FC2ブログ
2009-01-23

絞り風ポリアンサンブル&万年青昼夜帯♪





毎週個性的な着物コーデなので見ていて楽しいはずなのに、なぜか朝からうんざりした気分にさせる日テレは『スッキリ!』の金曜ゲストコメンテーターのさかもと未明…

さて、川越の『栄屋』にて1000円だった万年青(おもと)と水仙の柄の昼夜帯。

あまり汚れもなくて柄もアンティークらしい色使い。

綺麗なんだが金駒刺繍が取れかかっている個所があり、そのために1000円のお値打ち価格。

…ええ、それくらいなら自分で直すさ(笑)

で、直して早速締めてみましたぜよ。今回は万年青柄の方を。

これ、結構合わせる着物に悩み、アンティークだのなんだのを色々引っぱり出してたんだが、「あ、そうだ、この帯に色が合うポリ着物持ってたんだった…」と初心者の頃に買った『どうするんだろう、これ』着物の群れの中から発掘いたしました。

『福服』のネットショップでアンサンブルで6800円もしましたです…ポリで。

未使用品ではありましたが今考えるとやっぱりこの値段は高すぎるぜ。でも買っちゃったんだな、初心者は。

まあ絞り風な疋田柄で、色はともかく柄に主張はあまりないので帯選びはそれほど苦労しないが、その主張のない柄がその後のワタクシの着物コーデの方向性と一致せず、今まで日の目を見なかったアンサンブルでございます。

この帯の地色と柄の朱赤がこの着物にはぴったりで、帯の柄が引立つ私にしては珍しい引き算コーデなり。

ここふじさんから頂いた茶屋辻?柄の端切れがまた色がピッタリで…(笑)

「この渋すぎる端切れ、果たして使う日が来るであろうか…」と危惧していたんだが、今回やっと使う日が来て嬉しゅうございます。

帯揚げと帯締めは着物の色と帯の色から取りました。

んで、この着物はアンサンブルなんでもれなく短い丈の羽織が付いているんだが、ウールのアンサンブル同様、なぜにポリであろうともアンサンブルはこうも野暮ったくなってしまうのか…

単品では別に野暮ったさはないのに、セットで使った途端に野暮ったさが発生するのはどうしたことだ。

この問題は真剣に研究する余地があると思うぞ(笑)

スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ