FC2ブログ
2008-03-30

桜コーデ、2008。その2





ああ!?つる姫の足袋、いや桜の花びら帯留めの位置がちょっとずれているううう!!

…パソコンにアップして初めて気が付いた…ああ、でも撮り直すのはいやだよあたしゃ(笑)

土曜は桜も満開で、関東各地ではお花見日和であったようですね。

しかし毎年の事ながら、満開になってあたふたとコーデのアップをする女あり。

…今頃『その2』でございます。その3まであるというのに、アップし終わるまで桜が
持ち堪えるのか!?


その2コーデ、桜の中にいたら完全に保護色と化す着物でございます。

ピンクの水玉にグレーの水玉がいかにも春らしい着物、激安着物店で500円。

着物が桜カラーで薄ぼんやりとしているので、小物と帯で引き締めを。

半衿、帯、バッグは自作の桜柄。

桜の花びら帯留めは100均セリアもの。

足袋靴下はオートミールさんから頂いた黒地に桜♪

そうそう、一度やってみたかった『おとなしめ着物に派手襦袢』を実行してみました。

…しかし今画像見て気が付いたが、帯の桜の色と襦袢のピンク色、ちゃんとリンクしてますね。…うーむ、狙ったわけではないんだが(笑)


さて、このコーデで明けて日曜、川越の花見舟に乗ってやろうと目論んでいるのだが、予報、曇りのち雨ですとーーーー!?

しかも気温が下がって寒いですとーーーーー!?

ぐぬぬぬぬ…私が桜の下にて春死なん、ではなくて桜の下で画像撮ろうとすると必ず天気が悪くなる…

おのれ、西行め…←関係ないし。

スポンサーサイト



2008-03-28

雨だけど、桜で橘なコーデの撮影強行軍!

予報では雨だった。そして雷も鳴っていた。

そして一雨降り、雷も去ったので『まあ、もう雨は降らんじゃろ』といそいそとメイクと着付けをする午後4時過ぎ。

しかし着付けも終わり、三脚片手に出かけようとすると、また雨が降り始めやがったではないですか。

…明日に順延するのはイヤだよ、せっかくきっちり支度したのに~!!

というわけで強行したのさ、撮影を。



撮影スポットの寺、山門にて雨宿り中。ここをベースキャンプにして、小降りになったら撮影に及ぶというわけだ。



で、小降りになった隙に撮った、橘前での橘帯画像。

しかし実物は小ぶりのみかんなのに、和柄の意匠になるとみかんらしさがあまりなくなりますな。

この寺、人気が全くないのが良かったのに、最近『新規墓分譲中!』ってことで委託された業者が小さな小屋を駐車場横に建て、常に人が1人はいる…

ああ、撮影がやりにくくてしょうがなし。でも撮るんだけど(笑)



この時期しか出番のない、桜色の桜柄地紋の足袋を合わせてみました。…ええ、鼻緒はもちろん矢羽根ですとも。


そうこうしているうちに雨が上がり、少し日が差してきたので『これだったらあの場所で撮影できるかもしれん!』と『あの場所』に急行。



ここ、昨日発見したばかりなんです。でも毎日通る橋の土手にあるのだ。…盲点だったぜ。

桜と菜の花のコントラストが素晴らしい幸手市の権現堤には遥かに及ばないが、それでもここの菜の花と桜もなかなかでやんしょ?…何より人がいない…



桜がソメイヨシノではなく大寒桜で、しかも植林されて8年目なので全体的に樹が小さいせいなのか、それとも平日の夕方のせいなのか、たまに犬の散歩の人がいるだけで、全く人がいない…

ああ、もったいない!とは思うが、こんなに綺麗で全く人がいないとなると好き勝手に撮影し放題なわけさ(笑)





寒桜といえど、遠目にはソメイヨシノとあまり変わらないし、それに撮影してみてわかった事だが、桜の樹が小さい方が人間の背後にすぐ桜の花がワワワーッと写り込んでくれるので、非常に好都合(笑)

人々がソメイヨシノの元に集っている間に私はここで心置きなく撮影させていただくよ。
2008-03-27

桜…満開ですとーーー!?…でも微妙な桜コーデなり。





桜、東京で満開になっちまったですとーーーー!?上野はお花見客でいっぱいですとーーー!?

…ふふふ、今年も油断している間にあっという間に満開になっちまってる桜。

こちら、埼玉の山奥が満開になるにはまだ数日かかるが、それでも今週末だなあ…

ああ、今年も桜コーデが順調なアップ、間に合わず。

で、このコーデが桜コーデなのか、といえばこれはあくまでも番外編なのであった。

前から見れば一応、桜カラーな小物に、帯は扇面に桜。

しかし私はあくまでもお太鼓の橘柄を全面に出したいところ。

…だって桜よりも橘の方が季節が早いんだもん。橘の方を先に消化しちまいたいんだもん。

で、橘の季節はもう終わりとはいえ、温暖化の影響でずーっと実がなっているから橘をバックに橘帯で撮影が出来るのだ。

結構大変な思いして自力で修復したこの帯、せめてシーズン中に締めておきたいではないか。


それにしても着物、色が暗い…

浅草の『福服』で3000円で買った銘仙だが、決して地味な柄ではないのだが色合いが地味という中途半端さで全く出番なし(涙)

『あ、この柄は一応卒業シーズン(でも卒業シーズンも終わってる)には合うから引っ張り出さなくちゃ』と引きずり出されました。

この着物、そのうちヤフオクに出される可能性大です…

2008-03-26

老けちまった悲しみに…

今年で6歳の黒猫ズ。昨年夏辺りからちらほらと白髪が目立ち始め、デブ子に至ってはひげが1本だけ白髪、という実にマヌケな顔に成り下がっている。




このひげ以外にも結構ちまちまと白髪があるのだが、この顔ひげ白髪ほど笑いを誘うものはない。

というわけで昨年夏以来、デブ子は笑いものにされてきたわけだが、本日、飼い主は恐ろしいものをお嬢の顔にも見つけてしまったのだった。



…ひげ白髪…お嬢の顔にまでひげ白髪がああああ!!(涙)

ううううう…やっぱりどんなに可愛い顔してても寄る年波には勝てないのねえええ(号泣)


しかしだ。なんで黒猫ズってば同じ場所に1本だけひげ白髪???

黒猫ズの双子のDNAがそうさせるのか!?双子のくせに体型が全く違うのに、ひげ白髪だけはシンクロしちまったのかい!?

妙な事だけシンクロしちまって飼い主は悲しいよ…
2008-03-25

春だが、春らしさはかけらもないぞよ、オペラピンクコーデ♪





最近、近所のカサマチョビのヤツがちょっと玄関開けておくと勝手に入り込み、人の家の玄関にマーキングしっこをしていくのだが、昨日は私の靴にしっこ垂れやがりました…

靴洗っても臭いので、明けて本日の昼、玄関を水で大掃除したらばその水で滑って引っくり返り、ふと見るとその様子をカサマチョビのヤツが遠くから『バーカ』という顔で見ているではありませんか。

そして向かいの家にマーキングしっこをして立ち去っていきやがった。…許せん。

というわけで背中を強打したあすかでございます。

さて、カサマチョビのヤツも春でマーキングに磨きがかかっているというのに、私のコーデには春らしさがございません。

でも今のうちにウールはアップしておかないと冬まで持ち越しなのだ。

先日川越で買った黒地にオペラピンクの水玉柄ウール、この着物を発見した時に浮かんだコーデがこれじゃ。

愛しているのだが、この激しくテカテカ光る繻子地にオペラピンクという色がチャイナドレスやらチマチョゴリやらを彷彿とさせ、どうにも和風テイストから逸脱している帯。

以前ヤフオクで4600円で落札して大喜びして以来全く出番なし…

でもこのインパクトの強い帯も着物に同じ色があれば馴染むのではないか!?

というわけで合わせてみたら、んまー可愛い♪

こーゆーコーデがしてみたかったのよーん♪

で、あとは小物はオペラピンクに合わせて、はいからやで買ったオペラピンクの絞り入りの兵児帯を改造した帯揚げ、帯揚げのラブリーピンクに合わせて帯締めもピンク。

あ、ここだけが桜っぽいカラーで春ですな(笑)…本当は帯にもしっかり桜の柄があるんだが、色が全く桜っぽくないのであった。

半衿、バッグ、足袋は同じ柄シリーズ。オペラピンクがベースなんだが、赤色が主張しすぎててあまりベースの色の印象がないのが残念だ(涙)


ああ、ウールだからこのコーデはさっさと着てしまわないと~

結構マメに着物は着ているんだが、それでもどんどん着ていないコーデが溜まっていく…

…やっぱり買い控えないとダメなのねえ…

2008-03-24

ここふじさんからのおろしや土産&小梅さんからの謎の菓子折り♪

体脂肪との飽くなき闘いは続いているのだが、相変わらずあちこちから菓子類を恵んでいただくワタクシ。

まずはおろしやに行かれたここふじさんからのロシア製チョコレート♪





…パッケージの絵、一見綺麗で可愛かったりするんだが、冷静に見ると怖いもの多し…

リスはカタツムリな耳だわ、幼児は無表情だわ、小熊3匹連れてる熊おかんはどう見ても威嚇しているわ…

あ、味は以前赤唐辛子さんから頂いたハーシーズのチョコに似ていた。…どうして外国産チョコは東西冷戦関係なく似てしまうのか…

いや、追いつき追い越せ似たようなことをしているから味まで似るのか(笑)

で、とりあえず一気喰いにふさわしい量のチョコだったもんで、遠慮なく一気喰いさせて頂いたら如実に体脂肪に出ました…

…そうだよな。遭難してもチョコで人間生き延びるくらいだもんな…まして寒いロシアのチョコ、実力が半端でない。

一時、かつてない数字体脂肪27%の更に上、27.4%を記録しました。怖かったです。


そしてその体脂肪も何とか必死の調整の結果、元に戻った頃に、小梅さんがこのような菓子折りを片手に野良猫王国の公園に現れたのだった。



…『信玄軍配』…このインパクト強い箱。

この箱と中身は違います(笑)

『箱と中身が違う』のがあちこちで脈々と受け継がれております。…でも皆さん、無理しなくていいんですよ…箱と中身が一致していても(笑)



中身は『パイ畑』というあずきパイ、フランボワーズ風味のチョコ、緑茶クッキー、そしてちゃんと『信玄軍配』も入ってました!

…そしてその時歴史は動いた。←!?

この信玄軍配って名前から想像するに、堅焼きしょうゆせんべいとか無骨風なものだと思うでしょう?

ところが、ところが何と中身はしっとりクッキーに挟まれたレーズン入りクリームサンドだったのだ!!

……何でレーズンサンドが『信玄軍配』??洋菓子店なら小洒落たフランス語の名前が付いていそうな菓子が『信玄軍配』。

久々に菓子で度肝を抜かれました。

こんな看板に偽りだらけの菓子を持ってきた小梅さんちの父上(山梨出身)に乾杯。


お二人ともありがとうございました~♪もう喰い尽くしましたが(笑)
2008-03-22

シークァーサー味ハイチュウを探しに川越へ…

先週行った大宮にて発見した沖縄ショップ。そこには赤唐辛子さんが送りつけてくる菓子類がほぼ網羅されており、『影の経営者は赤唐辛子さんなんじゃないのか!?』と勘繰らせてくれたりもしたのだが、その店には数点残っていたのだ、ハイチュウ、シークァーサー味が。

沖縄では既に生産中止になり、最早手に入らない幻の逸品。

特になっちさんが生産中止に対し血の涙を流して悲嘆に暮れるほどであったのだが、私はそれほどの執着はなかったので(私は田芋パイに執着)、ええ、そのまま何も買わずに出て来ました。

で、後日その報告をなっちさんにしたらば『10倍の値段でもいいから欲しかったああああ!!』と叫ばれ、代理購入を頼まれたのだが、『そういえば川越にもあったぞ沖縄ショップ』と思い出し、まずは近場から確認に赴いたというわけだ。

せっかくなので、着物も着るさ。どうせ着物屋めぐりもするんだし(笑)



源氏車コーデで出動でございます。

本当は水車の前で撮りたいところだが、私が知る唯一の水車は『お好み焼き道とん堀』の店先にある、日によっては激しく回転し水しぶきを道行く人に浴びせかける気まぐれ水車のみなのだ。

しかも常に人通り、車通りが多い…さすがにこの格好で三脚持ってって撮れませぬ。

てなわけで最近見つけた穴場、近くの寺にて撮影。

しかし寺。この時期なりの落とし穴が…



……卒塔婆である。左様、卒塔婆ですな(笑)

お彼岸真っ只中の寺、出来立てホヤホヤなおニューの卒塔婆がお堂に無造作に立て掛けてあってさあ、それがバッチリ写り込んでるんでさあ(笑)

ええ、もう爽やかに作り笑いしている場合ではないぞよ。



で、アングル替えて撮ってみたら、今度は日蓮上人像が写り込み(爆)

うぬぬぬ、彼岸とかお盆の寺は要注意だな。


さて、川越の着物屋めぐりの定番その1『リサイクルの店まどか』にて、私だったら買わないわけがない、というウールを発見。



…ふははははは。黒地にオペラピンクの水玉~♪1000円なり。

川越だったらウールでこの値段は妥当なところです。激安着物店でも同じくらいするかもしれん。

お次、川越の着物屋めぐりの定番その2『はいからや』にて、牡丹と椿柄刺繍帯を4500円にて購入。



これだけの刺繍で傷みもほとんどないので4500円はお得です。



それから細かい赤ギンガムチェックに紗綾形、という実に和洋折衷な銘仙も。

これ、数ヶ月前からずーっと売れ残っていて、毎回気になってたんだが3500円という値段が微妙だったのだ。

そしたらとうとう値引きされ最終プライス1000円に(笑)

…私はこのパターンで着物を買うなあ、よく。

この着物、袖部分に商標のスタンプがある(笑)まあ、袖丈が70cmもあるので折り込んでしまったほうがちょうどいい丈になるので良かったんだが。



そうそう、川越、今月29日から『川越春祭り』が開催され、4月5日には着物イベントが目白押しでございますよ。

ちょうど満開の頃の川沿いの桜の下を無料で船下りさせてくれたり、このチラシのようなイベントもございます。

当日飛び入り参加も出来るそうなので、川越にお立ち寄りの際は是非会場に足をお運びくだされ。

……もしかしたら満艦飾な花嫁衣裳黒振袖着た女が、参加賞の商品券欲しさに会場をウロウロしているかもしれんぞよ(笑)


あ、そうそう、なっちさんの欲しがっているシークァーサー味ハイチュウ、川越の沖縄ショップにはありませんでした…
2008-03-21

両A面ならぬ、全A面な黒猫バッグ♪

ホワイトデーに、連れに『くろちく』の猫と薔薇小風呂敷を買ってもらったのだ。

KUBOさんが以前この風呂敷使って作り帯を作っていたのでまねっこしようかと目論んだが、だが、素材がレーヨン縮緬なんだよおおお。

…レーヨン…テロンテロンな憎いヤツ。それで作り帯…ああ、甦るあの夏の悪夢…

ええ、もう二度としまむら金魚アロハの惨劇は味わいたくはないのでさっさと作り帯は諦めました(笑)

まあ、お太鼓はともかくとして、半幅部分がいい感じの猫柄が出せないから諦めもついたんですけどね。

で、全く切った貼ったのないシンプルな手提げバッグを作ることに。

そしてうちには以前作った猫柄帯の生地が余っていたのであった。

…全ての面を違う猫柄にしちゃる。

つーわけで全A面バッグ完成(笑)





…覚えがいい方は『あれ、黒猫鞠遊び柄がないじゃないか!』と気が付くだろうが、あれ、生地の残りが少なくてねえ。

足し布してあずま袋作るのがせいぜいってとこです。


何やら急速に猫柄バッグが増えてしまったのう。しかも今は結構猫柄小物が売られているのだ。

ああ、また増えてしまわないかのう…(笑)
2008-03-20

ラブリー風味な黒猫ショルダー、改訂版。


先日買った黒猫ショルダーバッグ、中央のリボンが可愛すぎるのと、ショルダーなので着物には使えない点がネックだったので、さっさと改造致しましたよ♪

…ええ、リボンを引きちぎり、持ち手部分を大幅にカットし手持ちのバッグハンドルをはめ込んでみただけですが。

これで洋服にも着物にも合うバッグになりましてございます。

買って10年以上寝かされていたこのバッグハンドルも晴れて活用され、大変めでたい(笑)


デブ子はこのバッグには特に興味がなく皿に突っ伏して餌を喰らっておりましたが、なにやらお嬢はライバル心がメラメラのご様子。

柄のくるりんしっぽに対抗して自分のしっぽも最大限くるりん。



このように置いておいたらバッグに対し爪を立て、この後かじっておりました…
2008-03-19

埋められちまった悲しみに…

春になり、晴れれば結構暑いこの頃であるが、雨だとまだまだ寒いのでデブ子もこのように布団に潜り、お嬢も布団上をウロウロ。…そして悲劇は起こった。







…埋められておる。左様、砂かけ動作で埋められておりますな、デブ子。

トイレ後とちょっと鮮度の落ちた匂いのする猫餌に対し砂かけ動作をするお嬢であるが、デブ子に対しても同様だったらしい。



お嬢に生ゴミ扱いされて、牙を剥いて頓死しているデブ子、6歳の春であった。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ