FC2ブログ
2019-06-05

骨董アンティークフェア初日に行きました♪・2019.初夏。

―――――――さて、皆さまお待ちかね?の毎度お馴染み年2回の『骨董アンティークフェア』の話題でございますよ。

2018年は冬の開催がなかったので、1年ぶりの開催です。…ああ、1年前はてんてんさんが上京してワーワーギャーギャーだったなあ(笑)

で、今回は物欲も収まっていることですし、気合い入れて買いに行かなくっちゃー!!モードでもないので特に事前に誰かと約束することもなく、ゆるりと参ります。

page4.jpg

ああ、単衣は風になびくわあ(笑)…袷から単衣に変わると、その軽さに体が驚きますよね。

そしてちょっとの風でも翻る裾だの袖だのに悪戦苦闘する。

IMG_2707.jpg

撫子柄の足袋はなかったので頂きものでずっと使ってなかった白のレース足袋&白ベースなカレンブロッソ。

IMG_2708.jpg

自作の桜のつまみ細工が撫子に見えないこともない(笑)ので、それ使おうと思っていたら、まとめた髪のとこ、ゴムが見えてて慌てて隠し戦法。

8の字シュシュ&かんざしで乗り切ります。

2.jpg

さて、会場内。開場してから40分くらい経って到着。なので入場行列もなくなっておりましたが、ちょっと人の入りが少ない??

と云うかお店がちょっと減ってる??通路幅が広くなってるような気がするんですよ。

前は広い通路なのにぎうぎうに人がいて通れないような場所もあったけど、今回はなかった。時間的に終息したのかな?

IMG_2665.jpg

今回の『アンティーク・ジョン』さん。毎回染めのいいアンティークを多く持って来てくださいます。なので3000円均一コーナーからついついあれもこれも、と買いたくなるんですが、ここは『いや、同じようなもの持ってるでしょう』とボソッと呟くU-カリンさんを思い出して踏みとどまった。…いつも心にU-カリンを(笑)

でも『ははは、これでトータルコーデができるねえ…』な着物を発見したので購入。この日の戦利品は後日アップしますわ。

IMG_2673.jpg

IMG_2672.jpg

そしてお待ちかね?の本日の『アウトロー・ブラザーズ』さん。毎回不気味テイスト満載ですが相変わらずです。そして買うものはないのについつい毎回覗いてしまうワタクシ(笑)

さて、毎回少ないながらも数名はいらっしゃる着物姿の人が楽しみでもあるんですが、今回はびっくりするくらい着物姿が多かったですよ、奥さん!!

IMG_2669.jpg

IMG_2678.jpg

IMG_2670.jpg

いつもは着物姿の人の傾向としてはカジュアル綿着物とか渋い着物とかの割と目立たず、素朴系がほとんどなのですが、今回は珍しくもアンティーク系&SNS上ではよく見るけど、なポップカジュアル系の方が多かった!!

で、『おお、あれがネットで話題の『結ばない半幅』なのか…』とか思いつつ、背後に忍び寄ってみると、それはうたさんとお友達でした(笑)

IMG_2685.jpg

ネットでは最近とみによく見るが、実際に実物を間近で見るのは初めてなので撮らせていただく。

こんなにもフラットに綺麗に折り畳めるもんなのねえ。

IMG_2682.jpg

お顔の掲載許可を聞きそびれたので隠しておきます~…レジ袋がポイント(笑)

IMG_2679.jpg

そしてうたさんたちとお話していたら、なんとともともさんまで乱入!!しかも洋服!!

いつも個性的コーデのともともさんですが、そのタイプの方は得てして『着物じゃないと誰だかわからない』と言われがち。んが、ともともさんたら洋服でもともともさん(笑)

『…って誰かと思った!!』ではなく『あ、ともともさん!!ってなんで洋服❓』という(笑)

個性派着物コーデが大好きで、洋服でも個性派、って方はそこそこいらっしゃると思いますが、案外洋服だとスベってるパターンが

でもともともさんはお洒落なので匙加減が絶妙なんだなあ。と、着物コーデはそれなりに頑張るが、洋服に全く興味のないあっしは本日も楳図かずおのようにボーダー服で生きる(笑)

IMG_2680.jpg

…なんか、今回の骨董アンティークフェアに謎のキャラが潜んでいて『こりゃ誰だ?』と思っていたんだが、この着ぐるみ登場で正体判明。

さいたまスーパーアリーナのゆるキャラ『たまーりん』だそうですよ。

そして後ろ姿しか撮ってあげないワタクシ。

それから会場にいらっしゃるとは聞いていましたが、本当にあっさりお会いできた越谷クロエさん。…これが意外と同じ会場内にいて、着物コーデがわかっていても全然見つからないってパターンが多いのです

あ、あと去年もアンティーク・ジョンさんとこでお会いした方と今年もまたお会いしました(笑)…こうなったらいい加減お名前を聞くべきだと思う(笑)

他にもお会いした方、ありがとうございました!またお会いできたら嬉しいです。


骨董アンティークフェアは本日夕方5時まで開催中です。

そして次回開催は12月10日、11日だそうですよ。…絶対に火曜、水曜の開催は揺るがない…(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



2019-04-28

約1年ぶりに浦和の骨董市に行ってみた。

――――――昨日は午前中すんげーハードスケジュールだったんですよ、奥さん。

小僧の学校が年3回ある土曜登校の日&引き取り訓練(震災以降、年1回親が学校に子供を引き取りに来るという訓練がございます)があり、尚且つ浦和の骨董市の日でもある(笑)

…つーか骨董市にかれこれ1年行っておらず、すっかり開催日も忘れてたんだが、2日ほど前に浦和駅前に用事があって行ったらば『浦和骨董市』ののぼりが出ていて思い出した。

小僧を学校まで引き取りに行くのはお昼なので、それまで時間がフリー。

『うーん、牡丹も終わりかけだし、牡丹コーデでいつもの寺に撮りに行って、その後骨董市…で、その後家に帰って着替えて学校。―――行けるか!?』

なかなかのタイトスケジュールです。なぜなら全部の場所が全部離れている(笑)

しかし土曜に小僧なしで骨董市に行けるなんて機会はめったにないのです。

ここは果敢に挑戦しなくては。

てな訳で、牡丹コーデで毎年牡丹を撮りに行く寺、その後骨董市へと向かったのでございます。

牡丹コーデは別の記事に致しますわ。

コーデ撮って移動時間だのなんだので、結局骨董市には30分程度しかいられない残り時間。

さて1年ぶりの骨董市なので、果たして30分で切り上げられるでしょうか。



朝までそこそこ雨が降ってたんですよねえ。9時ごろには晴れましたが、朝っぱらから雨だと着物系の店はかなり厳しいのです。

なので期待はできなかったのだが、これまた見事に着物系の店がいなかった

いつもいる場所が綺麗に空いていたので、もうしょっぱなから諦めて撤収したのであろう。

ちょうどお客さんが入り始める時間帯には晴れたので、結構布目的のお客さんもウロウロしておりましたが、買うものが見つからず右往左往な様が見て取れました。



唯一着物ぶら下げてたのはこの店。…でもお安くはない上に品揃えもそれほど多くはないのでちらっと見て終了。

――――――ああ、30分の滞在予定を使い切らぬまま撤収?(笑)

しかし『アクセサリー3点500円』の店があったので、とりあえず帯留めになりそうなもんがないか探してみたのでした。

そして、帯留めによさげなもんをゲット。それがこちら。



紫木蓮?な木彫りのブローチ、画像だと少々安っぽい感じになりますが、実物は結構重厚な紅葉のブローチ、それからエジプトモチーフのブローチ。

…エジプトものはてんてんさんに押し付けてやる(笑)

紅葉ブローチは髪飾りとして使う予定だし、木蓮帯留めは持ってなかったのでラッキー。エジプトブローチも珍しいですしね。

500円でそこそこな収穫だと思われます。


1年ぶりに行った骨董市は着物の店が壊滅でしたが、もう何年もほぼ毎回のように出くわすグレーのショートヘアに渋い着物のおばさまにも遭遇し、『ああ、まだお元気で通ってらっしゃるのだわ』と安心(笑)

6月に骨董アンティークフェアがございますが、それに向けての勘?を取り戻すためにも5月の骨董市にも行こうかなあ、と。天気にもよるけど。


――――――そして骨董市を後にし、無事に家に辿り着き着替えて学校。小僧を無事に引き取れたのでありました。




 にほんブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ ←アンティーク着物






2018-10-15

葡萄コーデで4年ぶりに大江戸骨董市に。

――――――ああ、なんということでしょう。…我が家の飾り付けがまだ十五夜のままなんです、奥さん

ハロウィンまで残り2週間だっつーのに、ハロウィンものだって地味に小物が増えてるっつーのに一体何やってるんでしょうかね

これだからお盆前から100均でハロウィングッズが並ぶのは良くない、と申しているのです。

10月末までにすっかり見慣れて油断してしまい、急いで飾らねばという気が削がれる。と、またしても人のせいにする(笑)

いい加減この記事にアップが終わったら、ハロウィンの飾り付けに着手しなくちゃなー…


さて、もうすっかり寒くて寒くて、先週の日曜にクーラー付けてたのに本日は朝から暖房…

そんな今見ると、寒々しいことこの上ない葡萄コーデで4年ぶりに大江戸骨董市に出かけたのです。あ、先月の話ですよ。

東京駅に用事があったもので、ついで。



大江戸骨董市、過去2回ほど行っておりますが、いっつも閉会間際にやって来るという迷惑な客
今回は閉会まで2時間くらいあるという優秀な到着時間でした(笑)

4年ほど前まではお馴染み『tento 』さんが出店されてましたが、大江戸骨董市から撤退されてしまったので、それ以来こちらはご無沙汰でした。

んで、4年ぶりに来てみればこの盛況っぷり。

外国人観光客が本当に本当に増えてるおかげで、東京駅近くの有楽町の東京国際フォーラムが会場という立地だと、それはそれは海外からの観光客の恩恵を受けている様子。

―――――『YOUは何しに』の取材クルーもいましたよ(笑)

そして、やっぱり品揃えが着物よりも小物骨董とかの店が増えているようです。



からくりものを売ってるお店。この鳥かごの中の鳥、どんなからくりなのか動くんですのよ。

まるで博物館のような商品説明がくっ付いてます(笑)



もちろん着物の店もありますが、やっぱりこれは!と思うアンティークのお店はお高い。

大人しめの柄の銘仙とかは1000円ぐらいで売っておりました。

…でもサイタマの価格破壊リサイクル着物地帯に住んでいる身としては『…うーん、メガトン上尾で540円で買えそうだなあ…』とか思って、欲しいものは見つからず。

お客さんが多いので、目ぼしいものは午前中に全部売れちゃってるのかもしれませんね。



多分こちらは以前浦和の骨董市に毎月出ていたお店。…浦和に出なくなったと思ったら大江戸に移住していたのねー…まあ、売り上げが全然違うからね(笑)

十五夜前だったので、着物見ている女性のお召しの着物がススキ柄なのがとても素敵でしたわ。

あ、そうだ。一際安い店があるなあと思って覗いてみたら、それは『百彩』さん。…ええ、ワタクシが常々『場末感漂うスーパーの2階にテナントで入っているリサイクル着物屋さん、3点1000円コーナーあり』と紹介しているあの店ですよ。

…こんなところで支部?が行商していたのねー(笑)

でもどうせだったら店舗の品と行商の品、入れ替えて循環させた方がいいと思うぞ。

だって店舗での売れ残りは数か月以上も延々売れ残っている…

客数が違う分だけ店舗で売れないものもこっちなら売れるんじゃないかなあ。



こちらの女性も十五夜コーデだと思います。お月さまを意識した色合いに、丸紋の帯。

それにしてもこの日見かけた着物姿の方々が低めの位置にお団子、なフネさんスタイルで、あっしのこの夏のマイブームもフネさんスタイルだったものだから『あらやだ。あっしがブーム作ってる!?』とか驕り高ぶってみたのだが、考えてみりゃそもそもあっしのマイブームなフネさんスタイルは七緒を見てて『いいなあ』と思ったわけで。

――――――ただ単に七緒スタイルがお好きな方々が東京には多い、ってことでしょうな(笑)


で、小僧も持参でしたが、先に東京駅の目的地をバラすとそっちに先に行きたがり、骨董市が終わってしまうと懸念されたのであっしは黙っていた。

そして浦和の骨董市と違って手頃な価格のミニカーなどが全くない大江戸骨董市…

故に小僧は特に楽しくもなく、無言であっしの後をついて回っていたのだったが。

以前浦和の骨董市に出店なすっていた『青空レトロ雑貨店』さんを発見。

―――――なんと、以前は扱ってなかったミニカーを大量に持ってきているではないですか!!

……そして小僧は延々物色し、計8個のミニカーを買った……

途端にあれだけテンション低めだった奴がハイテンションに

ちなみにあっしは何も買っておりませんよ。我が家の骨董市あるあるでございます



思わず横溝も出るってもんです。

一通り見て回り、時間的にそろそろ撤収作業も始まっているので、大江戸骨董市では私は買い物もせずに退散。

本来の目的地の東京駅に向かうのです。



建て直しで綺麗になってから東京駅に来たのは初めてですわ。車で通り過ぎながら横目で見ることはあったが。



用事があったのは東京駅内の一番街。キャラクターストリート奥に鎮座する店。



トミカショップでございます…だってトミカショップ限定の、この赤丸で囲んだパーツを選んで作れるトミカがこの日程で作れるのってここだけだったんだもの。

10日ごとに作れる車種が変わるので、お盆に横浜に行った時には横浜のトミカショップでは別の車種だった。

そしてスカイツリータウンの中のトミカショップではこれはやってない…うちから一番近いのは東京駅しかないじゃん

これだけのために東京駅にわざわざ来ることもないが、まあ、大江戸骨董市と日程も合い、骨董市会場から徒歩で移動できる距離だったので予定に組み込みました。

…骨董市でミニカーを8個もゲットの後にこの目的地を告げられ、小僧は狂喜した(笑)



狂喜のあまり、東京駅の外で腹ばいになってこんな画像を撮らせる始末。





ワタクシもようやく全身画像。



あっしが三脚振り回してセルフ撮影していようが、小僧が馬鹿げたポーズで撮っていようが、ご覧の通りに常に観光客があちこちで撮影している、それが東京駅。

誰も見咎めずにスルー。

と云うかとにかくこの場所が広いので、通行人の邪魔にならないんですよね。

アンティークなコーデで大江戸骨董市においでの際には、東京駅まで移動してアンティークに似合うこの駅を背景に撮影されては如何か(笑)



本日の無修正。…なんだか盆踊り。



足元は自作のレース足袋&カレンブロッソ。



髪飾りは100均ダイソーの玉かんざし。葡萄カラーに合わせて紫。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


2018-03-28

満開の桜、2018年3月の浦和骨董市。

―――――――ああ、桜が満開。でも桜の帯のお直しが終わってないのよ、奥さん。…でも桜は満開になっても1週間くらいは見頃が続いてくれるのがありがたいですわねえ。


さて、先日の浦和の骨董市でございます。

第4土曜が骨董市の日ですが、実はその頃ってのは『桜の咲き始め』である場合が多く、あっしも長年この3月の骨董市では『ほんの数輪咲いてる桜』しか見たことなかったんですがね。



この日、骨董市会場の公園は満開になってました。うちの近所はまだ5分咲きくらいでした。日当たりがいいんですな。

3月の骨董市の時に桜が満開になるのって10年ぶりくらいだそうですわ。



桜は満開だし、暖かいしでお客の入りはよかったです。まあ、本当に骨董市目当てで来た人と云うより花見で来たついで、って人も多かったようですが。

んが、逆にいつも来ているお店とかが今回はお休みしてました。どこぞの骨董市と重なったかね。



毎度毎度、小僧はミニカーを掘る。 奥に着物の女性が写ってますが、帽子の方は、丈の短い着物?羽織ではなかったな…ねんねこ?うーん、何だろう…な銘仙を羽織っておりますが、中は洋服です。

佇まいとコーデが何となくひなこさんそっくりだったので、最初久々にひなこさんが浦和にいらしたのかと思ったよ(笑)

お客は多いものの、店の数は少なめなので結局最近高いお買い物(笑)をしているお店で、またしても高いお買い物をしております。戦利品は後日。



久々に人喰いカバと戯れる小僧。…普段であれば人がいない場所に花見客がおります(笑)


さて、あっしの恰好はと云うと、実はまだ桜コーデの用意が全くできておらん状態だったので、着そびれていたこちらのコーデ。





折り鶴コーデ、その1でございます。…花粉に恐れをなしてなるべく外出を控えていたら、あっという間に桜が開花してしまい、更に着用機会を逃すことが懸念されていたコーデです。

一気に暑いくらいになってますから、羽織のあるコーデは機会を逃すと本当に1年単位で持ち越してしまう

この日は羽織でもギリギリ大丈夫な気温でしたのでこのコーデもやっとこさ着れましたさ。

足元は100均の赤地の足袋靴下&このままではあっという間に履き潰すかもしれないカレンブロッソ。

撮影場所は浦和くらしの民家園。骨董市の後にこっちに移動。

小僧がバッテリーカーのある、民家園の目と鼻の先の大崎公園に行きたがったもんだからさー



大崎公園には小さな動物園あり。ついでなので折り鶴コーデをマナヅルと撮っておく。

あ、かんざしはふでぺんさんからの頂きもの。折り鶴モチーフかんざしでございます。



本日の横溝。――――――のどかなカピバラに思うところがある女。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
2018-03-01

2018年、2月の浦和骨董市。

―――――――本当に晴れて暑くなってきましたわ
…こうなると逆に、着終わらない冬テイストなコーデが着られない。見た目もだが、純粋に暑くって


さて、2月の浦和の骨董市に行っておりました。今年に入ってからは初めて行った骨董市です。



比較的穏やかな天気でお客さんも多かったですかね。 いつも覗いていたお店がしばらく浦和には姿を見せなくて『ああ、浦和からは卒業しちゃったのかなあ…』と思っていたら、久々に戻ってらしたりした。

……でも品揃え的には安いものはそれなり、で、いいものは以前に比べて格段にお高くなっちゃってましたけど~

で、お日柄もいいと着物姿もそこそこいるものなんですが、今回は女性の着物姿がおらずそれもまた珍しい。

と思っていたらそれこそ本当に珍しく、比較的お若い着物男子が2名、いらしてましたよ。

ご年配だったらたまにいるし、川越の骨董市にはよくいるが、浦和で着物男子はやっぱり珍しいです。



…このヒトは翌日誕生日だったので、遠慮なくミニカーを物色する。そして1200円分のお買い上げ…

赤子の頃から骨董市に連行され続けているので、毎回あちこちの店の人に成長を確認されている(笑)

そして毎回同じ『まあ、大きくなって~!』と云うセリフを言われる子供あるある。



お約束の遊具。おケツアングルで撮ってみたら可愛かった(笑)

で、あっしのお買いものでございます。



仕付け付いてて状態がいい、綺麗な柄の着物。うーん、四季柄、じゃなくて紅葉、菊、南天、梅に薔薇だから秋冬ものですな。…薔薇は年中OKでもこれだけ他の秋冬柄が主張している以上、秋冬以外には着れまいよ

で、やっぱりいいものなのでお値段は5000円でございました。

しかし最近では、こんな着物はヤフオクで5000円で手に入れられることはない。アンティーク専門の今昔きもの市とかでも同様でありましょう。

てな訳でお買い上げ。

そして家で羽織ってみたのだが『……なんか…なんかこーゆーポリ着物って最近あるような気が…』と思った

うーん、何となくアンティーク柄のポリにもありそうな感じなのよー

ああ、ちゃんとコーデすれば普通のアンティークに見えるもんかしら…心配だわ。



青味の強い紫に梅と椿の着物。アンティークにはきっぱりと赤い椿の柄って案外少ないので、この赤い椿に白梅のバランスがとっても素敵で、サイズが微妙でお値段もそこそこだったがお買い上げ。4500円。

…着てみたら、裄は59センチと明らかに短く、身幅がとにかく狭かった。これはお子様、と云うより少女着物の部類でありましょう。着丈はギリギリ大人が対丈で着られるくらいはあるので。

んでねえ、これ、ワタクシ。羽織に仕立て直そうと思うんですのよ。もちろん自力で。

だって大人が羽織として着るなら艶やかな感じじゃありませんか。

着物として着るにしても大幅に縫い直しが必要なわけなので、ここは羽織にチャレンジしてみます!…もちろん超法規的お直しなので人様にはその過程は見せられんが

もう3月でこの柄もちと遅いので、来年に向けてのんびり作業することに致します~

この2枚の着物で合計9500円ですが、8000円にまけて貰えました~

…お気づきでしょうが、最近、骨董市では『安さ』を追求しなくなっております、ワタクシ。安いものは『ちゃくちゃくちゃく』や『メガトンマーケット』で手に入るもん。

そして結局のところ、やっぱり骨董市でもお安いものってのはこの上のお店でも扱ってるレベルのものなんですわ。

なので、骨董市では上記のリサイクル店では滅多なことでは見つからないようなもの、まさしくアンティークなものを探しに行っております。

さて、当日の恰好がこちら。



――――――界切り線を無視したら、今度はやけにたれが長くなってしまったような気がするが、基本羽織で隠れていたのでいいのです、な着姿。

椿の帯ON椿の帯留めがサイズ的に違和感無く柄のようになっていた(笑)

髪飾りは先日の自作のつまみ細工の白椿。

足元は臙脂色の別珍足袋&カレンブロッソ。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます
アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング


着物・和装ブログランキング

      https://fashion.blogmura.com/kimono/    
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ