FC2ブログ
2008-03-18

ラブリー風味な黒猫ショルダーバッグ♪


ここ数年洋服を全く買わない人間に成り下がっていたので、あまり洋服屋は覗かないんだが、たまには覗いて洋服の流行がどうなっているのか確認しては『うーむ、昔の流行がまた…』とか感慨にふけっている。

本日久々に『パシオス』という安い洋服屋を覗いてみたらば、かばんコーナーに見逃せないものあり。

うふふふ、黒猫じゃ。くるりんしっぽじゃ。黒猫柄着物に合いそうじゃ。

…1500円と激安着物店で鍛えられた金銭感覚からすると決して安くはないんだが、それでも買ってきちまいましたよ…うふふ。

で、もちろん着物に合わせるつもりなのだが、ショルダータイプなのだな。

ああ、持ち手改造して短くしなくては。

それから中央のリボンがちょっと可愛すぎるのでリボンだけ取り外そう♪


バッグ見つつあれこれアレンジを考える飼い主を尻目に、我関せずで皿に突っ伏して餌を喰らうデブ子であった。

2008-03-17

桜コーデ、2008。その1、装着!



桜の開花する頃は、晴れたら半袖でもいいくらいに暑かったりするので羽織なんざ着ている場合ではない…

その1コーデは桜柄羽織が主役なのでさっさと着ちまわなくては。

というわけでさっさと着ちまったのですが、この日も4月上旬の気温ということで羽織、きっちり暑かったでございます。

…ああ、羽織が着れない時期が来るのね…作り帯のお太鼓をしないで背中ぺたんこで楽できるシーズンは終わるのね(涙)

買って3年、このレモン色風な黄色いビカビカ繻子に恐れをなし、買ったはいいがなかなか締める気が起きなかったこの帯であるが、この3年のうちにすっかり私が派手派手ガラガラどんと化し、この帯に恐れを感じなくなったので3年目にして初めて締めてみたでごわす。

…人が着ると別に普通なのだな(笑)ああ、着物も帯もそーゆーものだよ。

恐るるに足らず、という事が発覚したので3年間の幽閉生活から開放してなるべく桜のシーズンには締めてやることにするよ。



足元はダイソーで買ったミントグリーンにピンクの桜柄足袋靴下。

ええ、足元まで気は抜きませんとも。


んで、この格好で出かけようとしたんだが、私が玄関から出ると同時にデブ子も外へ。

ふと横を見ると、ご近所の不良猫にしてデブ子の天敵、カサマさんちのチョビが堂々と我が家の敷地内で日向ぼっこしつつ我が家の猫の動向を窺っているではないか!



デブ子は気が付いていないが、気が付いたら闘いになるかデブ子がビビッてちびりながら家に駆け込む羽目になるのでチョビにはお帰りいただく。



…帰り方までもがチンピラ風なチョビ。許せん。
2008-03-16

…誰から届いたか言わずともわかるがな(笑)な菓子詰め合わせ♪

くくくくく…同封の便箋の絵柄から、激しく身元を証明しておりますな(笑)

そういえば赤唐辛子さんてば、名前にちなんだもの探せばいっぱい売ってていいなあ。

ええ、これがなっちさんからとかだったら驚きのフェイントでございますが(笑)



最近我が家向け送付物に『中身と箱の違うものを送りつけ』が多く見られるようです。

今回は虎屋の虎の箔押しの箱が届きました。



んで、中身はこれ(笑)

綺麗に並べられててホントに虎屋製品のようですが、らくさん発赤唐辛子さん経由の『みちのく限定りんご味アポロチョコレート』、そして赤唐辛子さんからの『ちんすこうショコラストロベリー味』、『雪塩ちんすこう』が詰まっております。

あ、せっかくのアポロチョコをお嬢が踏みにじっております。すいません。

ええ、体脂肪と闘っているワタクシですが、これらの菓子により体脂肪がどう変化するかも研究致しとうございます。

送り付け合戦も終わらないが、体脂肪との闘いも終わらないであろう。

らくさん、赤唐辛子さん、ありがとうございます♪
2008-03-15

忘れちゃいないよ、このコーデ(笑)やっと着用!




昨年5月にコーデを考えたもののその頃は既に暑く、袷が着れぬままあっという間に夏に突入し、秋冬になるもいまいちこのコーデを着る気にはならず、このままお蔵入りになるかと思われたが、あたしゃ忘れていないよ、このコーデを。  http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/47369236.html

ついに、ついに着てみましたよ!!

…これ、着てみたときは『まあ、思ったよりは激しくはないな…』と感じたんだが、画像で見ると激しく何かの衣装っぽいですな(笑)

大晦日から正月かけてのカウントダウンTVでベッキーちゃんが着てそうな気配が漂っている。

なるほど、これを撮影中、散歩中の幼児とかが通りかかったんだが、やかましい幼児が私の前では無言になりそそくさと立ち去ったわけだ(笑)

で、幼児はそそくさと立ち去るのに対し、犬散歩のおばちゃんは散歩のふりしつつなかなか立ち去らない…

興味津々なのは幼児でもなく犬でもなくおばちゃんであった。

コーデの中の黄色とベンチの黄色を合わせてみたくて裏の公園を利用したが、やっぱこの公園はいつ犬散歩人に出くわすかわからんのう。


持ってる巾着バッグはなっちさんから頂いたものであるが、持ち手が長く、紐も長かったので使いやすく改造。

持ち手は短く、長かった紐は飾り結びにして地味にゴージャスにしてみました。



デブ子、最近はこの和室で君子蘭の鉢に寄りかかって日向ぼっこしているんであるが、私がこの格好で帰ってきたらビビッたらしく家の中で文句を垂れていた…許せん。
2008-03-14

桜コーデ、2008。その1





週1のシェイプアップ教室で体脂肪を測っていたのだが、本日で全10回の教室が終了したのでとうとう自宅でも測れるようにと買っちまいましたよ、体脂肪計付きデジタル体重計。

…夕飯前の空腹時に一番体重、体脂肪が少なく、寝起きが一番多い、という事を発見(笑)

日がな一日体重計に乗っては一喜一憂しているあすかでございます。

さて、春でございますねえ。桜でございますねえ。

毎年恒例の桜コーデの第1弾でございます。

…まあ、色々考えても開花時期ぴったりに着れるのって1パターンだけだったりしますが、それでも考えるのは楽しい桜コーデ。

皆さん、着物初心者のときについつい買ってしまって1枚くらいは桜柄の着物なり帯なり羽織なりをお持ちだと思いますが、ええ、トータルコーデの鬼のところにも桜柄が集まっておりますよ(笑)

あ、でも今回のは着物は桜ではないんだが。

激安着物店で1000円だった綺麗なターコイズ地に桜柄の羽織が主役。

着物は使われている色が羽織とピッタリリンクするので合わせてみた。これも激安着物店で500円。

帯は毎年この時期になるとコーデでは出て来るものの、まだ1度も外に締めて行ってないビカビカ黄色繻子に桜がドドーンな刺繍帯。…今年こそは締められるだろうか…

半衿はセリアで夏場に売っていた桜柄手ぬぐい。

と、まあ、着物以外は桜なのさ。

なんで着物が桜じゃないのかって云うと、この袖の長い羽織に合う丈の桜柄着物を持ってないのさ(涙)


……今、卒業式用に二尺袖の桜柄ポリ着物が安く売ってるから、それ買って合わせちゃおうかしら…

2008-03-13

デブ子にとっては無用の長物…


このようにいつも飼い主の股の間に倒れこみ、腹をもーにもにしてもらうのを無上の楽しみとして生きているデブ子。しかしこのアングルでデブ子を見ると、いつも気になるものが飼い主の目に入るのだった。




…ええ、まつげがあるんです。しかもちゃんとくるりんとカールしてるんです…

あんな感じの悪い荒んだ目つきをしているくせに、まつげだけは少女マンガチックにくるりんと…

一体何の役に立っているのか知らないが、デブ子にとっては無用の長物であることには違いないであろう。

むしろ必要なのはいつも目を見開いているお嬢のほうだと思うが(笑)
2008-03-12

椿尽くしコーデを着るも、椿がまだ余り咲いておらぬ近所。

着物を着る上では、もはや椿柄は時期遅れなのだが、相変わらずうちの近所は山茶花ばかりが花盛りでちっとも椿が咲いておらぬ。

いや、咲いてるところは咲いてるんだけど、そーゆーところは日当たりが良すぎて既に花が傷み始めていたりして綺麗ではないのだ。

お目当ての椿が満開になる頃には、きっと世間は桜も満開であろう…

なので、もう山茶花でも構わないので花と一緒画像を撮りに出かけただよ。



ええ、これは山茶花ですとも。でも遠目には椿だろうが山茶花だろうが余り大差はないか。

椿も山茶花も常緑樹だから、目隠しの生垣として至る所で見かけるのに肝心なときに花が咲いてくれない(涙)



私の知る限り、近場で椿が満開なのは日当たりのいいこの場所のピンクの椿なのだが、この椿をバックに撮ろうと思うと階段の低めの手すり?によじ登らなくてはならぬのだ。

なので足元は階段の手すりの上でございます(笑)



足袋靴下も撮ろう、とカメラを向けると、下駄、欠けてるし…

この下駄安物なのでしょっちゅう欠け、欠けたところは黒マニキュアで塗られまくっている。

教訓、安い塗り下駄は『安かろう悪かろう』である。


さて、この近所、『デブ子よりもデブで目つき悪い白デブ子』が棲息しているんであるが、早速棲家を覗いてみると、いました!



…相変わらず色々と食い込んでいるね(笑)

私が家の外からしつこく撮影してても『ぬお~』っとした目をシバシバさせるばかりで一向に動かない…

どう見ても野良風味なんだが、白い毛皮は綺麗でふわふわだ(笑)
2008-03-11

卒業衣装レンタルカタログ/晴れ着の丸昌




これは、今の時期結構色んなところで無料配布されている小冊子です。

毎年それを貰って来ては、その年の傾向を確認している私である。…ええ、別に袴なんて着る予定はびた一文ないんですが。

しかしこの本、『ヘアメイクのセンス次第でどうにでも見え方は変わる』というのを肝に銘じさせてくれる貴重な本である。

…だって袴と小振袖のラインナップはほぼ毎年同じなのに、ヘアメイクが違うせいで可愛くも見えたり最悪にも見えたりするんですもん。

ここ3年間貰い続けているのだが、毎年毎年雰囲気が変わって侮れない…



左のピンクの表紙、2006年版は非常にカタログらしい、わかりやすい画面構成。

ヘアメイクも奇抜でなく、見ていて目新しくはないがギョッとすることもないオーソドックスな感じであった。



しかし、真ん中の2007年版…こいつが曲者だったのだ。

表紙からしてザンバラ髪に編み物モチーフぶら下げてる奇怪なものであったが、そのテイストが全頁に渡って続く…

袴にチェーンベルト付けてみたりさあ、ニットキャップかぶらせてみたりさあ、『何で誰も異議を申し立てないんだ!?』ってくらいにやりたい放題であった。

……あのさ、若い娘さんがターゲットとはいえ、若い娘さんは一応晴れ着には晴れ着風のアレンジをしたがるものだと思うが。

このスタイリスト、記号のように若者風なスタイリングにしてみたが、実は若い人と接点がないんじゃないのか?という仕上がりである。

ええ、個人的に見ても小振袖+袴には今風のアレンジは合わないと思います。



そして右の今年版。…去年版が不評だったのか(笑)表紙からしてお嬢様風です。

そして中身もお嬢様チックエレガントなヘアメイクとなっておりました。


成人式の振袖コーデも結構毎年激しいものがあるが、振袖の方は結構若い人向けにポップな柄も多いのに対し、卒業式用小振袖は古典柄が多いのでポップなヘアメイクが浮くのだ。

ああ、やっぱり後世まで写真が残りそうな晴れ姿は奇をてらわないオーソドックスなものが一番いいのう…

でないと10年後、その写真見て絶叫するのは他でもない自分だ(笑)


無料配布本でありながら、色々な教訓を与えてくれるこの本。

また来年も収集するであろう。
2008-03-10

恐怖!『七緒』の呪いですっきり格子コーデ…





『ブックオフ』店内をゆらゆらと回遊していたら、『七緒』のバックナンバーを数冊発見し、それが1冊300円だったもんであるだけ買ってきて読んでいるあすかでございます。

…ええ、定価だったら買わない本ですが、300円なら買っても良い。

しかし読んでいるうちに、知らず知らずのうちに七緒の呪いがかかっていたらしく、何となく考えたコーデはこのように七緒ちっくな出来栄えになっていたのであった…

ああ、ガラガラどんは春眠なのかしら~~

遠目にはギンガムのように見える銘仙、ネットショップ『リサイクル着物忠右衛門』で1980円。

未着用で綺麗、何かと気回しの利く着物でございます。

帯は激安着物店で500円だった化繊の単帯。

半衿も薄黄色の格子柄の端切れで春っぽくしてみました。

帯揚げ、帯締めは最初同じ紫にしておりましたが、『いかん、これではあまりにも七緒の呪いに支配されているではないか!』と悪あがきし、せめて私らしさを出そうとオペラピンクの帯締め+セリアの紫薔薇パーツ帯留めを使ってみました。

…うーむ、まだまだ七緒の呪いの方が強力だわな。

どうやら見ている本の影響を強く受けるようなので、豆千代さんとか弓岡勝美さんとかの本をじっくりしっかり見てガラガラどんの勘を取り戻さなくては~~

2008-03-09

汚されちまった悲しみに…









我が家には、家庭内の各箇所にこのような汚れが付いている場所がある。もちろん犯人はこいつだ。

家庭内のあちこちにスリスリマーキングをして回るデブ子。

デブ子エキス(笑)+デブ子汚れが蓄積するとあっという間にこんな風に油汚れみたいになっちまうのだ。

もちろん油汚れ並みに手強いので、ちょっと雑巾で拭いただけでは落ちない…

ちゃんと家庭用洗剤で拭かないと落ちないので、ついつい面倒くさくなり、ついついこのように汚れまくるままに放置されているのだ。

デブ子の顔の高さのところに油汚れ風なものがある我が家(笑)

おそらく年末大掃除までこのまんまであろう。



そして家の角っこだけでなく、お嬢にまでそのスリスリマーキングの魔の手を伸ばすデブ子。



怒り心頭に発し、しっぽを怒らせて走り去っていくお嬢であった。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ