FC2ブログ
2006-11-18

しつこいようだが、これでも双子な黒猫ズ…



親子ではありません。まして、時期違いの兄妹ではありません。双子です…同じ日に同じ母から生まれた双子です(涙)


今まで散々『親子並にサイズが、重さが違う』と公表してきましたが、明らかに違いのわかる画像が撮れたのでアップしたる。

…双子であってもこれほどまでに差がつくという不思議さに驚愕してくださいませ(笑)

『お母さん猫が骨格小さいから、この子たちも大きくなりませんよ』と黒猫ズを譲ってくれた獣医はのたまった。

……大きくなったじゃないかあああ!!重くなったじゃないかあああ!!!

と文句言ったら(笑)『きっとお父さんが大きかったんですよ』と言い訳した。いい加減なり(笑)

……しかし最大の不思議は黒猫ズの母が三毛らしいってことだ。

母は三毛でありながら子猫2匹真っ黒…遺伝って不思議。
2006-11-17

その他のポリシリーズ、その1『藤と桜の季節感まるで無視の長羽織』



昨日、行きつけの手芸店『キンカ堂』のご優待セール20%引きで買ったポリの長羽織、3192円です♪

ヤフオクでも3500円くらいからなので、まあ、お買い得ではありました。

『アッシュ・エル』という着物から小物全般をかなりお手頃な価格で出してるブランドのものです。

ここはポリの中でもプリントがとても綺麗です♪

ですが、季節感がちと狂ってるのがいかがなものか(笑)


長羽織、アンティークものしかもってないので、現代ものの袖の短い着物やポリ着物用に現代もの長羽織が欲しかったんですが、アンティークの丈に慣れてる身としては、現代ものの長羽織ってホントに長い…という感想です。

アンティークものの長羽織の丈はだいたい90cm、この羽織は108cm。その差18cm!

……そりゃ長いわけだよ(笑)でも本来の長羽織のバランスって現代の標準身長に換算するとこの丈になるのかなあ。

昔の人って低い身長に長い羽織をズルズル羽織ってたのね(笑)


この羽織はとっても長いので、アンティークもので膝下に汚れがあるものはこれを羽織れば隠れるな。

それは嬉しいんだけど、そうすると袖丈だの裄だのの調節をしなきゃならんのね~面倒な!(笑)

でもアンティーク柄なので、アンティーク着物が1番合う…

今回のような地味着物にも合うけどさ(笑)


と、気軽に結構重宝しそうな羽織なのですが、問題は柄!藤と桜ですよ!春の花ですよ!!

せめて桜を梅にしてくれればいいものを…浴衣もそうですが、なぜに季節を無視するのだ現代ものは!

…文句言うなら買わなきゃいいじゃないかと思うでしょうが、だってこれが1番好みの色柄だったんだもの~綺麗だったんだもの~藤柄好きなんですもの~

画像よりも綺麗な江戸紫色で、羽裏も綺麗な紫のぼかしで菊柄の綸子調。3192円だったら買っちゃいますよ(笑)

こうなったら堂々と開き直って着てやる!!!!そもそもこの柄で長羽織なんて作る方が悪いのさ(笑)

…都合の悪いことは全て人のせいにする卑怯者であります…

2006-11-15

3800円ポリシリーズ、その3『麻の葉尽くし』





毎回全身画像が大きくて、全部見るのにスクロールが大変なので今回から全身画像のみは小さくしてみました。これで全体的な雰囲気は掴みやすくなるかと。

3800円ポリシリーズ、最後はこのすっごく地味な麻の葉と縞の着物。

ポリ着物は値段によって明らかに生地の質感が違うのですが、この着物は値下げされて3800円だったので、生地がそれなりにお召し風な縮緬になっております。

…3800円ポリシリーズ、その1、その2は何だかよくわからないガリガリとしていながらも光沢のある、ま一言で言えば安っぽい生地で出来とる(笑)そんで張りがありすぎる。

私の手持ち着物の中で最高金額のポリ着物なんて、見た目正絹ですごく柔らかい手触り!ポリ着物は値段と質が見事に一致している…


…この着物、激しく地味なのでばあさんになっても着れそうですが、少しでも若くコーデしようと思ったら小物、帯で頑張るしかないなあ。何かポリはそんな着物ばっかり(笑)

麻の葉小物と帯があったので、オール麻の葉コーデにしてみました!

帯と小物が明るい色味なので、何とか地味さは中和されたかな?

帯はヤフオクで1100円。染めの匹田に刺繍がされてるのですが、ところどころ匹田部分にでこぼこ加工がされていて『なんちゃって絞り』風になってるのがお茶目です。

小物は手芸店で買った生地からの手作り。

…この生地で出来た鼻緒の下駄、ネットで売ってるんですよね。

白地に赤の麻の葉柄足袋靴下も売ってるとこ見つけたし、いっそのこと全身麻の葉コーデにしてしまおうかと考え中(笑)

2006-11-13

さつまいもコーデ、黒帯バージョン着てみました!



ozawamiさんとのデート用コーデ、第1案の方の黒帯バージョンを着てみました♪

昨日はメチャクチャ強風だったので、物干し場ではデジカメはおろか人間までふっ飛ばされそうで室内にて撮影。…暗い。でも本来の色味はこんな感じ。

これはこれでいいかな~と思いますですよ。

念願の小ネタ、『最後の種いもまで食っちまおうかと途方に暮れる、飢饉の村の女』

…その割にはお洒落して、頭に花まで付いとるがな(笑)…そもそもさつまいもなんて、痩せた土地でも育つのに、種いもまで食わなきゃならない飢饉ってどんな飢饉じゃ。


この格好で銀座に行ってたんですが(さつまいもはお留守番)、さすがに休日の銀座、お着物姿の方がいっぱい!

いえ、平日も銀座は着物が多いんですが、平日の着物姿はクラブ勤務のお姉さま方ですから。

やっぱり銀座は柔らかものが多いなあ。観劇だったのかな?

そんでもって結構着付けがそれぞれに合った楽そうな着方。つまり結構汚い人もいたりして(笑)

その中の一人である私ですが、さすがに同じようなアンティークの人は見なかったなあ…


自分が着物姿だから目に付くってわけでもないんでしょうが、やっぱり明らかに数年前よりも街中の着物姿は増えてるような気がする。

…だって都内に出かけたら必ずどの駅でも一人は着物の人見かけるんですもん!年齢層も幅広いし。

その点、カネコ系なんてめったにありませんよ、すれ違う事なんて(笑)

2006-11-12

猟奇な毛玉INガレージ…


うちのガレージには猫出入口があり、家宅侵入猫用にエサ皿が置いてあるのですが、本日ガレージ開けてみたらこんな猟奇な風景が広がっていた…


食いかけのカリカリ。ガレージ内をフーワフワと漂う白と黒混じりの毛…

ご近所の飼い猫、黒白ブチの『カサマちゃん』と、どっかの飼い猫である事が判明した白猫『謎白』。

この2匹のバトルった跡らしい。

…しかしですよ、ここはうちの地下ですよ。それなのになんでよそんちの猫がうちの地下でケンカしとるんじゃい!

……この2匹のバトルが怖くて、うちの黒猫ズが自ら外出を望まなくなってから久しいのに、相変わらず近所の家宅侵入猫どもはおやつ目当てに通ってきやがる。

黒猫ズも出掛けないし、カサマちゃんも謎白も飼い猫であるんだからと猫出入口を封鎖しても、根性で出入口をこじ開け、ガレージ内に侵入しておやつを探すこの2匹…

ケンカするときもうちの周り…きっとご近所にはうちの猫がケンカしてると思われてるんだろうなー…

本当のうちの猫は、家宅侵入猫2匹のケンカの声を聞きつけると飛び起きて、家の中で安全なところに猛スピードで逃げ込むんだけどさ(涙)
2006-11-09

しみったれ全開な手作り帯枕たち…




帯枕がゴリゴリと痛い…椅子に座ったりすると特に。

いえ、『ソフト帯枕』なるものも売ってるんですが、私が愛用してたのはおかんの約40年前の品…

新しく買っても800円前後なのに、それを惜しんで作ったのがこれです。

100円ショップで長ーいスポンジタワシを買ってきて、帯枕サイズにカット。

これだけではボリュームが足りないので綿もプラス。あっという間にソフト帯枕の出来上がり♪

余ったスポンジは普通に洗い場で活躍中(笑)

…これで大変だったのは長いスポンジタワシ探しだったかもしれない…どこの100円ショップもちょうどいいサイズの長いスポンジタワシ置いてなくて、やっとダイソーで発見。一昔前はどこのスーパーにも100円ショップにもあったのになあ。






ヘチマ枕は夏場用に作ってみましたが、ゴリゴリして結局ほとんど使わず…

これも100円ショップで買ったヘチマを利用。素敵な焼き印入り(笑)

…ヘチマ枕の場合、買ってきたものをそのまんま使うと体のラインに沿わなくてゴリゴリと痛いので、いったん濡らして柔らかくして、背中のカーブに沿ったくぼみを指でグイグイ作っちゃいましょう。

乾いてもそのままの形を保ってくれます。


この2点の素晴らしいところは、帯枕としての役割を終えてもスポンジとして使えるということです。

なんてエコ!(笑)しかも安いし!!皆様も是非お試しを♪
2006-11-08

3800円ポリシリーズ、その2『国防色な謎のツタ植物…』





ozawamiさんの好きそうな着物の色だ(笑)←誤解ですかね~?

ツタ植物で、秋な柄だしこの色でいいか、と思って買ったら結構小物で頑張らないと顔色が悪く見える色だと判明。

さらにネットでこれと同じ色違いでワインレッドがあることも判明。…一緒に並んでたらワインレッドの方選んでたのに…

このカーキ色というか国防色に合う色ってからし色しか思いつかないんですが、皆さんだったらどうアレンジするんだろう…

からし色の半襟、元々白1色の子桜と露芝の刺繍でしたが、そのまんまじゃ面白みがないなあ~と、水性ペンでグリグリと適当に色を塗ってみたら、面白みがないを通り越してレインボーチョコスプレーのトッピングみたいな品のない半襟に転落。

……いいか、洗えば落ちるし(笑)この手の失敗もあるので布用染色ペンは買いません!


帯にさんざん悩んで、紫の謎の花(雰囲気からして椿の仲間?)の柄の作り帯を持ってきました。

…このコーデ、似合う人が着たら『うをー!かっちょええ!!』な感じになるんでしょうが、わらしが着たら果たしてどうなることやら~

…似合わなかったらさっさと里子に出そう。ポリには非情な態度で臨むわらしだ(笑)


……そういえば、謎のツタ植物で思い出したが、赤唐辛子さんから名前捜索依頼されていた謎のツタ植物、未だに謎は謎のまま…一体なんなんだろう、あれ。

ちなみにこの着物の柄のツタ植物は、違う形の葉が同時に出てたりするこの世にありえない植物です(笑)

2006-11-07

3800円ポリシリーズ、その1『なんだかおめでたい小紋』





赤唐辛子さんの3月26日の記事に、これと似たような着物の色違いがアップされておりまして『3800円のポリで似たようなもの持ってるんで忘れた頃にアップしますね~♪』などと調子のいいコメント残しておきながら早11月…

私は忘れかけておりましたが、赤唐辛子さんはしっかり覚えてらっしゃるようですのでアップ致しますよ、ついに!(笑)

……マジマジと比べると似てませんな。でも柄の中味は結構似てるような気も…

やたらと青海波がやかましい、おめでたいんだかこうるさいんだかわからないポリ小紋です。

手持ちの品に青海波ものがあったので、悪ノリで青海波コーデにしてみたら本格的におめでたくもこうるさいコーデになってしまいましたとさ。

…これでは普段には着れないなあ。お正月4日目とかの微妙なおめでたさだよ(笑)


着物はポリの3800円シリーズ!サイズがデカいので着るともたつく…安さに釣られてLサイズ買うからだ。…まだ着物のことがよくわかってない頃の買い物です。

帯は近所のリサイクルショップで2000円だった作り帯。この色が合わせやすくてついつい使ってしまうんですが、このキンキラキンと青海波柄が変におめでたくて微妙になる…踊り用にも見えるし。

半襟は先日手に入れた480円のポリ縮緬ですが、青海波が入ってるので使ってみたら、これまた狙ったわけでもないのに同じ色が着物に入ってました。…ホントに私のコーデはこの手の狙ったわけでもないのに!って偶然が多いなあ(笑)


赤唐辛子さん、期待をさせた割には何だ~な感じでしたか?(笑)でもまだ3800円ポリシリーズは続きまする。というかついでなのでポリを片っ端からアップしちゃる!

2006-11-04

非常に危険な半襟付け…




なっちさんからのリクエスト、いつもの私の半襟の付け方大公開です(笑)

…でもこれ、結構慣れないと針が体に刺さったりして危険なので、くれぐれも個人の責任において慎重に真似してください…それならいっそ普通に縫い付けたほうが早いな…

えーっと、画像を見ていただければわかる、簡単な作業なのですが、内側の隠れる部分はザク縫いで襟の見える部分は隠し縫いにします。

ちなみに糸は玉止めしないでそのまんまにしておくと、半襟外すのが楽です。

で、問題の外側。まち針で計8箇所くらい留めていくのです~

このポイントは針先を上に出すようにしておく事!…下向きに針先が入ってしまうと動いたりすると針が体に刺さってチクチクしますです…ま、流血の大惨事にはなりませんが痛いのは痛いです(笑)


この方法だと半襟付けも外しも時間が短縮できるので、慣れれば非常に楽です♪

私はいつもこれでお出かけとか平気でしてますが特に針が刺さったりとかはないですよ。

着物を着付けるときに充分注意しさえすれば大丈夫!


…セロテープで留めたりもしたことがあるんですが、ポリ縮緬だと粘着面が全然くっ付いてくれず、梱包用の幅広テープで何とか留めたら剥がした後にネバネバが…

この方法だと普通の半襟付け並の強度があるので、慣れれば便利ですが、とにかく慣れてくださいねー!

家での練習から、徐々に着る時間を増やして慣らしていってくださいませ。
2006-11-03

初デートのB型同盟、珍道中(笑)











あー楽しかった!ozawamiさんとの初デート!!満喫してきましたよ♪ 実質一緒にいたのは3時間半くらいですが、まるで1日中一緒にいたかのような充実感でした!

…しかし、初めて会うのに手土産一つ持たず、ozawamiさんが最初に羽織った紗の着物を『1万以上もするのにポリにしか見えない』と一刀両断したり、お手製のビーズの葡萄根付け、本人のお気に入り部分の茎を『それ、言われないとわからないですよね』と切り捨ててみたり、やたらと『~ですよね。』『…微妙。』という単語ばかりを連発し、ozawamiさんのおごりでモンブランとアイスカフェオレを飲み食いし、最後に『やっぱ暑いじゃないですか、羽織。しかもポリ!』と捨て台詞を吐いて去っていったこの女の事をozawamiさんはどう思われたであろうか…

↑の文節にデート中の私の行動が集約されとりますが、きものフリマのリポートもありますので順を追って解説していきましょう。








…神楽坂きものフリマ…会場狭かった…そしてものすごく暑かった…

赤城会館などというご大層な名前なので、さぞかし立派な建物かと思いきや小学校の教室並みの広さの部屋に人が寿司詰め。試着室は何かが出そうな陰気な6畳という結構トホホな有様であった。




…そして全体的に値段が高い。ヤフオクのほうがはるかにお買い得です!

会場に2時過ぎ入りだったのでかなり売れてしまった後でしたが、売れ残り品でも結構高い…

着物や帯で気に入るようなものもなかったので、結局帯締め3本のみお買い上げ。

500円2本と、かなり迷ったもののオペラピンク×緑の太幅ダイヤ柄帯締め1500円。

帯締めはまあまあ妥当な値段かな~と。












その点ozawamiさんは太っ腹(笑)着物、帯、羽織紐、帯締めお買い上げ~!

高い紗を羽織ってみたり、反物を手に取ってみたり、帯広げたりと精力的に歩き回っておられました。

お買い上げになったこの着物、自分の欲しい物が無くてヒマになった私がozawamiさんに合いそうなものを見付けて押し付けてみたものです(笑)

色も柄もozawamiさんにピッタリで、サイズも珍しく大きめ、痛みも汚れも無いような品で3000円と結構お買い得でした!

お客さんが比較的銘仙とか狙いのお若い方が多かったので、パッと見地味で渋いこの着物は敬遠されたようです。…でもozawamiさんにはピッタリだ(笑)

この試着室、異様に大きな鏡がありまして、部屋自体が押入れに貞子が下宿してそうな超陰気な空気が漂ってまして、さては鏡の裏はお札がいっぱいね!と二人で両サイドから裏を覗いてみたり…




私的には大した収穫もありませんでしたが、やっぱり着物姿の女子が集うのを見てるのはいいっすね~

自分が着たときには『どうよ、これ…』と思うようなコーデでも、見てるほうは結構『あ、可愛い♪』と思うもんなんだなあ、と再発見。

神楽坂近辺は、なぜか着物姿の方が多くて、会場以外でも個性溢れる着物姿が見られて楽しかったです♪




ozawamiさんからのプレゼント♪大爆笑なパンダDEパンダな画像をプリントしたハガキ(笑)と黒猫キーホルダーとビーズの栗キーホルダー。

このハガキは複製して、是非誰かに年賀状として送り付けてやります(笑)

…なんだか色んな物をいただいたり、おごってもらったりと、手ぶらで行った身には見に余る光栄でした。…今度会う時は地元の名物『豚なのにヤキトリ』な『カシラ』詰め合わせでも持っていきましょうかね。…でも炭火臭い生暖かい食品持って現れるのもいかがなものか…






やっぱりB型同士、考え方や行動が似ているので(バッグにものを適当に放り込むとことか、勝手に単独行動とか)非常に気楽で面白かったです!

しかし決定的に違う面。ozawamiさんは太っ腹。私はすげーケチくさい(笑)


んで、今頃すっごく肩が凝ってるんですけど…

赤唐辛子さーん!、なっちさーん!、おふくさーん!本体に戻ってくださいねー!!

なんだかまだ生霊がいるようですよ(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ