FC2ブログ
2008-03-11

卒業衣装レンタルカタログ/晴れ着の丸昌




これは、今の時期結構色んなところで無料配布されている小冊子です。

毎年それを貰って来ては、その年の傾向を確認している私である。…ええ、別に袴なんて着る予定はびた一文ないんですが。

しかしこの本、『ヘアメイクのセンス次第でどうにでも見え方は変わる』というのを肝に銘じさせてくれる貴重な本である。

…だって袴と小振袖のラインナップはほぼ毎年同じなのに、ヘアメイクが違うせいで可愛くも見えたり最悪にも見えたりするんですもん。

ここ3年間貰い続けているのだが、毎年毎年雰囲気が変わって侮れない…



左のピンクの表紙、2006年版は非常にカタログらしい、わかりやすい画面構成。

ヘアメイクも奇抜でなく、見ていて目新しくはないがギョッとすることもないオーソドックスな感じであった。



しかし、真ん中の2007年版…こいつが曲者だったのだ。

表紙からしてザンバラ髪に編み物モチーフぶら下げてる奇怪なものであったが、そのテイストが全頁に渡って続く…

袴にチェーンベルト付けてみたりさあ、ニットキャップかぶらせてみたりさあ、『何で誰も異議を申し立てないんだ!?』ってくらいにやりたい放題であった。

……あのさ、若い娘さんがターゲットとはいえ、若い娘さんは一応晴れ着には晴れ着風のアレンジをしたがるものだと思うが。

このスタイリスト、記号のように若者風なスタイリングにしてみたが、実は若い人と接点がないんじゃないのか?という仕上がりである。

ええ、個人的に見ても小振袖+袴には今風のアレンジは合わないと思います。



そして右の今年版。…去年版が不評だったのか(笑)表紙からしてお嬢様風です。

そして中身もお嬢様チックエレガントなヘアメイクとなっておりました。


成人式の振袖コーデも結構毎年激しいものがあるが、振袖の方は結構若い人向けにポップな柄も多いのに対し、卒業式用小振袖は古典柄が多いのでポップなヘアメイクが浮くのだ。

ああ、やっぱり後世まで写真が残りそうな晴れ姿は奇をてらわないオーソドックスなものが一番いいのう…

でないと10年後、その写真見て絶叫するのは他でもない自分だ(笑)


無料配布本でありながら、色々な教訓を与えてくれるこの本。

また来年も収集するであろう。
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ