FC2ブログ
2007-11-18

秋の秩父路は寒かった…

埼玉で小学校を卒業した者は『郷土さいたま』というローカルな教科書の勉強を社会科の時間にやらされるのだが(今は知らない…)、その中で『埼玉のど僻地、大滝村』の存在を知らされるのだ。

そして『大滝村に行ってみたい…』という野望を持つ者も少なくない。それは実の姉と連れである。

…何で身近に大滝村好きが2名もいるんだか…

で、姉は勝手に行ってもらうとして、連れが前から行きたいとのたまっていたので『そろそろ行かないと秩父の冬は厳しいぜ…』とやっと秩父へ行く気になった私であった。

しかし大滝村って秩父の中心地から更に車で1時間の山奥ですぜ!?

幸いうちは東松山なので、高速も2区間乗るだけで秩父最寄りの花園インターに付くんだが、秩父への行程はこれからが長いのだ…

最寄りのインターから秩父中心地まで50分ってどうよ?

なので11時集合で、12時頃秩父着、昼喰って大滝村へアタック(立派な登山だ)というスケジュールだったんだが、私が起きたのは集合時間の11時であった…

…2度寝は危険だ。

しかし1時間で全ての支度を済ませ、昼12時になんとかスタート。…怒らない連れは偉いよな…


んで、秩父。中心地は西武秩父駅付近であるが、秩父にもキンカ堂がある!!しかもどの店舗よりも立派で綺麗な外観だ!!

…ちょっと寄ってみたかったが時間が押している(自分の所業)ので車から通り過ぎるのみ。

昼には秩父名物のそばのくるみだれを喰ったんだが、腹が減っていたので普通に喰い尽し、別の席の男性が『そばの写真撮っていいですか?』と店員に話すのを聞いて初めて画像を残さなかったことを思い出した私だ。

あ、くるみだれってのは、麺つゆにくるみ挽いたのがブレンドされてるちょっと濃厚なつゆです。

でもゴマだれみたいにしつこくなくて後味爽やかで非常に美味かったです。

秩父のそば屋には結構くるみだれ扱ってるところが多いので機会があったら是非!!



あ、この猫は秩父で唯一見かけた、そば屋の裏にいた猫です。…何かボロボロだし…



秩父中心地から更に車で1時間。奥秩父は大滝村の唯一の観光スポットは『三峯神社』

縁起は古事記にまで遡る古刹でございますが、修験の地でもあるので当然厳しい山奥なり。

……寒い。寒いんだよおおおお!!(涙)

市内では少し寒い程度だったが、三峯は息が白いんだよおおおおお(涙)

『こんな寒い山奥に着物で来てるバカたれは私くらいのもんだぜ…』とやさぐれていたら、駐車場でもう1人着物の女性発見!!ただしそちらは別珍着物コートに襟巻きという防寒バッチリな出で立ちであったが。





三峯神社、憑き物落としとして知られるところなのでなぜか髪の毛が鬼太郎チックに反応している私だ(笑)



馬鹿げた鬼太郎チック画像だけでなく、一応黄色い紅葉の前でも撮ってみた。…あまり赤い紅葉がなくって黄色が多かったのだ。

そして『今ならもれなく神社仏閣で菊祭りがあるじゃろ』という目論みが外れ、三峯では菊祭りの気配すらない。

…そりゃ、菊にとっては厳しいだろうさ。この寒さは。

そして菊祭りを求めて秩父市内で目を凝らすワタクシ。



この菊祭り会場は三峰山から下山してきてすっかり日が暮れ、帰途で通りがかった『道の駅はなぞの』の菊祭りです。

すっかり閉園していて暗かったのだが、別に料金制でもないし、ただいたずら防止のために入り口にロープ張っているだけなので、ロープをくぐりぬけ、意地でも撮ってきましたよ菊祭りで菊コーデ画像!!

まあ、ホントは着物と同じ乱菊の前で撮りたかったが、菊を選ぶ余裕なんざなかったのさ。

借景女はどこに行っても不審者になるのだな。



あ、三峯で引いたおみくじは中吉なり。まあまあってとこか。

しかしこのおみくじ、もれなく何かチャームのようなものが付いてくるんだが、私に付いてきたのは招き猫。これが怖いのだ、顔が…



そして三峯のお犬様の祟りか、予想通りに足袋の底は大破し、そればかりか家に着く一歩手前の駐車場で下駄の鼻緒までもがぶっちぎれたのであった。

…これ、神社内だったら絶対『三峯の神の逆鱗に触れた不敬な女』として大注目だったわ。

もしそんなことになってたら、この破れ足袋を地下足袋として歩かねばならなかったところだ(涙)
スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ