FC2ブログ
2007-12-31

帯留めデブ子の呪いは続く…マジに怖し。



29日に引き続き、30日も有明に行ったのだ。

しかし恐れていた通り暗雲を呼ぶデブ子帯留めの実力は物凄く、29日と同じ時間に起き、同じスピードで用意をし、普通に出かけようとした矢先に晴れの予報だったのにいきなり晴天にわかにかき曇り、雷まで鳴り出して出かける直前に大雨…

お召しですよ、あーた。雨は禁物なり。

しかしここでひるんではいかん、となっちさんに頂いたきりあまり出番のない雨コートを引っ張り出して着用。…ええ初めて目隠し以外にも大変役に立ちました(笑)

んで前日と同じ電車に乗ったつもりでいたのだが、実は1時間出発が遅れていた事に池袋に出るまで気が付かず…

おかげで会場着がPM2:30という有様。

会場でも雨が降った模様で、撤収が早いサークルも多く既に帰ってしまったお目当てサークル半分、まだいても新刊は完売しているサークルが半分で結局1冊しか本が買えず…

……ええ、これは全て帯留めデブ子の呪いに違いない……

ここまで負のパワーの持ち主だとは思わなんだ。怖し。


30日のコーデは川越で買った1000円の『病的市松』お召し。

帯は日暮里『トマト』で買ったポリ縮緬黒猫生地で作った帯。

半襟は100均の紅白市松柄バンダナ改造半襟。

帯締めは100均の市松柄靴紐、そして帯留めは暗雲を呼ぶデブ子…

草履も市松柄、と『市松と黒猫コーデ』になっておりまする。


この着物、着てしまうと結構可愛くて、コミケ会場では特に目立つようなものでもなかったんだが、帯撮ってる画像にはしっかりガン見する通りすがりの女性が写りこんでおりますな(笑)

スポンサーサイト



2007-12-30

暗雲を呼ぶ帯留めデブ子、有明へ行く。





あ、『クリスマスコーデ、その3』からクリスマスの香りを漂わせるものを省いた格好で有明はコミックマーケットに行ってきました。今日も行くんですが(笑)

帯揚げ、帯締めを薄い黄色に替え、根付けをなっちさんから頂いた招き猫UVチェッカービーズ付き根付けに替え、帯留めにここふじさん作デブ子を持ってきました。

ええ、なまここさんに逢えずに悔しかったからではありません(笑)

しかしこのデブ子帯留めの負のパワーを甘く見ていました…

まあ、コミケ会場では特に何もなく、さっさと買い物も終わったのでよい。



池袋東武が毎年恒例、着物コーデのショーウィンドーになっていて、相変わらずマネキンがいかがなものか?なのもよい。

なぜか撫松庵のばかり出てるんだが。


会場で買い物が早く終わったので、29日まで開いている、日暮里の『トマト』についでに帯芯代わりの厚手キャンバス1m250円を買いに行きました。…滅多に山手線乗らないしねえ。



んで、トマトの戦利品はこちら。オール1m100円コーナーにあったもの。

やけにリアルな鳥とラッコ柄(笑)『ネイチャーなリバーシブル帯』を作るつもりだ。

ふふふ。ラッコ可愛いんだぜ。ウニ持っててぷかぷかしてさあ(笑)

…そしてクリスマスが終わったらさっさと100円で投売りされてる柊柄…来年まで温存しておくよ。

あ、お目当ての1m250円帯芯代わり厚手キャンバスもちゃんと買えました。ここまではよい。


問題は自宅の最寄り駅に到着した時に起こった…

横なぐりの雨なんですよ…出かけるときには晴れてたのに…雨の予報も出てなかったのに…

もちろん傘なんざ持っておらん。

車停めてる場所まで辿り着くにはどうしても傘が必要だが、せっかくトマトで安く生地を買ったというのにキオスクで高い傘を買うなんて言語道断だ。

まあ、車で家族に傘を持ってきて貰うのがいいんだろうが、その頃我が家ではちゃんぽん喰っていて『麺類喰ってる時に迎えに行ったら伸びるじゃないか!!』と電話口で激しく罵られるのがオチだったので、何とか自力でこの危機的状況を乗り切らなくてはならない。

…家族が全くアテにならないと自力で乗り切る能力が身につきます…


で、私がどうしたか!?



買ってきた生地を雨具にしたんでさあ(涙)

トイレで裾を帯締めに挟んで上げて、その上からギンガム生地で腰巻きを。

鳥柄生地をマントにしたら何とか全身覆う体裁にはなった。…ただし激しく不審だが。

しかし背に腹は替えられない。

この格好で自分の車の置いてある駐車場まで歩いていったさ。道行く人々にすんごく見られながら。


……10分後、雨はいきなり止んだ。お~の~れ~!!

着物は無事であったが、この変な格好で地元を歩く羽目になった私の心の傷は深い。

帯留めデブ子め。最後にちゃんとオチを用意していたか。


しかし今日も着ていくコーデにはデブ子帯留めが!!

…これで今日も何かあったら絶対デブ子帯留めの負のパワーのなせる業である。
2007-12-28

着物に役立つ!小さめサイズのフリースひざ掛け♪



冬場には、どこの100均でも売っているフリースひざ掛け。

ひざ掛けとして使うなら大きい方が暖かいですが、100均の小さいフリースひざ掛けは、冬の着物姿に役に立ちます!

この画像のひざ掛けは50×70cmというミニサイズ。

これをですね、羽織とか道行きとかの裏地に安全ピンでくくり付けるのです!!



まあ、即席ライナーみたいなもんですね。しかしこれが侮れないくらい暖かい。

昔は真冬、羽織の下に真綿を背負ってから羽織を着たという話ですし、綿よりはフリースの方がすっきりしていてよかろう(笑)

これプラス背中にカイロ貼ってたらポカポカですよん♪

あ、フリース生地はどこの手芸屋でも売ってますが、100均ものが一番薄っぺらなのでそこがライナー機能として優秀(笑)

試しに1枚買って、羽織の裏にくくり付けてみてくださいね♪
2007-12-27

変人からクリスマスに頂いたもの♪

実は25日のクリスマスが誕生日なワタクシでして、ありがたいことにバースデープレゼントを贈ってくださった変人あり。

まずはozawamiさんから♪



渋い赤系の手編みのアームウォーマー♪と敷き布にしているアリスのトランプ柄生地!!

浅草での変人総決起集会に編み終わらなかったというアームウォーマーですが、誕生日にはちゃんと間に合いました(笑)

しかし驚いたのがアリスのトランプ柄生地。…実はうちに知人から貰った『恐ろしいちぇしゃ猫の食玩』が数年前から棲息していたのだ。

…これ、帯留めにいいサイズなんだが顔が横からしか見えないし、見えても恐ろしい笑顔で怖い…



画像だと笑顔が爽やかですが、実物は歯までリアルで不気味で怖いです。

しかし不気味で怖いものほどブログ的には大受けするので、『これ、帯留めに加工してアリス柄の生地で作り帯作ってコーデしようかな…』と思っていたのだった。

ただアリス柄の生地は高いので、実行には移していなかったんだが(笑)

……偶然にも届いてしまったこの生地。これは作れという神の思し召しですな。

というわけでそのうち『不気味!!ちぇしゃ猫の笑顔が舞うアリスコーデ』というものがアップされそうだ(笑)



こちらは赤唐辛子さんから。

お馴染みの沖縄食品でございます。以前にも送ってもらい、その美味さに感動した『田芋パイ』をリクエストしたところ大量のパイ(値札付き)と共にジーマーミー豆腐ともずく、そしてチルドゆうパックで冷やされた梅柄足袋靴下まで入っていました♪

真冬でももずくが食卓に登る我が家なので大変嬉しゅうございます。

そしてジーマーミー豆腐。ピーナッツの豆腐ですが、甘いのでうちではなぜかデザートの扱い…

田芋パイは既に半分が食い尽くされております…田芋パイ大好きな埼玉の一家でございます。

…私のバースデープレゼントなのに家族が大半食い尽くし、なんだか納得できませんが。

変人のお二人さん、ありがとうございまする~♪

●おまけ画像●



26日にすっかりクリスマス飾りをむしられ、丸裸にされ本来の『情けないおかん作3段トピアリー』の正体を暴かれたツリー…
2007-12-26

その4コーデのクリスマス♪



…赤目防止フラッシュにしてるのに、なぜか赤目に写るなり。

きっとデジカメ内では『赤目防止小人』と『赤目製造小人』が死闘を繰り広げ、毎回赤目防止小人が負けている、と。…意味なし。

あ、その3コーデをすっ飛ばし、その4コーデでクリスマスを過ごしましてございます。

その3コーデ、あからさまなクリスマス小物を外せば通常に着れるコーデなもので。

しかしこの、その4コーデは柊柄足袋の今年で最初で最後の出番になりそうだったので、髪にまで柊造花をぶっ差し、『クリスマス柊柄コーデ』ということにしておきました。

ええ、造花は決してケーキの上に乗っている飾りを再利用したのではありませんとも。


今日になったらどこの家でもあれだけ賑々しかったイルミネーションもリースも見事に片付けられ、うちの親父特製変ツリーもすっかり丸坊主になり、元の情けない3段トピアリーとして階段の踊り場に佇んでいる…

2007-12-26

不穏顔デブ子


ご訪問ありがとうございます♪よろしければコメント等残していってくださいませ!

2007-12-24

イブのデブ、ザブをもらう。



こんな風にいじましい顔をして、飼い主の足にすがるデブ子。それを見た親父、デブ子に自分が着ていたボロボロ半纏(廃棄寸前)をクリスマスプレゼントとして与えていた…

電気ストーブ前のベストポイントに猫おザブとして設置。デブ子、早速使ってみる。



なかなか好評の様子。すっかりくつろぎモードのデブ子。



デブ子がちょっくら立ち去ると、すかさずお嬢もご愛用。


…しかし帰ってきたデブ子、お下がり廃棄寸前半纏猫おザブをフンケフンケしたのち、元の自分の愛用ベットに戻る…



それならば、とすかさずお嬢が半纏おザブを制覇。……結局おザブはお嬢のものになったようだ。


ちなみにこの猫ベットとおザブ、飼い主の通路に置いてあるので甚だ邪魔であるが、取り上げると黒猫ズが飼い主にまとわり付いて暖を取って更に邪魔なので、この2つをまたいで部屋を歩く飼い主である。
2007-12-23

クリスマスコーデ2007、その4♪






クリスマスコーデばかりこんなにアップしてどういうつもりなのか。

…ええ、おかげで全くお正月コーデが思い浮かびませんとも。

ホントはその3で打ち止めの予定であったが、なっちさんが『あの足袋は…』としきりに手作り柊柄足袋の行方を気にするので、急遽その足袋を引っ張り出してコーデ致しましたよ。

……『こんなんあすかのコーデじゃない!!』とまたしてもブーイングが起こりそうなあっさり系、しかも恐ろしい事に上品です。

実はこーゆーコーデも好きなんです、私。なのにこーゆーのを着るのを許してくれない訪問者各位。

…ホントにホントに一体あっしはどんな生き物だと思われているのやら。……珍獣ガラガラどんと思われているわけか。


激安着物店で500円だった、生成り地に緑水玉のお召し。

同じく激安着物店で500円だった、つつじ色地にシルバーの雪の結晶柄帯。

帯留め、根付けは100均クリスマス飾りを改造。

半襟、足袋がお揃いの柊柄でございます。

帯揚げ、帯締めが使いまわし、というところからクリスマスコーデに対する疲れが見え隠れしております(笑)


ああ、ホントにこれ、着終わるのかしら…24,25日と着てしまえばいいわけだが、すでにその1,2を着てしまっている以上、すっかりモチベーションが下がっている私だ。

2007-12-22

クリスマスコーデ2007、その3♪





かなりクリスマスカラーの主張がなくなってまいりました、その3ともなると。

…しかしこの色のガチャガチャしたコーデはうちの『親父特製!下品な変ツリー』に相通ずるものがある。

あ!こーゆー事言うと『変ツリーの前で撮れ~撮るのだ~!!』というコメントが来てしまう!!やばし。

しかしこれ見よがしにクリスマスカラー3色で構成されたその1コーデよりは、遥かに着やすくてそれなりにパンチもあるコーデになっております。

ええ、多少はパンチのあるコーデにしないと訪問者各位からブーイングが巻き起こるんでさあ(笑)

…皆様は私が普通のコーデを着る事をお許しにならない…一体あっしは何者だと思われているのやら。


着物は激安着物店で1000円のいかにも銘仙な銘仙。

羽織も同じく激安着物店で1000円の羽裏がザリ羽織。

帯は去年作ったリバーシブルクリスマス柄作り帯のB面『クリスマスカラーなチェック』

帯留めは結局私が現物支給として貰った、ななぼんさん作の加賀指貫。この時期に多用するともさ。


……あああ!!こんなギリギリまでクリスマスコーデ考えてたら、ちっともお正月コーデ考えてない!!

年賀状みたいに勝手に喪中って事にしてコーデやめようかな…あ、ちなみにちゃんと年賀状は出しましたよ♪

2007-12-21

絶対家の変ツリーでは撮りたくないらしい…その2コーデさっさと着用。




なぜか『昭和の香りのするツリー』として妙にブログでは人気のあるうちの『親父特製!下品な変ツリー』であるが、実物を毎日眺めている家族間では著しく不評…

クリスマスコーデを考えるのはいいんだが、他所の家がクリスマスデコレーションをしている間に着用して撮らなければ、あの変ツリーをバックに撮る羽目になるので『そいつはごめんだぜ』とさっさと着用し、冬の空の下車で走り去った私だ。

しかし天候のせいかやけに暗くなるのが早く、フラッシュなしでは厳しい上に、あの発見した『教会風大人のクリスマスの家』、本日は客が多いのか車がぎっしり停まっている…

これではあの家では撮れない(涙)

…失意のうちに、徐行運転でフラフラと『フラッシュ撮影でも綺麗な明るい外壁、シンプルなクリスマス飾りの家』を物色。

ありましたよ!外壁が白でスタジオ撮影風になる上に玄関扉にシンプルにリースが1つの家が。

フラッシュ撮影をすると対象物は明るくなるんですが、背景は暗く写る我がデジカメ。

しかし白い背景だと反射で全体的に明るくなるんであった。めでたい。

…しかし撮った画像見ると、半襟の柄の出方が上手い具合に左前風につながって見えるのだな。失敗。

なので『あれ!?襦袢左前に着てる??』とか思わぬように。

プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ