FC2ブログ
2016-09-12

お好み生地で作る作り帯・最終回~装着編~

――――――なんだか一気に秋の気温になってきましたわ。…ここ数年毎年思うが、夏から一気に季節が進む。いつから地中海性気候(…秋が1週間くらいしかなくいきなり冬になってしまう)になったのか、日本。


さて、前回で制作編は終わった『お好み生地で作る作り帯』、今回は装着編でございます。これで最終回。



まず用意しておくもの。『帯揚げ止め』と云う名で売られており、なぜか着物をお持ちの母親がいる各家庭に1個はあり『…これって…どうやって使うのさ
』と娘世代を困惑させる代物。

とりあえずあっしは長年作り帯のお太鼓の土台として愛用してきましたが、実は普通の帯を締める際にも非常に役に立つものだと判明してからは常に帯結びには愛用しております。あ、普通の帯結びに使う場合は『ほばーりんぐ・とと』さんの記事に詳しいです。あっしもこちらで使い方を覚えました。勝手に紹介しちゃったのでリンク貼っておりませんが。



まず下準備。お太鼓部分を折り畳んで手先を差し込み、折り畳んでピンチで留めておく。



お太鼓部分をひっくり返したところ。



お太鼓の先をゴム等でゆるく絞っておく。このように絞っておくのとそうでないのとでお太鼓の出来上がりの形が変わります。



ゴムで絞っておくとこんな風に帯山が丸くなり



絞らないとまっすぐになります。…これは個人個人によって好みが違うと思うので絞るか絞らないかはお好みで。



お太鼓部分に帯揚げを掛けた帯枕を装着しておいて、下準備完了。



半幅部分を巻いておきます。紐はこのように下で縛って、帯の中に入れ込んで隠します。



背中に帯揚げ止めを差し込みます。尚、帯揚げ止めがないと云う方は『丸めたハンカチを背中に突っ込む』戦法でも大丈夫です。



帯揚げ止めの上にお太鼓乗っけるようにして帯枕の紐でしっかり固定して装着。その後帯揚げを整える。



ぶら下がってるたれ部分を引き上げて、帯締めで固定して装着終了。



前から見たところ。


―――――――以上で連載を終わります~
…むちゃくちゃ雑な作りで驚かれたかと思いますが、販売目的で作るわけではなく、本当に自分が楽しむためのものなのでまず作ることがストレスにならない簡単さでないと。

うーむ、市井の料理教室とかって『安くて速くて簡単なインスタントものもごっちゃで作るレシピ』とかがメインの教室は大人気だったりするのに、なぜ着物関係はきっちり『和裁』なのだろう…

いや、かなり簡単に作ってますって教室でも作ってる画像拝見すると『うえええええ、こんなにちまちまと作ってんのっ
』と驚くばかり。それだけ正しい和裁教室がちまちまちまちましているってことでしょうか。

うーん、でも、長年リサイクルやアンティークしか着てこなかった身には『……そうか、そんな雑な作りでも着物って崩壊しないんだ…(爆)』と云う勇気を頂く品物にもしょっちゅう出会うのでございます。

各家庭で着るもの縫っていた時代は、本当に簡便に、省略できるところは省略してあります。で、そんなに省いて大丈夫なのか!?と思っても大丈夫なんだ、これが(笑)

むしろ当時は生活で着物着ていたわけなので、『どこを省いても問題ないか』ってのを体得していたんですね。

『生地、染め、縫い、全て丁寧な手仕事を身に纏う贅沢さ』こそが着物の醍醐味と思ってらっしゃる方はまずあっしのブログは読まないと思うが、それができる人はほんの一握りの人なわけですよ。

で、それこそが着物の醍醐味になってしまうと、そりゃ選ばれた一握りの人しかできないわけだからどんどん着物人口減りますわな。で、そのような選ばれた一握りの人ほど声高に『だから皆さん、着物着ましょうよ!』と仰るんだが、貴女をお手本に着ようと思ったってまず庶民には無理だから
あらやだ、特定の誰かを非難しているように聞こえるかしら。ちなみに特定の誰かではございませんよ。あっしの独断と偏見ですが、『私はお誂えしか着ないわ』って方の中にこんな感じの人かなり多し。口では『最初は化繊でもウールでもいいのではないですか?』と云ってても自分じゃ絶対に着ない人(爆)

あっしはきくちいまさんの本で『500円の帯、1000円の着物』ってのに衝撃と感銘を受け、以来どっぷりとリサイクル及びアンティーク着物の世界を漂っているので『こんなに安く、着物類は手に入れられるんですよーっこんなに雑でも着物は着られるんですよーっ』と覚えている限りは値段はきっちり表記し、そしてこのような雑な作り方の帯もアップするのでございます。

あらやだ、うっかり熱くあっしのブログ理念を語ってしまったわ。ただ単に安物買いが楽しい、雑な習性の女だと思って頂ければ。

――――――しかしながら新車購入の検討の際、小僧が『安いのがいいの~っ!』と言い張るようになってしまったのはあっしの悪影響かな、と思う。…車はそこそこのグレードにした方がいいと思うな…
あっしの新車は小僧にカスタマイズされている…運転はあっしだと云うのに、色もデザインも選ばせてくれない



いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
スポンサーサイト



2016-09-10

お好み生地で作る作り帯・4~縫製編~

――――――同じタイトルばかり並んで、読む順序がわからなくなりそうなので、改めて番号をふりました。…ああ、それにしても漢字2文字のサブタイトルが全部並んでよかったなあ(笑)


さて、ここから一気に完成へと進みます。



まず、綾テープを2本、70㎝前後の長さでカットしておきます。



今回はあちこちツギハギしているので、まずミシンでツギハギ部分の縫い合わせ。



ツギハギし終わったところ。



2枚の生地を中表に合わせて、黒線部分をひたすら直線縫い。



縫い終わったもの。たれの角になる部分や、手先などの『綺麗に角ばって欲しいところ』はこのようにギリギリまでカットすると裏返した際に布地が重ならないので団子状態にならず、綺麗に角が立ちます。



縫い終わったパーツ全部をひっくり返して表に。



用意していた帯芯をガンガン詰め込んでいきます。…糸でしっかり仕付けのように固定なんてしませんよ、あたしゃ。本当にただぶち込むだけ(笑)



帯芯を入れ終わったら、帯芯ごと袋の口を縫い閉じます。帯芯の固定はここのみ。…んが、袋帯や半幅みたいにひねって結んで、とかが基本的にはないのが作り帯なんで、この1ヶ所の固定だけでも帯芯が中でよれたりしたことは今までないですよ。むしろ帯芯が生地としっかり固定されてない分動きがあるので、『表地と帯芯のつり合いが悪くて表に変なシワが出る』ってことがないです。

販売目的で作るならともかくとして、個人が自分で使うために作るのであればこんなもんで充分かと。

それから半幅部分。



以前はこのように斜めにカットして、下に紐を付けるスタイルで作っておりました。しかしこれですと締めたときに下にばかり力が入ってしまって締めた半幅部分が斜めになってることが非常に多かった。



で、ここ2年ほどは紐を付けずにただの半幅のように。…これは更に進化系で裁ちっ放しの『人でなし帯』(笑)

これですと帯全体を使って締めるので力が均等に入り、変に斜めになってしまうってことがなかったのですが、紐がない分、滑りやすい素材や半幅部分が短い場合、固定が甘くて緩んで来てしまうことが。

今はこの形に作っております。



中の帯芯をこのような形にカット。



その帯芯部分を包むように生地を折り込んでいきます。



そして綾テープを挟みこんで縫います。



縫い終わったところ。半幅部分の両サイドをこのように作ります。…この形、頂き物の作り帯の半幅部分がこんな形だったんですが、試しに締めてみたら力が入れやすくよく締まり、紐があるので安定。思った以上に紐も隠しやすいので、最近は作り帯に加工する際はこのような形にしてます。



―――――――――で、完成(笑)…本当に一気に完成しますです。縫い始めたら早い。


次回『装着編』で最終回でございます。……ああ、1週間連続で記事をアップしてしまった…明日は休ませていただきますよ、あたしゃ。うっかり勤勉に働いてしまった(笑)

いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2016-09-09

お好み生地で作る作り帯・3~裁断編~

―――――さて、お好きな生地を選んでの裁断となります。



作った型紙を生地の裏に載せ、書き写していきます。



今回、湿度が高かったため100均の水で消えるチャコペンは危険、と判断し、わかりやすいように黒フェルトペンで書いております。



書き写し終わりました。



で、その周りを縫い代を適当に残しながらカットしていきます。…縫い代のサイズなんて測りませんよ、あたしゃ。縫い目がほどけてこない程度の縫い代がありゃあそれでよし。



手先部分の型紙はないので、半幅部分のものと兼用。目盛りで大体58㎝くらいの長さのところまで型紙を置き、そして書き写す。



書き写し終わったところ。これも適当に縫い代残して周りをカット。



半幅部分も同様に書き写してカットするわけですが、今回このように生地の長さが足りなかったので途中から縫いつなぐことにして、合計で160㎝程度になるようカット。



作り帯1本分の片面の生地のカットが終わったところ。…そう、片面。ワタクシ、ケチ臭いので帯芯の節約のために作り帯はもれなくリバーシブルにしておりますの。

リバーシブルにする必要がない方は、上のカットの際に全て2枚分、布を折り畳んで中表にしたものをカットすればそれで裁断作業は終了。

リバーシブルにする方は引き続き作業。



今度はさっきカットした布が型紙(笑)…いや、使いたい布が同じサイズの生地ならば、最初に中表に重ねて上のように型紙を書き写してカットすれば一気に裁断作業は終わるんですが、このようにサイズが違ったり柄向きがある場合とかは1枚ずつカットした方が微調整しやすいと思うんですよ。

…で、布、足りておりませんね(笑)足りない部分はツギハギで補います。

ちなみに足りなくても出来上がりサイズお太鼓部分が90㎝くらいあればギリギリOK。…110㎝ってのはあくまでも安心できるサイズの目安と思ってください。お太鼓小さめの方だと逆に生地が余るかも。



で、今度は縫い代付きの型紙なので(笑)そのままカット。



半幅部分の布も足りないのでツギハギ決定。合計で160㎝程度になるよう必要分をカット。



手先分は足りたのでそのままカット。



そしてカットし終わった、お太鼓部分の両面。



手先部分。



…半幅部分はツギハギしても長さが足りない(笑)んが、これくらい短いくらいなら問題ないんで矢羽根柄の生地を短くして松柄のサイズに合わせることにする。


―――――――このようにあっしの作り帯は、実に雑な適当な作りで構成されております(笑)

作り帯は締めた際に帯になってればそれでいいのです。そして帯の細部が微妙な出来であっても、人は帯だけを見るわけではなく、全体として見るので微妙でも構わないのです(笑)

ちなみに生地の面積が絶対的に足りない場合はこちらがお勧め。

ほんの少し足りない場合は、見えない部分だけ別布でツギハギすればOK。

お太鼓は大体30㎝×35㎝くらいあればなんとかお太鼓が覆えるし、半幅部分は15×70㎝くらいあれば見える部分は覆えるかと(個人でサイズ調整必要)。



これは他の帯に縫い付けた場合ですが、お好み生地から縫う場合も見せたい部分の布が足りなければこんな感じにツギハギしていけばよろしいかと。…それが一番面倒な作業でございますがね~


ここまで来れば、あとは直線縫いして帯芯ぶち込むだけ!ゴールは近いです


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

2016-09-08

お好み生地で作る作り帯・2~材料編~

―――――――縫い始めたら、一気呵成に仕上げてしまいたいのが人情なので、まずは必要な材料を揃えておきましょう。



『水で消せるチャコペン』、比較的どこの100均でも最近は置いております。色違いで水色もあり。布によってはピンク色が同化して線が見にくい場合があるのでその場合は水色を選びましょう。100均ですし、最初から2本揃えておくと便利。

ちなみに注意点。これ、水で消す必要ないんですわ。……空気中の水蒸気によってどんどん色が消えて行く…指置いてるだけでも指から出る湿気で消えて行く~
なので湿度が高い日は、描いたそばから線が消えますよ

さっさとちゃっちゃとカットして縫うのなら間に合いますが、何日もかけてゆっくり作業する場合には向かないので、そのような場合はちゃんとした手芸店で300円くらいの同じような『水で消せるチャコペン』をお買い求めくださいませ。←こちらは霧吹きで湿らせないと線が消えなかった。



『綾テープ』って名称で売られてることが多いですかね。幅が1センチくらいの細いものなら100均でも売ってます。んが、あまり細いと腹に紐が喰い込んで痛いので、できるだけ幅が広めのものをお買い求めくださいませ。ちなみにこれは2・5㎝幅。

で、これが一番よく質問されることなのですが、帯芯。

あっしの帯芯遍歴は不織布の帯芯→不織布の一番厚手の接着芯→綿キャンバス(帆布?)の厚手のものとなっております。

一般的な帯芯として売られているものがちょっと高かったので、それより数百円安かった不織布の帯芯を最初使ったのですが、帯1本分で980円、と結構割高で。

その後同じサイズ、同じ不織布で接着芯だから張りもある1m450円のものを発見したのでしばらくそれを使った時代あり。



…まだ残ってる…で、この厚手の接着芯、出来上がりはバリっと仕上がって見栄えはいいんですが、そのバリっと感が災いする。一度折り目が付いたらしっかりその形が残ってしまうのです。電車で腰かけたりするとお太鼓が潰れた形のまま、ずーっと背中に貼り付いてる状態。

接着しないで純粋に帯芯として入れてるだけでもこの状態。多分接着剤そのものがバリっと感を維持してしまうのだろう。

で、悩んでいたところ、日暮里の繊維街の『トマト』にて救世主発見。



厚さ1mmくらい?綿キャンバスなんだか帆布なんだか…とにかくレジ近くのこのような無地のざっくり系布コーナーに1m250円の破格値で置いていた。

ちなみに綿キャンバス、普通はこれくらいの厚手は1m800円くらいは平気でします…なぜかこのお店はいつ行ってもこの1m250円のものが置いてあった。ここ数年は行ってないので現在は未確認。

ここまで安い店は他にないので、1回行ったら4.5m買い、作り帯6本分の帯芯を確保していた。



6本分にカットし、1本分がこれ。



これが1セットになっております。…ちゅーか、これ作ってしまえば前述の厚紙の型紙、いらないんですがね。

これを型紙代わりにする(笑)


多分皆さん、帯芯が悩ましいところだと思われます。でも経験から言わせてもらうとやっぱりお安い不織布はよろしくない。接着芯はバリバリだし、不織布の帯芯は接着剤付いてないのでバリバリしないんですが、経年変化で不織布ってベリッて裂けるんですよねー
も~簡単に破けますよ。

帯として必要な張りもあって、変な形が残らず柔軟性もある『厚手の布』がお勧めです。

あ、市販の薄手だけど張りがある布製の帯芯が好き、って方はそちらをどうぞ。帯1本分しか入ってませんが、綿キャンバス地で用意すると生地幅が90㎝~120㎝くらいまであるのでどうしたって余り部分が多くなる。いっぱい帯を作る予定ならいいですが、1本しか作らないってんなら市販の帯芯買った方が安上がりかと思います。





いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >
2016-09-07

お好み生地で作る作り帯・1~型紙編~

――――――いや、もう何年も普通に好きな生地で3分割タイプの作り帯を作り続けているんですが。

意外にもその作り方の記事はアップしておりませなんだ
…ちなみに私はどっかの着物本で見かけて、それを真似してずっと作り続けていた。その本はもう絶版だと思う。

んで、あまりにもあっしには普通のことなので普通に作り続け、完成品のみをアップしていたわけですが『…制作方法がわかりませんので教えてください』と云う方がおられたのだ…

あっしには当たり前のようなことでも、一方で全然馴染みがなく、どっから取り掛かればいいのか…と途方に暮れる方もいらっしゃるのですねー
何やらカルチャーショックでございました(笑)

で、数ヶ月前からリクエスト頂いていたのですが、あっしはここんとこずっと喪帯縫い付けタイプ作り帯で楽をしていたので(笑)、ようやく重い腰を上げたのでございます。お待たせして申し訳ございません


あっしが作り帯を作るにあたってまず使用しているもの。それが自作の型紙。

…いや、別に帯1本だけ作りたいって場合でしたら型紙作る必要ないかな、と思いますが、型紙があった方が格段に作業がスピードアップし、それに型紙作ると更に帯も作ってしまうと云う悪循環(笑)

作り帯をその後もいっぱい作ってしまうだろう、と覚悟された方はまずこの型紙作りからチャレンジ。





ダイソーで5枚入りの方眼目盛り入りの厚紙『工作用紙』と云う名前でまだ売ってました。昨日確認した。

それをカットし、貼り合わせて30㎝×110㎝のもの、15㎝×160㎝のものを作ります。

5枚全部使うとこのパーツが出来上がります。

3分割の作り帯なのに、手先のパーツがないやんけと思われるでしょうが、そこは半幅部分のパーツを兼用するのです。

方眼用紙は色んな種類が売ってるんですが、厚紙を選んでください。薄い、普通の型紙レベルのものですと、生地に書き写す際の固定が面倒。

厚紙ですと重さがあるのでふわふわ動かず、あっしはこの上に乗って型紙を書き写しているぞ(笑)

使わない時は貼り合わせ部分を蛇腹にして折り畳んでおくので場所も取らず、そして厚紙でそこそこに存在感もあるので『どこに紛れこんだかわからーん
』となることもない。

ちなみに我が家ではメジャー同様、ちょっとしたものの大きさを測るときに愛用しており、型紙本来の使い方はあまりしていない(笑)


―――――このシリーズ、結構長く地道に続くかも知れません。帯が完成するまでどうかお付き合いくださいませ。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >



プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ