FC2ブログ
2009-03-09

春のおしゃれ 池田重子流きものコーディネート/池田重子



本屋に滅多に行かなくなってしまったワタクシ。…こんな本が出てるなんて知らなかっただよ…

ええ、例によって『着物関係の本が異様に充実している最寄りの図書館』にて発見。

…これってかなり新刊の部類に入るはず…どんだけの着物好きが図書館に影響を及ぼしているんだ(笑)

で、早速表紙からして「うひょ~」な豪華さ。

池田重子コレクション、帯留めとか櫛とかの小物の本は出てましたが、このような着物コレクションの本って今まで出てませんよね。

常々見たいと思っていたのだ、豪華な池田重子コレクション。



期待を裏切らない華やかな振袖。…こんだけ豪華にびっしり描かれていると絵羽ではなく総柄に見えてしまうのが残念だが。



全体的に春ものの紹介のせいか染めの柔らかものメイン。でもお召しの矢羽根も出ておりますよ♪

豪華で上品なものばかりコレクションされてるかと思いきや、チューリップのような個性的ポップ柄も収集されてたんですね。

で、ここら辺からある特徴に気がつく。



このコーデも



このコーデも



このコーデも、いや、これだけに限らないが全体的にほぼ「小物系は色が統一、帯も同系色多し」

池田重子さんの信条らしいですね。『同じ時代のもの、同じ色みのものを合わせる』と云うのは。

時代はともかく、同じ色みで合わせるのって「メリハリのないのっぺりした印象になりがちなので危険」と云うコーデの代表ではないか。

でも池田重子流コーデだと豪華さが際立たず、かつ非常に上品にまとまっている…

これ、アンティークの豪華な色使いの着物や帯における有効技ですな。

現代もののシンプル、悪く言えば地味で無個性な着物で小物まで色みを合わせると、のっぺりコーデになっちまうだろうが、1つ1つのアイテムが個性的なアンティークの場合、小物類は色みを統一することで個性派揃いが上品方面に団結するんですな。

…ええ、非常におこがましいが、ワタクシもアンティークものに関しては小物類の色みを統一してきましたのよ。

だって私の好きな色柄の激しさを鑑みたら、小物類はその中の色を取って統一しないと壊滅的なコーデになるんだもん。

…そうか、私の見解は間違ってなかったか。しかし同じように小物類の色みを統一してるのになぜか上品にはならぬ私のコーデ…


この本、1冊3800円もするんだが、分厚い上にオールカラーでこの充実の豪華内容。

…買うよ、あたしゃ。

調べてみたら「冬のおしゃれ」という冬ものコーデの本も出ているではないか。

早速ネット注文し、到着を待っているところさ。

今後、夏、秋のコーデ本も出るようだが、高くても全巻揃える気満々だ。
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ