FC2ブログ
2020-01-28

華やか系はまだ続く。予想外に派手だった橘柄着物&牡丹柄羽織コーデ♪

―――――――――こちらもちらっと夜中に雪降ってたみたいですわ。…車庫の屋根に残ってた。

暖冬、暖冬言いますけどね、絶対暖冬の方が関東に関してはそこそこ雪が降る冬になると思うんですのよ。

……そして雪からの一日雨のために、『天気よければ久々に行ってみようかなー』とか思っていた川越の骨董市への野望は潰えたのだった……


んで、晴れてればこの格好で行こうと思っていたコーデがこちら。

IMG_20200128_110825.jpg

IMG_20200128_110757.jpg

IMG_20200128_110738.jpg

IMG_20200128_110724.jpg

12月の骨董アンティークフェアにて『アンティーク・ジョン』さんのとこで3000円だった橘柄の染めの着物。

柄の中の色と合わせて銘仙の牡丹柄の羽織。実家近くの激安着物店で500円だったか、1000円だったか…多分500円。

帯も色を合わせた刺繍帯。ちょうど前帯に牡丹柄刺繍が出るので羽織とも柄が合ってます。こちらはヤフオクで3600円で落札しました、大昔に。―――――――本当に大昔であればあるほど値段を覚えてるなあ…

華やかさ的に、柔らかものの染めの羽織を上に持って来て、ちょっと大人しめの銘仙を着物に選んで下に、ってやりたくなるのですが、素材感が違うので、張りのある銘仙が着物だと羽織から飛び出しやすいです。…くたくたに柔らかい銘仙なら別ですが。

落ち感がある染めものを着物に選んで、張りがある銘仙は羽織、の方が自分の主観で着膨れては見えてても、基本冬の防寒着なんぞ古今東西着膨れるものなので傍目には普通です。

まあ、染め着物×染め羽織なら無難で問題ないですが、染めと織りを混在させるなら固い素材を上に、の方が落ち感の違いによる飛び出し事故が防げます。

IMG_20200128_110645.jpg

IMG_20200128_110629.jpg

IMG_20200128_110607.jpg

IMG_20200128_110555.jpg

羽織なしバージョン。

…着付けてみたらば結構派手だった(笑)

広げた状態で見てるとそうでもないんですが、着付けたらばそこそこ大きめの柄が一気に目に入ってくる感じ。

IMG_20200128_110701.jpg

半衿は、帯揚げ、帯締めと同じ色のからし色にしてみました。ちなみに帯締めは自作。

これまた初心者の頃に安物を買っておりますが、小桜と芝という柄が、その後のトータルコーデの鬼となった時期には大変使いにくくてほぼ使っておりません。

しかし今年はかつて大量に買い占めていた、安物刺繍半衿にも光を!の気分なのでコーデの色合いに合わせて引っ張り出してみた次第です。

元々は白一色の刺繍だけでしたが、妙に殺風景なのが気になって、真ん中に金糸で刺繍を足し、花びらにも薄いオレンジ系の色を塗っております(笑)

ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



2020-01-21

華やか着物を着ておきたい1月。毬やら梅やらその他諸々の派手柄着物&麻の葉柄絞り羽織コーデ♪

―――――――…暖冬だからなのか、それともそーゆーもんなのか、我が家の米ナスがまだ生き残っております…屋外で。

普通の茄子はとっくの昔に枯れたが、米ナスはいまだに蕾とか付いてる…外来種って寒さにも強いのかしらねえ?



さて、1月も残り10日あまりですが、1月は華やか着物を着ておきたい気分でございますな。正月が終わっても。

これがもう2月も半ばになってしまうと、春めいた色合いの方に気が向いてしまうのでこってり派手派手の気分が引いていく…

なので華やか気分が盛り上がってるうちに、先日手に入れたばっかりの派手着物でコーデしてみましたわ。

IMG_20200121_111500.jpg

IMG_20200121_111446.jpg

IMG_20200121_111431.jpg

IMG_20200121_111342.jpg

先日、インスタで流れてきた商品画像を見て速攻で注文し、無事にゲットできた着物。

『ICHIROYA』さんで8070円でございました。…いや、あーたの買い物にしては高いじゃん、って話ですが、この色柄で特に難がなければ万単位になる。

こちらはおはしょりが取れるくらいの丈があっても多少難があるためにこのお値段でした。

麻の葉柄の絞りの羽織は10年以上前にヤフオクで3100円でした。…大昔の落札金額の方がしっかり覚えている…

着物に色々な色が入っているので色んな色の羽織と合わせられるかも、と思ったらば、着物の柄が割とごちゃごちゃ系なので、それとケンカしない羽織となったらば案外選択肢は限られてしまったのでした(笑)

結局無地場の多い羽織が無難よね…着物が生きる。

IMG_20200121_111327.jpg

IMG_20200121_111314.jpg

IMG_20200121_111256.jpg

IMG_20200121_111232.jpg

羽織なしバージョン。近くで見れば綸子の地紋とか素材感とかで一目瞭然でも、遠目にはレンタル着物っぽい色柄ではあるので、レンタル着物さんがうようよしてるところでは着ない方がいいよね、な着物です。

これ、インスタをスマホ画像で見た時にはすんごく色鮮やかで、地色が明るいオペラピンクに見えた。

さすがに『うーん、無地場が多いオペラピンクの礼装系なら大丈夫だが、このようなガラガラ…年齢的にいかがなものだろうか…』と悩んだ。

しかし商品画像は色鮮やかでも、添付されてるカラーチャートだとモーブピンク。ラベンダー寄りのピンクなんですね。

これを信じて注文してみたら、まさにカラーチャートの色で落ち着いた色だったのでした。

…この地色だったらば、まだ何とかいけますわー(笑)

更に生地の綸子が白ではなくシルバーグレーの生地使ってる。おかげで更に落ち着いた色合いです。

市販のアンティーク風味柄、色がどうにも鮮やか過ぎてきついお年頃には嬉しいですわ(笑)

帯はタンタンさんからの頂きもの。tentoさんとこでお買い上げだそうです。

着物の柄が毬だが、一見同じ柄のコーデのようでいて、帯は鈴(笑)…丸ければ同じに見える。

IMG_20200121_111416.jpg

半衿は一緒に注文したICHIROYAさんの薬玉柄。

アンティーク図案を復刻したものです。1980円。

…薬玉柄…これは花数個の寄せ集めなのでどうしても柄が大きくなってしまうせいか、半衿でたまに見かけても実際半衿として使った際には薬玉柄なんだかただの花柄なんだかわからなくなるんですね

なのでちゃんと付けた際に薬玉に見えるこちらの半衿、ずっと欲しかったんですわ。

カラー展開が、黄緑系、黒、こちらのグレーだったのですが、白よりのものがグレーしかなく『うーん、グレー…場合によっては顔色悪く見えるよなあ…』と思いつつも他に選択肢もなかったのでこちらに。

現物は『ああ、確かにグレーではあるよな、ほぼ白だけど(笑)』なものでした。顔写りは問題ありません。

IMG_20200121_111359.jpg

帯留めは新品の彫金風帯留めにしては激安の999円の花車。

自分で後から金銀銅の色を塗ってカスタマイズしたもの。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村












2020-01-16

若干正月臭のする(笑)、梅がメインのコーデ。

―――――――――…昨日の「思い出せなかった出だし」、無事に思い出せたんです、奥さん…

いえね、成人式ネタでした。

今年、数名の振袖姿を川越で見かけたものの、『全体としてのコーデやヘアメイクの傾向はどうだったのか?』と気になりまして、そうなるとインスタが非常に便利なり。

#成人式で探してみたらば、出てくる出てくる。それはいい。

振袖の傾向としてはやっぱりママ振なのか、ちょっと落ち着いた正統派な感じのものをお召しのお嬢さんが多かったように存じます。

そしてヘアメイクもなぜかそのママ世代の頃に回帰でもしたのか?って感じに薄い前髪、くるくる顔のサイドの巻き毛、ってのは見て取れました。

―――――――問題は、8割がたが顔が同じに見えたんですねー

多分スノウだか何だかの極端に顔加工できるアプリでいじってる。で、そのアプリ使ってる方々が無数にいて結果同じ顔にしか見えない。

もしかすると今流行りのMATT加工なのかもしれないが、あれだけほぼ同じような顔がずーっと並んでいるのを見ていると気持ち悪くなったのでした。

たまに一切いじってない素朴な20歳を発見すると『あああああ、可愛いいい!!』と思うのでした。

…で、つくづく思ったのは、画像加工しててもちゃんと個体識別ができるアイドルとかタレントはやっぱり個性が凄いんだな、と。

一般人の可愛いレベルの子は、加工すると見事に同じ顔になる…整形顔が同じになるのと一緒か。


さて、いい加減記事タイトルからお正月の単語は消し去りたいところでしたが、まだあった(笑)

まあ、コーデとしてはお正月コーデにそのままぶち込んでもいいと思うんですが、着た時期もお正月ではないしな…

でもお正月の残り香のある小物ちらほらなので、『小正月コーデ』とでも申しましょうか。

IMG_20200116_142845.jpg

IMG_20200116_142828.jpg

IMG_20200116_142805.jpg

IMG_20200116_142749.jpg

…正面からだとそれほど気にならないのに、なぜ背後を撮るとトルソーがすんごく傾いて見えるのか…

梅がメインのお正月テイストなコーデですわ。

着物は浦和の骨董市で1000円だったっけ、500円だったっけ?の梅柄のマジョリカお召し。

羽織はふでぺんさんからの頂きもの。

帯は100均ダイソーの正月用タペストリーの干支柄の布を土台帯に貼り付けたもの。

IMG_20200116_142934.jpg

羽織なしバージョン。お太鼓は背負っておりません。作り帯の素晴らしいところ(笑)

IMG_20200116_142858.jpg

半衿はお正月コーデに引き続き、正月モチーフのひめ吉さんちのもの。

IMG_20200116_142912.jpg

帯留めは羽子板モチーフの箸置き。

帯締めはクリスマス兼正月用に組んだ、自作の小桜源氏組。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






2020-01-11

お正月コーデ・2020。その3

―――――――――これで正月なコーデは終わりですわー!長きに渡りお付き合い頂きました。…まあ、お出かけ記事もあるんだけどさ。


その3は3不穏です(笑)

IMG_20200110_153104.jpg

IMG_20200110_153054.jpg

IMG_20200110_153039.jpg

IMG_20200110_153027.jpg

……全部、竹(笑) 竹のトータルコーデです。

しかし羽織の黒とオペラピンクの暈しの柄があまりにも不穏。『不穏竹』コーデでございます。

羽織は浦和の骨董市で3000円だったかな。

袖付けが外れかかっていたので、3800円だったところを3000円におまけしてくれたのではなかったかな。

んで、この不穏な羽織に合わせる着物って結構見つからなくって、結局同じく暈しで妖しげな雰囲気の強い竹と菊の着物を合わせた。

着物は今は亡き川越の栄屋さんで1000円でした。

IMG_20200110_153220.jpg

IMG_20200110_153209.jpg

IMG_20200110_152655.jpg

羽織なしバージョン。

帯は同じく川越の栄屋さんだったか、それとも浦和の骨董市だったか…1000円だったと思う。

IMG_20200110_153118.jpg

帯留めはメルカリ。 かんざしとセットになってて1900円でした。今回は帯留めだけ使用。

IMG_20200110_153131.jpg

半衿は竹と梅の刺繍もの。

IMG_20200110_152751.jpg

●おまけ画像●

…背後をうろつくみたらしさん。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村







2020-01-07

お正月コーデ・2020。その2

―――――――…初夢じゃないが、覚えている今年に入ってからの夢の中に出てきた骨董市に行きたい(笑)

500円で掘り出し物がいっぱいあったのよー!……さすが夢。


さて、お正月コーデどんどん行きますよー

その2コーデでございます。

IMG_20200107_114823.jpg

IMG_20200105_204948.jpg

IMG_20200107_114644.jpg

浦和の骨董市で1000円だった、色合いは渋いが柄がファンキー過ぎる松の銘仙の羽織。

『寿がぬ松』と呼ばれております(笑)

着物は今は亡き川越の『栄屋』さんで1000円の臙脂×白の市松柄。

市松柄は最近某漫画の影響で人気なのかしら(笑)

…この銘仙だって帯だったらば、まんまヒロインの帯。

IMG_20200107_114729.jpg

羽織なしバージョン。

IMG_20200107_114716.jpg

帯は小風呂敷を養生テープで前帯にだけ貼り付けたもの。お太鼓は背負っておりません。

IMG_20200107_114746.jpg

羽織で隠れる部分には、立派なお屋敷の屋根からあたりを睥睨するおだん様(笑)

帯締めはクリスマス用に組んだが、結局クリスマスは寝込んでてコーデが出来なかったので、お正月コーデに転用した小桜源氏組み。

着物の色の組み合わせと同じなので正月コーデにそのまんま使えるのでございます。

帯留めは100均ダイソーのマグネット。

IMG_20200107_114701.jpg

半衿はひめ吉さんのお正月なモチーフ柄。



ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ