FC2ブログ
2008-06-28

打たれちまった悲しみに…

デブ子にとって阿鼻叫喚地獄絵図の季節がやって参りました。…年1回の7種混合ワクチン接種です。…ああ、大騒ぎですともさ。




年1回しか病院行かないというのに、この猫キャリーを見せた途端にデブ子の脳内に甦る恐怖。

今回は悠長に寝とぼけて、引っくり返って腹を見せ、可愛いポーズを取って『腹撫でやがれ~』と飼い主に甘えてきたところをあっさり捕獲されたデブ子。

しかしその展開が恐怖だったのか、キャリー内にて初めてチビりました…

…そうかい。カサマチョビだけでなく飼い主も怖かったのかい…



で、病院の診察台の上で腰がへっぴりのデブ子。

非常に怖がりだが、うるさく鳴きつつ歯軋りをシャークシャクするだけで、先生や飼い主に対して攻撃は加えないので、非常に注射は楽なヤツである。

保定しなくても、そのまま固まってるしさ(笑)

あ、体重が6.5キロになっていた。…去年より増えとる。



帰宅したデブ子。引越し荷物の引きずり出すのに開けていた押入れを発見し、そのまま立てこもり。



そしてそのままケースの上で憔悴のふて寝中。

ケース内の整理が出来ないのはデブ子のせい。


で、この騒ぎの間、お嬢はずっと寝ていた(笑)

ふふふ、しかし今度はお嬢が阿鼻叫喚地獄絵図を味わう事になるのだ…
スポンサーサイト



2008-06-27

約9ヶ月前に考案したコーデ、やっと着たぞよ、の巻。

このコーデ、秋の単の時期ギリギリに考案し、着る機会のないままそのまま袷の時期に突入し、今また春単の時期が終わろうとしている… http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/50310567.html

ああ、このままでは1年間持ち越しになる可能性大!?

というわけで雨が一段落した本日、ちょっとは蒸していたのだが強引に着ましたよ。 

雨と湿気は禁物なお召し…夏お召しなら水とか汗には強いが、これは普通のお召しの単仕立て。雨に濡れたり汗かいたりは禁物なのさ。





今回の撮影場所、謎の安普請な偽ギリシャ柱前(笑)

何でか知らんが、唐突にここだけにある柱。何かのテーマに沿って建てられているのか!?

ちなみにこの階段下った道の奥まったところに、以前撮影で使った黄菖蒲の沢がある。

あの黄菖蒲の沢の佇まいとこの柱の関連性は何ら認められず。

で、この柱も撮影スポットとしては変なので面白いんだが、本当はこの柱の隣の家で撮影したかったのだ。



…おそらくはカースペースだと思うが、小洒落たオープンカフェのようにガーデンチェアや机を持ち込み徹底的に可愛くディスプレイ。

まあ、一体どうやって車停めるつもりなんだかわからぬが(笑)

でも借景女を誘うこの素敵空間…

ポップカジュアル系の着物着たときにはここに借景に来ようと前から目を付けていたのだ。

そしてついに借景をば!って時に限って、いつもは全く人がいないとこなのに、珍しく花の手入れをしているこの家の奥さん…

…ええ、さすがに『この椅子に座って撮影させてくれ』とはいくら私でもお願いできず…(涙)

この画像も奥さんが消えたほんの一瞬に押さえたものさ。

ああ、一度はここで借景したいのう…

そしてこの家の奥さんを尻目に隣の柱使って撮影していたもんだから変な汗をかき、帰って脱いだらお召しにはしっかり汗ジミが出来てやがったのさ(涙)

まあ、着ちまえばわからない場所だからいいんだけど…


そして困難の連続な借景の旅は続く…
2008-06-26

千鳥ちゃんだよ、またしても。の巻





梅雨寒で、とても千鳥ちゃんのような夏のコーデをする気分ではないんだが、それでも千鳥ちゃんコーデパート2でございます。

あ、でも色合いが暑苦しいからいいか。

去年手に入れた千鳥ちゃん柄の浴衣に、あまり見えないけど千鳥ちゃん刺繍半衿、千鳥ちゃん帯に千鳥ちゃん帯留め、と千鳥尽くしでございますです。

帯は川越で1000円で買った化繊。あ!お太鼓に線が入ってるううう!!…どんだけ上に他の帯を積み上げているんだ(笑)

…化繊だからアイロンかけちゃおうかな…

帯留めは先日の千鳥帯留めと同じくfukuro-huhuさんの作品♪

紫の台に白い千鳥ちゃんが飛んでて、白い帯にはアクセントになってとっても良いです♪

このコーデ、全体的に生成り色ベースなので、これまた先日買ったバテンレースの日傘の生成りのほうを差したらいい感じかも。


うーん、鉄線ものもトータルコーデできるくらいに集まったが、千鳥柄もトータルコーデできるくらいに集まりおった(笑)

あ、でも足袋がまだない…古い白足袋に千鳥ちゃんのスタンプ押しまくって千鳥足袋にしようかな…

2008-06-25

ゲリラ栽培者に怯える庭と猫密集地帯…

義父による庭木丸刈りのおかげですっかり見晴らしのいい庭になっている新居。

とりあえず急場しのぎではあるがすだれを吊って目隠しにしております。



すだれ、最初外に吊ったらすだれ吊り金具がサッシ開閉の時に引っかかり使えず、結局室内に吊る事に…

まあ、風雨に晒されて汚くならないからいいか。

しかしだ。前回新居に来たときには影も形もなかった植物が庭に生えている!!



…ええ、義父によるゲリラ栽培でございます…

なんの断りもなく勝手にシソを6本も…勝手に菊を3本も…

一番ブ室から見える場所に植えてくださいまして、ぶただけでなく私も開いた口がふさがりません…

週1くらいしか新居に行かないから水やり考えるとまだ植物が植えられないだけで、この場所には私なりに色々考えて植えるつもりでいるというのに…

ええ、新居に越したら鬼嫁と思われようともこの菊とシソは他の隅っこに移植してやるつもりです。もしくは鉢植え。

いくら庭いじりが好きだろうとも、一応は他所の家になるんだから勝手に庭に何かを植えるのはやめてくれ、義父よ(笑)

で義父によるゲリラ栽培の庭を見つめて唖然としていると、ふと視界の隅に黒いものが…



以前新居付近には『首輪のない大柄なお嬢みたいな顔の黒猫』がいる、とお知らせしましたが、なんとその猫、このように向かいのアパートの1階の家の出窓からこちらを伺ってました。

…そうか、首輪してないが君は飼い猫だったのか。しかも向かいのアパート在住(笑)

大柄お嬢似黒猫の所属がわかり喜んでいたら、今度は背後のファミレスの駐車場にて『赤首輪の小柄なデブ子似』がくつろいでいた。



うう、画像が小さくてすまんのう。でも赤首輪しているんですのよ。

で、この小柄デブ子似黒猫、ずっとカメラ向けていたら『何かヤダ』と思し召し、逃げ出す。

逃走先を見ていたら、なんと『障子がボロボロなうえに「にがーおー」と鳴く玉緒猫のいる二軒隣の家』に駆け込むではありませんか。

すかさずカメラ片手に走り寄るワタクシ。



そしたらそこには小柄デブ子似の姿はなく、玄関先で引き綱付けてくつろぐ三毛がいたのだった。

どうやらこの家はこの三毛と小柄デブ子似を飼っている様子。

…では2匹のうちのどちらかが『にがーおー』の玉緒猫というわけか(笑)


謎の新居付近のダブル黒猫の所属が一気にわかって嬉しかったんだが、しかし我が家の黒猫ズが移住した暁には半径10m範囲内に黒猫が4匹住んでいることになる…

うーん、それもホラーな話だ(笑)
2008-06-24

千鳥ちゃんだよ、人生は。…なんのこっちゃ。





いよいよ単の6月も終わりに近づいて参りましたね。

で、6月中には新居に引越し完了のつもりであったが、本日やっと冷蔵庫&エアコン工事が終了し、まだ全然自分の荷物の搬入が終わりそうもない、という事実に愕然としているワタクシ。

さて、ふふふのふ。念願の千鳥ちゃんの着物を手に入れましたぞよ。

千鳥ちゃん柄、現代ものだと妙に渋い柄行きか、手に入れやすい浴衣だと異様にポップで可愛すぎる。

アンティークの『可愛いけどけれん味のある千鳥ちゃん』はたまにヤフオクで出品されるけど、異様に値上がり…

なのでたまにヤフオクで覗いては闘い、『きいいい!』とハンカチを噛み締めていたのだ。敗北して…(涙)

しかしですね、今回見つけた千鳥ちゃん夏お召し、開始価格が4800円と割と高額だったためか最初から敬遠された模様で、開始価格の4800円で落札できましてございます。

ええ、開始が4800円というのは高いですが、開始が安かった場合、ウォッチリストに入れられる確率があがり、どんどん値が上がっていた可能性が高し。

そう考えると妥当な値段だったといえよう。

柄もラブリーになりすぎになりそうなところを、この黒×グレーの市松がいい感じに甘さを抑えております。

ふふふ、大きな市松だが、縦長市松で柄も入ってるので100円格子のような惨劇には見舞われませんぞよ(笑)

去年作ったダイソーの千鳥柄手ぬぐいの作り帯と手ぬぐい半衿を合わせ、帯留めはfukuro-huhuさんの夫婦千鳥ちゃん♪


…なるべく着物を増やさないように心がけていながら、永年追い求めていた着物を地道に収集し続け、ジリジリと増えておりますよ、着物…

2008-06-23

水草だろうが扇だろうが松だろうが…わからんがな。の巻




梅雨の間隙をぬって撮影に及ぶこの時期。

で、曇り空の場合の方が全体的に白く明るくて、特に白い着物の場合は柄が綺麗に飛ぶんだな、こりゃ。

…水草なんだか扇なんだか松なんだか判定しちゃろう!と思っても、柄、見えないし…

露出を抑えてもこれじゃ。…自然光だと暗く写るかと思いきや、異様に明るく写ったりする実に使えない新デジカメなり。こいつのいいところはボディカラーだけだ(笑)

さて、水草で扇で松なサマーウールのために、借景は近場の寺の大王松。

水草を持ち歩くわけにはいかんので、水草柄も入った金魚鼻緒の下駄を合わせてみたりしたのだが、扇子を持っていくのを忘れちまって、愉快なサザエさん。

…せっかく小ネタを仕込んだつもりだったのに…(涙)

そしてくどいはずだった半衿と帯と足袋とあずま袋は、着物が真っ白になってしまったため全くくどくなく、あまつさえ寺、という場所柄、小物類がこのようなくどいものでない場合はこれまた白く飛んでいた可能性もあり、うっかり寺にて白装束になるという惨事を未然に防いだのであった。

あ、サマーウール、今日は着てても暑くなかったです。サマーウールにあるまじき事態です。

そうか、サマーウールってば湿気があっても直射日光がないと暑くはないのか…

ということは曇りだろうと晴れだろうと湿気があろうとなかろうと暑いのはポリだけ、ということになるのか…

…皆の衆、ポリ着物を着て修行するのじゃ(笑)
2008-06-22

バテンレースの日傘を買いましたばってん。←オヤジギャグ…


ええ、梅雨と思えぬ大雨に見舞われている関東ですが、日傘よりも雨傘が必要な時期に日傘を買いまくっております…

だってヤフオクで新品のバテンレースの日傘が安かったんだもん。

今まで特に日傘に対しては頓着がなく、安ければ安いほど良し!という感じであったが、『おーいお茶』のCMで中谷美紀がバテンレースの日傘を差しているのを見て『おお、やっぱり繊細な細工の傘は美しいなあ…』と思うに至るなり。

そしてCMで使われていたのと似ているのがヤフオクで安かったのさ。

で、白と生成りを買ったなり。

手前の白のが2000円、後ろの生成りのが2500円。10本骨でさりげなく和傘の雰囲気も。

この手のバテンレースの日傘、デパートとかに行かないと売ってないんですよね。

そこらへんのしまむらとかキンカ堂ではまず売っておらん。

去年デパートでちらっと値段見たときには似たようなのが4000円位していたので、この値段だったらお買い得です♪

ヤフオクでは全面バテンレースで中心部に裏打ちされている豪華なものが人気ですが、全面びっちりバテンレースってのも炎天下では暑苦しそうだなあ、と思うこともなかりけり。

というか、あっさりすっきり夏着物の場合、傘の方にしか目が行かなくなるんではないかい?

というわけで適度なレース配分のこの日傘なら、着物と傘がお互いに引き立てあうと思うなり。

……頑張って夏着物でお出かけするよ。この傘差して…
2008-06-21

水草で扇で松なサマーウール+くどい和柄トータルコーデ♪

人によって、水草だったり扇だったり松に見えたりするロールシャッハなサマーウール、登場する時期になりましてございます。

今年は悪ノリして作った、半衿から帯から足袋からあずま袋まで同じ柄のやつらと共にコーデしてみるなり。









くどい和柄…のはずなのに、なぜかトータルコーデされると結構地味に見えてくるから不思議だ。

そしてもっと暑苦しいかと思いきや、サマーウールの白地に助けられ、さわやかさんなコーデになっておるのう…ちっ!

あ、でもサマーウール、透けてはいてもサマーでもウール。暑いんだよな…

梅雨でどんよりとした一見涼しい日であっても、着たら汗だくであろう。

毎年梅雨から夏にかけて着物を頑張って着続けている人は、立派な修行をしていると思うぞ。

ただしその修行はインドの謎の苦行僧並みに意味不明な修行なんだが(笑)

そしてその修行により手に入れたものは、汗まみれの下着類、汗ジミの着物、あせもだったりしてますます修行の意味がわからん…(涙)

ふふふ、皆の衆、それでもするのだ~夏着物による修行を~!!


●おまけ画像●
庭を散策中、そのまま回収を忘れられ締め出された挙句、久々にチョビに出くわしボカスカやられて腕と心に傷を負ったデブ子。着付けの邪魔の最中。



2008-06-20

紫陽花満開!紫陽花コーデでごわす。

今月はまだ2回しか着物を着てないのう…

単の時期に浴衣を着物として着てしまったため、全く単に袖を通さぬまま6月が終わりそうだのう…

でも一応羽織とか袷は新居に運んだものの、夏用はまだ実家に置いてある私だ。

さて今月中にあと何回着物が着れるか!?


ただいま満開の紫陽花。青にピンクに紫…色とりどりでございます。

しかし私が紫陽花コーデの借景に選んだのは、この白紫陽花!



しかも純粋な白、というよりは色が抜けて白っぽくなっている紫陽花でございます…

だって、背景全体にわわわっと紫陽花が来てしかも人気がない場所ってここしか見つからなかったんだもん…

毎年『ここで撮りたいなあ…』と思う、青紫陽花が人間の背丈よりも高く小山のようにこんもりと咲く場所は、万年渋滞する信号の近くなので、信号待ちの車にバッチリ見学されまくるし…

この時期、5軒に3軒は庭に紫陽花が咲いているものだが、庭に咲いてるものは綺麗でも背が低かったり余計なものが写りこんだりする。

ありふれた花であっても、いざ借景するとなると結構数は少なくなる撮影スポット。

で、髪飾りを現地調達するにしても紫陽花って大概は民家に咲いているものなのだ。

なので勝手にぶっちぎるわけにも行くまい、と我が家の白紫陽花をぶっちぎって髪飾りにしたのだった。

…しかし借景場所の紫陽花も白い…髪飾りが同化する…

…結局、白紫陽花の隣に低く地味に咲いていた青紫陽花を勝手にぶっちぎって髪飾りの現地調達をした私だ。

しかも今回はふにゃふにゃ紫陽花を見越してハサミだけでなく固定用Uピンまで持参しているぞ(笑)



我が家から持参した白紫陽花の髪飾りバージョン。…ほーら、同化している。

でも着物本体が淡い色彩なので、濃い紫とか鮮やかな青やピンクの紫陽花をバックにしていたら着物がかすんでいたかも。

このコーデには白紫陽花を背景とした方がよかったようだのう。



あ、小梅さんから先日頂いた帯飾りもちゃんと使用しているんだが、あまり目立ちません(涙)

なのでここで帯留めとして使用したバージョンのアップを。

…隣の根付けは謎の役立たずな犬のとんぼ玉。…誰かいらないかしら…
2008-06-19

ヤケちまった悲しみに…

去年『2本で580円』という激安日傘をヤフオクにて購入。

ええ、送料が同じく定形外で580円という事実に納得はいかなかったが(笑)

届いた現物はスライド機能はないものの、レースのちゃんとした日傘でありました♪

で、その安さ&同じもの2本という気安さから1本は雑に使っていたのだな。

ベランダ園芸の時に差したりして、ベランダに置きっぱなし。

…そしたら、そしたら日焼けしちまったんだよおお!!

全体が日焼けしたのならいい感じの生成り色になってよかったんだが、くるっと丸めて置きっぱなしにしていたため、日が当たっている部分だけ日焼け…



画像だとわかりにくいが、真っ白の地色に生成りのラインが入っているという素っ頓狂な日傘に…

ええ、さすがに使用がためらわれるような妙な佇まい。

しかし安いのと同じもんがもう1本ある、という事実が私のリメイク魂に火をつける。

『…色、染めちゃる』

で、その安い傘のために結構値の張る染料を買う気にはならず、目に付いたのは漫画描き用に使っていた年数が経ってデロデロな墨汁…ダイソーで100円だったやつ(笑)



この先墨汁を使うこともないだろうし、使うことがあったとしても煮詰まってない新品を買うであろうと思うので、丸々1本、風呂にぶち込んでみた。

その上に日傘がきっちり浸かるだけの水を注ぎ、墨汁風呂に。

そしてその墨汁風呂に日傘をぶち込み、しっかり色が満遍なく付くようによく押し洗い?して2時間放置。



2時間後、墨汁風呂から日傘を救出。

そこらへんにあったボディソープで全体を軽く洗った状態がこれ。

石鹸とかボディーソープで洗うと、墨汁臭が残らなくていいですぞ。

で、なんとなくムラのある染め上がり。しかしこれはこれでもうよしとする。



天日で乾燥後。乾燥するとこのムラ感がブラックのタンガリーシャツ風で結構いい感じっす。

染め上がりの色も青っぽいグレーになってカジュアルな雰囲気になり申した。

でも良く見ると、やっぱりまだかすかに見える生成りの日焼けあと…(涙)

墨汁でなく、紅茶とかコーヒーの茶色系で染めた方が目立たなくなっていたのかもしれん。

しかし白と生成りの日傘しか持ってない私なので、これはこれで活躍させちゃるもんね!



私は墨汁濃度が薄かったのでこんな色になりましたが、もっとしっかり黒くしたい場合、刷毛か何かで墨汁原液を傘に塗る!!

で、乾ききる直前に洗ってみるとしっかり黒く染まっているはずです。

試してないけど、以前履いてたハーフパンツに墨汁こぼし、そのまましばらく放置してから洗ったところ全く落ちなかったし…(涙)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ