FC2ブログ
2007-10-31

富山から、ハロウィン合わせで菓子類がごっそり♪

ハロウィンに菓子類を与えないと、この女はどんな嫌がらせをするかわからないと思し召したのか(笑)なっちさんから富山銘菓がごっそり届きました♪

…なっちさん愛用の『しいたけ栽培セット』の箱に入って…(笑)




和菓子系はどこの地域でも似たり寄ったりなのが多いですが、とにかくネーミングが面白い!

どこぞの有名菓子のパクリでありながらも、涼しい顔して『ご当地もの』名前で売っているのが楽しいのである。

ちなみに埼玉でも山梨の『信玄餅』のパクリで『らかん餅』、仙台の『萩の月』のパクリで『局の月』(更に安くてまずいのだと『川越の月』ってのもある)という菓子が売っている。

…この『萩の月』のパクリ菓子、どこにでもあるんだなあ、と感心しましたよ、この画像の中の『甘金丹』。

ええ、萩の月にそっくりでした(笑)こっちはカスタードが滑らかですが。

…日本全国に散らばる萩の月のパクリ菓子を調査したくなりました(笑)




菓子類だけでなく、頼んでいたものも仕事ものも…

こっちには売ってなかった透明コード留め、そしてやたらと足袋を量産する私にこはぜいっぱい。

なっちさん作のデコレーション指針山?それとも指輪??な『紫の矢羽根の薔薇の人』。

そして撮影を頼まれているぷち指貫シリーズ最新作『ぷち指貫かんざし』。

…このかんざし、グッドアイデア!!

100均の短め箸にぷち指貫を通しただけですが、これ2本で夜会巻きが固定できます。

うっかり撮影せずにわたしがそのまま買い占めて隠匿しそうになりました(笑)


ふふふ、今頃は外国じゃ子供らがお菓子をねだって仮装して練り歩いているのであろうが、わたしゃこれからなっちさんから頂いた菓子類をむさぼり喰うことに致しますよ。

ありがとう、なっちさん。菓子をねだって歩き回らずに済みました(笑)
スポンサーサイト



2007-10-30

『連日参上!!借景女に取り憑かれた哀れな家』、の巻

昨日に引き続き、今日もまた借景女が通ってくる家…気の毒に。

ハロウィンが明日なので、このデコレーションが撤去される前にハロウィンコーデを全部撮ってしまいたかったのさ。

でも今日はまだ可愛げのあるコーデなので怖くはなかろう…








昨日のが『やけに怖い』との評判だったので私としてはしてやったりなのであるが、今日のコーデは全体的にラブリーなので髪も付け毛でふわふわしてみた。

…ええ、笑顔であれば怖くないんです、私は(笑)

今日は『怖さ』を追求していないので、それでも怖いとかいう反応だったらどうしてくれよう、いや、どうしよう。


この家、明後日にはハロウィンデコレーションが撤去されるであろうが、その後はほぼ確実にクリスマスデコレーションに移行すると踏んでいる。

クリスマスデコレーションの出来によっては借景女、またこの家に虫のようにたかるであろう。
2007-10-29

恐怖!借景女、復活!!

借景女…それは季節の花が美しく咲き乱れている家や、季節のイベントのデコレーションが楽しい家の前に着物で出没し、無断で玄関先で撮影をしていく人間のことである。

…我が家の物干し場の朝顔も見るも無残な枯れススキ状態になっちまい、そろそろまた借景をしにあちこちふらつく私であった。








ここの家、人通りのない住宅街(薔薇のときの家と目と鼻の先)のなかにあり、ハロウィンデコレーションがとってもラブリーかつ撮りやすい位置に飾られているのであった。

ちなみに家全体もやけに洒落たモデルルームみたいなんである。

借景女が目をつけないわけがない(笑)

…今回は特に犬に吼えられたり家の住人に見咎められたりはせずに撮影終了。




しかし移動後、せっかくのハロウィン足袋が映ってないのに気が付き、さすがに同じ現場に戻るのも怪しすぎるので近くの小道で撮影。

この小道、ぱっと見民家の階段に見えるんだが、狭いながらも立派な通路。

でも狭くて階段なので通る人はほとんどいない…

そしてここ、人目につかない上に結構趣のある小道なのである。

借景女、今度からはここに撮りに来ようと誓ったのでありました。

…ちょうどいい具合に色が付いてきた蔦もあったし(笑)
2007-10-28

謎のお召しによる同系色白薔薇コーデ♪

先日激安着物店で買った、500円の『謎の薔薇柄お召し』。

赤唐辛子さんから『いつものチョイスとは違うので何か企んでいるのか!?』とのご指摘が。

…ええ、うちにヤフオク始めた初期の頃に落札した白薔薇の帯があるものの、全く使われないので、同じ白薔薇柄同士、ちょっとコーデしてみたくなったんですの。

でコーデしたのがこれ。








私にしては珍しい、同系色のコーデになっちょります。

そしていつものガラガラどんではありませんが、一応は薔薇尽くしコーデ。

半襟も着物も帯も帯留めも白薔薇でございます。

…こーゆーのも嫌いじゃないです。かっこよくて。

大人の女性が濃い赤の口紅で、夜会巻きに髪をまとめて着てると素敵ですのう…




羽織を合わせるとこんな感じ。

羽織が加わると、見える部分に白薔薇が集中するので、より薔薇部分が強調されますね。

羽裏がからし色1色なので、帯揚げ、帯締めも合わせてからし色に。…今回は困ってからし色にしたんじゃなくってよ!!(笑)


…この羽織、確かozawamiさんも持ってなかったか!?

そして羽織紐が気に入らず、作り変えていたような覚えが…

ええ、この羽織、確かに羽織紐がチープな作りで、作り変えてしまったozawamiさんの気持ちがよくわかったのでありました…
2007-10-27

緩慢なのか、俊敏なのか…


最近出番が少ない、というご指摘のデブ子。…こんなやつでも人気もの(笑)なのでひさびさに動画付きでデブ子のよくわからない日常をば。


…なんだか小さい箱をデブ子は見つけたのである。

そして何を思ったか一心不乱に箱の解体に勤しむのであった。


…部屋が荒れているのは飼い主のせいではなく、デブ子が蹴散らかしたせいです。ええ、決してデブ子に罪をかぶせてはいませんとも。

そして毎回毎回上手く撮れない『腹肉を高速で揺らしながら逃げていくデブ子』

今回もダッシュで逃げていくのを追っかけたのに、ほんの少ししか高速揺れ肉、撮れず。

…ええ、飼い主は毎日見ているんですけどねえ。

人気もの(笑)デブ子の揺れ肉、是非にも皆様に見せて差し上げたいのだが、残念だ。

これからも揺れ肉狙いで、デブ子をパパラッチすることに致しますよ。
2007-10-26

作りためた作り帯、第4弾!『可愛いようで実は怖い黒猫の行進+元から歪んでいる大きなギンガム…』



足袋も作り帯も大量に作ってしまっているので、どっちが何弾目でどっちが何足目なんだか混乱の極みでございます。

ブログの過去記事を見て思い出すのであります。ブログで持ち物管理をする私(笑)

作り帯4弾目は黒猫の行進と大きなギンガム。

黒猫の行進生地はキンカ堂で1m399円のおなじみの価格の生地。

ぱっと見は可愛いんだが、よく見ると黒猫の目がつりあがっている上に光っている…怖し。

なので一見可愛げであってもここふじさんお手製の怪奇デブ子帯留めとバッチリ合います。

あの帯留めは大きくて存在感がすごい割には結構色んな帯に合うのであった。侮りがたし、デブ子帯留め。

裏の白×グレーの大きなギンガム、100均で1mサイズで売っていた。

大きいギンガム生地ってあまり見かけないので(見かけても高い)100均で見つけて速攻帯に。

でもそこには落とし穴が…

普通、縞とか格子の生地はそれ自体が方眼紙のような役割をしてくれるので、その線に沿ってそのまま何の印もつけずに縫ってしまうんであるが、こやつ、どうもおかしい…

線に沿って縫うほどに幅が狭くなっていく帯…

そう、まっすぐじゃないのである。線そのものが。

柄に合わせて縫うと斜めになった変な形の帯が出来てしまうので、柄を無視して縫わねばならず、したがって大きなギンガムが歪んだ出方をしている帯になってしまったのであった。

ふふふ…100均は裏切らない…

2007-10-25

朝顔、いよいよもって最期の時に向かっている…

ちなみに画像は10日ほど前のものです。…今現在激しく終焉を迎えつつありますよ、朝顔は。

ううう、きっと次回で終わりだなあ、朝顔の書庫も(涙)




10月も半ば過ぎから朝顔の葉も黄色く色づき始め、種もミチミチに恐ろしく実っております。




ヘブンリー君、なんだか異様にアブラムシにたかられ、いくら薬剤散布しても効果なし…

…まあ、今はあまりたかれるような花もないからアブラムシも必死なんだろうさ。

しかしそれでも最期の力を振り絞って花を咲かせております。

ちなみにまだ種は付いてません…ホントに間に合うんだろうか、枯れるまでに。




一方、他の3本の朝顔たちにはもれなくびっしりと種が…

種が収穫できるのは嬉しいんだが、ここでひとつ問題が。

みんなしてわさわさ茂り、ツルが四方八方に伸びてくれやがったため、花も葉っぱも枯れかかっている現在、どの種がどの朝顔のものなのかわからなくなりつつある…

ええ、ほぼ確実に来年この種を貰った人が『色が聞いてたやつと違うじゃないかい!!』という、今年私が味わった思いを味わうことになるであろう。

色違い朝顔の悲しみの連鎖は果てしなく続く…




我が家の朝顔で一番の長寿がこの矮性朝顔の吊り鉢植え。

7月頭に買ってきてから断続的にずーっと小さいながらも花を咲かせています。

…もしかしたら室内に取り込んだらもっと長生きするかも。




朝顔の苗と一緒に買ってきたランタナ。

今、こやつが異様に元気いっぱい。

買ってきたときは白、ピンク、黄色の3色しか咲いておらず『七変化』の名前に偽りありだったのだが、肥料を与えたらいきなり色が変化し始めたのだった。

朝顔はもうそろそろ力尽きそうなので、今度はランタナの世話に血道をあげることにするよ。
2007-10-24

週刊『まだ夏物の入れ替えも終わってないのにまた増えてるし…』

ええ、瞬く間に増えていく着物と帯。

今までは買ってすぐに写真にし、所有している着物と帯がすぐわかるもののどこに仕舞ったかはわからない、という状態だったのだが、最近では画像撮るのすら追いつかず、したがって何を買ったのかのかもわからない状態になりつつある。

…伝染ったのかしら、誰かの汚部屋ウィルスが。

さて、今回の激安着物店での買い物はこちら。




臙脂色に、なぜか掛け襟と上前の裾(しかも絵羽ではない)だけに白い薔薇柄のある妙ちきりんなお召し?500円。

これ、一体どんな部類になるんだろう。小紋にしては柄が少なく付け下げにしては激しく貧相だ(笑)

サイズも大きく綺麗な着物なんだが、この分類不可能なせいで500円だったのだろうか…




黒地に浮かぶギンガム風な花びらの菊柄銘仙羽織は1000円。

このギンガム風の菊がカネコ系のコサージュを彷彿とさせるのであった。

2000円の品が1000円に値下がりしてたので、状態はすごく綺麗です。




買って来て初めて気が付いたんだが、羽裏にはミチミチにザリ、いや伊勢海老が。

カネコ風菊にザリ、いや伊勢海老…この謎の組み合わせ…




蔦柄に蜘蛛の巣というちょっと艶っぽい帯、500円。

昨日アップした紅葉(蔦っぽくもある)の着物と合わせてみました。

…今回はこの帯に人気が集まりそうだなあ(笑)

さっき買ってきたばかりなので、当然作り帯になってはおらず、なんとこのワタクシがお太鼓結びをきちんと結んでおります。

やれば出来るんですが面倒なのでみんなぶった切ってやる…ふふふ。

だってやっぱり好みの部分の柄が出ないんだもの~半幅の。




んで、何を思ったかいきなり『紅い長襦袢が欲しいのう…』という物欲に捕らわれていた私であったが、激安着物店にあるだろう、とヤフオクで我慢したらやっぱりあった。

ちょっと丈は短いけど、裄62、袖丈64という私の手持ちのアンティークに多いサイズの紅絹の長襦袢、500円。

激安着物店、赤い襦袢は大量にあるんだがみんな2500円なんだな。

これはちょっとシミがポツポツあるからなのか500円でラッキー♪

今まで筒袖襟付き半襦袢のみを年中使っていたが、これからは冬場はこれを使おう。

…お嬢も何か思うところがあるのか、長襦袢の上にどっかり座り所有権を主張していた…


本日の合計、2500円なり。

おやじ、最近水曜日に行くとレジにいないので値引きして貰えず…(涙)
2007-10-23

紅葉尽くしコーデ♪~還ってきたガラガラどん~




あ、『紅葉尽くし』と宣言しておきながら紅葉柄足袋靴下を合わせるのを忘れた…

一応足袋靴下も黒地に赤紅葉柄だということにしておいてくだされ。

今年は紅葉が遅れるという話ですが、そーやって油断してるといつの間にか散っていたりするので早めにアップを心がけました。

この紅葉柄(なのか??…蔦っぽくもあるんだが…)銘仙、ネットショップ『リサイクル着物忠右衛門』で1980円なり。

『傷みがあるので材料用』とのことであったが、このお店、結構査定?が厳しくて、多少は汚れてても普通に着れるような着物であっても材料用と表記している場合があるのだ。

なのでバリバリに着るつもりで買ってみた。

……現物は確かに材料寸前の代物であった……ええ、店側は嘘はついていない。

あちこち小穴はあるし、生地自体もどうです、この裏が透けて見える薄さ!!

そして弱くなってる銘仙特有の症状、縦に裂ける…

この段階ですでに身八つ口のところが裂けているが、このまま着てうっかりしゃがもうものなら絶対尻が裂けるであろう。

なのでこれ着て出かけるときは羽織が必須だなあ…




羽織を合わせてみるとこんな感じ。

…ちなみにこの羽織もヤフオクで1100円だった、『材料用』(笑)

ええ、これも小穴とシミがふんだんに散りばめられています。でも生地は弱くなってないので着てやるともさ。


先日作った作り帯と半襟、帯留めはセリアで買った100円箸置き帯留め。

ふふふ、この帯『どうしちゃったんだ!?正統派で!!』と言われておったが、なかなかどうして私がコーデするとこのようなガラガラどんと化すのであった…
2007-10-22

手作り足袋、第7弾!『生成り地に白いミチミチ葉っぱ柄』


第6弾の『ミチミチ薔薇柄』と同じシリーズの生地です。

薔薇柄よりも甘さがないので、応用範囲の広い足袋になりそうです。

葉っぱ部分の面積が多いためか、白いプリントがさらにくっきり浮かび上がります。

…ozawamiさんは絶対あの薔薇柄よりはこっちのほうが好きだと思うんだが、『嫌いじゃないけど、別に』とかだったらどうしてくれよう、いや、どうしよう(笑)

裏は薔薇柄と同じ水玉。…淡色系の場合は裏の生地が濃いと透けちまうんで、あまり生地で遊べなくて残念だ。

毎回、縫い代通りに縫うと底布の指の分かれるところの付け根が引き攣れてしまっていたのだが、真之介さんにその解消法を教わり今回の足袋はかなりマシになりました。

うーむ、それにしてももう7足目か…

10組頼んだこはぜ、『ま、何年かしたら消費するだろう』と思っていたら、すでに半分消費してしまい、今年中には底を尽きそうな勢いだ。

プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ