでもしてやるか』と思い立ち、手持ちの刺繍半衿を見てみたら、実は撫子柄と思っていたのが桔梗の柄でございましてね。

…別に桔梗柄が紛れていても誰も気にはしないと思うが、私は気にするのだ(笑)

んで、撫子柄の半衿を探すもなかなか手頃な物が見つからないのだな。

…このままでは見つからぬうちに夏物の時期でなくなる…

と、懊悩しているとき、ユザワヤで『布にも描けるイラスト用カラーペン』を発見。

…出来合いの半衿が見つかるのを待つより、自分で作っちまった方が安上がりで早いぜ。

布用カラーペンは結構売ってるものの、紙イラスト用で使えるものは少ない。

毎月ブログトップ用にイラストを描く身には、紙イラスト用&布用が兼用なペンは大変ありがたし。

1本250円なり。

しかし私は知っている。このメーカーの画材はコミケでは割引価格で買えるということを。

…かくして先日のコミケは、このペンを買いに行ったようなものだった(笑)

コミケでは案の定1本200円で売っておりましたさ。

イラスト用でもあるので、布用ペンにはない、スモーキーなカラーバリエーションもあり、より手描き友禅に近い色合いが豊富なのも魅力的。

まあ、とりあえず真っ先に使うであろう色のみ買ってきましただ。

…我が家には前々から『別に布用じゃないけど、乾くと漂白しても落ちない水性顔料カラーペン』も数本あるし。あ、黒いボディのがそれね。

さて、画材は揃った。お次は半衿本体。

夏用の半衿は1回使うと汗だくになってしまうので洗いやすい綿が最適。

ストックに真っ白い薄手の綿はいっぱいあるけど、どうもアンティークに真っ白半衿は浮くのだ。

生成りが肌馴染みも着物馴染みもいいのだが、生憎ストックに見当たらじ…

しかしふと目に留まったのは、先日解いた着物の綿の胴裏。

足拭きマットにでもしようかと、洗っておいたのだが、これ、経年変化で実にいい生成り色になってるんだわさ(笑)

…次の瞬間には半衿サイズにカットされている元胴裏であった。

かくして出来上がった手描き撫子柄半衿。

……夏用とも思えぬ暑苦しさ満載でございます(笑)

今、着物と合わせてみたら、やっぱり半衿だけが暑苦しかった…

藤色だけで再度描いてみようかなー…

2009-08-17

不吉な猫密集コーデで有明へ。

トルソーちゃんによるコーデアップは後回しですが、とりあえず先に着用画像をば。

昨日はこのコーデで有明に行って参りましたよ。…ふふふ、毎年お盆の恒例行事のコミケでの買い物だ(笑)





空気は湿気も少なく風もあって、日陰なら涼しいお盆時期であったが、やっぱり着物はそれなりに暑いわけで、2日連続で着物でお出かけの疲労が顔に出ております…

さて、このコーデ、『デブ子浴衣』を筆頭に、不吉な気配の漂う猫ものをあちこちに配置。

…キワモノなので、よりキワモノの集うコミケ位でしか着れぬコーデに。

しかしだ。猫ものなのに決して可愛くないこの佇まいに、動物サークルで猫本出してるような方々でも、ガン見をするものの決して声を掛けぬ有様。

…普通、売ってるサークルの方々は買い手の持ち物やら着てるものに対し、目ざとく見つけては声を掛けてくるものなのだが、どうやら声を掛けるのも憚られるようなオーラを放つコーデであるらしい(笑)



このコーデ内の唯一の良心。美月さんから頂いた、黒猫ワンポイント刺繍入り足袋靴下。

…可愛い猫はここだけです、ええ。


昨年末の冬コミは体調不良により行けなかったので、1年ぶりのコミケであった。

しかし会場周辺の交通機関が発達したせいなのか、年々人が少なくなってる気がする。人が分散してるのでしょうな。

しかし前日、人がほとんどいない栃木に行ったせいか着物を着てても肩が凝らなかったのに、昨日はやけに肩が凝ったのだった。

…着物着ると肩が凝る、と云うより、着物で人が多い所に行くと肩が凝るらしい。

視覚から入る情報が身体に及ぼす影響は甚大であるなあ…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ