FC2ブログ
2009-03-02

近場の骨董市『浦和宿ふるさと市』に行って参りましたぞよ♪

最近、着物ブロガー間では骨董市通いがブームのようで…

でも皆さん、町田とか高幡不動とか、我が家から遠い場所にお通い遊ばしておられるようで「きいいいいいい!楽しそおだなあああ!!」と地団駄踏んでいたのだ。

で、近場で骨董市がないものかと思っていたら、あるではないか。

初詣に行った地元の神社『調神社』にて毎月第4土曜日に。http://www.kottouichi.jp/urawa.htm

てなわけで、骨董市と云うものに初参戦してきましたぞ♪

…しかし神社に付随するような催しにも拘らず、『神社での参拝以外は神社の駐車場使わせません』と云うお達しで、駐車場難民に…

割と周囲にはコインパーキングがある方なんだが、骨董市出店者らしき他地域ナンバーの車が全て占拠し、結局遠く離れた浦和駅近辺のパーキングに…(涙)

行きは途中のユザワヤに寄ったりしながらのんびり歩けたのだが、帰りは両手のお荷物抱えてかなり歩かされて未だに腕が筋肉痛…

近所には駐車できないってことが判明したので、次回はカート持参で行こうかな(笑)



さて骨董市。 神社境内っていうからこじんまりした市なのかと思っていたら、正確には隣の公園全部を使っての市でした。かなり盛大。でも主催者発表の200以上の出店はなかったと思うな、今回は。

店の人も「今日は客が少ない」って言ってたし、いつもの賑わいには及ばなかったようだ。



うひひ、ありますよ、ありますよ着物の店が♪

合計で20店くらい出てたのかな?…でもねえ、お高い店が多いのだ。

ちょっと状態が良くて見た目も艶やかな着物とか長襦袢、平気で2~3万もしてるし。

『こ、骨董市ってば激安で掘り出しものが見つかる場所じゃないんかい!?』とかなりひるむ。

…その値段だったら骨董市ではなく、じっくり吟味できる着物の店で買いますがな。

どうやら全体的な客筋としては『着用目的ではなく加工目的で買うおばちゃん』が主流のようで、ああ、その手のおばちゃんは買うよな、結構高くてもさ…

だから加工向きの艶やか系は高値になってる。





この黄色ベースの私好みの派手着物、かなりシミがあって4500円。

着用目的の客が多い場所なら、シミがあるものは安くなるのに加工目的客が多かったら値が下がらない~(涙)

…迷った。迷ったさ。でも他の店で更に高いがこれ以上私好みの着物はなかろうさ、ってものを買っちまったので断念。

うへへ、その着物、すげえよ(笑)買ったところで着るんかい!?ってくらい(爆)

もちろん次回のアップまで引っ張るともさ。

まあ、結局何だかんだで合計15900円買い物してきたってことだけは先に公表しておく。



買い物中の羽織バージョン。

…せっかく帯と羽織が水仙柄でコーデになってるのに、帯の水仙、見えず…

ちなみに半衿と足袋靴下もコーデされてはいるんだが、買い物中はマフラー巻いてたために衿元が他の人からは見えず、「ふーん、着物と足袋靴下が矢羽根なのね」ってだけで終わっていた…

あ、ここは神社内ではなく、神社の近場の古民家風のギャラリーの庭。

…だってあまりいい撮影場所がなかったんだもん。



そのギャラリーを通過していった茶トラ。

そうそう、神社の付近には軽く飲食できるような小洒落た店が全くございません。

なのでこのギャラリーも昼食難民と化したおばちゃんが間違って入ってきてたぞ。


『この店は安くて掘り出しものがあるぞ!』って店は結局1つしかなく、買い物後にまったりくつろげるような喫茶店等もなく、着物撮影に向くような趣のある建物もなく、甚だ着物ブロガーが集うには魅力に欠ける骨董市ではあるのだが、一応浦和駅から歩ける距離にあるので、浦和駅に来やすい沿線にお住まいの方は試しに1度遊びにいらしてはいかが?

私としては、アンティーク着物を買いに行けるのは近くて川越だけだったので、ヘタすりゃ車で往復3時間かかる川越まで行かなくとも往復30分で行ける場所で月1買い物できるなら、これはこれで満足だが。

…ただし全くアンティーク着物着てるような若い人がいないので、見ていてつまらないぞ(笑)
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ