FC2ブログ
2009-08-15

やる気のない小江戸、栃木に行ってきました…(笑)

関東近郊の『小江戸』と呼ばれる御三家、川越、佐原、そして栃木。

川越は散々入り浸っているし、佐原は我が家からちと遠いので、高速使えば1時間弱で着く栃木に行って参りましただ。



お盆の渋滞にも巻き込まれず、順調に栃木市内に到着。

で、栃木の小江戸風景の代表と云えばここ。巴波(うずま)川沿いの黒板塀のお屋敷。

…断言します。ここしか絵になる場所はございません!!(笑)

栃木の小江戸と云えばここの画像しか出てこないのはしっかり理由あり。

川越の小江戸風景の代表は時の鐘だが、川越は他にも結構見れるところがあるのに対し、栃木よ、君は蔵の街を名乗るには力不足だぜ。

その力不足は知れ渡っているのか、お盆の土曜だと云うのに静まり返って観光客もほとんどいない…

川越だったら人で溢れているであろうよ。

で、ろくに見るものもないので、川沿いの黒板塀のお屋敷『塚田歴史伝説館』なるところに入ってみる。入場料大人700円もしやがる~



この資料館、木材回槽問屋のお屋敷を使ったもので、売りは『全自動の三味線ばあさんロボ』らしい…

入口に入るといきなり三味線ばあさんロボ&三毛猫。それを眺めるじいさん。

…このじいさん、客かと思ったが、実は蝋人形。…道理でじいさんのくせに手がテカテカ張りがありやがるわけだ(笑)

で、お約束な画像をば。

ちなみに三味線ばあさんロボ、テープで音声流してそれに合わせて動くだけだが、ばあさんの声はフネさんだそうだ。

資料館ではやけに全自動人形が幅を利かせており、他にも全自動山車人形とか、人柱話を全自動人形にて上映、とかある意味すげー怖いです。

特にこの資料館のすぐ隣の橋が人柱埋められた場所らしく、『こんな場所でそんな人形劇…絶対この人柱役の人形には憑いてるよ…』と戦慄を覚えるなり。しかも上映場所、蔵の中だし。

なんかここ、来月あたり『アド街っく天国』に出るようだぞ。ご覧あれ。

栃木の小江戸で絵になる場所はここしかないので、ここで着物姿撮影。





背後で船の運航もしているが、観光客乗せる船は屋根なしなので、こんな炎天下の中、わざわざ直射日光にさらされる船には乗りませんよ、あたしゃ。

…しかし観光客はおろか地元民すらほとんどいないので、誰にも気兼ねなく着物姿の撮影をするには向いているな。



しつこいようですが、お盆休み中で、しかも土曜の午後なのにまるっきり人がいないレトロな街並み…



一休みで入った軽食処も客は私ら夫婦のみ。…ちなみに喰ったもんは『栃木名物じゃがいも入り焼きそば』なるもの。ソース焼きそばにじゃがいもが入ってる、ただそれだけ。

とことん人気のない街、栃木。

佐原、川越と徒党を組んで『小江戸』を名乗ってみたものの、観光地として発展するには地元住民の熱意が全然足りてないようだ。

しかし今や一大観光地と化してしまった川越も、一昔前はこんな感じであったのだ。

土日に店を閉めちまうような地域では観光客も定着すまい。

開いてるのは、果たして誰が来るんだ!?というお店。



何やら物々しい名前だが、どうやら万年筆メンテナンスのお店らしい。



色んなもんが雑然と売ってる骨董屋。店頭に着物が下がってて300円とか値段が付いてたけど、特にいいものはなし。



巴波川沿いに次ぐ、観光客の撮影スポット、『栃木市役所別館』。ちょっとレトロな建物です。

しかし建物よりも秀逸なのが、周りの堀の中に立ってるこいつ。



別名『鯉の街』とも呼ばれるくらい、川には鯉がうようよしているのだが、噴水までもが鯉と闘う小便小僧風味…



街全体のやる気のなさが鯉にまで伝染したか、流れの緩い場所で整列してだらける鯉の群れ。


関東近郊にお住まいの着物好きは『小江戸』と名の付くところには行ってみたくなるものだが、栃木は観光地としては発展途上なのでお勧めできないなあ。

とりあえず道とか区画とかを観光地用に作り替えたものの、住んでる住民が観光地対応できてない、行政と住民との温度差が感じられる場所なのだ。

…チャラチャラし過ぎてて、昔を知る者には微妙だが、それでも観光地としては川越をお勧めします。

……さて残る御三家最後の一角、佐原はどないなものであろうか…

ここもいつかはレポートしたいぞよ。
2009-08-14

紅絹 vol,1/f-d books



スーパーの中に入ってるような本屋でも、アンティーク着物の本が置いてある昨今。

でも、はなねこさんに「ぐへへ、いい本があるでよ~(←もっと上品であった)」とお教えいただいたこの本はまずどこの本屋にもありませんで。

なのでネットで注文してみましただ。…中身が確認できないので、1500円という値段に見合うかどうかは心配であったが。

ほんの少しならばこちらのURLの方で中身が確認できるです。http://f-d.cc/books/

『私好みのアンティークがいっぱい』との情報でしたが、その情報に偽りはなかった。



キッチュでアバンギャルドなコーデから、斬新なコーデまで豊富♪

ロケーションにもこだわってて、見ていて楽しい本です。

何よりモデルさんがおかっぱウィッグを多用しているので、おかっぱウィッグを豊富に取り揃えている我が身には、大変参考になるです(笑)



作りとしては『着物ショップ店員が出したアンティーク着物本』に近いものがありますが、モデルさんをきっちり使ってて見ごたえがあります。

巻末には、着物本のお約束の着付けの仕方ページがありますが、それでも使えそうな裏ワザがちまちまと詰め込まれてて、着付け慣れてる人であっても「へーなるほど!」と思わせられます。

最近の着物本は「●●さんの本」という感じに、それぞれの著者のカラーが全面に出てきてしまっているものがほとんどなので、そーゆーのに食傷気味の方にはお勧めかと。

●野らふさんの本のようにどこでも売ってる本ではないですが、もし見かけたらとりあえず立ち読み、お勧めします!!

…それにしてもはなねこさんは、異様に私の好みにどストライクなもんを見つけてくるなあ…(笑)
2009-08-11

波千鳥


ご訪問ありがとうございます!よろしければコメント等残していってくださいませ♪

2009-08-10

絹縮の薄紫矢羽根+しまむら金魚アロハ帯、白地バージョン♪





浴衣と金魚柄はお盆を過ぎると何となく着用する気分でなくなる気がする…

でも実家の方の花火大会は夏休みも切羽詰まった29日開催らしいぞ。それでも浴衣は多いのかのう。

さて、7月中に6回も着物着用したせいか、8月に入り全く着用する気力のなくなっているあすかでございます。

…だって雨続きで蒸し暑いんだもん。

8月も半ばを過ぎると、「くっきり爽やかな夏!」なイメージの夏物ではなく、秋の先取りでシックな色味のものがふさわしくなってきますな。

てな訳で、カラー的には秋物なこの着物。

絹縮で夏物なんだが、2年前に着用した際、異様に着膨れてしまいそれ以来封印していたのだ… http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/39477084.html(画像が大きいので見にくくて済まんのう)

で、ヤフオクにでも出しちまおうかと思ってたが、今年も時機を逸してしまったので、何とか着膨れないように着用してみたいと思うなり。

ごわごわと張りがありすぎる着物ゆえ、おはしょり取って着ると、おはしょりがもこもこ…

なのでいっそのこと対丈で着付けてみたさ。これだけでかなりすっきり。

それから着用した際、広衿がガバーっと開いてこれまた胸元がもこもこしていたので、開かないように安全ピンで固定。

さすがに肩のラインは着続けてくたくたになってこない限りは、張りがありっぱなしであろうが、衿元とおはしょりの工夫で、かなりシルエットの改善はできるであろう。

着用画像を待たれよ(笑)

帯は着物の柄の朱赤と合わせて、しまむら金魚アロハ帯の白地バージョン。

ダイソーの金魚ワッペン付き半衿も、前回使用した時は半分隠れてしまったので、位置を改善してみた。

帯締めは先日作った、ガラガラ蛇模様のビーズ帯締め。

根付けも一応七宝金魚なり。


先日の土曜に地元の花火大会は終わってしまったので、さて、どこに着て行こうかのう…

2009-08-09

秋のおしゃれ 池田重子流きものコーディネート /池田重子



池田重子さんの四季のコーディネート本、最終巻です♪

ふはは、全巻揃ったぜ。

この巻は、秋らしいこっくりとした色合いのコーデが満載でございます~

そして秋の婚礼シーズンに向けてなのか、結構婚礼衣裳コレクションが多かったです。



刺繍…全部刺繍ですよ奥さん!!な豪華絢爛、かつ締めたら拷問であろう的な重そうな丸帯。

婚礼用の丸帯なんて変わり結びにするんだから、柄が凝った刺繍でもろくに見えやしないのに…ああ、贅沢ってこーゆーことなのね。



やっぱりアンティークの黒引きっていいなあ…と、ため息ものの婚礼用振袖。



秋らしい色と、菊の柄がラブリーな振袖。あ、これは現代ものにもありそうな感じのデザインですな。



豪華礼装系だけでなく、キッチュな色合いのお洒落着も。

ターコイズの葉の間にこそこそと棲息するオウムの柄が可愛いのだ~



この巻における『可愛くない代物』。…全くあどけなさの感じられぬキューピー柄の帯…

キューピーというより、いっこく堂氏の使ってる人形(ジョージだっけか?)にそっくりだ(笑)


さて、このシリーズ、1冊3990円と本としてはお高いため「…欲しいとは思うけど高いからねえ…」と躊躇する向きもおられるご様子。

一応全巻揃えた身である私。率直な感想とすれば、図書館とか本屋で立ち読みで済ませてもいいかな、という巻も多いです(笑)

なので全巻買う必要はないと思うが、あえてこの中から1冊買うというのなら、お勧めするのは『春のおしゃれ』です。

一番豪華絢爛で、最初から最後まで美しい夢のような世界が広がっている本だと思いますぞ。

しかもお寄せくださる情報では『春のおしゃれ』はかなり図書館でも置いているとのこと。

…図書館で借りてきて2週間だけでも夢の世界に浸るというのも悪くないと思うです(笑)
2009-08-07

着物用傘は年々安くなりにけり。

実際は雨降りの時は、よっぽどの用事でもない限り着物着用でお出かけなんてしないと思うんだが、それでも皆さん、1本は持っているであろう。着物用のお出かけ傘。

着物に合う、多骨傘。…年々お安くなっておりますねえ…

我が家の多骨傘の変遷をば。



3年くらい前にヤフオクで1980円だった24本骨の傘。重くてデカいです。

確かに大きいので、着物が濡れるのを最小限に留める機能面では優秀だが、何より重くてデカくて大きいので、持ち歩くのが大変邪魔なのだ。

…これを買った1年後位に、川越の1000円ショップで同じもんを売ってるのを発見…



24本骨傘が重くてどうにも辛いので、今度は16本骨傘を。こちらはネットショップで1000円。

まあ、それでも重いことには変わりはないが、24本骨のものに比べれば少しは軽い。

なので雨模様の時に着物で出かける時はこれを持ち歩いていたのだが、先月、入谷の朝顔市にこれ持って赴いた際、浅草の傘屋で、ほぼ同じものが500円で売っていた…

ちなみに色違いをばどさんがお買い上げ(笑)



そして最新のお買いもの。オリンピックで500円だった16本骨傘(笑)

真っ赤に黒い骨の傘が欲しかったのさ。

…ええ、最早16本骨傘も500円で大量に売られる時代です。

着物用ではなく洋服用として作られてるものなので、このような和風テイストだけでなく、水玉とかギンガムとかの可愛い柄も多数。

多骨傘の長所でもあり短所でもある大きさの問題も、洋服用だけあって少々サイズが小さくなり、ほぼ普通の傘の大きさ。

…雨風が吹き荒れる中でのお出かけでもない限り、普通サイズで充分なのよね…

てな訳で、今度からは雨の着物でお出かけの際は、この傘に出動願うであろう。

…しかしさすがに500円以下では売ってないよな、これ…←今までのパターンだと発見してしまいそうだが…(笑)
2009-08-06

時計草に支配される呪われた箱庭…

8月に入り、玄関用タペストリーをちょっくら秋の気配の漂う100均のひまわり柄の手ぬぐいに変更。



なぜか貰った「病よけ」のお札とか、入谷の鬼子母神の朝顔お守りとかまでへばりついてるけど(笑)



出窓の黒猫シールの味付けも、長いこと桜を貼り付けたまんまだったが、ようやく夏らしい金魚のジェルシートを。

…このようにお嬢がチキンジョージに寄りかかり、裏のファミレスの駐車場を眺めるポイントとなっております。


さて、鉢植えで買ってきたが、なんだか勢いがなくなって来たので箱庭に地植えした時計草。

…もう手がつけられない…



上空から見たところ。…フェンス沿いに絡まるのをやめ、あちこちから魔手を伸ばしております…





更に植えてある木に巻き付きまくっておるので、せめて木に巻き付いてるとこだけでもツルを切っていたのだが、どうやら時計草、切られれば切れれるほど闘志を燃やすよう。

…切らずに放っておいたときよりも勢いを増してあちこちからツルを伸ばしまくっております…

ここまで激しく成長するならせめて花盛りになってくれればいいものを、ツルを伸ばすことに全力を傾け、ちっとも蕾の付かない時計草。

しかも恐るべきは、地上のツルのみにあらず。

…密かに地下茎をも伸ばし、思いもかけぬところから「うぎゃああ!時計草が生えてるうう!!」と家主を恐怖に陥れている…

…竹を地植えにして増やしたいなあ、と思ってたが「増えまくる上に変なとこからも生えてくるのでやめた方が良い」とアドバイスを頂き、竹の地植えは断念したのだが、時計草、竹と一体どんな違いがあるのだ…

むしろ、ツルがあちこちから恐るべきスピードで伸びてこない分だけ、竹を地植えした方がよかったかも知れん…
2009-08-04

ビーズ帯締め12作目は、久々に自分用♪

編んでは奉納、編んでは奉納を繰り返し、自分用のは2本しかないビーズ帯締め。

あらかた奉納用も編み終わったので、ちょっくら遊び心のある帯締めを自分用に編んでみた。



これ、「かすり」という名前のグラデーションのレースの編み糸なんだが、色がとっても美しく、透明ビーズで編んで、編み糸を透かして見せたら綺麗だろうな~と思いまして。

結構多色展開で、よりどりみどりなんだが、とりあえずは紫♪

で、完成品はこちら。



…このようなガラガラ蛇風味な模様になるとは思わなんだ…(笑)

編み糸の玉は綺麗なグラデーションの格子状にしか見えないからのう。

これはまだ、白から紫へと変わるグラデーションだからいいが、この糸のシリーズ、黄色、緑、濃いピンクってパターンもあるでよ。

それを編んだらまさにガラガラ蛇だわな(笑)

しかし、ビーズ帯締めをグラデーションにしたり、模様を編み込んだりするには、ビーズを流し込む時点でえらく苦労するので、最初からグラデーションになってる糸を透明ビーズで編むと簡単でお勧めです。

作業は同じなのに、こっちの方がすごく手間がかかっているように見えるし(笑)
2009-08-03

猜疑心猫、再び…

しまむら、なぜか異様に黒猫グッズを販売してくださるのだが、私のお気に入りは『猜疑心黒猫』。http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/59369655.html

この人間不信な目つきがたまらんのう♪

美月さん情報で「特売のマルチカバーもありますよ~売り切れてるかも知れないけど」とのこと。

「売り切れてるかも」という状態ではすっかり大急ぎで買いに行こうという気が失せ、2週間ほど経ってから、別のものを買う用事が出来たので行ってみることに。



…ええ、しっかり売れ残っておりましたよ。おそらくこの店舗に入荷した分全部が(笑)

音符とハートの群舞の中、主役の黒猫の醒めきった目つきが冴えわたる柄のせいか!?

190×190で790円だったか。マルチカバーとしてはお安いですな。

早速買って帰り、ソファーカバーとして使用したら早速集う黒い影…

…お嬢、またしても猜疑心溢れる目つきになっておられます。つられて。



デブ子に至っては、猜疑心通り越し、すっかり厭世的な目つきに。世の中を呪っているようです。


使用する猫を、同じ雰囲気に陥れるしまむら黒猫グッズ、恐るべし。

これが「ファンシー系ラブリー黒猫柄」だった場合は、決して同じ雰囲気にはならぬであろうに…(笑)
2009-08-02

ビーズ帯締め10、11作目の行き先は、敷き布の柄にご注目。


…てっきり1か月くらいお休みしていたつもりでいたのだが、何と2か月もサボっていたらしい。ビーズ帯締め編み。…前作のアップが2か月前だ。

一応夏物着用時期も残り1か月を切り、さっさと夏の小物であるこのビーズ帯締めも奉納しなくては~と大急ぎで編みましてございます。

今回の帯締めの行き先は、敷き布の柄でご判断を(笑)

…花に猫…唐辛子…もうお分かりですな。

なんだか毎度毎度変わり映えのしない色ばかりですが、結局使い勝手のいい色って決まってくるんですよね。何かご希望の指定色でもない限り。

白に虹色加工のあるビーズ帯締めと、内側の糸通し部分に水色の着色がされてるビーズ帯締め。

あまり「夏!!」って感じのしない今年の夏だが、残り少ない夏に、使って頂ければ嬉しいのう。

さて、さっさと送りつけねば。

プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ