FC2ブログ
2017-11-15

『よそ七』、ママ用コーデ編。

――――――――さて、いよいよ『よそ七』も来週に迫って参りましてね。

急遽、ママも着物を着るかも(天候や3歳児の機嫌如何によっては着用しない可能性あり)と云う流れになり、ママが義母さんから頂いた着物と、よそ七姉妹のアンティーク全開なコーデに合いそうなあっしの手持ちのアンティーク着物のコーデ2パターンを考えたのでございます。

それがこちら~

まずはアンティークコーデから。









紫地の牡丹と南天柄の色留袖。骨董アンティークフェアで500円(笑)

7歳女児用コーデの着物と柄の色彩とかが似ています。

帯は実家近くの激安着物店で500円だった引き抜き帯を作り帯にしたもの。ギラギラしてない上品な柄なので、礼装系に大活躍。



半衿は薄い黄色地に小菊の刺繍。この時期、ヘビロテです。

伊達衿は帯揚げは薄い黄緑、帯締めは白に金糸入りのもの。


義母さんからの付け下げを使ったコーデがこちら。











こちらの着物はピンクと黄色の柄が目立つので、ピンクと黄色系でまとめてみました。

蘇芳さんからの頂きものの袋帯もピンク系。伊達衿もピンク。

帯揚げは薄い黄色の絞りのもの。

半衿と帯締めはアンティークコーデと共通です。

付け下げのコーデは全体的に春なイメージですが、まあ、七五三における親の着物の色彩なぞは基本的にこんなもんであろう(笑)

義母さんからの頂きもの、と考えますと、やっぱり嫁として点数稼ぐならこちらの付け下げコーデでしょうか(笑)


     いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



着物・和装カテゴリーへはこちらをどうぞ

 



2017-11-10

『よそ七』、コーデ決定。

――――――――さて、全国のおばちゃんお待ちかね(笑)、『よそんちの娘っ子の七五三』『略して『よそ七』の続報でございます~

いよいよ七五三も近付き、着る衣装とか髪型とかも打ち合わせを敢行。コーデが決定致しました。

それがこちら~



3歳女児。



七歳女児。――――――――見事な模範解答でございましょう(笑)なんて空気を読む娘っ子たちでありましょうか。

って別に解答を誘導したわけではなく、あのいっぱいのコーデの数々をパソコン画面でママが事前に見せ、娘っ子たち自身がこれらのコーデを選んだ。

素晴らしいセンスの持ち主と云えましょう。



そしてコーデは決まって試着した状態で髪型、及び髪飾りで延々と悩む7歳女児(笑)

ママは日本髪希望であったが、結局紆余曲折の末本人の希望『大きなお団子』をギリギリ日本髪に近い雰囲気にすべく『お団子部分を丸髷』で決定。洋装ドレスアップなパーティーヘアによくあるやつですよ。

とにかくご本人は『大人っぽいのがいいの』とのことなので、選んだ髪飾りも色々アレンジ加える予定。

で、お待ちかね、試着画像。とりあえずの全体的な雰囲気を見るものなんで着付けはガタガタですよ。



ああっ顔を隠すのが口惜しくてなりませんわ
 可愛いのに、可愛いのにいいいいいいい

この着物を凄く気に入ってくれて、小一時間ずっと着ておりましたですよ(笑)

しかしこの着物を選んだとなると、もう着せる機会がなくなるのがもう1枚の着物…

『えー、こっちヤダ』と言うのを『全国のおばちゃんが楽しみにしているんだ。頼むから着て写真だけ撮らせて~!』と拝み倒して着て頂いたのがこちら。



こっちの着物はヤダ、と言いつつも指定しなくても綺麗にきっちりポーズが取れる7歳女児。

ええ、こっちはこっちで可愛いんです。可愛いんだけども、上のザ、アンティークな着物着てる姿を小一時間見続けた後、こっちを見たら『……可愛いけど、やっぱりあっちの方がいいよね…』となった。

『そうでしょう~?』と7歳女児。お子様の美的感覚は侮れません。

―――――――ちなみに3歳女児は試着の段階から既に難色を示し、『脱ぎたい、脱ぎたい』連発だったので丈の確認だけで終わり、その後撮影のために再び衣装を着てくれることはなかった…

んで、ママの方も『義母さんからの付け下げがあるので着てみたい』との要望が。



かなりお若い時分に義母さんが誂えたものでしょう。ピンク系とか薄黄色系でまとめればお上品な感じのコーデになるかと。

着物以外では振袖用の帯、留袖用の帯、振袖用小物しかなかったので、着物だけ借りて他はこちらでコーデの予定。

しかし娘二人がアンティーク全開なのに対し、ママが昭和テイストなのもどうかと思い、一応こちらでもアンティークの母コーデを用意の予定でございます~


      いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2017-10-27

『よそ七』番外編。~下準備は念入りに~

―――――――さて、『よそ七』関連もこの記事で一旦終了。後は娘っ子のコーデが決定してから再開ですわ。

『よそ七』とは云うものの、要は七五三の支度ですからね。…去年の小僧の七五三の時の問題点を踏まえたりしながら、『これから自宅で着物着せて七五三をされる方は一応参考にされてみてはいかが?』な記事です。


当日、ぶっつけ本番で着物着せるようなチャレンジャーは居ないと思いますが、試着の際、大概は『うーん、ここ、大丈夫かなあ…』と思う箇所はでてくるものです。

まず男女問わずで一番心配なのが草履。―――これはねえ、大人だって草履、下駄を滅多に履かない人は『ちゃんと履いて歩く』ことは至難の技。

ましてやお子様ですしね。7歳女児はかなり頑張る方ですが、まあ、3歳女児、5歳男児はここで不機嫌MAXになる恐れあり。



なので最初から、このようにお手製で構いませんのでストラップ、付けときましょう。

3歳女児のセットには可愛いストラップ付きの草履があったりしますが、付いてなかった場合は、白足袋でも目立たないこのような白いゴムでストラップ付けておくと、当日の『草履すっぽ抜けによるイライラ不機嫌』がかなり回避できるかと。

自宅の部屋の中でちょこっと履いて歩かせた時大丈夫でも、実際は歩きにくい着物着る上に神社によっては砂利で足を取られたりしてかなり歩きにくいものです。

『まあ、何となく気になるけど大丈夫でしょう!』は当日絶対に不安が現実のものとなり大丈夫ではない。お子様はここぞ、と云う時に必ずやらかす生き物と云うのをお忘れなく。

んで、去年試着の際に『羽織紐が外れやすいかな?でもまあ、大丈夫だろう…』とそのままにして当日に臨んだら、案の定羽織紐が外れ、紛失と云う事態に陥った…



なのでしっかり留まってくれない小さすぎるこのSカンを



がっちり留まってくれるカニカンに取り替えております。

まあ、レンタルものでしたら勝手に装備を変えちゃまずいんですが、それでも予想外に子供は変な動きをするので結構羽織紐の紛失は多いようですよ。 最近のレンタルものはそこら辺踏まえて最初からカニカン採用ものも多いみたいですが。

さて、去年の小僧の七五三を踏まえて『小物の不安がある所は直しておく』ことに。



今回使用予定の箱せこはあっしが子供の頃に使ったものなので、ご覧のように中の詰め物が潰れております。



中の詰め物が潰れてるとボリュームが減り、このバンド?のようなもんに隙間が出来、ビラかんざしがすっぽ抜けそうな気配。



なので詰め物は抜いて、サイズぴったりだったミニティッシュを中に仕込んでみる(笑)…箱せこは懐紙入れでもあるんだからある意味正しい使い方であろう。



隙間が埋まって安定しました。…しかしそれでも油断ならないので隠れるところでゴムで固定、ですよ。



扇子もまた厄介アイテム。帯締めに挟みこんでおくものですが、手が当たったりしてこの紐が崩れやすいんですね。



なので巻き上げたところをゴムで固定しておく。


……七五三の装備の場合『落としそうかも~』と思っていたものは必ず落とす

『外れそうかも~』と思っていたものは必ず外れると思ってください。なのでそれらの対策はしっかりと。

過ぎたるは及ばざるが如しなくらいにこれでもかっな下準備をしておいた方が『ああ、心配してたけど大丈夫だったねー』な当日で終わるかと。

スタジオ撮影からのお参り、とかですとお子様の疲労もMAXなので、準備不足はかなり響いて来ます。特に3歳児は要注意。

…去年、そのようなハードスケジュールだったのであろう3歳児が祈祷待ちでギャン泣き、祈祷中は空気を読んで(笑)黙ったが、終わった途端にギャン泣き、帰りに草履履きたくないとギャン泣き、しかしその子の普段履きを持ってなかったそのお宅は結局その子を抱えて帰る羽目になり、同じく七五三で自分もお祝いだってのにその惨状を見かねて気配を殺していた5歳のお兄ちゃん…ああ、恐ろしいっ

――――――七五三は親にとっても子供にとってもお祝いの顔した苦行なり


        いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



着物・和装カテゴリーへはこちらをどうぞ

 

2017-10-26

『よそ七』、小物編。

――――――――…もうタイトルが長くて面倒なのと、なぜかあのタイトルってばブログ村の記事ランキングから外されるんでございます、圏外扱い
『3店舗』と云う文言もそう
 一体何が抵触するんだか…

まあ、新着記事タイトル一覧からだーっと見て『あ、これは読んでみよう』と思う記事は、翌日しっかりランキング入りしていて、皆さんちゃんと新着記事タイトルからじっくり選んでご覧になっているんだなあ、と思うので、圏外扱いされても、皆さんにはご覧頂けているのではありますが。

ブロックされる理由がわからぬのが腑に落ちない…どうせならブロックされる禁止用語一覧でも明記しておいてくれ


さて、そんな『よそんちの娘っ子の七五三』、略して『よそ七』の小物編です。

…まあ、どんな髪型にするかわからぬ以上、とりあえずこれだけ使えそうなもんは用意してますよ、ってなご紹介。

とりあえずはバッグから。



……あのよくある『草履、バッグ、箱せこ、帯締めが同じ布で出来てるセット』、特に草履とバッグが嫌いでねえ
 なぜかと云うと面積が広い分だけ安っぽいもんは本当に安っぽい

箱せこと帯締めがお揃い、だと逆にお洒落っぽいのに~

お子様だって内心『……可愛くないバッグ…』と思っていることだろう。

なのでビーズバッグ。着物姿にも普通に持てるのがビーズバッグ。そして飾り的位置づけなので、小ぶりなもんしかほぼないのがビーズバッグ(笑)

手持ちの中で特に小ぶりで七五三バッグと同じくらいのサイズのものを引っ張り出しました。

―――――――白のビーズバッグ、これも『ちゃくちゃくちゃく南中野』店で80円だった代物ですよ!!

しかも小僧の七五三もまだ、な時期に手に入れていた。小さすぎて財布もギリギリ入るかどうかですよ。

買ったはいいがまず出番がないだろう、なバッグだったのだが、ここにきて七五三で使われるまでじっと我が家に潜伏していた説浮上。…どんだけ数年単位で仕入れ神に目を付けられているのだろう…

ピンクの菊柄のものは行田だか鴻巣だかのオフハウスで300円でした。

赤地のものはカジュアルですが、赤小物が満載の七五三衣装には合うかと。サイズ的にも小さいので。







日本髪用とか、和風路線な髪飾りたち。



こーゆー大輪のつまみ細工ものは3歳児用によさそうです。



洋風な造花の髪飾りも多数ございまする~


さあて、当日どんな髪型にどんな髪飾りが載っているでしょうかねえ。楽しみ、楽しみ


         いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



着物・和装カテゴリーへはこちらをどうぞ

 
2017-10-25

よそんちの娘っ子のダブル七五三に介入ミッション。~追加購入の作り帯でコーデ編~

――――――――『ちゃくちゃくちゃく南中野』店に新たな七五三用作り帯が出ておりましてね。

もうあれだけ大量に手持ちの帯でコーデしまくった後だったので『いやいや、もう、要らないでしょ。』と着物半額デーには買わずにスルー出来たのだが。

『…でもあの色は、あの着物にも合うかもしれない…いやいや、でも作り帯は場所取るんだから2種類も持ってなくても!!』とその後も煩悶が続く。

そしたら『ああ、うちも用意しとかないといけないのにまだ…』な七五三がそのうち来るご家庭からのコメント、数件。

―――――――そうでした。とりあえず買っておいてうちの『よそ七』が終わったら、それぞれに必要な方々に発送すればいいんじゃーん

今回買って使わなかったとしても、今後誰かが使うかも知れないのです。…だったら買っとく。



この緑ベースがいかにも昭和(笑) 化繊の裏地で出来てるカラフル過ぎるつまみ細工の帯飾りもますます昭和。

着物半額デーでは買わず、『パパママカード提示で3割引きデー』に買ったので210円。



ちなみに昭和のおかっぱ頭にこれ、な髪飾りも一緒に付いてました。これは絶対使わない。速攻処分。…それにしても超雑な作りで驚いたぞ、この髪飾り

上の帯飾りも、普通のホッチキスでバシバシ固定されてる部分があって衝撃。

『昭和はいい仕事をしていた』とは云うものの、当時は当時でいい仕事をしているもの、とんでもない仕事しているものの落差が激しかっただけではないのか。今は割と平均的に粗悪…とはいかないものの全体的な質が落ちてて突出してダメ、ってのが少ない。

んで、この帯使ってのコーデ。



この着物にそこそこの面積で緑が入ってるので、この帯が合うのではと思った。

帯揚げ、しごきは先日の仕入れ神の企み(笑)によってゲットしてきた、1点70円のもの。



こっちの着物に合わせたら、なんだかとても馴染み過ぎて大人しくなったわ

この着物にこの帯使うなら、帯揚げ、しごきは強烈なまっ黄色とかがいいのかも。これはこれで上品にまとまってますが。


これらのコーデで本当にコーデの提案は最後ですわ。さて、そろそろよそんちの娘っ子にどのコーデにするのか決めて貰わなくては…

       いつも応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



着物・和装カテゴリーへはこちらをどうぞ

 

プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ