FC2ブログ
2014-12-08

お嬢さん、12歳5ヶ月でこの世からご卒業されました。

――――――本日で、ブログ始めてから10年目に突入ですのに…お嬢さんの訃報で申し訳ないですわ。

お嬢さん、12月6日の午後5時8分、この世から旅立って行かれました。12歳5ヶ月でした。



3月に旅立ったデブ子と同じく悪性リンパ腫。基本的に完治はしない病気にお嬢さんまでもが罹りましたが、『ああ、そうか。2匹で『黒猫ズ』としての役割を負っていたので、お嬢さんだけはお目こぼし、ってことにはならなかったのか…』と思いまして。

それに時に取っ組み合いの大げんかをしつつも、何だかんだで仲の良い双子であったのでしょう。

必要最低限の緩和ケアだけを行って自然に見送ることにしました。

胸水が溜まって呼吸が苦しくなるタイプのリンパ腫だったので、週1で水を抜きに行くくらいでとにかく家でゆっくり過ごさせ、それがよかったのかわかりませんが予想外に2週間も長く生きました。

…まあ、亡くなる3週間前くらいから『これがあのお嬢
』ってくらいに見る影もなく、顔も変わってしまったので撮るに偲びず、上の画像はまだお目目がちゃんと丸くなってる頃のものですが。



こちらは亡くなる10日ほど前。もう、よろよろでボロボロでしたが比較的穏やかな顔で日向ぼっこ。これがお嬢の最期の画像になりました。

デブ子はあれだけの大喰らいだったのに、一切食べ物に関心を示さず食べなくなってしまったのが切なかったが、普段少食で子猫並みの体格のお嬢が、なぜか最後の最後まで食べ物に執着し自力で食べ続けていたのがとても印象的で。

1回の量なんて小さじ半分がやっと、それも少し食べては疲れ果て倒れ込み、また起き上がっては食べるを繰り返しまさに『命がけで食事』し続けていました。

でも消化吸収能力は落ちているので下痢。最後の4日ほどはもう、トイレで踏ん張ることすらできず垂れ流し状態で、こまめに綺麗にしてやっても追いつかず。

息を引き取ったあと、速攻で私がしたことは、お嬢を洗ってあげること。

綺麗好きのお嬢のボロボロな姿なんて許せなかったんですよ。

寝ているかのように綺麗な姿で送り出し、先程骨を受け取って来たところです。


デブ子は『え!?もう死んじまったのかよ!?』ってな感じの終わり方でしたが、お嬢は本当にしんどそうでしたので『ああ、デブ子、早く迎えに来てやってくれー
』と願う日々でした。

なのでしんどい日々がやっと終わってくれて、本当に、本当によかった。

デブ子の時も同様でしたが、お嬢が亡くなっても悲しくはなく『これでようやく終わったねえ、よかったねえ』と云う気持ちしかないのでした。

それにね、家で最期を看取ってあげられるって幸せなことなんですよ。

……デブ子以外の歴代の猫、なぜか忽然といなくなってしまい消息不明ってことばかりだったので、生きてるんだか死んでいるんだかわからない状態で、ただひたすら自分の気が済むまで探し続ける日々は、それはそれは辛かった。

でも最期を見届けることができれば、そこで区切りが付くので。



……やっぱりお嬢と云えばこの画像であろう(笑)

この、階上で顔半分だけ出してじっと下界を眺めるお嬢が見られなくなるのはさみしいが、ま、またデブ子とあっちで取っ組み合いの大げんかでもしておくれ~

きっと『あ、あんた、ちょっとどこ行ってたのよ
あんたがいない間に目付きの悪い変な爺さんがうちに上がり込んで来てねえ、ってなんであんたまでもがこっちにいるのよっ

』とお嬢がデブ子に文句たれてるに違いない。


――――――ちゅーわけで、お嬢に引き続き、鯖男の訃報までもが続きますのよ
…一緒の記事にしたらお嬢が怒りそうなので(笑)記事は分けます~


隠れキャラなんであまり存在感はなかったが(デブ子の存在感が半端なかっただけだ
)、このブログの最初からお嬢さんをご愛顧くださり、ありがとうございました。




スポンサーサイト



2014-06-30

お嬢のようで、お嬢でない。


 
たまに、とんでもない所にこっそりとぎうぎうに詰まっていたりするお嬢さんなので、またしてもあっしが脱ぎ捨てまくった服の下に入り込んでいるのかとビビっていたら。
 

 
お嬢さんはここにいらっしゃいます。ではあれは?
 

 
正体はこれ。川越の猫とかうさぎもの一杯のショップ『39(さく)』にて購入のオリジナルTシャツ。
 
これが雑に脱ぎ捨てられて下に追いやられてたりすると、角度によってはお嬢さんがじーっと睨んでるみたいで怖いったら
 

 
相変わらず眼力にはうるさいお嬢。…デブ子の特等席で寝てるので目付きが悪いです。
 
 
最近ではデブ子の特等席だったところをお嬢さんが占有し『…そうか…お嬢はデブ子に追いやられてこの場所で寝られなかっただけだったのか…
』と暗澹たる事実に気が付いた次第。
 
―――――――せいせいしてるのかもよ~デブ子がいなくなって
 
 
 
        いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
 
 
 
2010-07-16

デブ子と張り合う、負けず嫌いなお嬢…

先日、『鼻に猫砂選手権』の自己新記録をマークしたデブ子。
 
そんな選手権には参加もしなけりゃ興味もないわ、という風情であったお嬢。
 
…しかしどうやら、密かに興味はあったようなのだ…
 

 
本日、こんな顔になってトイレで踏ん張っていた…
 
デブ子と比べて鼻の穴が小さいので、猫砂の数はせいぜい片鼻に1粒、と云うレベル止まりだが、猫砂の数の少なさを補うかのように、猫砂の粉末を額にデコレーションし、捻り技でデブ子に勝負を挑んでいる模様…
 
 
…だから一体、我が家の黒猫ズは何を目指してどこに行こうとしているのか…
2009-10-26

復活のいけあ君。

ここ数日、非常に寒うございます…

なのでホットカーペットを導入。朝夕の冷え込む時にはここに転がってヌクヌクさ。猫も人も(笑)

で、壁際に黒猫ズがたまって寝るのでクッションを敷いてやったのさ。



秋も深まり、また復活のいけあ君。

1年ほど前にIKEAで購入。…そして優に半年、黒猫ズに嫌われ続けた悲しみの猫クッション…

購入後半年でやっとこさ上で寝てくれるようになった途端に春になりタイムアウト。

…秋になり復活したら、案の定黒猫ズはまたこ奴を嫌っております…いけあ君には乗らないで隣で寝るしさ…(涙)

しかしだ、本日見てみたら、何かいけあ君のシルエットがおかしい。

いつも平べったいのになんだか膨らんでるし、しっぽが増えてる!?



…お嬢様がお住まいになられてました(爆)

ホットカーペット、確かに地面は暖かいのだが上が寒い。

なのでクッションとか敷くと、その間に熱が籠って一番ヌクヌクなんだが、それをお嬢が発見したらしい。

で、しばらくこのようにいけあ君を背負って寝ていたお嬢…

背負いつつも時々動くもんだから、いけあ君が自力でもぞもぞ動いてるようで滅法気持ち悪い。

そしていけあ君の支配下に自ら入ってしまったお嬢、目付きがいけあ君そっくりになっており滅法怖い…(涙)

使ってくれぬも悲しいが、予想外の使用法も戦慄だわ。
2009-07-20

お嬢さんの不覚…


デブ子はたまに、片鼻、もしくは両鼻に猫砂を詰めて間抜けな顔でトイレ砂を掘っているが、お嬢はそんなことは一度もなかった。

しかし、しかし遂に飼い主は見ちまったんだよおおお!!

…お嬢、片鼻に何か詰めてる…

猫砂かと思ったが、トイレを使った形跡もなし。

その時、お嬢は夫が投げた、鼻をかんだ使用済みティッシュを丸めたもんで遊んでいた。

…ええ、お嬢の遊び道具なんですの。夫の鼻かみティッシュボールが…

……どうやらティッシュボールをブチブチちぎって遊んでるうちに鼻に詰まったらしい。

同じく鼻に詰まってる画像だが、デブ子の間抜けさに比べるとあまり間抜け感のないお嬢。

…でも猫砂も夫の鼻かみティッシュも汚いことでは変わりないですわよ、黒猫ズよ…(涙)

プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ